« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月24日 (日)

今年の鮎釣り個人的総括

今年の総括をするのを忘れてました。

まずは、数字。

釣行日数:22日
総実釣時間:114時間
総釣果:317尾
1日あたり平均実釣時間:5.2時間
1日あたり平均釣果:14.4尾
1時間あたり平均釣果:2.78尾

最低釣果:0尾(神奈川県中津川 2回)
最高釣果:45尾(岩手県甲子川)
最大寸:22cm(岩手県甲子川)


参考 2016年
釣行日数:26日
総実釣時間:121.5時間
総釣果:206尾
1日あたり平均実釣時間:4.7時間
1日あたり平均釣果:7.9尾
1時間あたり平均釣果:1.70尾


今年は台風の影響で、お盆過ぎにずっと釣りができず、あまり釣りができなかった去年よりもさらに釣りに行けませんでした。

河川別にまとめると、

1.中津川  8日 29尾(平均3.6尾)
2.中道志川 5日 74尾(平均14.8尾)
3.甲子川  5日 111尾(平均22.2尾)
4.桂川   3日 39尾(平均13.0尾)
5.大芦川  2日 61尾(平均30.5尾)
6.和賀川  1日 2尾(平均2尾)
7.小鮎川  1日 1尾(平均1尾)

7河川に行きました。
ホームの中津川は8日間行きましたが、なんと、平均で4尾弱。最高でも10尾という貧果。全然ダメでしたね~。
大芦川は良い釣りができましたが、解禁なのでこんなものかと。もっと釣ってる人も多かったですね。
甲子川は、釣りもさることながら、アフターフィッシングが楽しくておいしかったです。
桂川は大渇水で、思ったよりも数は出ませんでしたが、安定してます。
安定性でいうと、中道志がまあまあでした。来年は、中津の状況を見ながら、中道志を第二のホームにするかも。
今年も酒匂には行けませんでした。相性が悪いんですね。

大会は3つ。
マスターズは中津川で。ホームですが順当にボウズ。もちろん予選落ち。
次はトヨタカップ。今年は2つで撃沈でした。
ジャパンカップは予選に参加もできず、書類選考で落とされました。
最後はCyberAyuカップ。中津川で開催。間違って酒匂川に行ってしまうという失態を演じながら、10尾で2位!これが納竿になりましたが、有終の美を飾れました。

今年は、解禁してからず~~~~っと雨が降らない空梅雨で、お盆になってこれから、というところから大雨尽くし。
中津川は宮ケ瀬ダムの変な水量調整のおかげで、雨が降らない梅雨の間は7トンくらい放流され、台風で宮ケ瀬湖が白濁りのときには2トンという極細流れに。ちなみに、いまだに濁りはとれてません。
魚にとっては、たまったものではない一年になったでしょう。

来年はちゃんとした天気のもと、ちゃんとした川でちゃんとした鮎が釣りたいですね~。
もちろん、楽しく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

ハゼはどこへ?

日時:2017年12月17日(日) 13:30~16:00
釣り物:ハゼ
場所:神奈川県不動川、相模川
釣果:1尾

天気が良いので、わんこたちの散歩の後、ちょっとだけハゼ釣りへ。

昼前に出たので、ジャリメのハーフパックを買って、まずは二宮と小田原の境の中村川へ。
なぜ中村川かというと、グーグルマップでハゼがいそうな川を探してて、なんとなくいそうかな?と思ったから。
釣れるかどうかは知りません。

一時間半後、中村川に到着。
コンビニで昼飯を買って、ついでに川をのぞいてみます。
が、いそうな気配がない。コイがいっぱいで、ハゼの居心地も悪そうな感じ。

川に降りられそうなところは立ち入り禁止になっていて、探るのもできません。
なので、すぐに移動。

次は、大磯港。
西湘バイパスですいすいーっと。
ですが、港に着いてみると、何やら人がいっぱい。
漁港の中にお店が出ていて、釣りができそうもない。
ここもダメか~。
(後で調べてみたら、さかなの朝市っていう毎月第三日曜日にやってる朝市にあたってしまったみたいです。調べておけばよかった)

また二宮方面に戻ろうかな?と西湘バイパスを後戻り。
悩んで、バイパスを降りてすぐの不動川へ。
ここは、魚類調査でハゼがいた、というのを見たので、いるはず。
もう落ちハゼの季節なので、河口に行ってみます。
でも、ここも魚の気配なし。

一応、海まで出て、対岸から竿を出してみようかな。
と、海にそそぐ10m上流の幅2mのながれをジャンプ!
みごと、着地。いや、着水・・・オヤジになりましたな~

対岸に渡ってみたところで、魚の気配がないのには変わりありません。
30mくらい探って、移動決定。
帰りは潔く、靴を脱いで渡りました。

どうしようかな~

時間はすでに2時を過ぎています。
一番確率の高い相模川へ。

着いたのは須賀港。

いつもファミリーフィッシングでにぎわうんですが、なぜか人がほとんどいない。
風が強いからかな?

潮がだいぶ満ちてきているので、6.3mの竿でやってみます。
水深5mくらい。

1投目。

目印に変化がありません。
なので、ずりずり、っと引いてくると、ゴリゴリっという変な感触が。
3回目くらいで合わせると、やせたハゼでした。

アタリが微妙すぎるので、後が続かないかも、と思いながらやってみると、やっぱり続かない。

港の入り口くらいまでやりますが、アタリもなく、こんどは相模川に出てやってみます。

テトラの奥。

1回だけ手元に魚信が伝わりましたが、風が強くて、波も結構あり、目印も浮いたり沈んだり。目では釣れそうもないので、感触で釣ろうとしても、仕掛けを引っ張ってくると、今度は根掛り連発。
カキとかフジツボみたいなのがテトラとか根についていて、それが引っ掛かります。
5本ほどハリをロスト。
手がかじかんできて、アタリもわからないし、仕掛けもどんどんなくなっていくので、気力をくじかれました。

がまんできずに、終了。

この時期、ハゼの絶対数は少なくなってるかもしれないんですが、こんなに少ないとは。
ハゼはどこに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

山中湖ワカサギバスツアーに自車で参加

日時:2017年12月10日(日) 8:00~13:00
釣り物:ワカサギ
船宿:しゅうすいや
場所:山梨県山中湖 旭日丘沖
釣果:75尾

神様が病気治療で手術のため、4日に入院、9日に退院でした。

神様入院中は、撮りためていた釣り番組のビデオを見放題。
時期なのでワカサギの番組がいくつかあって、そろそろ行きたいな~、なんて思ってました。

9日の退院日。
神様を迎えに出発する直前、大芦川の仙人さんこと関谷さんから電話。
「明日、山中湖にワカサギのバスツアーで行くんだけど、欠員が出たから来ない?」
なんとタイムリー!
ですが、神様が退院した次の日、家を空けて釣りには行けないな~。
ということで、お断りしました。

病院に迎えに行き、帰りに退院祝いでうなぎ屋さんへ。
うな重を食べながら、さっきの話をすると、「行ってきなよ」

え?退院翌日だけど・・・

「家にいてもやることないんだから、行って来たら」

ということで、その場で仙人さんに電話。「まだ空いてますか?」「大丈夫だよ」

ということで、急きょ参戦決定。

予備の仕掛けと、エサの赤虫とラビットなどを買いに行って、早めに就寝。

4時に目覚ましをセット。
起床は4時10分。万が一の二度寝防止で仕掛けておいたベルで起きました・・・
危なかった。

4時45分に出発。
まだ暗いうちに着いちゃいました。

しばし待って・・・

7時ちょい過ぎに一行が到着。
すぐに乗船です。

Ride01

Ride02

富士山くっきり。良い天気です。

Mtfuji

しばらくしてポイントに到着。
前後のアンカーを下して、釣り開始。

私はいつも1~2gくらいの軽いオモリを使うのですが、今回は10gとのこと。
ビデオでもやってましたが、最近は重いオモリを使うのがトレンドだそうで、私にとってはデカオモリの2.5号を取り出して、セット。

最初はいつも使う穂先を付けましたが、バランスが悪く、竹の穂先に変更。

Reel

リールはハピソンの電動です。いわゆる大手メーカーの電動の半額くらいですが、手持ちでも使いやすいし、パワーもあって気に入ってます。
スプールの回転が感覚と逆なんですが、慣れれば問題なし。

ちなみに、右奥にある三角のものは、百均のおにぎりケース。エサケースに使ってます。ラビットはうさぎさんマークのケースに入ってます。
リールが乗ってる青いのは、こちらも百均グッズで作った自作の竿置き。120円くらいで作れました。木製なので、落ちても回収可能です。

釣りの方ですが、朝のうちは入れ食いもあり、まあまあのペースでした。
いつもとオモリが違うので、最初はアタリをとるのが難しい感じがしましたが、問題なし。
そのまま釣り続ければ、200くらいは行きそうかな、と思ってましたが、長~い中だるみ。
50から先が伸びません。

Dome01
Dome02

皆さんも苦戦中です。

午後になって、ようやくポツポツと掛かるようになりました。
ほかの人はサシとかラビットを使ってるみたいですが、私だけ赤虫も使用。おかげでアタリが多いみたい。
隣のさっちゃんと拓兄のハリにも付けてみたら、結構掛かりました。エサの違いも釣果にかなり影響するんですね~。

とやってるうちに、船の揺れも大きくなってきました。
スワンの通過のせいと思ってたら、強風のようで、1時を過ぎたところで、「風が強くて危険なので戻ります」との船長のアナウンス。

これから、というときに残念ですが、早上がり。
数えてみたら75尾。100にも到達しませんでした。

ツアー参加の皆さんは、バスでお帰りです。

Bus

私は、日釣り券の温泉割引で、石割の湯に入って帰りました。
紅富士の湯も景色が綺麗で良いんですが、最近はテレビとかで紹介されて、いつでもいっぱいなので・・・

帰って、定番の天ぷらです。

Choka_2
75尾は手のひらサイズ。ちょっと寂しい感じもしますが

Tempura

かぼちゃとさつまいも、レンコンも一緒に天ぷらにしました。

ワカサギの天ぷらも良いですな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

旅行ついでに南伊豆でハゼ釣り

日時:2017年12月2日(土) 13:30~17:00

釣り物:ハゼ
場所:静岡県青野川
釣果:2人で23尾

お手軽一泊旅行。神様と2わんこと一緒に伊豆へ。

泊まるのは伊東ですが、南伊豆の青野川でハゼ釣り。

道中、いろいろ散歩などしながら、南伊豆には昼過ぎに到着。

湊の船留りからスタート。

したのですが、魚の気配がしません。
奥、手前、船と船の間、いろいろ探りますが、外道の反応もほとんどなし。
大潮の干潮の時間帯のせいなのか?むなしい時間が流れます。

結局、1つだけ。
神様にもかすかなアタリが1回あっただけみたいで、弓ヶ浜大橋まで車移動です。

もちろんこちらも干潮のため、いつもよりもかなり水が少ない。
とりあえず、魚は見えるんですが、小さくてハリに掛からない状況です。
気配がないよりはずいぶんマシですが、釣れなければどうしようもありません。
ここでも1つだけ。

サビキ仕掛けも持ってきているので、海釣りでもやるか、と思いましたが、風が強くて釣りにくいのと、場所を選んでいるうちに時間がたってしまいそうなので、ハゼで川を変えることに。

下田に移動して、大賀茂川へ。

青野川では、ほかに釣りをしてる人があまりいなかったんですが、こっちではおじさんたちがいっぱい。

ボードウォークでやってみると、1投目からアタリが。
そんなにデカいハゼじゃないですが、さっそくゲット!

同じ場所で数尾追加し、釣れ続けるか?と期待しましたが、そのとたんにアタリが止まります。そんなもんです。

しばらくアタリがないので、歩いて移動。
すると、またアタリが。
の繰り返し。

思ったよりも数が伸びませんが、途中までは2尾だけ、を覚悟してたので、まずまずかな。

日が傾き、そろそろやめようかな、と思っていると、先にあがっていた神様がやってきて、「あっちの橋の方はダメなの?」と。
実は、少し前に橋の下まで行って、何投かして反応がなかったので、釣れないと判断して見切ったポイントでした。
が、「釣れそうだよ」という神様の勘に従って、ちょっとだけやってみました。

ん?
反応あり。

何回かエサを打ち込んでみると、ググっという魚信。
釣れました。
釣り勘は神様にかないません。

釣れたのを見た神様も、「ちょっとやってみようかな」
と、いうので、しまった竿と仕掛けを再び出して、釣り再開。

私は何尾か釣れますが、神様にはあまりアタリがないみたい。
これまで、神様はオキアミがメインでやってましたが、意を決して、ジャリメに変更。
最初は気持ち悪がって、私がエサをつけてましたが、それで釣れると、自分でエサ付けをするように。
釣りってすごいですね。私も、釣り以外でジャリメを見かけたらつかめないかも。

薄暗くなってから橋のそばで釣りはじめ、街灯がつくまで、30分弱くらいで、それぞれ5,6尾釣りあげて、終了。
神様はほとんどアワセてないんですが、釣れるんです。なぜでしょう??

とりあえず、酒の肴は確保。天ぷらでおいしくいただきました。

それにしても、青野川は今年は魚が少ない、と新鮎組のN隊長から聞いてましたが、これほどとは。
厳しいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »