カテゴリー「ワカサギ釣り」の記事

2019年2月 4日 (月)

山中湖ワカサギ・・・今年はさらに釣運が・・・

日時:2019年2月3日(日) 7:00~15:00
釣り物:ワカサギ
釣船:しゅうすいや
場所:山梨県山中湖 しゅうすいや沖
釣果:22尾

普通の日曜日でしたが、神様の犬友達が来て女子会だ
というので、「どっか行ってて」と言われ、急きょワカサギのドーム船を予約。
鮎大迷人さんとyutakaさんも誘ってみましたが、お二人ともこの日に限って休出だそうです。忙しいのはいいことです。

ちょうど3名の空きがあったんですが、すぐに満席になってました。

今回は、フック+替えバリの仕掛けを自作してみました。8本バリのショートタイプです。
エサはJSYで事前購入。赤虫と紅サシです。

6時過ぎに山中湖到着。受付をしてドーム船に入ると、右舷ミヨシに席がありました。
増設した席みたいな感じで、頭上に棚がなくて、船長さんのエリア付近に荷物を置かせてもらいました。

大芦川自然クラブのワカサギツアーは大体しゅうすいやさんで、何でだろう?と思ってましたが、船長さんがフレンドリーでサービスも良くて、納得です。

朝は東がちょっと曇ってたんですが、かろうじて紅富士になってました。

Benifuji

多少加工しましたが、多少紅です。

頭上の仕掛けフックがなかったので、朝一は仕掛け準備にモタモタ。仕掛けにハリをつけるのに一苦労でした。
良く見ると、隣の席にちっちゃいフックがあって、それを窓のポールに取り付けて、その後は大丈夫でした。

第一投。

すぐにアタリが来ました。合わせを入れて、巻き上げボタンをプッシュ!
しましたが、巻き上げません!大事な時に故障か!?

と思いましたが、電源を入れ忘れてただけでした・・・

そんなことをしてるうちに、バレてしまい、一尾の損です。

たった一尾ですが、本日はこれがデカい一尾になるとは、このときには思いもしませんでした。

次のアタリまで、しばらく音沙汰無し。
隣では、小学生の女の子がポツポツ掛けてます。

今回は自作穂先も作ってみましたが、そのせいか?と疑ってしまいます。

10分くらいしてからやっと1つ来ましたが、全然釣れる気がしません。

船長の後ろの席なので魚探が見えますが、群れもほとんど入ってこないみたい。来ても単発。
厳しいです。

船長によると、今日は冬には珍しく、タナがベタ底じゃなくて浮いてるみたいです。
水深12mくらいに対して、魚探に反応があるのが5~10mくらい。

私もそのへんに仕掛けを入れてみますが、中層では反応がありません。
他のお客さんは単発ながらポツポツ掛かるんですが・・・
私のオモリが魚探に映るので、タナは合ってるはず。なぜ釣れない?

釣れないので、撮る写真は

Fuji

富士山。

こちらはアタリでした。

これと言って特筆すべき事項もなく・・・

時間いっぱいの3時までやりましたが、22尾。
本日竿頭でも41尾だそうで。

前回のカワハギもそうでしたが、今年も釣運がないのかなぁ~

釣果を撮ってみましたが、

Choka

なかなか、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

季節外れのわかさぎ

日時:2018年5月4日(金) 7:30~15:00
釣り物:ワカサギ
船宿:かつらやボートハウス
場所:山梨県山中湖 大池沖?
釣果:65尾-1尾

ほんとは3日に行く予定でしたが、いつものように、計画すると嵐がやってきます。
4日も天気の急変に注意、ということでしたが、天気は大丈夫そうだったので、前日に予約。
この時期は簡単に予約が取れて良いですね。

下界では、30℃超えの日もあったりしましたが、さすが山中湖。朝は5℃の予報でした。実際には10℃前後でしたが、季節感が違いますね。

かつらやさんは船の中で受け付け。岸にお店がないので若干不安になりますが、船長さんが受付にまわってきてくれます。

前日の電話では、「厳しいですけど、良いですか?」と言われました。釣果情報を見ても、どのボート屋さんも、竿頭が100尾ちょっと。二丁拳銃の名人たちがそれくらいなので、50も釣れれば御の字です。
正直に言ってくれるお店で、安心できますね。

ドーム船の中は、天井が低めですが、仕掛けを掛けるフックは席の左右にあります。この船、最初から二本竿仕様で、一人のスペースが広い。穴の手前は30cmくらいの幅のテーブル状になっていて、自分で釣り座を作りたい人には邪魔かもしれませんが、お気楽に楽しみたい私にはベスト。お弁当も食べやすい。

