« 日本酒:エピソード0 純米吟醸 生原酒 | トップページ | 最後のトヨタカップ鮎 2018 »

2018年7月22日 (日)

このま沢は雷様で強制終了

日時:2018年7月22日(土) 12:00~15:30
場所:神奈川県道志川 このま沢(大川原)
釣果:8尾(12~17cm)

釣果情報を見ても中津川は釣れてる気配がないので、やっぱりこのま沢へ。
渓流園のおじさんの話では、10も釣れれば良い方だと。
なんででしょうね?

それでも、釣り人はまあまあいます。
キャンプ場の上の道路から見ると、上流側には見えるだけで2人。大川原橋から見ると、下流側には5,6人。
ここでこんなに釣り人がいるのは久しぶり。

が、橋の上はぽっかり空いていたので、そこから入ります。

Ogawara

相変わらずきれいですが、前回よりも水はかなり減ってます。
鮎はギラギラしてるんですが、やっぱり追いが悪い。
群れで掛かりましたが、12cmの真っ白鮎。
真っ白でも群れの中で連発するかな?と思いましたが、続きません。

瀬の中を泳がせていると、何かのはずみで掛かる感じ。

それでも、1時間で5つ。

Ayu

まずまずかな、というところで昼休み。

川原にクーラーを持ち込んで、途中のセブンで買った冷たい八王子ラーメンをゆっくりといただきます。
スープは良いですが、麺のコシがない。硬めに仕上げてくれていると良かったのに。

暑いので、30分ほど休憩。
この間、橋下の瀬では誰も釣れてません。
やっぱり調子悪いんでしょうか。

昼休憩後も、一旦橋上へ。
最初は苦戦しましたが、群れ鮎の中に突っ込んで、左岸から竿を出すと、ポツポツ掛かります。

右岸の緩いところで泳がせていると、よそ見しているうちに、竿をギューンと引っ張り込まれる鋭いアタリ!
17cmくらいでしたが、こんなのも残ってるみたい。

その鮎を浅場の瀬に入れると、すぐにアタリ!

上空には木があって、瀬に入られると面倒なので、ちょっと強引に引き抜き。

する前に、竿がまっすぐに・・・

糸はフロロ0.15。
切れたのは水中糸の中間。石に擦れたんでしょうか。まだ3回目。掛かる鮎は最大でも18cmくらいなので、切れるはずはないんですが。

ここから悪循環。

ナイロン0.175に張り替えたんですが、次に来た鮎は手前でビヨ~ンと伸びてキャッチミス。
フロロとナイロンの伸びの違いを実感してしまいました。

その次は空中分解。

さらに、ゴツンとアタリがあったのに引かないので、オトリを回収してみると、ハリスがない。
ハリスを外しにくいフック(キツ過ぎて外せない)なので、捨て糸を留めてたんですが、そのせいで奥までハリスが行ってなかったみたいで、外れちゃいました。
このフック逆バリ、やっぱり使えない・・・

すぐにハナカン仕掛けを交換しますが、アタリはストップ。
時合いが終了したようです。

アタリがなくなったので、橋したの瀬へ。

ところが、入っているのは4人なんですが、微妙な位置関係で、ちょっと入りづらい。
中津なら入れる距離ですが、このま沢でこの距離では・・・

なので、最下流の急瀬へ。
急瀬とは言っても、小石底なので鮎が止まれない。
オモリ1号を付けますが、うまくいかないので、そのまま下の淵に落として泳がせます。

と、ここで、ゴロゴロ・・・

最初は遠くでなってたんですが、そのうち回数も多くなり、距離も近づいてきているような。
いそいで竿をたたんで、クーラーを持って、一旦橋の下へ。

雨はまだ降ってませんが、空はどんより。
レーダーで見てみると、道志村は結構降ってるみたい。それが近づいていて、一時間後でもまだ降り続きそうな予想。
時間はまだ4時前ですが、5時まで降られると釣りをする時間もなくなるので、今のうちに撤収。

こんな早い時間に終了するのは不本意ですが、自然にはかないません。

が!家に帰ってからレーダーを見てみると、周辺に雨がない。
道志の山で消えてしまったみたい。
待ってれば釣り出来たかもしれませんが、安全第一です。仕方がない。

今年の釣果:105尾/9日/44.5時間(平均 11.7尾/日、2.4尾/時間)

|

« 日本酒:エピソード0 純米吟醸 生原酒 | トップページ | 最後のトヨタカップ鮎 2018 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このま沢は雷様で強制終了:

« 日本酒:エピソード0 純米吟醸 生原酒 | トップページ | 最後のトヨタカップ鮎 2018 »