カテゴリー「アウトドア」の記事

2018年4月30日 (月)

コシアブラは3週間遅かった!

いつもは、いつもの場所は、ゴールデンウイークのときにちょうどコシアブラにちょうど良い時期。年によってはまだちょっと早いことも。

今年は異例の暖かさで、植物の生育も早いけど、どうかな~

道中、山の上を見ると、緑色。

例年は山頂付近はまだはげ山なんです。あれれ~
まだ薄い緑なので、淡い期待を抱いて・・・

が、ダメでしたね。

山椒はちょっと葉が大きくなってましたが、まだ採り頃と言って良いでしょう。
モミジガサは、日陰にあるのは水不足のためか育ちが悪い。急な斜面で日当たりが良いところはすでにデカくなってました。
こちらは、傘が開く前の採り頃は過ぎてましたが、まだいけるサイズ。

で、本命のコシアブラですが・・・

もちろん開ききってます。
しかも、茎がすでに20cmくらいに。もうちょっとでハカマもなくなって木になりそうな勢い。

とりあえず、葉っぱはまだ柔らかそうなので、数本採りました。
これでもコンビニ袋がいっぱい。

Sansai

本日の収穫。

上の左から、モミジガサ、山椒、庭のノノヒロ、下に行って、再びモミジガサ(天ぷら用)、オバケのコシアブラ、庭のミョウガの芽、庭の三つ葉。

コシアブラ、モミジガサ、三つ葉は天ぷらとおひたし。ノノヒロは味噌和え、ミョウガは素揚げ、山椒はふりかけに。

料理の完成写真は撮るのを忘れましたが、やっぱり山菜は美味いですね~。
コシアブラは茎が硬いのでおひたしで結構ゆでてみましたが、やっぱり硬いままでした。葉っぱは大丈夫。
ミョウガは上げるよりもさっと湯がく方が良さそうです。

山椒ですが。
塩をかけて、フライパンでカラ煎りしてふりかけにします。

Sansho01

フライパンに入れたところ。フライパンは26cmです。


Sanshopre_2
これが

Sanshoafter
こうなります。

これでもまだ途中経過。さらに水分を飛ばして完成です。
山椒の香りがして、ピリッと辛くて、ご飯がススム君です。
カラ煎りなので、フライパンは何とか加工がされてないものがベスト。

今年はこれで山菜は終わりですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

ダブルヘッダー

日時:2018年4月7日(土) 11:00~15:00
釣り物:ヤマメ
場所:山梨県道志川
釣果:4尾

先週末は桜がほぼ満開~9分咲きでした。
そろそろタラの芽かな?とも思いましたが、まだ桜が満開なので、ちょっと早そう。

1週間待ちました。

その間、暖かい日が続き、あっという間に葉桜に・・・

今か今かと週末を待ちわびて、珍しく早朝から丹沢の山へ。

到着は7時前。
前日に雨が降ったので、今回は地下足袋ではなくて長靴着用。
早速山に入ります。

ありました。タラの「木」が。

でも、芽がありません。
すでに遅すぎの感もあるのに、芽がない・・・

周囲を見回すと、山が下刈りされています。
おそらく、作業のおじさんたちがタラの芽を採っていったんでしょう。
作業をしながら採り放題。だったのかな~

9割方とられてました。端っこの藪の中まで。

残っていたのは、採るのがかわいそうな細くて小さい木に出てる芽か、伸びすぎてる芽。
あちゃ~!

と思ったのもつかの間。

ふと足元を見ると・・・ヤツが!!!

ヒルーーーー!
ヒル!ヒル!ヒル!ヒル!

足元に5,6匹。
長靴の上を這ってます!
思わずぶるぶるっと身震い!
急いで手で払い落します。

が、こんな状態ではまともに山菜採りができません。
一旦山を出て、車へ。急いで歩いたにも関わらず、その間にまたもや5,6匹が這い上ってきてました。
恐るべし!

丹沢の山はどこにでもヒルがいるので、ちょっとした登山口には登山計画書の投函箱の中に「ヒルファイター」が置いてあります。

最寄りの登山口に行くと、ありました、投函箱(函も箱も同じハコですね)。
ハコをパコっと開けると・・・ない!
誰かが持って行ったのか、在庫切れなのか。

これではヒルと戦えない。
今度はコンビニへ走り、伯方の塩を入手。
とりあえず、長靴にこすりつけてみます。

多少不安ですが、再度山へ突入!