船は桂川寄りに進み、山中地区の船が集まってる辺りでアンカリング。

今回、こんなのを作ってみました。

Joint

角度変換ジョイント。
前日にホームセンターで材料調達してきて作成。材料費数十円。
外径6mm、T=0.5mmの銅パイプ(ほんとはアルミが欲しかったんですが、ちょうど良いのがなかった)615円/mをパイプカッターで適当に切って、5mmのラミン丸棒116円/mを適当に差し込み、ペンチでパイプを曲げます。角度は適当。
いろいろ適当と書いてますが、内径・外径ともぴったりサイズではないので、ドリルとかやすりで削って現物合わせ。
ちょっと削りすぎて緩めになっちゃいましたが、ワカサギなので気にしない。
最後に、パイプに穴を開けて、ステンレスバネ材で作ったガイドを差し込んで、適当にグリグリと絞って固定。半田付けとか面倒なので、これで完成です。

ちなみに、安上がりという点で、こんなものを利用してます。

Bag

仕掛けケース。某百均の旅行用アメニティーケースです。
透明なので中身が見えやすく、サイズ的にはワカサギ釣りにピッタリ。百均ですが200円です。耐久性はありませんが、200円です。

前置きが長くなりましたが、このジョイントに竹穂先を取り付けて、3gくらいのオモリで開始。

朝一は風が強くて、仕掛けが流される。今回は一人ということで端っこの席にしてもらえて、外側に流されてるのでオマツリの心配はあまりありませんが、これではさすがに釣りづらい。
オモリを1.5号にチェンジします。

が、今度は穂先を下に向けた影響で、竿が実質的に硬くなり、穂先が曲がりません。
周りからはリールを巻く音が聞こえ始めてますが、私の穂先は何も変化なし。
オモリを重くすることも考えましたが、ジョイントのテストもあるので、穂先チェンジにしました。

素材はカーボンで、角度水平のときは1gでも対応できるソフトタイプですが、ジョイントを付けたおかげで、1.5号でも何とか曲がりが出せるくらいになりました。
これでやっとアタリが出るように。

ですが、魚自体が少ないみたい。
たまに群れが回ってくるようで、そのときには連発しますが、数尾で終了。
連掛けを狙って待つのも良いんですが、この状況でバレは怖いので、1つずつとなってしまい、数が伸びません。
さらに、食いも浅いのか、途中で軽くなったり、水面でバレることも結構ありました。

最初はバレがエラく多かったので、仕掛けを替えたらバレ率は下がりました。
普通のハリの袖型からサクサスの狐型にしましたが、形のせいなのか加工のおかげなのかはわかりません。
エサは船で買える紅サシ。大き過ぎるエサには掛かりませんでしたが、小サイズも極小サイズも食いは変わらず。それよりもエサ替えをしたところに食ってくる、という感じでした。

朝は強風、昼前後の2時間くらいは風もやんで釣りやすかったんですが、終了近くなるとまた風。ときどき大きく揺れるのは、スワンの観光船だけじゃなくて、あったかくなってきたせいで増えたジェット船ですかね。

ともかく、釣りにくい時間が多い一日でしたが、目標の50は越えたので良し、です。
この日の釣果情報は出てませんが、トップでも100くらいじゃないですかね~

ちなみに、釣果ですが、カウンターでは65、家で数えると64だったので、-1しておきました。釣ってる途中、バケツの中でジャンプした魚が縁を越えたような気がしてたんですが、それでしょう。あんまり水を入れすぎるとマズイですね。


釣ってる最中の写真は忘れたので、料理写真を。

Wakasagi
小型が多かったので、64尾でもこれくらいになっちゃいます。

その他、

Yasai
野菜天ぷら(かぼちゃ、レンコン、マイタケ)

Toriten
大葉ととり天。

最後に、

Cheese
冷凍庫にあったチーズの包み揚げ。

美味かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

大雪の山中湖ワカサギ

日時:2018年1月22日(月) 7:00~14:00
釣り物:ワカサギ
船宿:ARMOUR
場所:山中湖 旭丘付近?、ママの森
釣果:83尾

月曜日ですが、釣りです。
ほんとは別の予定があったんですが、急きょキャンセルとなり、ならばとワカサギを予約。
平日なので直前の予約でも大丈夫でした。

が、天気予報は雪。大雪の可能性もある、と。
大概、大雪の可能性といっても、混乱しないように大げさに言うので、何とかなるかな??

スタッドレスタイヤですが、一応金属チェーンとスコップを積んで、5時前に出発。
安全を見て高速で移動し、6時過ぎには山中湖に到着です。

少し待つと、ドーム船に明かりがつきます。
ARMOURさんは船で受け付け。桟橋はARMOURではなくて、お土産屋の鶴塚さんの看板が立っているので要注意。

朝のうちはまだ富士山も見えてました。

皆さんの受け付けが終了して、出港です。
平日なのに、意外とお客さんが多いですね。やっぱり人気の山中湖。常連さんが多いみたいです。

まもなく、ポイント到着。
まずは中乗りさん?常連さん?が試し釣り。
群れが移動してしまったようですが、釣れなくはない、ということで、アンカーをおろして釣り開始です。

が、やっぱり群れがいないと厳しいみたい。
最初に5つほど釣れたあとはアタリもなくなりました。

すると、「移動しますから、仕掛けを上げておいてください」とアナウンス。
ほかの船と情報をやり取りして、魚がいるポイントに移動するようです。

かなり移動しました。後で見てみたら、ママの森付近。致命的には平野のあたりでしょうか?

