« 那珂川支流の清流鮎 | トップページ | 大芦川の良型鮎 »

2018年9月 2日 (日)

中津川は何とか釣りになります

日時:2018年9月1日 13:00~17:00
場所:神奈川県中津川 愛川橋上下
釣果:9尾(10~18cm)

二週間ぶりの鮎釣りです。

この前の雨で、まだ相模川は濁り中。
中津川も「強い」笹濁り状態。足首くらいの水深で、やっと底が見える程度。
ダムは7トン放流なので平水。一応釣りになります。釣果情報では20くらい釣れてるみたい(釣れる人は)。
今度の台風の影響がなければ良いですね~

いつものようにゆっくりと出発。
オトリ屋さんによると、上も下もそれなりに釣れてるみたいですが、下は小さいらしい。
小さいのを相手にしてもしょうがないので、上流に行くことにしました。

馬渡橋の下も良さそうでしたが、もっと流れがあるところで、愛川橋へ。

まずは橋上の瀬へ。

Harasita01

Harasita02

画像のとおり、結構濁りが残ってます。

瀬尻の方は反応なし。
しかも、エビになってしまい、オトリが弱弱しく・・・

右岸ヘチの木の下はハミアトが結構見えたので、秘密兵器の胴締めを付けて引き泳がせ。
すると、一発!

10cmくらいでしたが、すぐ反応してくれました。
鈴子さんに胴締めを教わってから毎回練習してますが、掛かりは結構良いですね。
まだ装着に時間がかかってしまいますが、それだけの効果はあるみたい。

10cmでもちゃんと泳いでくれますが、さすがに長時間は無理。この濁りでは野鮎からも発見されにくそうなので、もう1尾の養ちゃんに登場を願います。
ついでにちょっと上流に移動。

見えるハミアトは、流れのある石にも多いので、瀬の波立ち狙い。

狙い通りに掛かってくれます。
胴締めで速いところに入れてるので結構流れに乗ってしまいますが、このこの濁りでも胴締めでしっかり沈んでくれてるようです。

ペースは遅いですが、釣れるだけ良いでしょう。

16時過ぎに橋下へ移動。
ネーダン第三波除けで竿を出します。

Nedan01

Nedan02

この名前を知ってる人も少なくなったでしょうね~。なんでネーダンというかは不明だそうです・・・

Nedan03

このアングルで撮ると結構迫力あります。

ここでもポツポツ。

川を渡るときに、へそまで浸ってしまったので、ちょっと寒くなり、早めの5時にあがりました。

今年の釣果:157尾/15日/70.5時間(平均 10.5尾/日、2.2尾/時間)

|

« 那珂川支流の清流鮎 | トップページ | 大芦川の良型鮎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125297/67123538

この記事へのトラックバック一覧です: 中津川は何とか釣りになります:

« 那珂川支流の清流鮎 | トップページ | 大芦川の良型鮎 »