カテゴリー「その他の釣り」の記事

2017年4月 5日 (水)

二週連続の山中湖

日時:2017年4月1日(土) 7:00~15:00
釣り物:ワカサギ
場所:山中湖(山中湖レストセンター)
釣果:96尾

二週連続ワカサギ週間です。
今回は甥っ子のしんちゃんと一緒。前回はまだ小っちゃかったんですが、もう中学三年生。子供の成長は早いですね~

6時半に山中湖到着。

4月の雪で、湖はこんな感じ。

Yukigesiki01

ハウスで受け付けをしますが、なんと、予約が入ってない!
2月2日に、先週の分と連続で予約して、電話口のおじさんも、「両方とも二人ですか?」と聞き返してたのに。
とりあえず、場所はあるみたいで、何とか船に乗れました。

ところが、船の中に入ると、指定の席には貸し竿セットが。その横にも貸し竿があって、計4セット置かれてます。
とりあえず、しんちゃんの仕掛けを用意していると、後から家族連れがやってきて、「あれ?あれ?」となってます。
聞いてみると、我々の隣の4席分。船の中との連絡がうまくできてなかったみたい。
船長はちょっと不機嫌になって、ムムって感じ・・・
電話履歴を見ても、ちゃんと2か月前に予約を入れているので、席の確保を忘れた船の方が悪いんですがね~

一応、定員内ですが、ちょっと狭い感じで釣りスタート。

最初の1尾はしんちゃん。
2点掛けもあります。

Sinchan01

最初だけちょっとだけ釣れましたが、前回よりも厳しい!数が伸びません。

群れもなかなか回ってこない、我慢の釣りです。
そして、バレる。底バレや上げてくる途中でのバレも頻発。

今回も早弁で、11時にレンジでチン!でしたが、そこまでに、21尾。

ちなみに、しんちゃんは22尾。負けてます・・・

午後はちょっとは良くなるかな~、と期待しますが、出だしに失敗。
しばらく数が伸びません。
私はいつものように1尾ずつ。しんちゃんは2尾ずつ。差が開きます。焦ります。

Sinchan02
大芦川の鮎釣りに続いて、ワカサギでもセンスを見せる新ちゃんでした

そんな状態が1時近くまで続き、今日の夕飯は、1人20匹も食べられないかな~、と半ばあきらめモード。

でしたが、魚が水面でバレたのを見て、ちょっと考えました。
水面でバレるのは、電動リールの水深計の誤差で、ちょっと手前で止まって、仕掛けが一瞬緩むからでは?
それまで、巻き上げが早すぎて、口が切れてバレてるのかと思ってましたが、どうも違うみたい。
アワセの後も、一回竿を止めて、掛かってるかどうかを確認してから巻き上げてましたが、合わせと同時に巻き上げてみます。リールの速度も速く設定。

果たして、バレが激減。
オモリが軽いので、掛かってるか確認してるときに、魚の力で仕掛けが上下してるうちに一瞬たるんで、そこでバレちゃってる可能性大です。
この方式だと、ほとんど1尾ずつですが、元々そうなので、実害なし。
仕掛けの落下を速くするのにダブルオモリシステムにして、手返しも改善。
ハイペースで釣れるようになりました。

が、気づくのが遅すぎました。

最終的には、3時の上がりまでに、96尾。後半かなり挽回しました。
しんちゃんもがんばって48尾。これでも船中上位の方でしょう。トップは200を軽く超えてたと思いますが。

雪はずっと降ってましたが、気温がそれほど下がらなかったので、道路に雪はありませんでした。が、さすがに山越えは怖いので、高速道路で帰宅。

Yukigesiki02

スタッドレスを履き替えないでおいて正解でした。

今夜も天ぷら。おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々!山中湖ドーム船のワカサギ

日時:2017年3月25日(土) 7:00~15:00

釣り物:ワカサギ
場所:山中湖(山中湖レストセンター)
釣果:2人+αで109尾

色々と忙しくて、久々の更新です。

釣り物は、久々のワカサギ。一昨年、神様と山中湖で短時間のボート釣りをして以来。

今回は、甥っ子のしんちゃんが、春休み中にワカサギ釣りをしたい、ということで、ドーム船を予約しました。3月末か4月頭、ってことで、二週連続予約です。

結局、しんちゃんは4月1日に釣りをすることになったので、神様と行ってきました。

朝の気温は氷点下でしたが、空は快晴。富士山もくっきりです。

私も市販の電動リールを買ってしまい、今回が初使用です。

出港から、5分ほどでポイント到着。
神様の仕掛けを準備して、私も用意を。

とやってるうちに、神様に1尾目。今日は調子良いのか?

