« 引舟の分解とタモの続き | トップページ | 自己解禁だけど危なかった! »

2020年5月31日 (日)

タモの仕上げと引舟塗装開始!

いよいよ明日解禁ですね。
私は仕事ですが。

昨日の続きです。

まずは、引舟の油分をとるため、台所用洗剤で洗います。シリコンオフを使うと簡単みたいですが、手間暇で節約できるならがんばります。

引舟を乾かしている間に、お次はタモ。

Tamopre01

タモの横に置いてあるクッションタイプのヤスリで仕上げ磨き。手で触ってもザラザラ感がないくらいの細かい番手です。
仕上がりは・・・多少塗りムラが見えますが、テカリが出てぱっと見良さそうな感じ。まあまあ重ね塗りしたので、塗りは終わりにします。
この後網を張りますが、もうちょっとだけ作業。

Tamopre02

ピンにウルシが詰まってるので、これを取らなければ。
と、ここで今度は引舟の作業に移ります。塗装を乾かす間にピンの詰まり除去です。

まずはマスキング。

Funepre01

ロープは取りたかったんですが、分解できなかったので、テープとコンビニ袋でマスキングです。

Funepre02
舟の裏側。

Funepre03
その他のパーツ。

マスキングが終わったらプライマーを塗ります。
プライマーは透明なので、ちゃんと塗れたかどうか不安ですが、なんとなくツヤが出てる感じがするので大丈夫なんでしょう。

Spray

今回の塗料はこちら。真ん中がプライマー。色は白と黒。エナメル調の高光沢タイプなので、クリアの上塗り無しでやってみます。仕上がりが悪かったらクリアを塗るかもしれませんが。

プライマーの説明書きを読むと、上塗りをするまで2時間待て、とのことなので、ワンコの散歩をして、タモのピンの詰まりを取って時間をつぶします。

そして2時間後。

ちょっとずつ色を塗り重ねます。

のはずでしたが、どうもガマンが・・・。
一部厚塗り気味になったので、今日はこれで終了。やりすぎるとコテコテになってしまう。

Paintbooth

塗りの作業は、段ボールでブースを作って、この中で行います。庭を汚すと神様のイカヅチが落ちてしまうので。

Funepost01

Funepost02

Funepost03

今日はここまで。厚塗りになってますね・・・。まだ乾ききってないので光沢がありますが、仕上がりはいかに?

そしてタモに網を張ります。

ワイヤーで網をすくって、ピンの中を通していくんですが、なるべく目が均等になるようにしないと網の形がイビツになってしまいます。
なので、網の目を数えます。1、2、3、・・・3mm目の粗い網ですが、39cmのタモなので、1.2m強。557目ありました。

ピンとピンの間隔が途中均等じゃないので、その分も勘定して、目を数えながらワイヤーを通していきます。

そして最後に、尻手ロープ(尻じゃないですけど)を取り付けるためのリングを手元に取り付けて、

Tamopost02  

できました。

ワイヤーは磯の大物釣りに使う金属ワイヤーを使ってるので、端の処理はダブルスリーブで。

Doublesleeve

ワイヤーを通して、プライヤーでギチギチにかしめて、これで固めます。

Glueit

UV照射で固まるプラスチック接着剤。

そして。

Tamopost01

完成。

これで入れ掛かりになっても大丈ブイ!

|

« 引舟の分解とタモの続き | トップページ | 自己解禁だけど危なかった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引舟の分解とタモの続き | トップページ | 自己解禁だけど危なかった! »