« 愛川に雪が降りました&雪見酒:相模灘 特別本醸造 にごり酒 無濾過生酒 | トップページ | ドライタイツを試しに補修 »

2020年3月16日 (月)

甲斐の雪中山女~笹子川と葛野川~

日時:2020年3月14日(土)6:00~12:00
釣り物:ヤマメ
場所:山梨県笹子川 初狩・笹子、葛野川 瀬戸
釣果:5尾

しばらくの間、天気予報とにらめっこ。
しとしと雨の方がヤマメは釣れるので、週末雨になるタイミングを見計らっていました。
ちょうど良く、土曜日が雨予報に。
でも、情報源により、予報がばらついてました。
日本気象協会のアプリでは、夜明け前に雨がやんで、昼間は晴れ。気温も15℃くらいまで上がる予報。気象庁は朝まで雨で、後くもり。気温は甲府が10℃、河口湖が5℃。最も信頼しているWindyアプリのECMWF(欧州中期予報センター)では、朝は雨、昼前くらいから、なんと「雪」予報。気温も0℃くらい。暖かい雨が良いんですが・・・。

エサは塩イクラ。ネットで買おうかな、と探してみたら、200gで2980円くらいのがありましたが、送料が1000円。込みの値段だと結構するな~。と、スーパーをはしご。なかなか見つかりませんでしたが、通勤ルート途中のデパートの地下で発見。100gで約1000円。ネットより安かった。
でも、筋がちょっと残ってたりと、質が悪かったので、家できれいに洗って、もう一回塩締め。使えそうになりました。

朝は4時半過ぎに出発。
5時半過ぎに大月インター着。日釣り券を買うためコンビニ探し。が、上流方面に向かったら、しばらく走ってもコンビニがない!カーナビで調べると、下流側に何件か見つかりました。
引き返すと、インターのすぐ近くにありました・・・。10分くらいロス。
寒くなりそうなので、ついでにカップみそ汁もゲット。お湯は持参してます。

最初はインター付近を探ろうと思ってましたが、なんと、工事で川原が真っ平。去年の台風19号の影響がまだまだ続いているようです。漁協のHPには書いてありませんでしたが。
そして、渇水状態。う~ん、厳しそう。

インター付近はあきらめて、初狩へ。
ここもやっぱり工事が入ってますが、流れは以前の状態を保ってます。
準備をして釣り開始です。

車をとめた目の前のちょっとした深みから探ってみます。

3投目、ククッとアタリ!
水中でキラッとしましたが、外れました。
ちょっとだけズレた筋をながすと、またアタリ!ですが、また外れます。
さすがに連バラシするとアタリが遠のきます。しばらく粘ってもダメだったので、一旦釣り上ります。

Hatsukari01_20200315233901
台風の爪痕が残ってます。流れで川原がえぐられてました。

500mくらい上流まで来て、橋を過ぎ、堰堤まで来ても、アタリがありません。
ここまで2時間。結構粘ってしまった。
朝は雨は降ってませんでしたが、途中からポツポツと来て、堰堤を探っているうちにまあまあの雨量に。防寒も兼ねてカッパを着ててよかった。

道路を歩いて戻り、朝一のポイントへ。
時間を空けたのでまた来るかな?と思ったら、案の定、アタリ!でもバラシ。
さらに続けてアタリ。今度はちょっとデカい!
と思いましたが、水面を割る瞬間に、またバレ。

中硬の竿を使ってたので、最初のバラシのときに魚を持ち上げきれず、仕掛けを短くしてたんですが、それでもちょっと型が良くなるとダメ。ちょうちん釣りでやるときは調子が良い感じなんですが、長仕掛けでは柔らかすぎるのかな?

また連続バラシをしてしまったので、下流も探ってみました。が、こっちもアタリなし。
工事の影響で魚が放流場所から散らばりにくいんでしょうか?

もう一回朝一ポイントをやってみましたが、5分くらいしか空いてなかったので不発。
車で上流に移動です。

笹一酒造を過ぎて、橋を渡り、斜面の上に車をとめます。

Sasago01

谷が深いので、重機は入れないみたいです。

川に降りてみましたが、上から見たら深そうに見えたところが、黒い岩盤で足首くらいの水深。全体的にザラ瀬で、水温が低いこの時期では厳しそうです。
上の堰堤までずっとそんな感じ。

竿は中硬4.5mから、硬調の5.4mにチェンジしてます。
堰堤下の溜まりまで来て、ようやく、待望の1つ。一発でアワセが効いたのは竿を替えたおかげかな?
でも、アタリはこれだけでした。

Sasago02

堰堤の下から下流を撮ってみました。
ここまで来ると谷が開けていて、重機が入ってました。川原には木の枝や根っこが散乱していて、台風がかなりの被害をもたらしたことが分かります。
大月インターからここまで約10km。その間ずーっと工事が入ってます。大変なことですね。

さて、次はどうしようか。
笹子川はいたるところで工事をしているので、期待薄な感じ。桂川本流はちょっと規模がデカい。支流なら、鶴川か葛野川か。
鶴川まではかなり距離があるので、葛野へ。帰りに大月でホワイトデーのケーキを買おうと思ってたので、その意味でも葛野の方が良いかな。

葛野川に着いてみると、こっちもやっぱり工事。相当な規模ですね。
ちょっと上流の奈良子川合流上へ。

斜面を降りると、目の前に小さい淵が。
流してみますが、無反応。
いろんなところの掘れ込みをやってみても、アタリなし。
釣り上ると、良い感じの渓流相が出てきました。

Kazuno01

いかにも、なポイントですが、アタリも出ません。

さらに上流へ、

ですが、V字谷のようになっていて、左岸をヘツらなければ上へ行けません。
頑張って垂直な岩を伝って、ポイントポイントで竿を出します。
雨が強くなってきているので慎重に。

途中、釜の流れ出しで1つ追加。軽いオモリでちょっと早めに流れたので、重めにした途端のアタリでした。オモリの重さも重要なんですね。

上に大きい堰堤が見えましたが、ヘツリができるようなところはなく、高巻きで行くしかなさそう。
行くのは良いけど帰りが大変そうなので、戻ります。

奈良子川の流れも良さそうだったので、ちょっと寄り道。
堰堤が出てくるまでやってみます。
が、根掛りで仕掛けを2つダメにしただけで終わりました。

今度は下流へ。

崖下の淵を何カ所か流しますが、アタリなし。
さきほどから、寒さが厳しくなってきてます。魚の活性も落ちてきてるのかな?

11時半を過ぎたところで、堰堤が出てきました。
魚道を伝って降りて、まずは右岸から落ち込みを狙いますが、アタリなし。
左岸の方が水深もあって、良さそうに見えたので、下流の浅いところから渡ります。

雨はだんだん大粒になってきて、心なしかみぞれっぽい。

最初はアタリがありませんでしたが、餌箱の中のイクラが残り少なくなってきたので、使い切って終わりにしよう、と粘ります。
家を出るころには、午後2時くらいまでやろうとも思ってたんですが、寒すぎて体力がもちそうにありません。

残り20粒くらいになってきました。1回2粒付けるので、あと10回くらい。
というところで、クン、というアタリ。
久々の1尾です。

ここから、アワセきれなかったのも含めて、アタリが連発します。
イクラの集魚効果が出てきたのか、何かのきっかけがあったのか。
2つ追加。
もうちょっと行けそうな感じもしてきましたが、気温が一気に下がってきて、イクラが持てなくなってきました。手の感覚がなくなってきます。
と同時にアタリもなくなりました。
最後の2投は作業でした。
エサを使い切り、急いで車に戻りました。

道路を歩いていると、雨が雪に変わりました・・・。

ささっと着替え、、たかったんですが、手がかじかんで、ドライタイツを脱ぐのに一苦労。
でも、その後の味噌汁はホッとしましたね。

車の外気温計を見ると、0℃。手足がジンジンしているので、温泉に寄って帰ろう。

と思ってましたが、

Yuki01

笹一酒造で酒を買おうと笹子に向かう途中で、雪がかなり降ってきました。

Sasaichi01

笹一もこんな感じ。
風呂入ってるうちに積もってしまいそうなので、帰ることにしました。

大月でケーキを買って、家に向かいます。

20号経由で帰ると渋滞しそうなので、道坂トンネル経由で道志から帰ることにしました。

途中の峠道はこんな感じ。

Yuki02

これはまだ序の口です。路面が真っ白で、腹をこすりそうなくらい積もってました。
今年は雪がほとんど降らないので、スタッドレスからノーマルに戻そうかな、と思ってましたが、暖冬のときは3月にドカ雪が降ることもあるので、履き替えませんでした。
良かったです。
ノーマルっぽい車は大月市内でものろのろ運転。峠は越えられなかったでしょう。
道志側に降りると道路の雪はそれほどでもなく、危ない場面はありませんでしたが、温泉に入ってたらかなり苦労したかもしれません。
帰ると神様が風呂を入れて待っててくれたので助かりました。

夕飯は、23cmのヤマメが1つだけいたので、それを塩焼き。残りのちょっと小さいサイズはから揚げでいただきました。ヤマメだけでは足りないので、スーパーでアジとアスパラを買って、一緒に揚げ物。さらに冷凍のサケフライも追加。
でも、ヤマメが一番美味いですね~。

|

« 愛川に雪が降りました&雪見酒:相模灘 特別本醸造 にごり酒 無濾過生酒 | トップページ | ドライタイツを試しに補修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛川に雪が降りました&雪見酒:相模灘 特別本醸造 にごり酒 無濾過生酒 | トップページ | ドライタイツを試しに補修 »