« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月14日 (月)

日本酒:新政 生成(エクリュ) 2017

新政 生成 2017 -Ecru-

特定名称:純米
精米歩合:麹米50%、掛米60%
日本酒度:記載なし
酸度:記載なし
アミノ酸度:記載なし
原料米:あきた酒こまち
アルコール度数:15
酒蔵:新政酒造(秋田県秋田市)
製造年月:2018.06

味の分類(主観)
濃淡:濃醇●--淡麗
香り:高い-●-低い
雑味:高い-●-低い
個人的好み:--★★★(買って飲んでも良い)

近年注目の新政酒造。そのColorsシリーズです。

秋田産の米を使って、生酛・純米にこだわり、添加物も使わないという、古くて新しい酒造りをされている酒蔵さんですね。
名前は知ってましたが、飲むのは今回が初めて。

酒蔵のこだわりで、精米歩合にかかわらず「純米酒」と称しているそうです。確かに、吟醸や大吟醸は、精米歩合以外は定義があいまいで、精米歩合だけ条件を満たしてれば、あとは名乗ったもの勝ちのような気がします(もちろん、どの酒蔵も、ちゃんと吟味して醸造したものを吟醸としてると思いますが)。
そこを、あえて「純米酒」と表記するというところにもこだわりを感じます。

2017
20171
20172

飲んだのは2018年の8月末。
忘れてきてますが、飲みたかった酒なので、頭の中にちょっと印象が残ってます。

旨いです。
生酛づくりですが、酸味はあまり感じられず、きれいな感じで、万人向けですね。
香りはおだやか。
個人的にはもうちょっとパンチがあっても良いかな、というところで、星三つ。
まだまだシリーズがたくさんあるので、いろいろ飲んでみたいですね。

好みの目安
五つ星:すごく好き
四つ星:日常飲みできるくらい好き
三つ星:買って飲んでも良い
二つ星:お金を出すほどじゃないな~
一つ星:残念!
無星:保存状態が悪いなどで評価に値しない状態

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒:姿 純米吟醸 無濾過生原酒 北しずく

姿 純米吟醸 無濾過生原酒 北しずく

特定名称:純米吟醸
精米歩合:55%
日本酒度:±0
酸度:1.7
アミノ酸度:記載なし
原料米:北しずく
アルコール度数:17.6
酒蔵:飯沼銘醸(栃木県栃木市西方町)
製造年月:2018.03

味の分類(主観)
濃淡:濃醇---淡麗
香り:高い---低い
雑味:高い---低い
個人的好み:

こちらも2018年の8月、お盆にいただきました。

またしても味は忘れてしまいました。
美味しかったと思います。

飯沼銘醸は杉並木がメインのブランドで、大芦庵でいただいたこともあります。
姿は限定醸造。以前にも飲んだことがあって、味がありおいしいお酒でした。
今回も同じ印象だったと思います。

Photo_3
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒:みむろ杉 ろまんシリーズ 純米吟醸 山田錦 火入れ

みむろ杉 ろまんシリーズ 純米吟醸 山田錦 火入れ

特定名称:純米吟醸
精米歩合:60%
日本酒度:記載なし
酸度:記載なし
アミノ酸度:記載なし
原料米:山田錦
アルコール度数:15~16
酒蔵:今西酒造(奈良県桜井市)
製造年月:2018.04

味の分類(主観)
濃淡:濃醇---淡麗
香り:高い---低い
雑味:高い---低い
個人的好み:

2018年の8月にいただきました。

Photo

Photo_2

スマホのカメラアプリのせいで、ラベルまで撮ったつもりが、画像が欠けていて撮れてませんでした。
最初から入ってたアプリなんですが、メーカーに問い合わせたらビューワーアプリのせいだ、との回答。そうじゃないから問い合わせたのに。もう別のアプリを入れたので解決しましたが・・・

さて、味の方ですが、詳細は忘れてしまいました。
でも、美味しかったと思います。奈良の酒もおいしいものが多くて、その印象は覆ってないので。

ということで、採点なしですが、記録のために残しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

初釣りはカワハギ、のはずが・・・

日時:2019年1月5日(土) 7:00~10:00!
釣り物:カワハギ
船宿:島きち丸
場所:江の島沖
釣果:2尾(20cm、27cm)

鮎釣りが終わってから、旅行ついでに1回だけハゼ釣りをしましたが、それ以外全く釣りから離れてました。

ひっさびさの釣りです。

天気はまずまず。波浪予報も数日前からチェック。波は1m程度でそれほど高くないことを確認して、予約を入れました。

すると、だんだんと予報が怪しくなり、1.5m後1mに。
とりあえず、経験上、1.5mまでは酔わないはず。大丈夫なはずです。

気合を入れて、4時半に愛川を出発。
念には念を入れて、厚木南ICから高速を使って片瀬江ノ島の島きち丸に着いたのは5時45分。
年に数回のカワハギなので、お土産を持って帰りたい。そのためには、最も確率が高い(と思っている)左舷大トモをとらなくては。

