« 入れ食いでした! | トップページ | アジアンで良い! »

2018年4月11日 (水)

ダブルヘッダー

日時:2018年4月7日(土) 11:00~15:00
釣り物:ヤマメ
場所:山梨県道志川
釣果:4尾

先週末は桜がほぼ満開~9分咲きでした。
そろそろタラの芽かな?とも思いましたが、まだ桜が満開なので、ちょっと早そう。

1週間待ちました。

その間、暖かい日が続き、あっという間に葉桜に・・・

今か今かと週末を待ちわびて、珍しく早朝から丹沢の山へ。

到着は7時前。
前日に雨が降ったので、今回は地下足袋ではなくて長靴着用。
早速山に入ります。

ありました。タラの「木」が。

でも、芽がありません。
すでに遅すぎの感もあるのに、芽がない・・・

周囲を見回すと、山が下刈りされています。
おそらく、作業のおじさんたちがタラの芽を採っていったんでしょう。
作業をしながら採り放題。だったのかな~

9割方とられてました。端っこの藪の中まで。

残っていたのは、採るのがかわいそうな細くて小さい木に出てる芽か、伸びすぎてる芽。
あちゃ~!

と思ったのもつかの間。

ふと足元を見ると・・・ヤツが!!!

ヒルーーーー!
ヒル!ヒル!ヒル!ヒル!

足元に5,6匹。
長靴の上を這ってます!
思わずぶるぶるっと身震い!
急いで手で払い落します。

が、こんな状態ではまともに山菜採りができません。
一旦山を出て、車へ。急いで歩いたにも関わらず、その間にまたもや5,6匹が這い上ってきてました。
恐るべし!

丹沢の山はどこにでもヒルがいるので、ちょっとした登山口には登山計画書の投函箱の中に「ヒルファイター」が置いてあります。

最寄りの登山口に行くと、ありました、投函箱(函も箱も同じハコですね)。
ハコをパコっと開けると・・・ない!
誰かが持って行ったのか、在庫切れなのか。

これではヒルと戦えない。
今度はコンビニへ走り、伯方の塩を入手。
とりあえず、長靴にこすりつけてみます。

多少不安ですが、再度山へ突入!

立ち止まってキョロキョロしていてはヒルの餌食になるので、常に動きます。
山の下から上まで、速足で移動しながらタラの芽ゲット!
15分くらいで、二人分くらいをささっと採ります。それしかありませんでしたが。

最後に草むらでワラビを採取。こちらはやや大きくなりかけですが、ちょうど良い感じの育ち具合。

30分かからずに撤退です。

塩の効果は・・・
あんまりなさそう。日が当たって乾き始めてるところなら何とかヒルに取りつかれずに済みますが、落ち葉が重なったちょっと湿った場所ではすぐにウニョウニョとくっついてきます。

時期が少し遅くて暖かくなりすぎたとは言え、このヒルの量。
今年はもう丹沢での山菜採りは終了ですね。

Tarawarabi
御覧のように、タラの芽はオバケになってました・・・


さて、紆余曲折はあったものの、早朝から山菜採りに出かけてすぐに戻ってきたので、まだ時間があります。

釣りに行こう。

と思いましたが、先に述べた通り、丹沢はすでにヒルの巣窟。行けません。

なので、ヒルに侵されていない道志へ。ダブルヘッダーです。

今回は、奥道志の下流部へ。

下流は谷が深いので、斜面を降りて川へ。

降りた先には放流用の黒ホースがありました。
試しにその下の淵にエサを流すと、グイっとアタリ!流し切ったところだったので合わせきれず。
が、もう一度流すと、きれいなアタリが出て、こちらはゲット!
ヒレボロのモロ放流モノでしたが、22cmくらいのヤマメでした。

それから、流れを中心に攻めますが、ウグイとかカワムツ?とかが数尾、ヤマメは3尾追加のみでした。
1つだけヒレピンでしたが、他はヒレボロ。
まあ、良しとしましょう。

|

« 入れ食いでした! | トップページ | アジアンで良い! »

コメント

さぶさん当日はニアミスでしたね。
ヤマヒルにはク○エイトSDとかで売ってる
メンタームの「虫バイバイ」が
安くて効果があって良いですよ。
ウエダーや服に充分スプレーしておけば
取りつかれてもぽろっと落ちるか
それ以上上がってこないです。
ヤマヒルファイターと同じディートと言う成分が
含まれてますからね。
僕もしょっちゅうヤマヒルに集られますが
虫バイバイのおかげで実際に吸血されたことは
皆無です。
まあディートが含まれている虫除けならどれでも大丈夫ですよ。

投稿: yutaka | 2018年4月12日 (木) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルヘッダー:

« 入れ食いでした! | トップページ | アジアンで良い! »