立ち止まってキョロキョロしていてはヒルの餌食になるので、常に動きます。
山の下から上まで、速足で移動しながらタラの芽ゲット!
15分くらいで、二人分くらいをささっと採ります。それしかありませんでしたが。

最後に草むらでワラビを採取。こちらはやや大きくなりかけですが、ちょうど良い感じの育ち具合。

30分かからずに撤退です。

塩の効果は・・・
あんまりなさそう。日が当たって乾き始めてるところなら何とかヒルに取りつかれずに済みますが、落ち葉が重なったちょっと湿った場所ではすぐにウニョウニョとくっついてきます。

時期が少し遅くて暖かくなりすぎたとは言え、このヒルの量。
今年はもう丹沢での山菜採りは終了ですね。

Tarawarabi
御覧のように、タラの芽はオバケになってました・・・


さて、紆余曲折はあったものの、早朝から山菜採りに出かけてすぐに戻ってきたので、まだ時間があります。

釣りに行こう。

と思いましたが、先に述べた通り、丹沢はすでにヒルの巣窟。行けません。

なので、ヒルに侵されていない道志へ。ダブルヘッダーです。

今回は、奥道志の下流部へ。

下流は谷が深いので、斜面を降りて川へ。

降りた先には放流用の黒ホースがありました。
試しにその下の淵にエサを流すと、グイっとアタリ!流し切ったところだったので合わせきれず。
が、もう一度流すと、きれいなアタリが出て、こちらはゲット!
ヒレボロのモロ放流モノでしたが、22cmくらいのヤマメでした。

それから、流れを中心に攻めますが、ウグイとかカワムツ?とかが数尾、ヤマメは3尾追加のみでした。
1つだけヒレピンでしたが、他はヒレボロ。
まあ、良しとしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

タラノメは遅かった

今年は桜の開花が遅いということなんですが、実はソメイヨシノだけのような気がしてます。
ソメイヨシノが咲き始める前に、すでにヤマザクラはピンクになってました。
清川村の道の駅の駐車場の桜は、何桜というかわかりませんが、すでに散ってます。
いつもの年は、ソメイヨシノが散り始めてから山に行くと、タラノメがちょうど良いんですが、今年は、まだ家の周りのソメイヨシノはそんなに散ってません。

しかし、もう時期なので、行ってみました。

Taranome

採れました。

でも、育ちすぎ!手前に並んでる小さいのが、普通の食べごろ。人によっては遅いと言うくらいのものですが、

その下にあるタラノメ、左側はビニール袋の中に根本があります。
オバケですな。

食べる分だけ採ってきましたが、こんなにデカいので、山に入ってものの数分で終了。
来週も行ってみますが、もう遅いかな~

今年は全く季節が読めません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

釣り?キャン in 道志

ゴールデンウイーク2つ目のイベントは、道志でのキャンプです。

CACの鮎大迷人さん、Hさんと息子さん、yutakaさんと、5人でのキャンプ。

場所はヒ・ミ・ツ。です。

釣り仲間ではありますが、釣りをするのはyutakaさんのみ。
他のメンバーは山へ山菜採りに。

私は先に出発して、モミジガサを少々ゲット。
GW中なので、後発メンバーの到着は遅くなると思いましたが、意外と早く道志入り。
一緒に山へ。

が!

大トラブルです。

Hさんの車に同乗して行ったんですが、目的地寸前で、

シュー!シュー!シュー!

なんと、岩でバースト。
スペアタイヤがあったので最悪の事態は免れましたが、悪悪の事態です。
途中に駐車スペースもあったので、そこに車をとめてればよかったんですが、私がもっと行こうなんて言ってしまったのです。
申し訳ありません・・・

山菜は3種類ゲットして、今夜の食材としては十分でした。

山菜採りの後は、道志の湯で汗を流し、いよいよメインのBBQスタート!

まずは、炭おこしの火で、山菜のおひたし。そして、天ぷら。
天ぷらは、途中から鮎大迷人さんのホワイトガソリンストーブで作りましたが、野外での火の調節は難しいですね。

そして、こちら

Kai

大迷人さんたちが仕入れてきてくれた海鮮。
サザエやホタテの炭火焼き。刺身などなど。

そして、yutakaさんが釣ったヤマメと、前日に赤レンジャーさんが釣ってくれたヤマメ。

さらに、yutakaさんが仕入れた白モツ、トン漬け。

最後に牛。

たくさん食べました。
飲んでたので、写真を撮るのは忘れました。
うまかったです。

酒も飲み切れずに、夜10時にはご就寝。

Kuruma

車をフラットシートにして、段差の部分にクッションを入れて、板を敷いて、布団で寝ました。

朝は、二日酔い無しで、快適にお目覚め。というか、う○こしたくて起きました。
快眠、快便でした。

そして、朝からyutakaさんはハイペースで笑わせてくれました。

またもや楽しい飲みになりました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

山菜!

今年は、週末にいろいろ用事が入って、なかなか山に行けません。

ようやく一日時間ができたので、いつもの山に行ってきました。

狙いは、コシアブラ、タラの芽、シドキ。

連休の疲れをとるため、ゆっくり起きて、午後から出掛けました。

現地に着いてみると、ちょっと緑が少ないかな?って感じ。収穫はあるのか?

今日はいつもよりも少し広めに探ってみます。
が、やっぱりある場所にしかないんですね。30分ほど時間をロスしてしまいました。

いつもの場所に戻ると、早速タラの芽発見!時期が早いかな?と思ったのは、間違いでした。ちょっと伸び過ぎの芽。でも、ボウズを免れて、ほっとしました。

ガサガサと歩きまわり、コシアブラも収穫。そして、太くて良いシドキも群生してます。

Photo

写真のシドキは、太くて良いやつではないんですが・・・。思い出して写真を撮ってみました。

タラの芽が結構採れたので、コシアブラポイントへ。

がー!既に誰かが入っていて、きれいに採られてる。この山で道沿いのタラの芽が採られているのはありますが、コシアブラが採られてたのは初めて。
奥に入って探しますが、結構採られちゃってます。こりゃいかん。

それでも何とか足で稼ぎました。

そして、こちらが収穫。

Photo_2

左から、コシアブラ、上に行ってハリギリ、下に戻ってタラの芽、そして一番右がシドキ。

今回、はじめてハリギリを採ってみました。いつも、遠目でコシアブラに見間違え、近くに行ってがっかりしてただけだったんですが、天ぷらにすると美味い、ということなので、試しに少しだけ採ってみました。

コシアブラは少々なので、おひたしには無理。ということで、

コシアブラ、ハリギリ、タラの芽を天ぷらに。そしてシドキはからし醤油のおひたしとゴママヨネーズ和えに。

Photo_3

このほかに、揚げだし豆腐、茄子揚げ、サラダ。
天ぷらは塩とつゆでいただきます。

山菜は美味いですな~。試しに採ってきたハリギリもまずまず。今度からは採ってこようかな。

神様には、シドキのおひたしが好評。

葉っぱばかりですが、贅沢な夕飯でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

高~~~い山菜!

いつもの山のコシアブラは、まだちょっと早そうなので、手前でどこかいいところないか?なんて探してたら、ネット上にヒントが。
ダメ元で行ってみました。

最初は、車から降りてすぐ採れるものとばかり思ってたんですが、なんと、山の中へ踏み入って30分。
見つかりません。ガセネタか!?と思いつつ、もうちょっと、もうちょっと、と探っていくと、やっと見つけました!しかもデカイ木を。
既に採られている芽もあったんですが、木がデカイだけに、まだまだあります。もちろん、木が枯れないように間引いて採っても、です。

結局、見つけられた木は4,5本だけでしたが、どれも大きい木だったので、十分な収穫。

今日は、この後予定があるので、1時間半ほどで急いで山を降ります。

車のそばで、シドキを少々(ほんとに少々)、伸びてしまったワラビも少々採取して、出発。

Photo
細くてあんまり良いワラビじゃありませんが、まあ、良いでしょう

途中、道端に立派なウドを発見!
車をとめてゲット!

と、このとき、車から警告音のようなピーーーーという音が。
一度運転席に戻ってみますが、車の中は静か。でも、外に出ると音がします。
何かな?と車の周りを一周してみると・・・

なんと、

左後輪がパンク!ありゃりゃ

平らなところに戻って、急いでタイヤ交換の準備です。

が!新発見!?

なんと、左前輪までつぶれてる・・・

これは・・・スペアタイヤが足りない。この後の予定もダメだ。

とりあえず、急いで前輪のタイヤだけ交換して、ナビでガソリンスタンド検索。
幸い、山を降りてすぐにスタンドがあるらしい。携帯が圏外なので、そこまで行くしかない。
ノロノロ運転でスタンド到着。でも、「これは手の施しようがないです」

ガーン!

仕方なくJAFを呼んで、家までレッカー移動してもらうことに。JAFメンバーだったので、25,000円くらいお得?になりましたが、レッカー代14,000円なり。

で、この後、タイヤを買わねばなりません。タイヤ屋に電話したところ、50,000円強かかるらしい。

はぁ~。なんとも高い山菜になってしまいました。

Photo
左から、シドキ、ワラビ、ウド、コシアブラ

週末は結構重い食事をとったので、今夜は天ぷらではなくて、おひたしとコシアブラご飯。シドキはおひたし、ウドは油炒めにしました。ワラビは重曹であく抜き中です。

美味かったですが、ガックシ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

やっとまともな収穫!

GW中、そろそろか、といつもの山に出かけてみました。

途中、山にはまだ緑が少なく、桜もきれいに咲いていたので、まだか?なんて不安になりました。
しかし、到着してみたら、ちょうどタラの芽が採り頃。最初は小さい木の芽でも採ってましたが、途中からは大きい木のものだけ間引いて採っても十分な収穫。

Taranoki
写真の真ん中にタラの木があります。こんなに枝分かれして立派な木にはなかなか出合えません。(この木は太くて高すぎて、太くて良い芽が出てたんですが採れませんでした)

残念ながらコシアブラにはまだ時期が早くて、なんとか数個だけ採れるような状態でした。

そして、足元に目をやると、シドキ(モミジガサ)がいっぱい。

終わってみると、まずまずの収穫でした。

でも、間伐で一緒に切られたのか、コシアブラ木のの本数がずいぶん減っていました。さらに山には新しく何かの施設ができていて、これまでコシアブラも結構生えていた場所が失われました。
また新しい場所を見つけねば!

この日の夕方、散歩の途中で竹の子をゲット。帰りにスーパーに寄って、エビとイカとかぼちゃを購入。

Shukaku
二人で食べるには十分な量。右がタラの芽、真ん中の上にちょっとだけコシアブラ、左がシドキです

タラの芽とコシアブラは天ぷらに、シドキはさっと湯がいておひたしに。おひたしは鰹節とからし醤油を作ってみました。からし醤油の方が美味いですね。

Ryouri

そして、メニューは

天ぷら盛り合わせ・・・・・・コシアブラ、タラの芽、シドキ、かぼちゃ、さつまいも(蜜芋)、エビ、イカ、竹の子。
竹の子は米ぬかで下ゆでしたものを揚げてみました。今回は大きめに切ってみましたが、水分が抜けないため、小さく切って揚げるのが良さそうです。

竹の子の土佐煮。
実家からもらった山椒の実を入れて煮ました。庭の山椒の葉っぱを散らして出来上がり。本当は、ニシンを入れると味がぐっと引き立ちます。

シドキのおひたし・・・・・・鰹節醤油、からし醤油。
写真の量が器二つ分です。

料理の友は、「蓬莱 しぼりたて(にごり酒)」。
酒屋さんの保存状態が悪かったせいか、本来は炭酸が含まれててシュワッとさわやかな酒なんですが、気が抜けてました。でも、さわやかな味は消えておらず、料理酒としてなかなかのものでした。
やっぱりこういう酒はちゃんとした酒屋さんで買わないとだめですね。

豪華な料理をたらふくいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

今年は季節が読めない・・・

二週間ほど前、家の近くにタラの芽を採りに行ったら、すでに育ち過ぎか、採られた跡というのがほとんど。
最近は、季節外れの雪が降る日もありましたが、20度を超える日も結構あって、いつもコシアブラを採りに行く山もそろそろかな?と出かけてみました。

雪の日もあったので、コシアブラはちょっと早いかな?という気もしていたんですが、さすがにタラの芽はあるだろう、と思ってたんですが・・・

なんと、山にはまだ緑の葉っぱを付けた木がほとんどない!すなわち、タラの芽も、芽の出始めで、まだ硬く閉じたまま。コシアブラまではまだまだといった感じで、あえなく引き返しました。

いつもなら、この時期すでにコシアブラの出始めのものが採れるはずなんですが、山に登ってみると、まだまだ桜が満開。それはきれいでしたが、桜が咲いているうちはコシアブラは採れません。

でも、春の芽の勢いはすごいので、あったかい日が数日続けば今度は遅すぎる、なんてことにも。

ほんとに今年は季節が読めません。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

今週は山菜です

今日は釣りではなく、山菜採りに行ってきました。
まずは、家から5Kmほどの山。しかし、車がすでに4台。車をとめるスペースがないので、さらに10Kmくらい走って、毎年行く山へ。

ここもハイキングなのか、駐車スペースには車が7,8台。1台分空いていたので、そこにとめて、山の中へ。

タラの芽を探して歩きますが、時期が1週間ほど遅かったので、すでに辺りは緑。いつもの場所から見てみても、木が見つかりません。木自体減ったのかな?
なんとか見つけたものの、すでに葉っぱは開ききっていて、食べられそうなのは2本だけでした・・・
もう一つの目的の山椒はすぐにみつかり、まずまずの収穫。
そして、シドケ(モミジガサ)がかなりあるのを発見。大きいのだけを間引いて採りましたが、こちらもまずまず。

さらに、山の尾根の向こう側も探ろうとしましたが、途中まで登ったところで大きい蜂の巣を発見!恐いのですぐに引き返しました。

もう一箇所の秘密の場所へ行く途中にも良さそうな山をいくつか発見。ここでは三つ葉を採取。次回が楽しみ。

こんどの山はごくわずかですが天然わさびがあります。
ほんとに大きいのだけを数本摘んで、途中でシドケも追加して帰途。

様子見のつもりでしたが、まあまあの収穫があって、楽しめました!

Sansai

↑左上から、タラの芽、シドケ、山椒、わさび、三つ葉
タラの芽はこれでも小さい方。ちょっとかたいかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)