と張り切ってたのですが、釣り座を予約する用紙は真っ白。私が一番乗りでした。
さて、左舷大トモを・・・と思ったら、「今日はお客さん少ないから前の方を取ってください」とお母さん。
船長がラインを見るために前の方が良いそうです。
なんと、本日、私を含めて3人。
まあ、今シーズンのカワハギの釣果を見てると、来たいとは思いませんよね~。竿頭でもツ抜け~ずですから・・・
とりあえず、左舷胴の間を取ります。

今日はいつもと違って、一か所からいくつかの船が出るそうで、イカ釣りの出船を待ってから乗船。

Enosima

3人なので、釣り座を準備する間もなくすぐに出港。

Fuji

富士山に変な雲がかぶってますが、さすが日本一、綺麗です。

「うねりが出てるのでゆっくり行きますね~」
と船長のアナウンス。
島きち丸さんの船長はいつも丁寧で気持ち良いですね~

港を出ると、やっぱりうねりがすごい。
ときどき目の前に波の頂点が来ます。

ささっと道具を準備して、ポイント到着を待ちます。

5分ほどで到着。

ささっとエサをつけて第一投。

一応誘いを入れようとしてみますが、結構な揺れでうまくできません。
最初は底をとるのもなかなか難しい。

ですが、アタリはあって、エサは取られます。
ブルブルというトラギスのアタリかな?という感じですが、エサは取られるので、気持ちは保てます。

揺れのせいで立って釣りができないので、座っての釣り。いつもの短竿では釣りにくいので、床屋のおやじさんにもらった長い和竿に交換。

何回かエサを付け替えているうちに、気持ち悪くなってきました。
冬の沖釣りの大敵は寒さ。なので、ヒートテックのエクストラウォームの上下。腹と背中にカイロ。さらに普通のヒートテックの上下を重ね着して、Tシャツ。その上にタートルネックとトレーナー。最後にカッパです。
そして、ワークマンの防寒長靴と防水重防寒手袋。フルフルフル装備くらいで出ました。
暑くて気持ち悪い・・・
タートルネックとトレーナーを脱ぎましたが、中は汗だく。体温調整に失敗しました。ヒートテックは1枚でいいみたい。

そうこうしているうちに、隣の人が横になりました。
早くも船酔い。
予報では1.5mとなってましたが、たぶん2mはあります。

それを見たから、というわけではありませんが、私もちょっと来たみたい。
船酔いは、あれっと思ってから一分もせずに逆流が来るので、急いで仕掛けを巻き上げて横になります。
予防が肝心なのです。

横になっていると、上から船長が、「ダメ?」と確認してくれます。
「少し酔い気味だからちょっと休んでます」と答えましたが、どうも右舷のもう一人もダウンのようです。

しばらくすると回復したので、釣り再開。
何回かアタリがありますが、上がってくるのはベラとキタマクラ。
1回だけカワハギっぽいアタリがありましたが、リールを2巻きくらいしたところでバレちゃいました。

一か所目では顔を見られず。
「大丈夫ですか?」と船酔いを心配して船長が確認しに来てくれました。「大丈夫です」と答えましたが。

「ここでやってダメなら帰っても良いですから」
と、場所移動後に船長のアナウンス。
えっ!?
移動中も良い防止のために横になってましたが、それを見てかなりマズイ、と思ったんでしょう。

万全ではありませんが、吐き気はないので大丈夫。
何尾か釣らなければ、と頑張りますが、このポイントはエサも取られません。

そのうち、北風が冷たくなって、手が痛くなってきます。
脱いだトレーナーを着なおしますが、一旦冷えると今度は暖まりません。やっぱり体温調節失敗。

3か所目に移動。
とりあえず、2か所目で帰らずに良かったです。

3か所目はアタリもあり、エサも取られます。なんとなく気配がします。
うねりもちょっとだけおさまってきた感じ。

さて、これから!

というときに、船長がやってきて
「あと10分くらいやって帰りますから」

え~~~!
と思いましたが、「ちょっとかわいそうなんで」
と言われたら文句は言えません。

気合を入れます。

すぐに、カワハギっぽいアタリと引き!

が!途中まで巻き上げたところで痛恨のバラシ!
まだエサが残っているだろうという判断で、そのまま仕掛けをおろします。

これが当たりで、再度カワハギのアタリ!
今度は慎重に巻いて、ようやくゲット!ボウズは免れました。

が、時間がない。

ささっとエサをつけて、ささっとおろします。

グググっと竿が絞り込まれます!
2連発!そして、デカい!

船長がタモを用意してくれます。
「そんなに大きくないけど」
と言いますが、意外とデカい!
タモですくってくれて助かりました。
25cmくらいかな?と思いましたが、帰って測ってみると27cmありました。ヨシヨシ。

Choka

じゃな~い!

これで打ち止め。
なんと10時過ぎ。まだ半分もやってません。

10分で2つ来たところ。まだまだ出そうでしたが、仕方ありません。

帰港。

船宿でお年始のお土産をいただきました。

デカハギを含め、なんとか2つは釣れましたが、完全に不完全燃焼です。
500粒入りのエサを買ってしまったので、大量に残っちゃいました。
持って帰って冷凍庫に入れましたが、いつ神様に捨てられるか・・・
その前にもう一回カワハギに行きたいな~。ボートでも良いから。

しかし、数日前までは波も穏やかな予報だったのに・・・
今年も、嵐を呼ぶ男、健在です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »