カテゴリー「その他の釣り」の記事

2016年3月22日 (火)

ちょっとブレイク。家族旅行での釣り

日時:2015年9月20日(日)、9月21日(月)
場所:兵庫県香美町香住港、その他の港、竹野川
釣果:マメアジ50尾(2人)、ハゼ1尾

9月のシルバーウィークで、兵庫県の城崎温泉へ。
大渋滞を覚悟してましたが、ハマることなく過ごせました。
初日は天空の城竹田城跡の解禁日?に行き、見事雲海を捕まえました。
出石そばも堪能して、楽しい一日でした。

二日目は、神様とちんぺい、鮎スケと一緒に、のんびりと釣り。
夕方は香美町の夕日を見る予定なので、香住港へ。

堤防から、サビキ釣りです。

最初はフグしか釣れませんでしたが、場所を移ったら入れ食い。
マメアジですが、銀色じゃなくて金ピカアジです。
二人で50尾。夜はから揚げでおいしくいただきました。
夕日ですが、結局一日中曇りで、見られませんでした。

次の日は、早朝から一人で釣り。
まずは、京都久美浜。
餌木を投げましたが、無反応。
なので、兵庫へ引き返し、柴山港などで、サビキや餌木をやりましたが、釣れません。
餌木のキャストだけはちょっと上達した感じです。

今夜のおかずが釣れないので、ハゼに切り替え。
豊岡竹野町の竹野川下流部へ。

入って早々に1つ来たので、これはいけるかな?と思いましたが、その後無反応。
貧果に終わりました。

旅行の方は、舟屋で有名な伊根を見学したり(港にアオリイカがいっぱいいて、竿を持って行かなかったのを後悔しましたが)、丹後半島で夕日を見たりして、楽しめましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月31日 (日)

解禁前にLT五目@茅ヶ崎

日時:2015年5月2日(土) 6:30~14:00
釣り物:ライトタックル五目(アジ)
場所:茅ヶ崎
船宿:まごうの丸
釣果:アジ2尾、サバ17尾

狩野川の解禁に行ってきましたが、その前に、ライト五目に行って来たのでアップ。

会社の人が釣りをやりたいというので、カワハギを、と思ってましたが、なかなか行けずに5月になってしまったので、お手軽にライトタックルを選択。

釣割でお得な船を捜すと、まごうの丸が良さそう。
昔からお世話になってるところなので安心です。

6:30出船なので、手続きの時間も見て5:40頃に到着。まだ会社のHさんは到着してません。

手続きをすませてしばらくすると、Hさん登場。足元がサンダルでしたが、暖かいので良いでしょう。

私もライトタックルは二回目なので、二人とも初心者。
胴の間に陣取って、船長に挨拶。

一応、経験済みの私が仕掛けなどのレクチャー。

Junbi

富士山がきれいです。

Fujisan

事前の情報では、釣れたり釣れなかったり。でも、良い日でも10尾前後なので、お遊び程度ですね。

Jittyo

結構頻繁にアタリがありますが、釣れるのはサバばかり。
それも、デカサバ。重い・・・

サバでもお土産にはなるので、せっせと釣ります。
Hさんも結構釣ってるみたい。

一時サバが入れ食いになり、バレてくれた方が嬉しいなんて場面も。

で、こんな感じ。

Dcim0233

でかいのは40オーバーでした。
Hさんも同じくらい釣ってたかな?

Dcim0234

いきなり夕飯ですが・・・

本命アジは2つだったので、タタキにしておしまい(右下)。
あとは、サバの刺身(左下)、シメサバ(真ん中)、サバの唐揚げ(上)と、サバ尽くし。
ツマ用の大根と大葉を買いにスーパーに行ったついでに、我が家の鮎スケ君が大好きなマグロも調達(右真ん中)。

