カテゴリー「旅行・地域」の記事

2006年5月23日 (火)

熱海の熱い週末

週末に、夫婦で熱海に一泊旅行に行ってきました。
熱海って遠いところと思っていたんですが、行ってみると70Kmくらい。案外近かったのです。
熱海に行く前に、茅ケ崎のなんどき牧場で腹ごしらえ。特製重ねかつランチを食べました。薄切り肉を重ねて、間に特製味噌が・・・。ゴマを擦ってソースと合わせて頂きます。これがうまい!大満足でした。
今回は奥様の軽で出掛けたのですが、茅ケ崎から熱海まで1時間半。途中、強風であおられながら、予定時刻には到着です。
御宿は、ニューフジヤホテル
少し休んで一ップロ。このホテルには新館があって、合わせて3つの風呂があります。まずは新館の「家康の湯」やや白い感じですが、ほぼ無色透明。岩の色を見ると、鉄分が含まれているのか?確認忘れました。すみません。露天風呂で男が入るのは気持ちいい!ただし、ビルの3階なので、場所によっては上の階から丸見え。女風呂はあんまり露天気分じゃなかったみたいです。
そして、本日のメインイベント。夕飯は食べ放題・飲み放題のバイキングです。
バイキングなので、当たり外れはあるし、細かな盛付けもありませんが、味はまずまず。カニ、寿司、中華、アジアの料理がいっぱいです。職人さんが来てマグロ捌きの実演までしてました。このマグロは旨かった。そして、酒類飲み放題!ビールもビンじゃありません、これは最高!!満腹になりました。
部屋に帰ってテレビを見て、残りの2つの風呂を廻ります。
まずは11階の露天風呂。夜景が見られる風呂です。入ってビックリ!洗い場が畳敷きなんです。なんだか申し訳ないような気分になりながら入浴。
熱海の夜景は・・・海や街が近いこともあって、町並みのアラまで見えて、100万ドルじゃなくて、100ドルくらいのもんでしたが、お湯は良し!夕方に入った家康の湯と違って、ちょっと硫黄の匂いもします。気持ち良くてたっぷり漬かってたら、奥様が外でお待ちでございました。
そのまま地下の大浴場へ。他の2つのお湯はぬるめでしたが、こちらは熱いお湯。湯船も深くて昔の風呂って感じです。

部屋に帰って、さて寝るか、と布団に入りましたが、体が芯から温まってて、というか熱くなってて、全然眠れません。結局、二人そろって3時ごろまで眠れないままでした。
熱海のお湯はほんとに
たみる・・・翌日は釣りに行きました。報告はまたあとで

| | コメント (0) | トラックバック (0)