« 買ったばっかりのタビの補修。やっすい物はやっすいなり | トップページ

2020年7月12日 (日)

タビ補修完了

連日の雨でタビの接着がなかなかできず、土曜日に雨があがった隙に作業しました。

まずはタビの底を台所洗剤でささっと洗って、ドライヤーで乾燥。
ついでに、使っていてインソールの下に空気がたまる感じがあったので、安全ピンで穴あけ。ピンで穴を開けるのは、水圧を軽減するやり方として鈴子さんの本にも出ていて、爪が黒く変色しちゃうのも防げるみたいです。

乾燥後、タビの底とフェルトに黒ゴム接着剤をべったりと付けます。

Kurogomu 

以前ドライタイツの補修をしたときの余りがまだあったので。
今回で使い切りました。

ある程度表面が乾いてから貼り合わせて、ハンマーなどで叩いて圧着します。
ハンマーは奥の方にしまってあるので、こいつで代用。

Iwaonoizumi

相模原津久井、清水酒造の巖乃泉 吟醸酒辛口。
空き瓶でトントン叩きました。

そういえば、最近はブログに酒が出てきてませんが、スマホアプリに移行しました。「さけのわ」日本酒専用のSNSなので、いろんな情報も得られて、酒飲みには楽しいアプリですね。

話がそれました。

くっ付けた後、1日放置して、こんな感じです。

Tabi01

やっぱり底がちょっと薄いですね。釣り用のフェルトは12mmなので、3/4くらいの厚みです。

底から出ていた鋲は、

Tabi02

こんな感じで出ちゃってます。浮かせたところに接着剤を多めに入れてみたんですが、トントンしたときに潰れたみたいです。
しばらく履いて歩いて、すり減らさないといけないですね。

まあ、とりあえず、足元は完成しました。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
バナークリックでにほんブログ村へ

|

« 買ったばっかりのタビの補修。やっすい物はやっすいなり | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買ったばっかりのタビの補修。やっすい物はやっすいなり | トップページ