やっぱり群れが落ち着かないみたいですが、周りにはドーム船が集まってます。
お客に釣ってもらえるように、情報網がしっかりしてるみたいですね。

移動後は、ポツポツと入れ食いが交互にやってきます。
すごく良いペースではありませんが、飽きない程度に釣れます。

なるべく感度の良い穂先を使いたかったので、重いオモリの上に軽いオモリをつけて、柔らかい穂先で釣ります。
細かいアタリが見やすいおかげで、なんとか釣れてる感じです。

常連さんたちは私の倍くらいのペースで釣れてるみたいです。
逆に言うと、私も常連さんたちの半分くらいのペースで釣れてるので、まあまあなのかな?

ところが、一応定期的にオモリを上げて底を取り直してるんですが、やっぱり下のオモリが底に着いてる時間が長くて、両隣の方とオマツリ数度。
さすがに迷惑なので、重いオモリにチェンジして、穂先も硬めのものにします。

すると、お隣の方々は良いペースで釣れてるんですが、私は全く釣れません。
アタリが微妙過ぎてよくわかりません。
まだまだ勉強が必要ですね。

ということで、終盤はガクッとペースが落ちてしまいました。

昼過ぎからは、予報通り雪。
岸も見えなくなってきました。
いつもよりも30分早く沖上がり。

まあまあ雪が降ってますが、山中湖ならこれくらい何ともないはず。

Yamanakasnow

神奈川と違って気温が低いので、雪が溶けださずに、逆に走りは安定します。
安全のため、高速で帰ろう・・・

と思って走り出すと、ずいぶん手前で車の流れが止まってしまいます。

ナビの渋滞情報を見ると、通行止めマークが。
高速が通行止め!
なんと。
そのまま国道で行く手もありますが、家に着くのはいつになるか分かりません。
詳しい渋滞情報をとるためにVICS情報を見てみますが、文字情報も図形情報も提供なし。4年前の大雪のときもそうでしたが、混乱してるのか何なのか、VICSは大事な時に使えません。
高速と反対側、つまり私の後ろにも車が連なってます。
ということは、道志方面からやってくる車も結構いるのかな?
じゃあ、道志も抜けられるかも?

ということで、少し車列が動いたところでUターン。
山伏峠を越えられるか、と、雨で通行止めになる道志みちが通れるか、がネックですが、まだそれほど積もってないので、大丈夫なはず。

平野の交差点を右折し、少し進むと、対向車線を除雪車が走ってます。
これで行ける、と思いました。

峠は特に問題なく越えられ、道志みちも役場付近までは大丈夫。
問題はこの先。ですが、ところどころ轍が見えにくいというのはありましたが、通行止めはなく、対向車もボチボチいるので、緊張しながらも安心感あり。
前も後ろも車がないスイスイ状態で青野原あたりまで戻れました。
そのあとは、宮ケ瀬湖まわりで帰りつきましたが、412号は通行止めになってたらしく、ルートを誤れば苦労したかも。

帰着時間では、神奈川の方が雪が多く、着いてからすぐに雪かき。
それでも、次の朝にはこんな感じでした。

Homesnow

前回の大雪に比べれば半分くらいの積雪量でしたが、雪かきした後にもこれだけ積もりました。

ということで、メインが雪レポートになってしまいましたが、ワカサギは天ぷらでおいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

山中湖ワカサギバスツアーに自車で参加

日時:2017年12月10日(日) 8:00~13:00
釣り物:ワカサギ
船宿:しゅうすいや
場所:山梨県山中湖 旭日丘沖
釣果:75尾

神様が病気治療で手術のため、4日に入院、9日に退院でした。

神様入院中は、撮りためていた釣り番組のビデオを見放題。
時期なのでワカサギの番組がいくつかあって、そろそろ行きたいな~、なんて思ってました。

9日の退院日。
神様を迎えに出発する直前、大芦川の仙人さんこと関谷さんから電話。
「明日、山中湖にワカサギのバスツアーで行くんだけど、欠員が出たから来ない?」
なんとタイムリー!
ですが、神様が退院した次の日、家を空けて釣りには行けないな~。
ということで、お断りしました。

病院に迎えに行き、帰りに退院祝いでうなぎ屋さんへ。
うな重を食べながら、さっきの話をすると、「行ってきなよ」

え?退院翌日だけど・・・

「家にいてもやることないんだから、行って来たら」

ということで、その場で仙人さんに電話。「まだ空いてますか?」「大丈夫だよ」

ということで、急きょ参戦決定。

予備の仕掛けと、エサの赤虫とラビットなどを買いに行って、早めに就寝。

4時に目覚ましをセット。
起床は4時10分。万が一の二度寝防止で仕掛けておいたベルで起きました・・・
危なかった。

4時45分に出発。
まだ暗いうちに着いちゃいました。

しばし待って・・・

7時ちょい過ぎに一行が到着。
すぐに乗船です。

Ride01

Ride02

富士山くっきり。良い天気です。

Mtfuji

しばらくしてポイントに到着。
前後のアンカーを下して、釣り開始。

私はいつも1~2gくらいの軽いオモリを使うのですが、今回は10gとのこと。
ビデオでもやってましたが、最近は重いオモリを使うのがトレンドだそうで、私にとってはデカオモリの2.5号を取り出して、セット。

最初はいつも使う穂先を付けましたが、バランスが悪く、竹の穂先に変更。

Reel

リールはハピソンの電動です。いわゆる大手メーカーの電動の半額くらいですが、手持ちでも使いやすいし、パワーもあって気に入ってます。
スプールの回転が感覚と逆なんですが、慣れれば問題なし。

ちなみに、右奥にある三角のものは、百均のおにぎりケース。エサケースに使ってます。ラビットはうさぎさんマークのケースに入ってます。
リールが乗ってる青いのは、こちらも百均グッズで作った自作の竿置き。120円くらいで作れました。木製なので、落ちても回収可能です。

釣りの方ですが、朝のうちは入れ食いもあり、まあまあのペースでした。
いつもとオモリが違うので、最初はアタリをとるのが難しい感じがしましたが、問題なし。
そのまま釣り続ければ、200くらいは行きそうかな、と思ってましたが、長~い中だるみ。
50から先が伸びません。

Dome01
Dome02

皆さんも苦戦中です。

午後になって、ようやくポツポツと掛かるようになりました。
ほかの人はサシとかラビットを使ってるみたいですが、私だけ赤虫も使用。おかげでアタリが多いみたい。
隣のさっちゃんと拓兄のハリにも付けてみたら、結構掛かりました。エサの違いも釣果にかなり影響するんですね~。

とやってるうちに、船の揺れも大きくなってきました。
スワンの通過のせいと思ってたら、強風のようで、1時を過ぎたところで、「風が強くて危険なので戻ります」との船長のアナウンス。

これから、というときに残念ですが、早上がり。
数えてみたら75尾。100にも到達しませんでした。

ツアー参加の皆さんは、バスでお帰りです。

Bus

私は、日釣り券の温泉割引で、石割の湯に入って帰りました。
紅富士の湯も景色が綺麗で良いんですが、最近はテレビとかで紹介されて、いつでもいっぱいなので・・・

帰って、定番の天ぷらです。

Choka_2
75尾は手のひらサイズ。ちょっと寂しい感じもしますが

Tempura

かぼちゃとさつまいも、レンコンも一緒に天ぷらにしました。

ワカサギの天ぷらも良いですな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

二週連続の山中湖

日時:2017年4月1日(土) 7:00~15:00
釣り物:ワカサギ
場所:山中湖(山中湖レストセンター)
釣果:96尾

二週連続ワカサギ週間です。
今回は甥っ子のしんちゃんと一緒。前回はまだ小っちゃかったんですが、もう中学三年生。子供の成長は早いですね~

6時半に山中湖到着。

4月の雪で、湖はこんな感じ。

Yukigesiki01

ハウスで受け付けをしますが、なんと、予約が入ってない!
2月2日に、先週の分と連続で予約して、電話口のおじさんも、「両方とも二人ですか?」と聞き返してたのに。
とりあえず、場所はあるみたいで、何とか船に乗れました。

ところが、船の中に入ると、指定の席には貸し竿セットが。その横にも貸し竿があって、計4セット置かれてます。
とりあえず、しんちゃんの仕掛けを用意していると、後から家族連れがやってきて、「あれ?あれ?」となってます。
聞いてみると、我々の隣の4席分。船の中との連絡がうまくできてなかったみたい。
船長はちょっと不機嫌になって、ムムって感じ・・・
電話履歴を見ても、ちゃんと2か月前に予約を入れているので、席の確保を忘れた船の方が悪いんですがね~

一応、定員内ですが、ちょっと狭い感じで釣りスタート。

最初の1尾はしんちゃん。
2点掛けもあります。

Sinchan01

最初だけちょっとだけ釣れましたが、前回よりも厳しい!数が伸びません。

群れもなかなか回ってこない、我慢の釣りです。
そして、バレる。底バレや上げてくる途中でのバレも頻発。

今回も早弁で、11時にレンジでチン!でしたが、そこまでに、21尾。

ちなみに、しんちゃんは22尾。負けてます・・・

午後はちょっとは良くなるかな~、と期待しますが、出だしに失敗。
しばらく数が伸びません。
私はいつものように1尾ずつ。しんちゃんは2尾ずつ。差が開きます。焦ります。

Sinchan02
大芦川の鮎釣りに続いて、ワカサギでもセンスを見せる新ちゃんでした

そんな状態が1時近くまで続き、今日の夕飯は、1人20匹も食べられないかな~、と半ばあきらめモード。

でしたが、魚が水面でバレたのを見て、ちょっと考えました。
水面でバレるのは、電動リールの水深計の誤差で、ちょっと手前で止まって、仕掛けが一瞬緩むからでは?
それまで、巻き上げが早すぎて、口が切れてバレてるのかと思ってましたが、どうも違うみたい。
アワセの後も、一回竿を止めて、掛かってるかどうかを確認してから巻き上げてましたが、合わせと同時に巻き上げてみます。リールの速度も速く設定。

果たして、バレが激減。
オモリが軽いので、掛かってるか確認してるときに、魚の力で仕掛けが上下してるうちに一瞬たるんで、そこでバレちゃってる可能性大です。
この方式だと、ほとんど1尾ずつですが、元々そうなので、実害なし。
仕掛けの落下を速くするのにダブルオモリシステムにして、手返しも改善。
ハイペースで釣れるようになりました。

が、気づくのが遅すぎました。

最終的には、3時の上がりまでに、96尾。後半かなり挽回しました。
しんちゃんもがんばって48尾。これでも船中上位の方でしょう。トップは200を軽く超えてたと思いますが。

雪はずっと降ってましたが、気温がそれほど下がらなかったので、道路に雪はありませんでした。が、さすがに山越えは怖いので、高速道路で帰宅。

Yukigesiki02

スタッドレスを履き替えないでおいて正解でした。

今夜も天ぷら。おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々!山中湖ドーム船のワカサギ

日時:2017年3月25日(土) 7:00~15:00

釣り物:ワカサギ
場所:山中湖(山中湖レストセンター)
釣果:2人+αで109尾

色々と忙しくて、久々の更新です。

釣り物は、久々のワカサギ。一昨年、神様と山中湖で短時間のボート釣りをして以来。

今回は、甥っ子のしんちゃんが、春休み中にワカサギ釣りをしたい、ということで、ドーム船を予約しました。3月末か4月頭、ってことで、二週連続予約です。

結局、しんちゃんは4月1日に釣りをすることになったので、神様と行ってきました。

朝の気温は氷点下でしたが、空は快晴。富士山もくっきりです。

私も市販の電動リールを買ってしまい、今回が初使用です。

出港から、5分ほどでポイント到着。
神様の仕掛けを準備して、私も用意を。

とやってるうちに、神様に1尾目。今日は調子良いのか?

私も早速仕掛けを下ろします。
ダイワ製やシマノ製とは違って安いリールですが、市販のものは安定してますね・・・使いやすいです。
穂先だけは自作で、今回はカーボンソリッド素材を使った軟調穂先。
1gのオモリで感度重視。

わくわくしながら誘いますが、ポツ・・・ポツしか釣れません。
かなり調子悪い・・・

どうも、神様に1尾目が来たのは神業だったようです。

時速5尾くらい。

釣れません。

ときどき群れが回ってきて、そのときは船中がにぎわいますが、3分と持たずに去って行きます。

途中、神様の隣に船長が来て釣り始めます。自作穂先のテストだそうです。
7本鈎だから、と言ってましたが、2点・3点掛け連発。
バケツを汚したくないということで、神様のバケツに入れていってくれます。
短時間でしたが、20尾超え。さすがです・・・

朝早いので、10時過ぎには腹が減る。
しばらく我慢しましたが、11時に昼飯。
それまで釣ったワカサギをクーラーに移しました。20まで釣ってないかな?

午後になって、ちょっとだけ群れが来るペースが上がりましたが、飛躍的な伸びがありません。

ポツ・ポツ釣りで、最後まで同じ感じでした。

本日の釣果は、神様と私と、船長の分も入れて、109尾。
帰り道、道志の道の駅でサツマイモとナス、フキノトウを買って、さらにはうちにあったカボチャも加えて天ぷらに。さらにさらに玉ねぎと人参のかき揚げも作りました。
ワカサギの天ぷらは間違いないですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

この時期にわかさぎin山中湖 釣れた!

日時:2012年5月27日(日) 14:00~15:30
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:ジュピター
釣果:65尾

昨日は我が家のちんぺい君が、オスカーならぬドスカー賞にノミネートされたということで、山中湖のドッグリゾートワフまで行ってきました。
一応、私も神様も、ちんぺいもドレスアップして、お出かけです。
なんと、「グッドトレーニング賞」を頂いてきました!さすがちんぺい君!

本日は、同じくワフでイアン・ダンバー博士のトレーニングがあり、ちんぺい君と神様は参加。私は、何もすることがありません。
付き添いの見学だけでも結構お高いので。

ということで、午前中は鮎の仕掛け作り。瞬間接着剤がないので、仕上げの手前まで。
ハナカン仕掛け5セットと、ハリを10本ほど巻いて、昼寝。作ったとは言えないですな。
ハリは、去年の分が結構残ってたので、初期はそれで間に合うかな?