私も早速仕掛けを下ろします。
ダイワ製やシマノ製とは違って安いリールですが、市販のものは安定してますね・・・使いやすいです。
穂先だけは自作で、今回はカーボンソリッド素材を使った軟調穂先。
1gのオモリで感度重視。

わくわくしながら誘いますが、ポツ・・・ポツしか釣れません。
かなり調子悪い・・・

どうも、神様に1尾目が来たのは神業だったようです。

時速5尾くらい。

釣れません。

ときどき群れが回ってきて、そのときは船中がにぎわいますが、3分と持たずに去って行きます。

途中、神様の隣に船長が来て釣り始めます。自作穂先のテストだそうです。
7本鈎だから、と言ってましたが、2点・3点掛け連発。
バケツを汚したくないということで、神様のバケツに入れていってくれます。
短時間でしたが、20尾超え。さすがです・・・

朝早いので、10時過ぎには腹が減る。
しばらく我慢しましたが、11時に昼飯。
それまで釣ったワカサギをクーラーに移しました。20まで釣ってないかな?

午後になって、ちょっとだけ群れが来るペースが上がりましたが、飛躍的な伸びがありません。

ポツ・ポツ釣りで、最後まで同じ感じでした。

本日の釣果は、神様と私と、船長の分も入れて、109尾。
帰り道、道志の道の駅でサツマイモとナス、フキノトウを買って、さらにはうちにあったカボチャも加えて天ぷらに。さらにさらに玉ねぎと人参のかき揚げも作りました。
ワカサギの天ぷらは間違いないですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

浜名湖ハゼ釣り

日時:2016年10月16日(日) 7:30~15:30頃
釣り物:ハゼ
場所:静岡県浜名湖周辺
釣果:22尾

今季初のハゼ釣りです。
いろいろ忙しかったので、日曜日だけの日帰り釣行。
浜名湖まで往復です!

今回は、神奈川から江戸の新鮎組のN隊長と私、そして、岐阜からは美濃の新鮎組のI さんと息子さんの4人です。

浜松西インター脇で待ち合わせの予定でしたが、着いてみると、関西方面からの車が渋滞!インター先で合流できましたが、これは何だ?

釣り場までの移動の途中で、「エア・フェスタ浜松」という看板があり、納得。航空ショーに来てたんですね。

まずは1か所目。

根掛かりが多いポイントですが、大型が釣れる実績のある場所です。

で、釣れました!

Sougyo

近くで見ていた近所のおじさんが「セイゴだ」と言ってましたが、口が鯉っぽい。
あとで調べてみましたが、たぶん、ソウギョでしょう。
竿が折れるかと思った~

本命のハゼは、と言えば、そんなにデカいのは出ず。

クロダイ7~8尾、本物セイゴ、ヒイラギ数尾。
ハゼは4尾・・・

みなさん不調のようで、10時頃には移動です。

お次は

Gyoko01

こんな感じの漁港です。

アタリは頻繁にありますが、ハゼの型が小さい。しかも、釣れたうちの半分以上がヒイラギで、ヌルヌル攻撃をさけて外すのが面倒です。

こちらも早めに見切りをつけて、次の漁港へ。

Gyoko02

小さな港です。
去年来たときは結構釣れたんですが・・・

今回は魚の気配が感じられません。
ハゼが多い時は、岸で動くと、ハゼも動いて、砂煙があがるんですが、ほとんどなし。
たまに釣れてきますが、小粒ちゃん。
30分も釣りをせずに移動です。

さらに近くの漁港を見てみますが、こちらも魚がいなさそう。我々の前に釣ってるおじさんも、なんだか覇気がありません。
釣りせず移動です。

結局、朝入った場所に逆戻り。

昼飯を食べて、再開です。

時間がたてば食いもたつかと思いましたが、さにあらず。
やっぱり釣れるのはクロダイ。一時入れ食いです。

色々動いて、ちょっとずつ追加しますが、数が出ませんね。

上空では、朝渋滞を引き起こした航空ショーの飛行機が低空飛行です。轟音がすごい・・・
こちらについても後で調べたら、ブルーインパルスが来てたみたい。
街の上を編隊飛行。細心の注意を払って行われてるんでしょうが、ちょっとでもミスしたら大参事ですな。

Show

2機の飛行機でハートを描いてました。

結局、どの場所でも数尾止まり。
ぜーんぶ足して、やっと22尾でした。これは厳しいですね~
N隊長も30ちょっと。この数が厳しさを物語っております。

帰りは下道でゆっくりと。
御殿場でトンカツを食べて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

ちょっとブレイク。家族旅行での釣り

日時:2015年9月20日(日)、9月21日(月)
場所:兵庫県香美町香住港、その他の港、竹野川
釣果:マメアジ50尾(2人)、ハゼ1尾

9月のシルバーウィークで、兵庫県の城崎温泉へ。
大渋滞を覚悟してましたが、ハマることなく過ごせました。
初日は天空の城竹田城跡の解禁日?に行き、見事雲海を捕まえました。
出石そばも堪能して、楽しい一日でした。

二日目は、神様とちんぺい、鮎スケと一緒に、のんびりと釣り。
夕方は香美町の夕日を見る予定なので、香住港へ。

堤防から、サビキ釣りです。

最初はフグしか釣れませんでしたが、場所を移ったら入れ食い。
マメアジですが、銀色じゃなくて金ピカアジです。
二人で50尾。夜はから揚げでおいしくいただきました。
夕日ですが、結局一日中曇りで、見られませんでした。

次の日は、早朝から一人で釣り。
まずは、京都久美浜。
餌木を投げましたが、無反応。
なので、兵庫へ引き返し、柴山港などで、サビキや餌木をやりましたが、釣れません。
餌木のキャストだけはちょっと上達した感じです。

今夜のおかずが釣れないので、ハゼに切り替え。
豊岡竹野町の竹野川下流部へ。

入って早々に1つ来たので、これはいけるかな?と思いましたが、その後無反応。
貧果に終わりました。

旅行の方は、舟屋で有名な伊根を見学したり(港にアオリイカがいっぱいいて、竿を持って行かなかったのを後悔しましたが)、丹後半島で夕日を見たりして、楽しめましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月31日 (日)

解禁前にLT五目@茅ヶ崎

日時:2015年5月2日(土) 6:30~14:00
釣り物:ライトタックル五目(アジ)
場所:茅ヶ崎
船宿:まごうの丸
釣果:アジ2尾、サバ17尾

狩野川の解禁に行ってきましたが、その前に、ライト五目に行って来たのでアップ。

会社の人が釣りをやりたいというので、カワハギを、と思ってましたが、なかなか行けずに5月になってしまったので、お手軽にライトタックルを選択。

釣割でお得な船を捜すと、まごうの丸が良さそう。
昔からお世話になってるところなので安心です。

6:30出船なので、手続きの時間も見て5:40頃に到着。まだ会社のHさんは到着してません。

手続きをすませてしばらくすると、Hさん登場。足元がサンダルでしたが、暖かいので良いでしょう。

私もライトタックルは二回目なので、二人とも初心者。
胴の間に陣取って、船長に挨拶。

一応、経験済みの私が仕掛けなどのレクチャー。

Junbi

富士山がきれいです。

Fujisan

事前の情報では、釣れたり釣れなかったり。でも、良い日でも10尾前後なので、お遊び程度ですね。

Jittyo

結構頻繁にアタリがありますが、釣れるのはサバばかり。
それも、デカサバ。重い・・・

サバでもお土産にはなるので、せっせと釣ります。
Hさんも結構釣ってるみたい。

一時サバが入れ食いになり、バレてくれた方が嬉しいなんて場面も。

で、こんな感じ。

Dcim0233

でかいのは40オーバーでした。
Hさんも同じくらい釣ってたかな?

Dcim0234

いきなり夕飯ですが・・・

本命アジは2つだったので、タタキにしておしまい(右下)。
あとは、サバの刺身(左下)、シメサバ(真ん中)、サバの唐揚げ(上)と、サバ尽くし。
ツマ用の大根と大葉を買いにスーパーに行ったついでに、我が家の鮎スケ君が大好きなマグロも調達(右真ん中)。

サバは卵とか白子を持ってて、脂が足りなかったですが、まあまあでした。

たまにはこんな釣りも良いもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

青野川のハゼ!江戸の新鮎組納竿会

日時:2014年10月11日(土) 9:00ごろ~16:00ごろ
場所:静岡県青野川 新湊橋、港
釣りもの:ハゼ
釣果:145尾(12~18cmくらい)
台風15号が近づいていて、日程的にも神奈川県が10月14日から禁漁。
江戸の新鮎組恒例の納竿釣行に行ってきました。


新「鮎」組ですが、メンバーはハゼもヤマメも名手ぞろい。桁違いの釣果を挙げてます。

今回、ハゼは二回目。最初は大芦からのバスツアーで江戸川でボート釣りをしましたが、貧果でした。
元々、ハゼ釣りと言えば10尾前後をのんびり釣るイメージを持ってたんですが・・・


朝4時に隊長のNさんに迎えに来てもらい、早朝の246と伊豆縦貫道で伊豆市天城湯ヶ島へ。
コンビニで、新鮎組のSさん、Mさんと6時半に待ち合わせ予定。
途中、伊豆縦貫道で二人に電話してみると、なんとすぐそばにいることが判明。行動パターンが似てるんですね~


ということで、天城のコンビニで朝食を摂って、一路南伊豆へ。
同じ伊豆ですが、結構遠いですね~


さて、釣り方は、延べ竿で脈釣り?
清流竿を持って行きましたが、一応リールも用意。
したところ、新鮎組メンバーは大笑い!
Mさんと、今回不参加のMYさんは、最初リールで釣りをして、かなりひどい目にあったとか。


私もそうなるハズだったみたいですが、Nさんが仕掛けを1セット貸してくれました。
ちょっと想像と違った仕掛けで、これでノルマ100だそうです!


SさんとMさんは橋の下、Nさんと私は橋の上からスタート。

右も左もわからない私は、Nさんに「この辺からやってみて」と場所を教えてもらい、竿を伸ばします。

エサの付け方だけ聞いて、見よう見まねもなく(Nさんは上流に行ったので)、想像で釣り始めます。

最初は全くアタリが出ず、こりゃダメだ~、という感じ。
もうちょっとやって釣れなかったら、Nさんの後ろでしばらく見させてもらおうかな、と思い始めたとき、エサの確認をしようとゆっくり竿を上げた瞬間に、ククッとアタリ!
15cmくらいのハゼが水面を割りました。


ムムッ!

これで、ポイントと釣り方が何となく見えました。

で、やってみると、アタリが出ます。
奥の方をずっと狙ってたんですが、意外と手前の方でアタリが出ることが分かりました。


それから、2,3匹釣って、ちょっとずつ移動。
5mほど下に動いたところで、入れ食い状態。
ハゼ釣りがよくわかってなかったので、装備不足。ハリを飲まれると手返しに時間がかかり、効率が悪い。


それでも、ほとんど動かずにアタリが続きます。
上流では、Nさんも入れ食い状態のようで、20cmの大物も釣れてるみたい。
これはハマりますね~


午前中は、12時ちょい過ぎまでやり、後で数えたら、なんと78匹も釣れてました!

昼休憩は、近くの中華屋さん。赤いチャーハンを頂きました。
SさんとMさんは、ポイントが外れたようで、4箇所も移動したみたいです。お二人とも名手なのですが、そうとう苦労したみたい。


Nさんによると、ハゼは昨日釣れたからと言って、同じ場所に入っても釣れないことが多々あるそうです。まずは釣れる場所を探すのが大変らしいんですね。
私の場合、Nさんに用意してもらった場所がアタリポイントだったみたいです。
新鮎組では、これを曰く、「ハゼの巣」とか。


午後は、再び二手に分かれ、Nさんと私は港まで行ってみました。
台風が近づいていて、船が港に避難中。ぎっしりと詰まってる中、間を縫って竿を出します。


が、釣れません。Nさんが良型を2つ挙げますが、後が続かず、即移動です。

移動先は、午前中と同じ場所。

同じところでまた出るのかな?と半信半疑でしたが、釣れます。
Nさんはしばらく車で昼寝。その間に結構釣れました。


その後は、ちょっとずつ移動して、大物を探ります。
午前中は大きくても15cm前後でしたが、ようやく20cm弱の良型ハゼが3つ出ました。


午後は大物を探りながらやったのでちょっとペースが落ちて、67匹。それでもかなり釣れました!
一日で145匹!上々すぎる出来です。
Nさんは昼寝の時間をとっても180超えなので、やっぱり格が違いますが・・・