サバは卵とか白子を持ってて、脂が足りなかったですが、まあまあでした。

たまにはこんな釣りも良いもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

兵庫日本海側でおかず釣り

日時:2012年10月4~6日
場所:兵庫県豊岡市田結港・津居山港、兵庫県香美町鎧港・とちみたキャンプ場前・香住西港
釣果:0尾、豆アジ22尾+シマダイ4尾+アイゴ6尾、豆アジ2尾+中アジ2尾+カワハギ3尾+アオハタ1尾
会社の5日間の休みを利用して関西方面に旅行に行ってきました。
伊勢→奈良→京都市内→朝来→豊岡→城崎→鳥取→宮津→香美→小浜→若狭と、ずいぶん回りました!
家族旅行でしたが、しっかり釣りしてきました。堤防でのおかず釣りです程度ですが。

まずは、10/4。
鳥取砂丘に行った後、夕方ちょっとだけ。
宿から車で1分くらいの田結港へ。おじさんがルアー釣りをしてたので、釣れるかも、とやってみました。
が、風が強くて、港の中でも波が立つほど。しかも水深が1mちょっと。サビキ仕掛けが全部しずまなくらいの浅さ。

Teibou01

Teibou02

結局釣れませんでした。
ルアーのおじさんもダメだったみたい。
帰りに城崎温泉に行って、刺身を買って帰りました・・・


次の日。
風はやんで、天橋立へ。そのあと、やっぱり夕方だけの釣り。
今度は、前日のポイントから円山川を挟んで対岸の津居山港。
一番奥の堤防には何人かのおじさんがいていっぱいだったので、手前で釣ります。
今回は豆アジが入れ食い。ときどきシマダイが掛かります。
そして、アイゴも。
このときはまだアイゴを知らずに、うかつにも素手でハリをはずしてました。そして、やられました。刺されてしまった!
最初は気づかなかったんですが、そのうちズキズキと。でも釣れてるので、無視して続行。
薄暗くなってきたので、仕掛けをサビキからエギに変更。堤防の上には墨跡があったので、アオリが釣れるはず。
何回か投げていると、アタリが!でもバレ。さらにもう1回アタリが来ましたが、これもバレ。エギを見てみると、ハリが内側に曲がってました。これでは掛かりません!
その後少しやってみますが、すでに7時を回っていたので、後ろ髪を引かれる思いで終了。まあ、おかずにはなったので良いかな。
ちなみに、後から来たおじさんは30分くらいで2つ挙げてました。


10/6。
この日は特にどこかに出かける予定はなかったので、近くの海で夕陽を見ることに。
それまでの間、神様も一緒に釣りです。
最初は鎧港。ネットで穴場として紹介されてたので、ゆったり釣りができるかも、と行ってみました。
果たして、だれも釣り人がいません。
ここで弁当を食べて、釣り開始。
アイゴが入れ食いです。が、4日に分かったことですが、アイゴは結構臭い。内臓と皮を取ってしまえば全く臭みはないんですが、さばくのが面倒。しかも、刺す。
なので、今回はみんなリリースです。
そうこうしてるうちに、スズメバチが・・・灯台のそばにだれかが捨てたダツの死骸があって、そこにスズメバチが集まりだしたみたい。
最初は無視してましたが、そのうちハチが警戒してきて、周りを旋回しはじめます。
危ないので撤退することに。まずは神様とちんぺいが先に車の方に行くようにしましたが、ハチはそっちを追いかけて、結構危ない状況だったみたい。
私もビクビクしながら片付けをして移動です。

車を走らせながらポイントを探し、また穴場っぽい場所へ。
ここでは夫婦連れがアオリを狙ってました。こちらはサビキ。
ちょっとやってみましたが、魚は見えないし、アタリもないのですぐ移動。

最後は香住西港。
こちらはファミリーフィッシングの銀座らしく、家族連れがいっぱい。
早速仕掛けをおろします。
と、来ます。アイゴ。
そして、豆フグ。こいつらが尋常じゃないほどエサを追うのが上手い!瞬く間に掛かってしまいます。つまり、フグの入れ食い。もちろんリリースですが、エサがもったいない。
フグの中にはカワハギも混じっているんですが、フグの素早さにはかなわないみたい。
ほんとのエサ取り名人はフグですね。
かなり粘ってやっとカワハギ3尾。
その間にアジとか豆マダイとかが釣れます。神様に。
ギンポも神様に掛かったんですが、そのときにはギンポを知らずに、見た目が気持ち悪いので放流。後で調べたら高級天ぷら素材だったんですね。もったいないことした!
入れ食いは続きますが、フグばかりで、お持ち帰りの魚が少ない。
そのうち日没の時間が迫ってきたので、釣りはここまで。でも、ツマミにはなったかな。
今回はあんまり調べずに適当にやってみましたが、今度来るときはポイントも仕掛けももうちょっと準備してこようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

茅ヶ崎からシロギス~しんちゃん釣行記1~

日時:2011年8月13日(土) 7:30~14:00
釣り物:シロギス
船宿:まごうの丸
場所:神奈川県 平塚沖
釣果:3人で53尾

今日から会社が夏休み。
それに合わせて、栃木の神様の実家から、妹家族とお母さんがやってきました。

金曜日の夕方に到着して、あくる朝にはシロギス釣りです。行くのは、妹さんの旦那と私、そして仲良しの甥っ子しんちゃんの3人です。
しんちゃんは堤防釣りやマス釣りは何回もやっていて、堤防からヒラメを釣ったり、ダツを釣ったりしていますが、船釣りは今回が初めて。楽しみです。

朝は4時半に起床。朝からカレーを食べて出発!

途中でコンビニに寄って昼の弁当を買って、さらに24時間営業の平塚の釣り具屋で仕掛けと人工エサを購入。

船宿のまごうの丸に着いたのは、ギリギリの6時半でした。

すでに皆さん船に乗り込んでいて、満員御礼状態でした。

7時に出港。茅ヶ崎沖でやるのかな?と思ったら、船はどんどん西へ。
到着したのは平塚沖。平塚と言っても、西の端っこくらいです。

朝一は波が1mくらいあって、船に慣れていないしんちゃんが酔わないかと心配でしたが、大丈夫なようでした。

エサの付け方と釣り方をちょっとだけ教えて、実釣開始。
最近は100尾超えも結構出てるので楽勝!と思いましたが、午前中は全くダメ。

釣れてくるのはヒイラギばかり・・・しかも結構な良いペースで釣れます。
最初は手でつかんで外してましたが、あのヌルヌルがなかなか落ちない。全く厄介物です。
・・・と思ってたんですが、後で調べてみたら結構うまい魚みたいですね。今度釣れたら食べてみよう。

最初はしんちゃんのパパがヒット。そして私にも。20cmを超えるくらいで結構型が良いです。

しかし、ハーフ(7時~10時)のお客さんを港に送るために一旦上がるまで、わずかに数尾。周りも悪戦苦闘していたようで、夕飯のおかずにできるかどうか、心配になってきました。

ところでしんちゃんは、昨日の夜更かしがたたり、1時間くらいで横になり、ご就寝confidentsleepy
午前中はボウズでした。

午後の出船。また同じポイントへ。

午前中の様子からかなり心配でしたが、午後はポツポツ掛かります。

そして、しんちゃんにも待望の1尾目。

Shinsin

小学三年生でもちっちゃい方のしんちゃんには、船べりが高過ぎなのですが、頑張って釣ってます。

午後はペースが回復。メゴチ混じりで飽きない程度にポツポツ釣れます。
時には入れ食いもありました。

そして、午後2時の沖上がりには、3人合わせて53尾になっていました。釣れた人は100を超えてたみたいですが、午前中の釣れ具合からして、まずまずじゃないでしょうか。

夕飯には、もちろんキスとメゴチの天ぷら、キスの刺身が並び、お酒もおいしく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

小坪港で堤防釣り

日時:2008年10月18日(土) 14:00~16:30
場所:神奈川県逗子市 小坪港
釣果:カワハギ4、メジナ1、マハタモドキ1

鮎釣りシーズンも終わり、今度は何を釣ろうかな?
いつもなら、真っ先に船でカワハギ!ですが、原油価格高騰の影響で、小遣いが・・・
なるべく安く済ませるにはどうしたらいいか?と考えたのが陸からの釣りです。

