« 自己解禁だけど危なかった! | トップページ | なんとビックリ!笹子川でボ! »

2020年6月 7日 (日)

引舟の塗り、やっと完了、っぽい

本日は家です。
相模川水系がもうちょっと良ければ連荘で釣りに行ってたかもしれませんが。

家にいてやることは、引舟の補修。最終の塗り段階になってます。
すでにパーツごとに分解し、各部の色付けは終わってます。
ところどころ、ムラとかマスキングの雑なところとか出てますが、いいでしょう。自分用ですから・・・

前回は塗りを始めたところでしたが、コロナ対策で時差出勤(早めの出勤)なので、早く帰ってきてちょっとずつ塗りを進めてました。
所々マスキングしながらツートンカラーに。

こんな感じです。

Parts

塗膜保護のために、やっぱりクリアを塗ることにしました。パーツによってはすでにクリア塗りも終わってます。

晴れてるうちに塗りが足りないところに追加で吹き付け、太陽の力で乾かしてもらい、クリアを重ねていきます。

ほんとはクリアはたっぷり塗りたかったんですが、大きいサイズのスプレー缶を使い切ってしまったので強制終了。追加で買ってくるのも面倒なので終わりにしました。

乾いてるパーツから組み立て開始。

持ち手のところは、上と下でシリコンで接着してありましたが、塗る前に外して分解。それぞれに塗ってありました。
これだけのためにシリコンを買ってくるのももったいないので、割れの補修で使った粉末アクリルと液体アクリルでつなげちゃいます。

Ura

塗りが中途半端なのは、こっち側はネジで留める内側になるから。

こいつはずっと付けたまんま塗装してたんですが、よく考えたら、ネジ1本で外せたんですね。

Rope

マスキング不足でちょっと白色が入っちゃいました。

フタの部分が大きく空いてるうちに、持ち手をネジで本体に取り付けます。舟の内側にネジ穴があるので、手探りかつ短いドライバーとかオフセットドライバーとかを使いながら締めあげます。
あとは、鮎投入口をフタに取り付けて、さらにフタを本体の蝶番に取り付け、ロープを戻して終了。

Finish

できました。

この距離で見れば、なんとなく良い感じ。

近づいてはいけません。
クリアが足りないので手触りも若干ざらついてます。
本体の白いところは、中の黄色がしみ出してるのか、黄色いムラがあります。プラが溶けないように水性塗料使ったのに。

全体的に雑な感じなのは、2, 3回使えばこれくらいになるので、まあ、良いでしょう。前回よりはマシです。

これで次回から使い慣れた舟が使えるので、釣果もばっちりでしょう。

今度ボロボロになったら、新しいの買おうかな?

|

« 自己解禁だけど危なかった! | トップページ | なんとビックリ!笹子川でボ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己解禁だけど危なかった! | トップページ | なんとビックリ!笹子川でボ! »