Dcim0163_2
家に帰って撮影した釣果。Sさんの釣果も合わせてかなりの数です。さばくのに3時間かかりました

Dcim0164

天ぷら、唐揚げ、刺身にしてみました。どれも絶品!ハゼ釣りいいですね~

さて、納竿会のメインイベントです。


本日のお宿は、民宿「九条(ぐじょう)」
HPを見ると、民宿とは思えないような立派な宿です。


新鮎組御用達のようで、着くなり、Nさんが「冷凍庫はここだから」、と挨拶前に脇にある冷凍庫へハゼを投入。

挨拶をして、ザブーン!と温泉へ。釣りの後の温泉は気持ち良いですね!

で宴会です。

Dcim0157_2


豪華です!

Dcim0159_2


揚げ春巻き、刺身、金目の煮付け、

Dcim0158_2


メインは、金目と豚のしゃぶしゃぶです。


どれもうまい!
特にしゃぶしゃぶは絶品ですね!


鮎談義、ハゼ談義でビールがすすみます。
そして、持参した泉橋の赤とんぼもすすみます。


釣って食べて飲んで、大満足の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

兵庫日本海側でおかず釣り

日時:2012年10月4~6日
場所:兵庫県豊岡市田結港・津居山港、兵庫県香美町鎧港・とちみたキャンプ場前・香住西港
釣果:0尾、豆アジ22尾+シマダイ4尾+アイゴ6尾、豆アジ2尾+中アジ2尾+カワハギ3尾+アオハタ1尾
会社の5日間の休みを利用して関西方面に旅行に行ってきました。
伊勢→奈良→京都市内→朝来→豊岡→城崎→鳥取→宮津→香美→小浜→若狭と、ずいぶん回りました!
家族旅行でしたが、しっかり釣りしてきました。堤防でのおかず釣りです程度ですが。

まずは、10/4。
鳥取砂丘に行った後、夕方ちょっとだけ。
宿から車で1分くらいの田結港へ。おじさんがルアー釣りをしてたので、釣れるかも、とやってみました。
が、風が強くて、港の中でも波が立つほど。しかも水深が1mちょっと。サビキ仕掛けが全部しずまなくらいの浅さ。

Teibou01

Teibou02

結局釣れませんでした。
ルアーのおじさんもダメだったみたい。
帰りに城崎温泉に行って、刺身を買って帰りました・・・


次の日。
風はやんで、天橋立へ。そのあと、やっぱり夕方だけの釣り。
今度は、前日のポイントから円山川を挟んで対岸の津居山港。
一番奥の堤防には何人かのおじさんがいていっぱいだったので、手前で釣ります。
今回は豆アジが入れ食い。ときどきシマダイが掛かります。
そして、アイゴも。
このときはまだアイゴを知らずに、うかつにも素手でハリをはずしてました。そして、やられました。刺されてしまった!
最初は気づかなかったんですが、そのうちズキズキと。でも釣れてるので、無視して続行。
薄暗くなってきたので、仕掛けをサビキからエギに変更。堤防の上には墨跡があったので、アオリが釣れるはず。
何回か投げていると、アタリが!でもバレ。さらにもう1回アタリが来ましたが、これもバレ。エギを見てみると、ハリが内側に曲がってました。これでは掛かりません!
その後少しやってみますが、すでに7時を回っていたので、後ろ髪を引かれる思いで終了。まあ、おかずにはなったので良いかな。
ちなみに、後から来たおじさんは30分くらいで2つ挙げてました。


10/6。
この日は特にどこかに出かける予定はなかったので、近くの海で夕陽を見ることに。
それまでの間、神様も一緒に釣りです。
最初は鎧港。ネットで穴場として紹介されてたので、ゆったり釣りができるかも、と行ってみました。
果たして、だれも釣り人がいません。
ここで弁当を食べて、釣り開始。
アイゴが入れ食いです。が、4日に分かったことですが、アイゴは結構臭い。内臓と皮を取ってしまえば全く臭みはないんですが、さばくのが面倒。しかも、刺す。
なので、今回はみんなリリースです。
そうこうしてるうちに、スズメバチが・・・灯台のそばにだれかが捨てたダツの死骸があって、そこにスズメバチが集まりだしたみたい。
最初は無視してましたが、そのうちハチが警戒してきて、周りを旋回しはじめます。
危ないので撤退することに。まずは神様とちんぺいが先に車の方に行くようにしましたが、ハチはそっちを追いかけて、結構危ない状況だったみたい。
私もビクビクしながら片付けをして移動です。

車を走らせながらポイントを探し、また穴場っぽい場所へ。
ここでは夫婦連れがアオリを狙ってました。こちらはサビキ。
ちょっとやってみましたが、魚は見えないし、アタリもないのですぐ移動。

最後は香住西港。
こちらはファミリーフィッシングの銀座らしく、家族連れがいっぱい。
早速仕掛けをおろします。
と、来ます。アイゴ。
そして、豆フグ。こいつらが尋常じゃないほどエサを追うのが上手い!瞬く間に掛かってしまいます。つまり、フグの入れ食い。もちろんリリースですが、エサがもったいない。
フグの中にはカワハギも混じっているんですが、フグの素早さにはかなわないみたい。
ほんとのエサ取り名人はフグですね。
かなり粘ってやっとカワハギ3尾。
その間にアジとか豆マダイとかが釣れます。神様に。
ギンポも神様に掛かったんですが、そのときにはギンポを知らずに、見た目が気持ち悪いので放流。後で調べたら高級天ぷら素材だったんですね。もったいないことした!
入れ食いは続きますが、フグばかりで、お持ち帰りの魚が少ない。
そのうち日没の時間が迫ってきたので、釣りはここまで。でも、ツマミにはなったかな。
今回はあんまり調べずに適当にやってみましたが、今度来るときはポイントも仕掛けももうちょっと準備してこようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

この時期にわかさぎin山中湖 釣れた!

日時:2012年5月27日(日) 14:00~15:30
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:ジュピター
釣果:65尾

昨日は我が家のちんぺい君が、オスカーならぬドスカー賞にノミネートされたということで、山中湖のドッグリゾートワフまで行ってきました。
一応、私も神様も、ちんぺいもドレスアップして、お出かけです。
なんと、「グッドトレーニング賞」を頂いてきました!さすがちんぺい君!

本日は、同じくワフでイアン・ダンバー博士のトレーニングがあり、ちんぺい君と神様は参加。私は、何もすることがありません。
付き添いの見学だけでも結構お高いので。

ということで、午前中は鮎の仕掛け作り。瞬間接着剤がないので、仕上げの手前まで。
ハナカン仕掛け5セットと、ハリを10本ほど巻いて、昼寝。作ったとは言えないですな。
ハリは、去年の分が結構残ってたので、初期はそれで間に合うかな?

昼は一緒に食べる予定なのですが、まだ時間がある。
ちょうど、山中湖ロードレース(マラソン大会)をやってるので、散歩がてら見学に。

村のマラソン大会くらいかな?と思ってたんですが、かなり大規模!
何キロにもわたってランナーだらけ。道案内も、村の人が総出でやってるみたいです。こういう大会は初めてみましたが、圧巻ですね。


ぐるっとまわって一時間ほどたちましたが、まだ昼までには時間が。
またもや昼寝。

やっと昼。おにぎりと弁当を食べて、また一休み。

交通規制は12:30までやってるみたいなので、動こうにも動けないんです。

ようやく12:30。

風が強いんですが、ボートが出られるか、ジュピターに電話してみます。ドーム船で釣るのには、もう時間が少ないので、手漕ぎボードで行ければ良いな。

「風が強いので、小型のボートは危ないです。どうしてもと言うなら、幅が広いエンジン付きのボードならできるかも」

という返事だったので、「渋滞がすごいですよ」という忠告も聞かず、出発。

ジュピターさんの言うとおり、大渋滞にはまり、いつもなら5分でいけるところを25分かけてジュピターに到着。

しかし、風がすごい。さっきまで白波がたってたみたい。

しばらく様子を見ながら話をしてたんですが、どうせやることもないので、出てみることにしました。

「風が強くなって危険になったら戻ってもらうかも」ということでしたが、ボートは出してもらえました。

初めてのエンジン付き。操作を教えてもらい、いざ、出発!

ですが、初めてなのと、強風のせいで、出発後10秒で桟橋に逆戻り。慣れるまでが大変。

それでもなんとか、蛇行運転ながら、教えてもらったポイントまで到着です。

 

エンジンを止めて、イカリを下ろして、スタート!

今日は電動はトラブルになりそうなので、手巻きリールを。
と思ってたんですが、なんと、仕掛けを入れた袋には、リールがない。
あったのは、手ばね竿のみ。強風で大丈夫か?

でも、仕方ありません。仕掛けをつないで、エサの赤虫を付けて、スタートです。
時刻は14時をまわってます。
16時にワフで待ち合わせなので、そんなに時間がない。急げ!


Yamanaka01

とあわてる必要もありませんでした。
入れた途端、入れ食い!
風が強いので、アタリが分からないかも、と思ってたんですが、自作の竹穂先がかなり有効でした。
ボートの揺れと風のあおりと魚のアタリが明確に違います。
いきなりのヒット!

ボートの上の釣りに慣れてないので、最初の10尾くらいはまごついて、ライントラブルも2回ほどありましたが、やってるうちにコツがわかり、ノートラブル。

いつものように、1尾ずつの効率の悪い釣りですが、アタリが途切れることがありません。

出てくる前の話だと、ドーム船の方は、良くても昼までで60~70尾、とのことですが、こちらはハイペース。ポイントがドンピシャだったんですね。


Motor
分脈とは何の関係もありませんが、初エンジンボート、ということで、パシャリ

こんなに釣れても良いものか?

そして、こんなゲストも。


Swan

スワンです。遊覧船ではありません。
写真を用意したときにはすでに離れて行ってしまいましたが、すぐ目の前を優雅に泳いで行きました。
海の船釣りのカモメみたいなもんでしょうか?

さて、アタリが途切れないまま、15:30。だんだん風が強くなってきて、白波も立ち始めました。
そろそろ上がらないと、時間までに戻れないかもしれないので、終了です。

バケツを持って行くのを忘れて、穂先を入れていたスーパーのビニール袋に水を入れてワカサギを放り込んでたので、釣った数がすぐには分かりませんでした。

ジュピターさんには、50弱、と申告しましたが、家に帰って数えてみると65尾もいました。

時速43尾。8時間釣ってたら346尾。かなり良いんじゃないでしょうか。

短時間でしたが、大満足でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

山中湖わかさぎ結構釣れた!

日時:2012年3月18日(日) 7:00~14:40
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:しゅうすいや
釣果:202尾

今日はCyberAyuClubのyutakaさんと一緒です。
最近、山中湖は釣れてるらしい。スソでも100尾、多い人は十束もあるとか。
今回はどうでしょう?

4時半に我が家を出発。中央道から支線に入り、山中湖インターへ。
インターを降りると、山中湖は一面の雲海。素晴らしい!

まだ時間が早かったので、平野の上の方に上って、雲海を撮影してみました。

Unkai
本物はきれいでしたが、なかなかうまく撮影できません。

しゅうすいやさんに到着したのは6時頃。
受け付けを済ませて、いざ、船へ。

イメージよりも穴の位置が少し低かったので、一旦車に戻って竿置き台を持ってきました。
この台。自作です。でも、まだ未完成。バランスが悪い。

Reel
リールも新しくしようと思いましたが、こちらも面倒で、前回割れてしまった部分を補強して、スプールから糸が出やすいようにちょっと修正しただけ。
頑張ってくれるかな~

席はやや広め。あまりストレスなく釣りができそうです。

Yutaka
yutakaさんもイメージとは違って快適なドーム船が気に入ったみたいです。
相模湖のボート釣りのイメージだったらしく、竿も1mの物を持ってきたみたいですが、ドーム船では長過ぎ。私の手動リールで釣ってもらいます。

ポイントに到着して、第一投!
誘う間もなく、アタリ!調子良いです。

朝一は入れ食い!ですが、やっぱり手返しが悪い。仕掛けの落下速度がまだ遅いんです。これだけでもかなりのロス。
しかも、いつもの通り、1つずつしか掛かってこない。なぜなんだろう?

一方、yutakaさんは

Rengake
4尾掛けです!すばらしい。竿が良いのかな?

今日は霧が深く、富士山もなかなか顔を出してくれません。

Fuji
一瞬だけ見えた富士山です。この後15分ほどでまた雲隠れ。

しかし、今日は富士山を見てる余裕はなかったです。
休みなくアタリがあります。ちょっとアタリが遠のいても、エサを替えたり、誘いを変えたりすると、またアタリが出ます。

まあ、アタリは出るかわり、バレも多いんですが。

10時半の時点で数えたら、ちょうど100尾。
3桁は超えました。

それからもずっとアタリがあり、飽きません。
yutakaさんは、昨日帰宅したのが深夜だったみたいで、睡魔に襲われてます。
巻き上げ途中で意識が飛んでました・・・

終わってみると、202尾。ダブルやトリプルがほとんどありませんでしたが、結構釣れました。
yutakaさんも、途中意識を失いながらも、150尾近く釣ってました。
ちなみに、竿頭は550くらい、我々は第3幸運丸でしたが、第1幸運丸の方では855尾!どんなふうにしたらそんなに釣れるんでしょ!?

Choka
本日の釣果。200尾超えてますが、少なく見えますね。

Age
そして、こうなりました。
一番右が天ぷら。真ん中が醤油味のから揚げ。一番左が味噌梅味のから揚げです。

2人プラス・・・

Chimpei

・・・ちんぺい君で、202尾、完食です!

楽しい釣りでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

今年初釣行!鮎大迷人さんと山中湖わかさぎ

日時:2012年1月22日(日) 7:00~14:45
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:山中湖レストセンター
釣果:132尾

今年の初釣行は、わかさぎです。
山中湖のわかさぎドーム船は大人気で、週末の場合は一か月前くらいに予約が必要です。

今回も満員御礼。手軽で暖かなドーム船はやめられません。

前日に結構な雪が降ったため、朝は4時過ぎに出発。6時前には山中湖に到着しました。山中湖は雪が多いので、早い時間から除雪車が出ていて、スタッドレスを履いていれば安全に走行できてしまいます。

鮎大迷人さんは、小学4年生のTくんと一緒。前日に湖畔のホテルに泊っての釣行です。

6時過ぎにハウスで受け付け、いざ、ドーム船へ。

Photo
外の景色はこんな感じ。雪景色がいい感じです。

Photo_2
今年の富士山は雪が少なめですが、やっぱり日本一!ありがたや~

大迷人さんとTくんはわかさぎ初体験。
底に仕掛けを着けてしゃくって、くらいのいい加減なレクチャーをして、実釣開始!

今日は朝から食いが良い!
仕掛けを落とすと、誘う間もなく食ってきます。

でも・・・

自作電動リールの不調、というか作りのミスで、糸が下に落ちない。
せっかくのスピニング仕様なのに、糸が落ちないのではどうしようもない。
結局、手で引っ張り出してやっと着底。1分くらいかかってしまい、かなりの時間ロス。

出だしはT君が三人の中ではトップ!

そのうち、入れ食いの時間帯が過ぎ、ポツポツペースに。
みんな数が稼げなくなってきましたが、秘技、トイレ釣法!
置き竿にしてトイレに行くと、なぜか掛かってるんです。大迷人さんも、T君も、私も。これで10尾くらい釣ったかな?
ドーム船は満員なんですが、一人分のスペースをゆったりとってあるので、オマツリがないんですね。

さて、このころには、仕掛けの落とし方も慣れてきて、30秒くらいで底に着けるようになったんですが、今度は・・・

リールにヒビが!
樹脂粘土で作ってみたんですが、乾きがあまかったのか、はたまた粘土が水に弱いのか、段々ヒビがでかくなってきて、折れそうになります。

1
2
いつものごとく、かっこ悪い出来!

竿を両手で持って、折れないように気をつけながらの疲れる釣りです。
自作するのは楽しいですが、まだちゃんと釣りに集中できるものができておりません。とは言え、だんだん完成に近づいてるので、次回こそは・・・

午後をまわってから、ちょこちょこと群れがまわってきます。
そして

4
ちょっと分かりづらいですが、4尾掛けです。後ろで大迷人さんがピースしてますが、釣ったのはT君です。

2時半を過ぎたところで、「そろそろ帰りますので仕掛けを上げてください」

数えてみると、132尾。まずまず釣れました。
鮎大迷人さんは100尾ちょっと、T君は100尾弱。その差数尾!
なんとかお父さんの面目は保ちましたが、危ないところでした。

帰りに、富士吉田のうどんとそばを購入。道の駅でお土産を買って、いつもの紅富士の湯で一っ風呂。

楽しい一日でした!大名人さん、T君、またお願いします!!

夕飯は、ワカサギの天ぷらと吉田のそばで天盛りです。
うまかった~

| | コメント (2) | トラックバック (0)