« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

今年初タラの芽

今年も暖かい日が続いてます。
まだ桜が満開になってないんですが、先週犬の散歩でちょっと山の方に行ってみたら、タラの木発見。まだ小さい芽もありましたが、採り頃のタラの芽も。桜が開花してすぐくらいです。早い。

時期を過ぎると食べづらくなるので、早いかも、と思いつつも、行ってみました。

3月30日。
わんこのしつけ教室で午後すぐに出かけなくちゃいけないので、一時間ちょっと様子見。
のつもりですが、ちょうど良かった。
まだ小さいのもありましたが、天ぷらサイズも結構ありました。
今年も季節が変ですね。

鮎大迷人さんとyutakaさんは、道志でヤマメ釣りの後、田代運動公園でキャンプだそうです。
夜は結構な雨が降ってましたが、大丈夫だったかな?
私はしつけ教室、日曜の遅いホワイトデーイベントで欠席でした。

ハカマを取ってざるに入れた写真を撮ったんですが、なぜか保存されておらず、天ぷらになった写真だけ残ってました。

Tempra

これで半分くらい。
サツマイモとカボチャ、枝豆、マイタケ、エビ、イカも揚げて、豪華な晩酌になりました。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

日本酒:セトイチ 月が綺麗ですね 純米吟醸

セトイチ 月が綺麗ですね 純米吟醸

特定名称:純米吟醸
精米歩合:55%
日本酒度:+2
酸度:1.4
アミノ酸度:1.0
原料米:山田錦
アルコール度数:15
酒蔵:瀬戸酒造店(神奈川県開成町)
製造年月:2018.09

味の分類(主観)
濃淡:濃醇-●-淡麗
香り:高い-●-低い
雑味:高い--●低い
個人的好み:--★★★(買って飲んでも良い)

年末年始用に泉橋でも買おうか、と会社帰りに海老名の丸井の酒屋さんに寄ってみると、知らないお酒を売り出していました。
セトイチ?神奈川県の酒のようですが、聞いたことがありません。
気になって手に取って見ていると、販売員の方が説明してくれました。

なんと、一度酒造りをやめて、販売だけになっていた酒蔵だった瀬戸酒造店ですが、2018年から造りを復活させたらしいんです。
どうりで知らなかったわけです。
調べてみると、1980年に造りをやめて、38年ぶり。杜氏さんもいなくなって、ほぼ0からのスタートだそう。

何銘柄か置いてありましたが、名前で決めてみました。

夏目漱石が、"I love you."を「月が綺麗ですね」と訳せ、と言ったという逸話がありますが(どうやら証拠はないみたいですが)、果たして、I love you.と言えるお酒でしょうか・・・

Photo_5

Photo_6

今風に言うと、「飲みやすい」「すーっと飲めちゃう」感じのお酒ですね。
普段日本酒を飲まない女性には良さそうです。

が、私にはちょっと物足りない。不味くはないんですが、パンチがない、というか。
若い感じで、一昔前の端麗辛口、といったお酒でした。

でも、まだ始まったばかりの酒蔵さんなので、これからどんどんと美味い酒を造って行って欲しいですね。

期待を込めて星三つです。

好みの目安
五つ星:すごく好き
四つ星:日常飲みできるくらい好き
三つ星:買って飲んでも良い
二つ星:お金を出すほどじゃないな~
一つ星:残念!
無星:保存状態が悪いなど評価に値しない状態

| | コメント (0)

日本酒:残草蓬莱 純米 しぼり立て

残草(ざるそう)蓬莱 純米 しぼり立て

特定名称:純米
精米歩合:75%
日本酒度:記載なし
酸度:記載なし
アミノ酸度:記載なし
原料米:記載なし
アルコール度数:18
酒蔵:大矢孝酒造(神奈川県愛川町)
製造年月:2018.12

味の分類(主観)
濃淡:濃醇●--淡麗
香り:高い--●低い
雑味:高い-●-低い
個人的好み:--★★★(買って飲んでも良い)

今年もしぼり立ての季節です。(すでにかなり過ぎてますが)

毎年、蓬莱のしぼり立てを楽しみにしていて、出ると買いに行きます。

今回は、わんこたちの散歩ついでに、酒蔵隣の酒屋さんへ・・・
お店の前に車が停まってるので、少しずらして駐車。
すると、車の中から、どこかで見たことがある人が。
なんと、ちょっと前に一緒に芋煮会をした、コッカーのこたろう君のパパ!
厚木からはるばる、しぼり立てを買うためだけに愛川に来たそうな。好きですね~。お互い。


さて、蓬莱しぼり立てには、特別純米の黒ラベルと純米の白ラベルがありますが、私は白ラベルの方が好み。
蓬莱を好きになったきっかけでもあります。

Photo_3

Photo_4

最近の蓬莱はすっきり目になってきて、十年以上前のコッテリが懐かしくなります。
それでも美味いんですけどね。

好みの目安
五つ星:すごく好き
四つ星:日常飲みできるくらい好き
三つ星:買って飲んでも良い
二つ星:お金を出すほどじゃないな~
一つ星:残念!
無星:保存状態が悪いなど評価に値しない状態

| | コメント (0)

