« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月 4日 (月)

山中湖ワカサギ。釣れ出しました。

日時:2019年11月2日(土) 8:30~15:00
釣り物:ワカサギ
釣り船:丸一荘
場所:山梨県山中湖
釣果:129尾、神様132尾

二週連続、神様と釣行です。
ほんとはもっと早く行くはずでしたが、貧果だったのと、週末は雨続きでタイミングがなく、今になりました。
でも、最近釣果が上がってきたみたいで、ちょうど良かったかもしれません。

ドーム船でも良かったんですが、気楽に釣りができるボートにしました。
前回印象が良かった丸一荘さんです。
事前にHPを確認すると、結構釣れているので、週末はボートが出払ってしまうことがあるみたい。予約してください、ということだったので、電話予約。日曜日はチビドームも含めて満員御礼。危なかったです。

受け付けは6時半からですが、ゆっくりと6時過ぎに出発。今回はワンコたちはお留守番です。
朝から中央道が渋滞してるみたいで(とは言っても相模湖までですが)、ナビは道志みちを選択。
途中、「山梨方面は国道20号へ迂回」や「道志みち通行止め」の看板が何か所にも立ってました。ナビにはやはり道志みち通行止めのマークが出てましたが、旧道を迂回して通るルートになってたので、ガラガラの道をフフフン!とスイスイ通過。
が!青野原のセブンの先の信号で通行止め!バカンス村から迂回するルートも通行止め。完全にシャットアウトでした。
仕方なく、車が多い412号~20号~中央道ルートへ。30分のロスでした。

8時過ぎに丸一荘さんに到着。今回は赤虫と紅サシを頼んでおいたので、活きの良いエサで釣りができます。
今回も手漕ぎの2人乗り。引き船をしてもらってポイント到着。

先に神様の電動リールをセットしますが、今回、アーマードの単線を巻いてみたんですが、単線だけに張りがありすぎて、着底後、糸がスプールからはみ出し、バックラッシュ連発。ワカサギみたいな小径スプールには撚糸PEが良いみたいです。
魚探と私のリールをセットしている間に何回もバックラッシュしてたので、私の電動と交換。神様はDDM、私はハピソン。値段が結構違うんですが、我々素人にはハピソンの方が合うみたいです。

そんなこんなでモタモタしているうちに、神様は10尾釣りあげてます。
私もやっとセッティングが完了し、竿出し。

神様は底をやってますが、魚探には2m~3mと5mのところに反応あり。
浮いている魚を狙ってみます。2mで釣れれば手返しも早くなります。

が、アタリが出ません。後でお店のお兄さんに聞いてみたら、底で釣れてるときは浮いてる魚は釣れないみたいです。無駄な時間を過ごしました。

ちょっとやって反応がないので、底狙いに変更。すると、すぐにプルプルとアタリがあります。
あがってきた魚は結構デカい。
その後も良いペースで釣れてきます。
底で食うので、魚探オフ。
時々アタリがなくなるので魚探をつけてみると、やっぱり2mとか8mとかに反応がありますが、そこを狙ってもアタりません。浮気はいけないってことですね。

食いが良いので、仕掛けを上げると2尾、3尾と連掛けで来ます。神様には。
私は単発。
分かっちゃいるんですが、我慢できません。連掛けを狙って待ってみると、先に掛かった魚がバレてしまう。まだまだですね。

そんな感じで、1時間を経過した時点で、私20。神様58。トリプルスコアに近い差を付けられてます。
この日はお客さんが結構多いみたいで、引き船とかポイント案内のたびに、お店のお兄さんが様子を見に来てくれます。釣果を聞かれるので、「二人で80くらい」と答えておきます。

単発とは言え、良いペースで掛かり、バケツに魚が溜まります。私は魚を外すとき片手でポコッとやるんですが、たまに手に刺さります。
服にハリが掛かってしまうのは結構あって、カエシがあるので外すのに苦労します。
そして、ついに今回、やってしまいました。自分釣り。垂直にぐっさり。
抜こうと思いましたが、カエシの部分まで刺さってしまい、抜けません。無理に引っこ抜くと、ポチっと折れて、ハリ先だけ指に残ってしまいました。
ハサミで周りを切って取り出そうとしましたが、無理でした。
そのまま強行。痛みはないんですが、異物、しかもハリが残ってるのは気になります。
帰ってから、安全ピンのハリで周りをえぐり、神様に5円玉の穴でハリをグイっと盛り上げてもらい、毛抜きで引き抜きます。カエシが引っ掛かってなかなか抜けません。数回のチャレンジ。えいっ!と思いっきり引っ張って、やっと抜けました。
ワカサギのハリなので傷口は小さくて済みました。

Injury

その後も、せっかく私が連続で釣っても、神様は1回で2尾、3尾、4尾と掛けるので、なかなか差が縮みません。
1時半でトイレ休憩で戻った時点で20尾以上の差。

しかし、これが転機となり、私のペースがあがります。どんどん追い上げ、終了15分前、とうとう121 vs 120。逆転しました!
それからデッドヒート。私が2回連続で釣ると、神様は2連掛け。
お迎えの船が近づくまで竿を出し・・・結果は?

私129尾。

神様132尾!

3尾差!この数でこの僅差。実力拮抗。と言いたいところですが、実は神様、チビワカサギは放流していて、実際にはプラス5尾(私はしっかりお持ち帰りです・・・)。
ワカサギは神様の方が上なんですよね~。

本日トップは隣のボートで釣ってたおじさんで、2時の早上がりでも360尾超え。手巻きの長いリール竿2丁出しで、結構釣ってました。

その三分の一とは言え、二人で261尾。かなりのボリュームです。

Choka_20191104005701

お店のおかみさんから、南蛮漬けが美味しいと聞いたので、天ぷらだけじゃなくて南蛮漬けも作ってみました。
味付けは塩コショウ少々と、すし酢。そこに粉末だし。それだけですが、旨いです。

Dinner_20191104005701
左上に写ってるのは、指に刺さったハリを抜くのに使った安全ピンと5円玉

あとは、玉ねぎとニンジンとワカサギのかき揚げ、海老天、サツマイモの天ぷら、マイタケの天ぷら。そしてサラダ。
ワカサギ以外の天ぷらも量があって、さすがに食べきれませんでした。
残った天ぷらは、朝飯へ。さらに残ったワカサギは南蛮漬けに足しました。

ワカサギ、うまいです。

| | コメント (1)

« 2019年10月 | トップページ