« 大芦川2日目 | トップページ | 桂川で今年最大の27cm198g!隊長は27.5cm220g! »

2019年8月29日 (木)

道志川は雨の影響ちょっと有り、か

日時:2019年8月24日(土) 11:30~17:00
場所:山梨県道志川 道の駅、水源の森上、大指
釣果:11尾(14~19cm)

やっと更新が追いつきました。

台風10号の影響で、前回の大芦川はさすがの回復力でしたが、相模川、中津川は濁りが残っています。
道志川も、本来なら回復するはずですが、金曜日に雨が降って、多少影響が残るかな?と心配しながら出かけます。
道志がダメでもその先の笹子川なら大丈夫でしょう。

家の用事を済ませてから、出たのが10時ちょい過ぎ。
どうしようかな~、と一旦道の駅付近まで行って、渋滞がないことを確認。
北の勢堂さんは駐車場がいっぱいなので、下に戻って、車がとめやすい「にいつ商店」さんでオトリを購入。
そのまま釣りしても良かったんですが、4, 5人の釣り人が入っていたので、やっぱり道の駅へ。

まずは、下の方から。

Michinoeki01

Michinoeki02

Michinoeki03

若干アカが飛び気味ですが、水量は良い感じ。水も澄んでます。
奥の方はちょっと白いので、手前の色が濃い方を重点的に狙います。

最初は無反応でしたが、ちょっとずつ下って行き、石の頭でようやくのアタリ。
ここまで30分。サイズはそれほどでもありませんが、ようやく循環できそうです。

が、ハナカンを付けようと手に取ると、

Kikeiayu

鼻がつぶれた奇形鮎。
それでも養殖ちゃんよりはマシなので、泳いでもらいます。

立ち位置を左岸から右岸に移し、左岸ヘチのちょっと深くて緩めの流れにオトリが入ると、グルグルっとアタります。
これで何とかポイントの傾向が分かり、3つほど追加。

Ayu01_20190828235701

まずまずの型も掛かりました。

橋の上は人が入っていたので、道の駅の真ん前に移動。
ここは川遊び場になっているので、すごい数の人。
子供が多いので、トラブルを避けて写真は撮ってません。

道の駅の上の橋の上には釣り人がいましたが、この混雑の中には来なかったようで、釣り人としては独り占め。

結構なプレッシャーですが、その分鮎は残ってるのでは、という読みです。

これが当たり。
さすがに川遊びのど真ん中にオトリは入れられませんが、その上ではポンポンと掛かります。
が、やっぱり状況としては厳しくて、釣れると、その場所に子供がバシャバシャと入ってきます。
瀬の中にまで来るので、流されないかと気にしながらの釣りにもなるので、集中しきれません。親はどうしてるんだろうか?
それでも、釣っては移動、釣っては移動で、だましだまし釣ります。
オトリを引き寄せるたびに、「釣れた~!」と声がかかるのはちょっと面倒臭いですけど・・・

道の駅で釣りをしていると、CyberAyuClubのyutakaさんから電話。笹子に入っているようですが、釣り時間は短いものの、まだ、ボ。一緒に行ったニコパさんも2つだとか。
笹子も高水で厳しい状況みたいです。道志の方で正解だったかな。

さて、一通り竿を出せるところには出したので、移動します。
竿が出せずに釣り残しになってしまうポイントがいっぱいあるので、夏休みが終わって、平日に来たら、結構掛かるんじゃないでしょうか。

人が多い中、川原で派手にコケたりしましたが、ケガも道具の破損もなく、しれっと移動します。

お次は、

Suigen01

Suigen02

Suigen03

水源の森の上。
写真では澄んで見えますが、実際はちょっと白っぽく濁りが入ってます。それでも中津川よりは十分澄んでます。

川に降りてみて、あれっ?と思いました。
ちょい濁りがあるのもそうですが、アカが結構飛んでます。
上流と何が違うか、と考えると、室久保川とか櫓沢とかの支流の水が入ってきてます。
薄い濁りもそっちの影響でしょうか?濁りでアカも飛んだのかも。

見た目通り、というか、見た目で気持ちが弱くなったからか、釣れません。

Suigen04

ちょっと下の見た目良さそうなところでも無反応。
30分ちょっとで移動を決意。

大指へ。
時間的にはここが最後。

川に降りると、オトリ缶が置いてあって、ずっと下流には釣り人一人。
ですが、この流れ。

Ozasu01

Ozasu02

Ozasu03

下の方はザ・渓流。大物が潜んでそうです。
さらわれたあとかな、とも思いましたが、一応竿を出してみます。

と、5分後、釜の中でギラギラ!
良型鮎が掛かりました。
ちょっと続けてみましたが、ちょっと追いが悪そうなので、橋の上に移動。

Ozasu04

Ozasu05

Ozasu06

時間は3時半。これから時合い!
しかし、掛かりません。追われません。難しい・・・
しかも、上流からの西日が強くて、逆上げは無理。下流を向いても目に光が入ってしまい、集中しづらい状態。

キャンプ場のちょっと下まで行ってみましたが、1つ追加だけ。夕バミには当たりませんでした。

最後の最後に、さっきの渓流ポイントをもう一回探ります。

Ozasu07

Ozasu08

もうそろそろ5時なので、あがりの1尾を掛けて終わろうかな?
と、一生懸命がんばります。
そして、10分後。ようやく掛かりました。
放流したてのような、やせてザラっとした鮎でしたが、型は18cmくらい。とりあえずあがります。

Choka_20190829003201

今日も袋ダモ。
まだ受け方がぎこちない感じですが、だんだん慣れてきました。
もうちょっと使ってれば気にしなくて良いくらいになれるかな?

今年の釣果:261尾/16日/95時間 (平均16.3尾/日、2.7尾/時間)

|

« 大芦川2日目 | トップページ | 桂川で今年最大の27cm198g!隊長は27.5cm220g! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大芦川2日目 | トップページ | 桂川で今年最大の27cm198g!隊長は27.5cm220g! »