昼は一緒に食べる予定なのですが、まだ時間がある。
ちょうど、山中湖ロードレース(マラソン大会)をやってるので、散歩がてら見学に。

村のマラソン大会くらいかな?と思ってたんですが、かなり大規模!
何キロにもわたってランナーだらけ。道案内も、村の人が総出でやってるみたいです。こういう大会は初めてみましたが、圧巻ですね。


ぐるっとまわって一時間ほどたちましたが、まだ昼までには時間が。
またもや昼寝。

やっと昼。おにぎりと弁当を食べて、また一休み。

交通規制は12:30までやってるみたいなので、動こうにも動けないんです。

ようやく12:30。

風が強いんですが、ボートが出られるか、ジュピターに電話してみます。ドーム船で釣るのには、もう時間が少ないので、手漕ぎボードで行ければ良いな。

「風が強いので、小型のボートは危ないです。どうしてもと言うなら、幅が広いエンジン付きのボードならできるかも」

という返事だったので、「渋滞がすごいですよ」という忠告も聞かず、出発。

ジュピターさんの言うとおり、大渋滞にはまり、いつもなら5分でいけるところを25分かけてジュピターに到着。

しかし、風がすごい。さっきまで白波がたってたみたい。

しばらく様子を見ながら話をしてたんですが、どうせやることもないので、出てみることにしました。

「風が強くなって危険になったら戻ってもらうかも」ということでしたが、ボートは出してもらえました。

初めてのエンジン付き。操作を教えてもらい、いざ、出発!

ですが、初めてなのと、強風のせいで、出発後10秒で桟橋に逆戻り。慣れるまでが大変。

それでもなんとか、蛇行運転ながら、教えてもらったポイントまで到着です。

 

エンジンを止めて、イカリを下ろして、スタート!

今日は電動はトラブルになりそうなので、手巻きリールを。
と思ってたんですが、なんと、仕掛けを入れた袋には、リールがない。
あったのは、手ばね竿のみ。強風で大丈夫か?

でも、仕方ありません。仕掛けをつないで、エサの赤虫を付けて、スタートです。
時刻は14時をまわってます。
16時にワフで待ち合わせなので、そんなに時間がない。急げ!


Yamanaka01

とあわてる必要もありませんでした。
入れた途端、入れ食い!
風が強いので、アタリが分からないかも、と思ってたんですが、自作の竹穂先がかなり有効でした。
ボートの揺れと風のあおりと魚のアタリが明確に違います。
いきなりのヒット!

ボートの上の釣りに慣れてないので、最初の10尾くらいはまごついて、ライントラブルも2回ほどありましたが、やってるうちにコツがわかり、ノートラブル。

いつものように、1尾ずつの効率の悪い釣りですが、アタリが途切れることがありません。

出てくる前の話だと、ドーム船の方は、良くても昼までで60~70尾、とのことですが、こちらはハイペース。ポイントがドンピシャだったんですね。


Motor
分脈とは何の関係もありませんが、初エンジンボート、ということで、パシャリ

こんなに釣れても良いものか?

そして、こんなゲストも。


Swan

スワンです。遊覧船ではありません。
写真を用意したときにはすでに離れて行ってしまいましたが、すぐ目の前を優雅に泳いで行きました。
海の船釣りのカモメみたいなもんでしょうか?

さて、アタリが途切れないまま、15:30。だんだん風が強くなってきて、白波も立ち始めました。
そろそろ上がらないと、時間までに戻れないかもしれないので、終了です。

バケツを持って行くのを忘れて、穂先を入れていたスーパーのビニール袋に水を入れてワカサギを放り込んでたので、釣った数がすぐには分かりませんでした。

ジュピターさんには、50弱、と申告しましたが、家に帰って数えてみると65尾もいました。

時速43尾。8時間釣ってたら346尾。かなり良いんじゃないでしょうか。

短時間でしたが、大満足でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

山中湖わかさぎ結構釣れた!

日時:2012年3月18日(日) 7:00~14:40
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:しゅうすいや
釣果:202尾

今日はCyberAyuClubのyutakaさんと一緒です。
最近、山中湖は釣れてるらしい。スソでも100尾、多い人は十束もあるとか。
今回はどうでしょう?

4時半に我が家を出発。中央道から支線に入り、山中湖インターへ。
インターを降りると、山中湖は一面の雲海。素晴らしい!

まだ時間が早かったので、平野の上の方に上って、雲海を撮影してみました。

Unkai
本物はきれいでしたが、なかなかうまく撮影できません。

しゅうすいやさんに到着したのは6時頃。
受け付けを済ませて、いざ、船へ。

イメージよりも穴の位置が少し低かったので、一旦車に戻って竿置き台を持ってきました。
この台。自作です。でも、まだ未完成。バランスが悪い。

Reel
リールも新しくしようと思いましたが、こちらも面倒で、前回割れてしまった部分を補強して、スプールから糸が出やすいようにちょっと修正しただけ。
頑張ってくれるかな~

席はやや広め。あまりストレスなく釣りができそうです。

Yutaka
yutakaさんもイメージとは違って快適なドーム船が気に入ったみたいです。
相模湖のボート釣りのイメージだったらしく、竿も1mの物を持ってきたみたいですが、ドーム船では長過ぎ。私の手動リールで釣ってもらいます。

ポイントに到着して、第一投!
誘う間もなく、アタリ!調子良いです。

朝一は入れ食い!ですが、やっぱり手返しが悪い。仕掛けの落下速度がまだ遅いんです。これだけでもかなりのロス。
しかも、いつもの通り、1つずつしか掛かってこない。なぜなんだろう?

一方、yutakaさんは

Rengake
4尾掛けです!すばらしい。竿が良いのかな?

今日は霧が深く、富士山もなかなか顔を出してくれません。

Fuji
一瞬だけ見えた富士山です。この後15分ほどでまた雲隠れ。

しかし、今日は富士山を見てる余裕はなかったです。
休みなくアタリがあります。ちょっとアタリが遠のいても、エサを替えたり、誘いを変えたりすると、またアタリが出ます。

まあ、アタリは出るかわり、バレも多いんですが。

10時半の時点で数えたら、ちょうど100尾。
3桁は超えました。

それからもずっとアタリがあり、飽きません。
yutakaさんは、昨日帰宅したのが深夜だったみたいで、睡魔に襲われてます。
巻き上げ途中で意識が飛んでました・・・

終わってみると、202尾。ダブルやトリプルがほとんどありませんでしたが、結構釣れました。
yutakaさんも、途中意識を失いながらも、150尾近く釣ってました。
ちなみに、竿頭は550くらい、我々は第3幸運丸でしたが、第1幸運丸の方では855尾!どんなふうにしたらそんなに釣れるんでしょ!?

Choka
本日の釣果。200尾超えてますが、少なく見えますね。

Age
そして、こうなりました。
一番右が天ぷら。真ん中が醤油味のから揚げ。一番左が味噌梅味のから揚げです。

2人プラス・・・

Chimpei

・・・ちんぺい君で、202尾、完食です!

楽しい釣りでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

今年初釣行!鮎大迷人さんと山中湖わかさぎ

日時:2012年1月22日(日) 7:00~14:45
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:山中湖レストセンター
釣果:132尾

今年の初釣行は、わかさぎです。
山中湖のわかさぎドーム船は大人気で、週末の場合は一か月前くらいに予約が必要です。

今回も満員御礼。手軽で暖かなドーム船はやめられません。

前日に結構な雪が降ったため、朝は4時過ぎに出発。6時前には山中湖に到着しました。山中湖は雪が多いので、早い時間から除雪車が出ていて、スタッドレスを履いていれば安全に走行できてしまいます。

鮎大迷人さんは、小学4年生のTくんと一緒。前日に湖畔のホテルに泊っての釣行です。

6時過ぎにハウスで受け付け、いざ、ドーム船へ。

Photo
外の景色はこんな感じ。雪景色がいい感じです。

Photo_2
今年の富士山は雪が少なめですが、やっぱり日本一!ありがたや~

大迷人さんとTくんはわかさぎ初体験。
底に仕掛けを着けてしゃくって、くらいのいい加減なレクチャーをして、実釣開始!

今日は朝から食いが良い!
仕掛けを落とすと、誘う間もなく食ってきます。

でも・・・

自作電動リールの不調、というか作りのミスで、糸が下に落ちない。
せっかくのスピニング仕様なのに、糸が落ちないのではどうしようもない。
結局、手で引っ張り出してやっと着底。1分くらいかかってしまい、かなりの時間ロス。

出だしはT君が三人の中ではトップ!

そのうち、入れ食いの時間帯が過ぎ、ポツポツペースに。
みんな数が稼げなくなってきましたが、秘技、トイレ釣法!
置き竿にしてトイレに行くと、なぜか掛かってるんです。大迷人さんも、T君も、私も。これで10尾くらい釣ったかな?
ドーム船は満員なんですが、一人分のスペースをゆったりとってあるので、オマツリがないんですね。

さて、このころには、仕掛けの落とし方も慣れてきて、30秒くらいで底に着けるようになったんですが、今度は・・・

リールにヒビが!
樹脂粘土で作ってみたんですが、乾きがあまかったのか、はたまた粘土が水に弱いのか、段々ヒビがでかくなってきて、折れそうになります。

1
2
いつものごとく、かっこ悪い出来!

竿を両手で持って、折れないように気をつけながらの疲れる釣りです。
自作するのは楽しいですが、まだちゃんと釣りに集中できるものができておりません。とは言え、だんだん完成に近づいてるので、次回こそは・・・

午後をまわってから、ちょこちょこと群れがまわってきます。
そして

4
ちょっと分かりづらいですが、4尾掛けです。後ろで大迷人さんがピースしてますが、釣ったのはT君です。

2時半を過ぎたところで、「そろそろ帰りますので仕掛けを上げてください」

数えてみると、132尾。まずまず釣れました。
鮎大迷人さんは100尾ちょっと、T君は100尾弱。その差数尾!
なんとかお父さんの面目は保ちましたが、危ないところでした。

帰りに、富士吉田のうどんとそばを購入。道の駅でお土産を買って、いつもの紅富士の湯で一っ風呂。

楽しい一日でした!大名人さん、T君、またお願いします!!