日本酒:浜千鳥 特別本醸造 大漁旗ラベル

浜千鳥 特別本醸造 大漁旗ラベル

特定名称:特別本醸造
精米歩合:55%
日本酒度:記載なし
酸度:記載なし
アミノ酸度:記載なし
原料米:記載なし
アルコール度数:15
酒蔵:浜千鳥酒造(岩手県釜石市)
製造年月:2018.12

味の分類(主観)
濃淡:濃醇-●-淡麗
香り:高い--●低い
雑味:高い-●-低い
個人的好み:--★★★(買って飲んでも良い)

釜石に行くと、毎回浜千鳥をいただきます。
釜石の地酒だから、というだけではなく、美味しいから。

そんなわけでメルマガ登録をしてるんですが、頒布会をやります、というメルマガが。
毎月1種類ずつ、定期的に送ってくれて、4カ月ごとにオマケももらえて、しかもちょっとお買い得なお値段。ということで、即申し込み。
今回はラグビー応援「大漁旗ラベル」ということで、釣り人にとってはおめでたいお酒です。
一升一本のAコースと、四合二本のBコースがあるんですが、価格は一緒なので、お得感が高いAコースを選びました。
12月からスタート。

そして、到着!

Photo_1

Photo_2

大漁の文字がまぶしいですね~
蔵元直送なので、製造したての新鮮お酒です。

香りは穏やかですが、味は浜千鳥らしく、しっかりとしてます。
燗にしてみると、香りが立って、味わいもより深くなります。
頒布会頼んで良かったな~
毎月楽しみが増えました。

好みの目安
五つ星:すごく好き
四つ星:日常飲みできるくらい好き
三つ星:買って飲んでも良い
二つ星:お金を出すほどじゃないな~
一つ星:残念!
無星:保存状態が悪いなど評価に値しない状態

| | コメント (0)

日本酒:AKABU 純米酒 NEW BORN

AKABU 純米酒 NEW BORN

特定名称:純米
精米歩合:60%
日本酒度:記載なし
酸度:記載なし
アミノ酸度:記載なし
原料米:記載なし
アルコール度数:16
酒蔵:赤武酒造(岩手県大槌町~盛岡市)
製造年月:2018.11

味の分類(主観)
濃淡:濃醇●--淡麗
香り:高い-●-低い
雑味:高い-●-低い
個人的好み:-★★★★(日常飲みできるくらい好き)

こちらも神様とお母さんが買ってきてくれたお酒です。
ましだやさんのHPで、AKABUがあることを確認して、買ってもらいました。

赤武酒造さんは、もともと大槌町にあったんですが、震災で被害を受け、盛岡で復活を遂げた復活蔵です。
酒造りへの情熱を感じますね。

今回は、わんこ仲間との芋煮会に持って行きました。

Akabunew_born

Akabunew_born_1

「ガスが残存していますので」との注意書きがありますが、その通りに微炭酸です。

炭酸のおかげですっきり飲めますが、なかなかの旨味。
鍋物にもよく合います。

これからもおいしいお酒を造ってほしいですね。

好みの目安
五つ星:すごく好き
四つ星:日常飲みできるくらい好き
三つ星:買って飲んでも良い
二つ星:お金を出すほどじゃないな~
一つ星:残念!
無星:保存状態が悪いなど評価に値しない状態

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

日本酒:大那 純米吟醸 無濾過原酒 ましだやコレクション

大那 純米吟醸 無濾過原酒 ましだやコレクション

特定名称:純米吟醸
精米歩合:麹米40%、掛米50%
日本酒度:+1
酸度:1.3
アミノ酸度:1.1
原料米:麹米:吟のさと、掛米:五百万石
アルコール度数:17
酒蔵:菊の里酒造(栃木県大田原市)
製造年月:2018.11

味の分類(主観)
濃淡:濃醇-●-淡麗
香り:高い-●-低い
雑味:高い-●-低い
個人的好み:-★★★★(日常飲みできるくらい好き)

栃木県壬生町にある酒屋さん、ましだやさんが、菊の里酒造さんにお願いして造っているオリジナルのお酒だそうです。
神様が実家に帰った時に、お母さんと一緒に選んで買ってきてくれました。ありがたいです。

ましだやさんは、全国の地酒を取り揃えていて、酒蔵さんとオリジナルのお酒を開発したり、面白い酒屋さんです。

Photo 

さて、こちらのお酒。
大那らしく、さわやかでバランスの良い味。香りも穏やか。
無濾過原酒(火入れ)なので、アルコール度数がちょっと高いんですが、強さを感じさせない飲み口です。

やっぱり大那うまいですね。


好みの目安
五つ星:すごく好き
四つ星:日常飲みできるくらい好き
三つ星:買って飲んでも良い
二つ星:お金を出すほどじゃないな~
一つ星:残念!
無星:保存状態が悪いなど評価に値しない状態

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »