« このま沢は雷様で強制終了 | トップページ | 一気に釜石へ・・・雨の甲子川 »

2018年8月 8日 (水)

最後のトヨタカップ鮎 2018

日時:2018年8月4日(土) 11:15~13:45
場所:岩手県和賀川 Cエリア 和賀新橋下
釣果:0尾

今年で5回目のトヨタカップです。
一時は存続の危機に陥りましたが、主催の岩手県トヨタ九社会をはじめ、共催、後援、協賛などなど、いろいろな会社の努力で継続できているのはありがたいことです。

金曜日の夜10時45分に愛川を出発。
今回も、江戸の新鮎組から、長塚隊長と小室さんが参加です。
三人で運転を交代しながら、途中休憩をはさみながら、朝5時半過ぎに北上江釣子に到着。
モーニングセットがあるファミレスがなくなっちゃったので、24時間営業のすき家で朝食セットをいただきます。

会場の和賀川グリーンパークに着いたのは6時半。

今回、北の新鮎組の北田さんがマスターズの東日本ブロックに出場なので、テントなし。
ですが、同じく北の新鮎組前川さんが我々よりも早く会場に到着して、駐車場を確保しておいてくれました。
今回、鈴子さんは試合には参加しないので、遅れて会場入りするそうです。

とりあえず、パチリと記念撮影。

Snap

今回はベンツで参加。もちろん私のじゃありませんが。

受け付けは9時からなので、まだまだ時間がありますが、鮎談義をしていると、あっという間です。

エリア分けはこちら。

Areamap

私はCエリアの32番。5回参加中、Cエリアは3回目です。
今年は参加者が少な目で200名。4エリアで50名ずつなので、真ん中よりちょっと後ろ。特に悪い番号じゃないですね。

今回は、北と江戸合わせて車2台なので、乗り合いからあふれ、事務局の方の車に乗せてもらって移動です。

はじめて参加した2014年は水が結構あって、まあまあ楽しい釣りができたんですが、今年は水が少ない(気がする)。
でも、これで平水だそうです。ダム放流がないので少ないのだとか。

一応、時間割では、11時半開始、14時半終了ですが、三時間ということで、オトリ配布スタートの11時開始、14時終了(検量終了)になりました。

3回目ともなると、ちょっとはポイントが分かります。釣れるところじゃなくて、川の様子だけですが。

狙いは、和賀新橋上下。
というか、ポイントとしては、ここかオトリ配布場所のちょっと上の瀬くらいしかありません。
身動きがとりやすいのは、橋上の瀬。川幅がやや広いので、釣れないときでも移動が楽です。
が、私が到着したときにはすでに満員一歩手前。私の前にいた選手も入りそうだったので、混雑を避けて、まだ空きがありそうな橋下へ。
瀬の真ん中がちょうど一人分空いていたので、入れてもらいます。

すでに始まっているので、すぐに仕掛けをセットします。

流れは良さそうですが、ちょっと濁っていて底が見えません。
オモリを付けたり、チラシにしたり、といろいろ試しますが、追いがありません。

開始15分くらいで、下にいた選手が移動。
ちょうど目の前にある右岸の釜がなんとなく良さそうに見えたので、瀬を渡って対岸へ。

瀬よりもちょっと浅いので、底石が見えます。一応、黒くなってます。
そこを中心に泳がせてみますが、こちらも追いがありません。
でも、鮎がたまりそうな場所なので、ここで我慢を決意。今年は移動してダメになるケースばっかりなので、やり方を変えてみました。

すると、水中でギラッとして、目印がスッと動きます。
掛かった!

と思いましたが、底バレ。

同じところを泳がせまくりますが、その後は追われません。
13時過ぎになると、水中でギラギラと野鮎がアカを食むのが見えますが、私のオトリには興味がないみたい。

異常なし、のまま、13時45分。帰着時間があるので、竿をたたみます。
ボウズ、でした。
仕掛けをしまうときに、天井糸がこんがらがってダメにしてしまうというトラブル付きです・・・
とりあえず、時間内に検量ができましたが、釣果ゼロでは希望も何もありません。
終了!



ですが、トヨタカップの本領はこれから。

Dishes

夜のパーティーです!

宿泊先のホテルで大浴場に入って、さっぱりしてからパーティー会場へ。

乾杯までのあいさつが長いのはご愛敬。
何回かすかしを食らった後、

Kanpai1

カンパ~イ!

Kanpai2

鈴子さんとも乾杯!

そして、パーティーで、この大会の今後について発表が。

「トヨタカップ」は今年で終了!



ですが、主催をトヨタ九社会だけでなく、共催として、「絆カップ」として存続する、と大会会長の元持社長から宣言がありました。
会場は拍手喝采!
車がもらえるトヨタカップではなくなって、ちょっと寂しさはありますが、続けてくれるのは大歓迎!事務局の決断に拍手です。

パーティーも、鮎談義をしているうちに、あっという間に時間になり、お開き。

北上・みちのく芸能まつりをちょっとだけ見て、

Odori

そして、二次会へ。

二次会は、楽しすぎて写真撮るの忘れました。
甲子川の状況とか、海釣りの話とか、釣りの話は尽きません。
が、お店のラストオーダーになって、終了。
楽しい一日でした!釣りはいまいちでしたが・・・

今年の釣果:105尾/10日/47時間(平均 10.5尾/日、2.2尾/時間)

|

« このま沢は雷様で強制終了 | トップページ | 一気に釜石へ・・・雨の甲子川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のトヨタカップ鮎 2018:

« このま沢は雷様で強制終了 | トップページ | 一気に釜石へ・・・雨の甲子川 »