« なんとビックリ!笹子川でボ! | トップページ | 今年は1尾目に苦労するな~!桂川でも貧果 »

2020年6月24日 (水)

道志の解禁も危なかった!

日時:2020年6月21日(日) 10:30~17:00
場所:山梨県道志川 光淵
釣果:38尾(11~18cm)

もともとは、道志の解禁は行かないつもりでした。
人が多そうだし、そろそろ家の草むしりもしなければならないので。

がしかし!笹子でボを食らったので、悔しさのあまり連荘することに。

鮎大迷人さん達が行っていると連絡があったので、合流するつもりです。

一応、朝早めに起きたんですが、雨がしとしと。気温も低くてまだ追わないな~、と勝手に決めつけて、ゆっくりと朝ごはんを食べてワンコたちとたわむれてました。
8時過ぎになって、ようやく出発する気になり、鮎大迷人さんに電話。
意外と、というかやっぱり、まずまず釣れてるみたいです。気になる人出は・・・それほどでもないそう。
若干遅れを取った感がありますが、8時半に出発です。

目だった渋滞もなく、スムーズに道志村に到着。

が、大迷人さんが車をとめたという柳瀬橋付近は車でいっぱい。8時半から10時頃までの間に増えたんですね・・・。

ここにはとめられないので、ちょっと上流の釣り人用駐車場へ。大迷人さんに電話をすると、橋の下の方にいるみたい。
今年も年券を買うつもりなので、一旦オトリ屋さんに行って、年券とオトリを購入。
再び釣り人用駐車場に戻り、支度をして歩いて柳瀬橋へ。

ところが、鮎大迷人さんも、一緒にいるはずのyutakaさんも見当たらないので、電話。
すると、国道の橋の上に移動したとのこと。
橋の脇から降りて上って行きます。
が、いない!
3回くらい電話をして、場所を確認、「上に進めばいるから」という言葉を信じて、川を2回渡ると、ようやくyutakaさん発見。その上に大迷人さんも。
弁当と飲み物が入ったクーラーボックスも持ってきたので疲れた~!
よく見ると、釣り人用駐車場への上り口がすぐそこ。ぐるっと回って帰ってきた感じです。

ボチボチ釣れていて、yutakaさんはすでに20超えとか。瀬の中は型も良いみたいです。

早速、yutakaさんの下の段々に入れてもらい、オトリを放します。

Hikaributi1
Hikaributi2

流れに乗せて、棚の落ち口に、、、あ、掛かってる!
沈めてもいないのに掛かっちゃいました。

小さいのでひょいっと抜いてみると、見事に胸掛かりでかなりの出血。
これはオトリにできません。

が、これだけ追いが良ければすぐに次が来るはず。

釣れそうなので、小型ビデオをセットして、オトリを交換して、再開。
ちなみに、この小型ビデオをセットして釣りを開始した笹子川の釣果は・・・言うまでもありません。
ゲンが悪いのです。
道志川ならそれを払拭できるでしょう!

・・・できませんでした。

その後、バレ2回、根掛り1回(回収できました)、エビ2回。
yutakaさんはそれを見て入れ掛かりになってると勘違いしてたみたいですが、入れミスの連続でした。

段々が釣れないので、大迷人を通り越して、上の淵でやってみます。が、掛からず。

時刻は12時。
どうしようかな~、と川を歩いていると、大迷人さんから電話。ちょうど前方に見えたので手をあげると、昼飯のサイン。
午前中の釣り終了です。なんと、1つ。笹子川の再来か!!

「釣れない癖がついちゃいました」という私に、ここで大迷人さんから助け舟。
元気な野鮎を分けてもらいました。

引舟がちょっと離れてたので、タモに釣れた鮎を空けてもらって、元気な鮎を選別。
大迷人さんの舟に戻している間にちょっと泳がせていると、「掛かった!」
やっぱり、一にオトリですね。

鮎を舟に戻し終わってから、大迷人さんがクーラーボックスを取りに行きます。

戻ってくるまでの間に、3尾追加。途中、付け糸と中ハリスが絡まってしまって時間をロスしたのを考えると、かなりのペースです。
「続けた方が良いよ」ということなので、そのまましばらく続行して数尾追加。

少し間が空いたので昼休憩にしました。

大迷人さんによると、CyberAyuClubの人達も結構道志に集結してたみたい。皆さんかなり釣ってるようで、束狙いなんて話もあるそうです。私と違ってさすがですね~。

さて、午後の部。

まずは朝やってダメだった段々から。

なんだ、釣れるではないか!
午前中の苦戦が嘘のように、なんにもしなくても掛かります。
やっぱり、オトリの泳ぎが釣果の大部分を占めるんですね。時々良型も混じりながら、かなりのペースで掛かります。

下の淵を越えて、その下の瀬まで。
淵も良さそうでしたが、瀬の方が追いが良いようで、淵を狙ってた時間以外は、ポンポンと掛かってました。

一通り探ったので、今度は上流へ。

こちらもやっぱり掛かります。
徐々に上流に移動しながら、三つ目の瀬まであがりました。
結構な人が入ってたはずですが、若干ペースは落ちるものの、掛かり続けます。
これは、追い気のある鮎は数日で釣られそうな感じですね。

気がつくと16:53。
大迷人さんから電話があり、「もう掛からなくなってきたでしょ?」
でも、まだ掛かってます。「5時までやります」
ということで、残り5分ちょっと。2,3尾掛かるかと思いましたが、1つだけでした。
それでも、この時間でまだ掛かる気配があるとは。

17時のチャイムと同時に終了。

数えてみると、オトリ抜きで38尾。移動の時間も考えると、午後は時速10尾ペース。釣れなかった淵の時間も除けば、釣れるポイントではそれ以上のペースで掛かってきたんですね。
釣れる人なら、一日やって束はゆうに超えたでしょう。

Choka1

しかし、大迷人さんにオトリを分けてもらわなかったら、と思うとゾッとします。
ヒヤヒヤの解禁でした。

その鮎大迷人さんは、

Daimeijinchoka

朝のうちはペースが上がらず、ということでしたが、午後に挽回し、60尾。やりますね~!
ちなみに、CACのLINE情報によると、〇さん改めじいさん?は、74尾釣ったそうな。むむむ~~

今年の釣果:47尾/3日/15.5時間 (平均15.7尾/日、3.0尾/時間)

|

« なんとビックリ!笹子川でボ! | トップページ | 今年は1尾目に苦労するな~!桂川でも貧果 »

コメント

鮎大迷人さん
オトリありがとうございました!
一人でやってたらツ抜け~ずでしたよ。
また釣れるところでやりましょう!

投稿: 鮎三郎 | 2020年7月 5日 (日) 21時57分

サブちゃん、お疲れちゃん!
yutakaちゃんと3人での釣行は、久しぶりで楽しかったよん。CACツ抜け~ズは永遠に不滅ですっ!!またやりましょう!

投稿: 鮎大迷人 | 2020年6月26日 (金) 09時46分

じいさま。
あまり釣りすぎないようにご注意ください。
次はどちらへ?

投稿: 鮎三郎 | 2020年6月25日 (木) 22時16分

じいさん?
誰だ。(笑)

24日現在だけれど、未だ数は出るよ。
しかし小さい。
な、もので道志は、当分お休み。

投稿: じいさん | 2020年6月25日 (木) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとビックリ!笹子川でボ! | トップページ | 今年は1尾目に苦労するな~!桂川でも貧果 »