« 道志の解禁も危なかった! | トップページ | 買ったばっかりのタビの補修。やっすい物はやっすいなり »

2020年6月28日 (日)

今年は1尾目に苦労するな~!桂川でも貧果

日時:2020年6月27日(土) 10:30-17:30
場所:山梨県桂川 曙橋
釣果:10尾(14~18cm)

今日は道志川リベンジのつもりでしたが、金曜日に江戸の新鮎組のN隊長からメールがあり、Kさんと桂川に行くとのこと。
コロナ禍の影響でN隊長ともしばらく会っていないので、ご一緒することに。
Kさんは朝一から曙橋へ、N隊長は笹子でやってから曙橋に行くそうです。私も午前中は別の場所でやってみようかな?

早朝、N隊長から電話。「オトリ缶のブクを忘れたから笹子に来て。ゆっくりで良いから」

お言葉に甘えて、ゆっくりと支度をして、8時に出発。
高速を使えば40分ほどで着くはずですが、やはり渋滞。圏央道から相模湖東にかけての渋滞のようで、距離的にちょっともったいないですが、相模湖から大月まで高速利用。
1時間ちょいで到着です。

警察署裏の堰堤のところにいたので行ってみると、なんと、N隊長もボウズだそうです。
笹子川、難易度高い!
良い年はヘチまでハミアトがあるんですが、ヘチはアカ腐れになってるので、魚自体も少ないのかもしれません。

釣れなさそうなので、移動します。
Kさんに電話してみると、曙橋も結構厳しいみたいですが、やっと1つ掛かって、これから水温が上がれば良いんじゃないかな、とのこと。並んでいても竿2本くらいということなので、とりあえず合流します。

橋上の土手に到着すると、ちょうどKさんが引き抜く瞬間。3つめだそうです。

着替えて早速川へ。

見た目は笹子よりは良い感じです。

Akebonobashi01
Akebonobashi02

下の瀬はがら空きなので、N隊長はそこに向かいます。私はさらに下、橋下の瀬へ。

しかし、橋下は結構人が入っていて、トロでも竿を出してるので川を渡る場所もありません。
仕方なく戻って、Kさんの下に入れてもらいます。

1時間ほどやりましたが、2,3度前アタリがあっただけで、本アタリにはならず。Kさんも苦戦のようです。

こうなると粘るか動くかですが、動きます。

上流の瀬を目指します。

川が2本に分かれたうちの右岸側。淵に落ち込む短い瀬。

Akebonobashi03
Akebonobashi04

平瀬は追いが弱そうなので、元気なオトリじゃないと難しそう。こんな流れで飛びついてくる鮎を一発逆転で狙うしかありません。
最初はノーマル仕掛けでやってみましたが、うまく沈んでなさそうなので、オモリを装着。
でも、石が大きくて流れが複雑に巻いているので、かなり気をつかいます。
大変なので、今度は胴締めにチェンジ。
それでもなかなか追いません。

次はどこにしようかな?と物色していると、手元に違和感が。
仕掛けの方に目をやると、ちょうどオトリが水面に上がってきたところ。
流れに揉まれたのか?と一瞬思いましたが、目印の動きが変。
竿を絞ってみると確かな重み。掛かった!

意外と引かずに、泡の中から抜けてきました。

まずまずの型。17cmくらい。丸々と太った良い鮎です。
ここまで1時間ちょっとかかってしまいました。今年は1つめを釣るまで時間がかかりすぎです。

仕掛けがナイロン0.175なので、このサイズでこの流れ、この岩、ちょっと心配。
なので、下の写真にある落ち込みを狙います。

ところが、それが裏目に出て、深場で根掛り。
取りに入りましたが、あと一歩のところで手が届かない。
そして、足元が滑って全身ずぶぬれ。
でもその拍子に根掛りが外れて、無事回収できました。
この鮎を放流してしまうとボウズ確定。首の皮一枚で助かりました。

ここではあと一か所、ヘチ際が狙い目ですが、野鮎では根掛りが怖い。
養ちゃんに登場してもらい、オモリを付けて狙います。

しかし!痛恨の根掛り!
今度は外れず、流れも強くて入って行けないので、回収を断念。ハナカン上で切れたので、仕掛け全体ロストを免れたのがせめてもの救いでした。
この後左岸側の流れもちょっとやってみましたが、すでに何人もが朝から攻めているので、カスリもしませんでした。

昼休憩は12時半の約束で、すでに12時を回っていたので、一旦朝の場所に戻ることに。
行ってみると、N隊長とKさんが竿をたたみながら話をしていたので、私も合流。昼休みとします。

土手の上で昼を食べながら川を見ると、右岸ヘチ際で、良型の鮎が周りの群れ鮎を追い払ってます。
これは掛かりそう。

ゆっくりと昼を食べ、午後の部開始です。
N隊長はいつものように昼寝なので、その間に隊長が釣っていた瀬へ。右岸から竿を出してたので、左岸に渡って、竿が入っていないところを釣ってしまおうというプランです。

Akebonobashi05
Akebonobashi06

早速来ました!
しかも良型!10mほど下らされました。
ちなみに、午後は複合の0.04に張り替えてます。

さらに間を置かずにヒット!

Akebonoayu

ようやく余裕が出たので、写真をパチリ。真っ黄色のきれいな鮎でした。

根掛り放流が1回ありましたが、それを含めてこの場所で6本獲得。
アタリが少し遠のいたので、橋下の瀬に行ってみます。

短めの瀬に4人ほど入っていたので、瀬肩をやってみます。

Akebonobashi07
Akebonobashi08

が、ノーヒット。
どうしようかな?

ここも2本に分かれていて、右岸側が本流。左岸は細い流れで人が入ってません。

Akebonobashi09
Akebonobashi10

見ての通り、流れはいい感じですが、石が茶色です。
どうかな?と思いましたが、一応やってみます。

なんと、一発で掛かりました。
が、口掛かり。というよりも、ルアーのトリプルフックに食いついたように、口の中に掛かってます。
なかなか外せず、鮎が弱ってしまいました。
しばらく後、もう1つ掛かりましたが、こっちにはあんまり鮎が入ってなさそうなので、この分流を最後までさっと流して本流に戻ります。

合流上の瀬尻では、掛からず、瀬の中ほどまで移動します。
粘って粘って、ようやく1つ。

ここでN隊長から電話。16時前。ちょっと早めですが、あがるそうです。思ったほどは掛からなかったみたいですね。

それから1時間半ほどやりましたが、1つ追加のみ。
今日は午後一の瀬だけでしたね。まあ、鮎の強い引きが味わえたので良しとしますか。

Choka_20200628230401

帰りは20号で帰ってみましたが、意外とスムーズでした。

今年の釣果:57尾/4日/21.5時間 (平均14.3尾/日、2.7尾/時間)


にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
バナークリックでにほんブログ村へ

|

« 道志の解禁も危なかった! | トップページ | 買ったばっかりのタビの補修。やっすい物はやっすいなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道志の解禁も危なかった! | トップページ | 買ったばっかりのタビの補修。やっすい物はやっすいなり »