夕飯は、ワカサギの天ぷらと吉田のそばで天盛りです。
うまかった~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

山中湖ワカサギシーズン初釣行!また負けた・・・

日時:2011年12月4日(日) 7:00頃~15:00
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:マリンハウスmomo
釣果:62尾

1週間経ってしまいましたが、先日、山中湖にワカサギ釣りに行ってきました。

今回は、大芦川自然クラブの山中湖ツアーに同行です。といっても、現地で合流ですが。
栃木テレビの取材も兼ねてるので、もしかしたら栃木ローカルで映ってるかも。私は神奈川なので見られませんが。

前日の夜中2時まで、電動リール作り。0時くらいに終わったー!と思ったら、スプールから糸がはみ出してて、こんがらがってます・・・ほどいて、スプールを修正して、なんてやってたら、2時になってました。

急いで風呂に入って、寝て、られませんでした。
ほとんど寝ないまま、起床時間の4時。

でも、興奮で目がパッチリです。

予定通り、5時前に出発して、6時過ぎに山中湖到着。
栃木から来ていた自然クラブのバスもちょうど同じ時間に到着です。

さて、釣りだ!と意気込んでたんですが、やっぱり・・・
実は、起床前くらいから、いきなり強風が吹き始め。高速道路では、ちょっとハンドルがとられるくらいの風。

「風がおさまるまで、船の出港を見合わせます」とのアナウンス。

車でしばらく待ってましたが、できるのかどうか?不安でしたが、7時前くらいかな?店のおにいさんが、「船出せそうなので、受付に来てください」と言いに来てくれました。

外は寒いので、自然クラブのバスで待たせてもらいます。

そして、ようやく船に。今回もmomoの100人OKのドーム船。満員だそうで、中はキツキツ。
でも、風が強いのに、船が大きいのでほとんど揺れなし。さすが。

朝一は、ポツポツと掛かります。

風が強くて潮?流が強いため、オモリは2.5~3号を使うように、との指示。
極小オモリで釣ってみたかったんですが、しょうがないです。

今回も・・・私が1回仕掛けを上げる間に、神様は2回くらい上げてます。

しかも、私はシングル、神様はダブル・・・

前にいる大芦の仙人さんよりも釣ってます。恐るべし!

かなり長い間、ポツポツが続きます。まあ、ちょうど飽きない程度って感じです。

昼近くなると、アタリが遠のいてきました。

ちょうど、頼んでいた弁当が届いたので、早速いただきます。中身は割愛!

弁当食べてリフレッシュ!と思いましたが、釣れない状況は続きます。

が!神様は釣れてます。仙人さんも釣れてます。二人で釣果を競っております。私にもアタリはありますが、ハリに乗りません。なぜだ~!

我々はトイレに近い方に座ってたので、自然クラブの方がトイレに行くたびに、バケツを覗きこみ、「あれ~?奥さんの方がいっぱい入ってる気がするな~」なんて冷やかして行きます。
毎回のことなんですが。

そんなことをしてるうちに、残り時間1時間半。

神様、仙人さんと私、何が違うのか?神様がトイレに立ったすきに、仙人さんに聞いてみました。

「オモリは何号使ってます?」「2.5号だよ」

と、ここまでは普通の会話ですが、それから秘訣を教えてもらいました。

そしたら・・・

ウソのようにアタリが出るようになり、ハリにも乗ります。かなりのハイペースになりました。

釣り方次第で釣果にこれだけ差が出るんですね~!!プロの技を実感しました。次回も試してみよーっと。

神様も仙人釣法を実践して釣果を伸ばし。
それだけでなく、私はやっぱりシングルなんですが、神様は8割方ダブル。同じペースで掛けていても、倍の差がつくんです。

今回の参加者は、我々夫婦も入れて19人。皆さん結構苦労してたみたいですが、午後になって外に出て釣った人は大爆釣だったみたい。1時間で40尾も釣ってたみたいです。

さてさて、釣果のほどは・・・

私、62尾。最後の1時間半で釣果がグンとのびてこの数ですから、午前中はどんだけ釣れてなかったんでしょう?

仙人さんは束を余裕で超えてました。最初は3人とも同じペースだったのに、釣れ方からパターンをつかむのは、ジャンルが違うとは言え、さすがプロ!

そして、ライバル?の神様は・・・95尾くらいでした。私の1.5倍も釣ってました。実は、仙人さんと神様は、結構オマツリしてて、釣ってる時間は私の方が長かったんですが。

またまた、今回も敗北です。いつになったら勝てるのでしょう?

今回は、私が撮影した写真はありません。神様のブログ、と仙人さんのブログ(こちらこちら)を見てください。
写真も撮らずにやってたのにねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)