カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2017年8月19日 (土)

塩焼き以外の鮎料理、日本酒:天鷹 瑞穂の里 辛口特別純米酒

今年の平均釣果は1日15匹。
土日釣りに行くとして、週にだいたい30匹。

うちは二人ともくいしん坊!万才なので、ほぼその日のうちに消費します。

まずは塩焼き。
鮎の味を最も楽しめる食べ方ですが、さすがに塩焼きだけでは3~4匹くらいが限界。
小さい鮎は塩焼きにするとメザシになってしまうので、唐揚げ。塩コショウだけの場合と、ショウガ醤油で味付けする場合がありますが、どちらもうまい。
が、唐揚げサイズの鮎がそうそう釣れるわけでもなく、残りはフライでいただきます。
一般的には、フライはそのままパン粉をつけて揚げますが、うちでは背開きにして、アジフライみたいにして揚げます。これを、中濃ソースとシラチャーソースに付けて食べます。

どれもうまいんですが、さすがに毎回これでは、あまりにもワンパターン。

前回と前々回の甲子川の鮎が、まだ冷凍庫に大量にストックされてるので、それを使って、いろいろな料理を作ってみました。

Ayudukusi

左奥がマリネ。右に行って、南蛮漬け、背越し、骨せんべいと大葉巻き揚げ。手前左から、ムニエルと開きのフライ。

マリネと背越しは生ですが、内閣府の食品安全委員会の資料(PDFはこちら)によると、鮎の寄生虫である横川吸虫は、マイナス3℃で3日間保存すると感染力を失うそうです(Yahoo!知恵袋ではマイナス21℃というのもありましたが、根拠が分からなかったので、内閣府を信じます)。
甲子川の鮎は1週間以上冷凍してあるので大丈夫。

鮎は料理法が限られてしまいますが、今回はどれも成功でした。
特に、背越しは、酢味噌ではなくてわさび醤油で食べましたが、全く臭みもなく、身に甘みがあって美味かったですね~。

スーパードライが写ってますが、そのあと、天鷹の辛口特別純米酒 瑞穂の郷

Photo

Photo_2

をいただきました。

天鷹酒造は原料の米にもこだわっていて、その酒は辛口の中にも旨味があり、食中酒に最適、鮎にもピッタリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

日本酒:Gekkeikan Junmai Sparkling Sake Zipang

6/5~11まで、仕事でアメリカのフロリダに出張。
昼間はお仕事ですが、夜はやはり、楽しまなければ。

ということで、シーフードの店に入りました。
英語が喋れる方たちと一緒なので、No problemです。

店はシーサイドにあり、こんな景色の中で食事を楽しめます。

01

フロリダの海です。雨男の私には、Sunshine stateのフロリダでもどんよりした天気。暑い上に湿気がとてつもなく高い。

店では、生演奏もありました

02

が、誰も聞いてないかんじ。結構上手かったですよ。

料理は

01_2

こんなのや

02_2

こんなの。

アメリカの料理はまずい、ってイメージがありましたが、及第点でした。

そして、注文したのがこちら。

Gekkeikanzipang

Gekkeikanzipang_2

Imported Sakeです。
月桂冠 純米スパークリング清酒 ジパング。
珍しいと思って注文したんですが、日本にもあるみたいですね。
地酒派なので全くノーマークでした。

アルコールも少なくて(7~8%くらい)、かなりライトな飲み口でしたが、不味くはないですね。スパークリングワイン感覚で飲めます。アメリカンにも合いました。
たまにはこんな酒を飲むのも良いです。

そして、
アメリカっぽく

Photo

ポテチです。表書きには、オリンピック選手の○○が推薦みたいなことが書いてありました。
日本と違って、一袋の重さがけっこうあります。



Photo_2

こうなりました。コロナエクストラ。
青い太陽の色ですが、空はずーっとどんより。

すでに18時半を回っていて、仕事の後なんですが、向こうは夏時間でかつ緯度も低いので、真昼間みたいに明るい。
仕事をさぼってるわけではありません。

アメリカは人種のるつぼなだけあって、和食(ありがちな鉄板焼き)、中華、ピザ、メキシコ料理、キューバ料理、寿司、もちろんファーストフードも、いろいろ食べました。
味はそれなりにみんな良かったです。

楽しい出張になりました。
あ、仕事の方も、大変勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

鮎のさつま揚げ

もうすぐ6月1日。

解禁に釣りには行けそうにありませんが、これから鮎を釣るための準備を。

それは、

冷凍庫の鮎の整理。

金曜日は、塩焼きとから揚げという定番料理でしたが

土曜日は、鮎を三枚におろして、皮をはいで、ミンチにして、ショウガを加えて揚げてみました。鮎のさつま揚げです。
すり鉢が見つからなかったので、包丁でたたいてたたいて、最後に包丁の背で潰してから、油で揚げます。

できあがりはこちら

Photo

十数匹の鮎を使ったんですが、量はこれだけ。でも、鮎の風味も残ってて、なかなかの味でした。

お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)