陸からでも、砂地ならシロギス、堤防からちょっと投げればアジ・回遊魚、岩礁帯なら磯の魚やカワハギも釣れるんです。うまくいけば。

ということで、あんまり釣り人のプレッシャーがなくて、なるべく近場の釣り場を探したら、小坪港が候補にあがりました。ここは、小型ながら色んな魚が狙えるみたいで、穴場的釣り場らしいのです。

夕飯のメニューは、カワハギの肝和え、アジのたたき、アジフライ、シロギスのてんぷらの予定です。

途中で、カゴ釣り仕掛けと餌を買って現地へ向かいます。ちなみに、餌は、カワハギ用のアサリ、シロギス用のアオイソメ、青物用のアミ。

家から1時間半もあれば着くかな?と思ってましたが、あちこちで渋滞にはまり、最後に茅ヶ崎駅の大渋滞!これでは小坪に着くのは遅くなる~、と行き先を江ノ島に変更!!

で、江ノ島に到着しましたが、なんと駐車場がどこもいっぱいで、長蛇の列。しばらく待ちましたが、入れそうな様子もなく、やっぱり小坪へ行くことに。

かなり時間ロスして、小坪港に到着したのが午後1時半。ずいぶん気力もそがれてしまいましたが、オニギリをぱくついてから釣り場へ移動。

Photo_6 小坪はなんだか南国ムードです

ここは港の周囲が全てテトラ。テトラを伝って釣り場まで行かなければなりません。そんなに高さはないし、テトラの間も詰まっていて歩きやすいんですが、高所恐怖症の私には、結構な難題。必死の思いで、波打ち際までやってきました。

まずは、カワハギ狙い。磯竿に船用のカワハギ仕掛けを付け、オモリは5号。
軽く投げて、誘いながら引いてくる釣り方です。

何投かすると、カンカン!というアタリ!突然のことだったので合わせに失敗してバレましたが、これは確実にカワハギのアタリです。俄然やる気が出てきました。

しっかりと餌を付け直して、集中して誘う。

すると、コツコツ。という小さいアタリが!ゆっくりと合わせると、カンカンカンカン!!来た!カワハギの引き!
上がって来たのは15cmくらいのチビカワハギでしたが、嬉しい!

その後1投ごとの2連荘!少し間をおいて、20cm超のまずまずの型も掛かりました。

気がつくと、ちょっと潮が満ちてきたみたいで、隣の低いテトラに水しぶきがかかるようになりました。最後の一投をしたら高いところに移ろうかな。
でも、思ったらすぐ実行した方が良いですね。なんと、根掛かり。外れそうにないので、手で引っ張ったら、道糸と力糸の継ぎ目で切れてしまいました。ああ、もったいない!

ちょっと気落ちしながら、クーラーが置いてあるちょっと高い場所へ移動。
の途中で・・・

ツルッ!どっぼーんwave

落ちちゃいました。幸い、水深30cmくらいでしたが、横着してスニーカーで来ていたので、靴下までびちょびちょ。やってしまった~

その後、カワハギは掛かることなく、来たのはマハタモドキだけ。

次のターゲット、アジ釣り開始。

カゴ釣り仕掛けを取り出して、こちらも竿が折れない程度に投げて、沖合いを狙います。

が、こっちの方は全くアタリの予感すらありません。
ちょっと、靴の中が濡れていて気持ち悪かったので、靴も靴下も脱いで乾しておきます。

その作業後、海を振り返ると、浮きがない?あれ~?
と思ってリールを巻くと、ググググ~!何か掛かってるみたい。
何回かの抵抗の後、あがって来たのはちっちゃいメジナ。微妙なサイズ(というか、普通はリリース)でしたが、せっかくなのでキープ。

結局、釣れたのはここまで。少し薄暗くなってきたので、終わることにしました。到着が遅れたので、シロギス釣りは無しです。

仕掛けを片付けて、戻ろうかな?としたそのとき、カランカラン、ぽちゃ。
なんと、仕掛けや浮きなどを入れておいたバケツが、海へ・・・
必死で浮き1つと、バケツと、水汲みバケツは回収できましたが、餌、その他モロモロは海の中へ。はあぁ~

帰り際、私のトラブルを見ていたのか、隣で釣っていたおじさんが声を掛けてくれて、少し話したあと、「カサゴ持って行く?」と、なかなかの型のカサゴをくれました。やった~!ありがとうございます!!これが、今日の魚の中で一番デカイです・・・

Photo_5

さて、今夜の夕飯。

カワハギの肝和え(思ったよりは肝が取れました)、アジのたたき、メジナとマハタモドキの刺身、カサゴのから揚げ、でございます。
??釣れてない魚が入ってますが??
まあ、まあ、気にしない、気にしない。途中でスーパーに寄って帰ったなんて、気にしないことです・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

熱い海でした

日時:8月4日(土) 10:30~16:30
場所:熱海海釣り公園

今日は、鮎じゃなくて、熱海でのんびり堤防釣りです。
うちの神様が熱海で開かれた講習会に参加するというので、一緒に行って温泉小旅行です。私は講習会には参加しないので、暇つぶしに海釣り。

オニギリを買って、クーラーに飲み物を入れて、いすを持って、安売りの竿を持って、海へ。
本当はシロギスを釣りたかったんですが、もちろん今の季節は海水浴客が多くて断念。大堤防に雑魚釣りに向かいます。

何年か前に熱海に来たときは、大堤防は自由に出入りができて、釣りも出来たんですが、なぜか大堤防に入るには料金が掛かるようになってました。テトラ周り狙いのつもりだったんですが、がっかり。

釣具屋さんで聞くと、「イワシが釣れますよ」とのこと。う~ん、まあ、いいか。

サビキを竿にセットして、ドポン!
真夏なのに、海に来てて家族で堤防釣りする家族も多いんですね。5,6家族が釣りを楽しんでました。

でも、釣れません。クーラーに入る魚で私が見たのは、女の子がカゴ釣りで釣ったサバだけ。
私にも魚は釣れますが、ほとんどネンブツダイ。午前中はいすに座りながらダラーッと釣ってましたが、昼を食べてからちゃんと立って釣ってみました。
結構、コマセに寄ってくる魚は多いんですね。ほとんど5cmくらいのメジナですけど。

と、堤防際でまずまずの型のカワハギを発見!急いでオキアミを買いに行って、際の底でのカワハギ釣りに転向。これが当たった!見事カワハギをゲット!

Atamikawahagi こんなんですけど・・・

勿論、放流。

Atamifune今日の大物!!

ちなみに、午後から釣り人が増えたアオリはかなりアタリがありました。釣れてきたイカは結構な良型。ここはほとんどヤエンの釣りのようで、アタリがあってもなかなか取れないようでしたが。

温泉は良かったですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

真鯛は釣れる!

真鯛って、簡単に釣れるんですね〜。場所によりますけど。
その場所っていうのは、網代の
海上釣り堀「漁師小屋
関東ではめずらしい海の釣り堀です。
ここは、ファミリーコースとマニアコースがあり、我々が行ったファミリーコースはアジと真鯛を釣らせてくれます。
一人4000円で、アジ10尾と真鯛2尾までOK。そんなに簡単じゃないだろうと思ったら、釣れる釣れる!
200m沖にある釣り堀まで船で送ってもらい、最初に真鯛に挑戦。真鯛とアジはイケスが別々になってるんです。
3mくらいの普通の延べ竿にワイヤーのような太い糸。オキアミをハリにつけて、仕掛を投入。これが、ありゃっというほど簡単に真鯛が食いついて来るんです。小さいヤツほど食い気が強くて、二人で4尾はあっという間。真鯛って釣れる!
制限尾数になったので、アジのイケスへ。こちらはほどほどの食い気で、10尾釣るまでなかなか楽しめました。
実釣時間1時間半。思いの外楽しめる釣り堀でした。
Ryousigoya01
これが海上釣り堀です


Madai01 そして、これが真鯛。少し日焼けしてますが・・・


Tyouka01 本日の釣果。楽しめました

| | コメント (0) | トラックバック (0)