« 遅ればせながらトヨタカップ1日目 | トップページ | 甲子川 悪いながらもまずまず »

2017年8月15日 (火)

トヨタカップ2日目、じゃなくて甲子川

日時:2017年8月6日(日) 10:00~17:00
場所:岩手県甲子川
釣果:12尾(17~21cm)

トヨタカップ2日目。
予選敗退者は、敗者復活戦にまわります。受け付けは5時。朝の釣れない時間帯の2時間を頑張るのです。

話は前日の夕方、ホテルの大浴場に戻ります。

N隊長「久々の準決勝だよ~。明日は敗者復活頑張ってね」
仙台のMさん「明日は朝から甲子川に行こうかなと思ってますよ」
私「じゃあ、私も」

Mさんは仙台から車で来てるので、別行動が可能。
で、甲子をやろうというので、私も乗っけてもらうことにしました。
ほんとは、同じ関東組のN隊長を応援しなきゃいけないんですが・・・

決勝に残って商品ゲットできる期待値と、甲子川に行って最高の鮎を釣る期待値を数学的に比較すると、圧倒的に甲子の勝ち。
N隊長には申し訳ないですが、Mさんと甲子に直行することにしました。

朝、N隊長の車からMさんの車へ、荷物を詰め替えて、出発!

鈴子さんの話では、前回よりも状況は厳しくなっていて、ツ抜けがやっとくらいだとか。それでも、甲子の期待値は高いんですよね~

朝は北上のすき家で食べて、二時間弱で釜石に到着。

鈴子さんたちがオトリを確保してくれていて、鈴子さん宅の池からオトリを2尾ずついただきます。

釣り場は・・・

下流部はあまり良くないということなので、上流を目指します。

Kassi01

Kassi02

Kassi03

カメラのISO感度を室内撮影用の3200にしたままなので、画質が悪いです。

前回来た時よりも、川がちょっと茶色気味。状況が悪くなってるのが分かります。

まずは、入れ掛かりポイントからやってみます。

手前、真ん中、奥、下、上、と探りますが、反応なし。
鮎はいるんですが、追ってくれません。

1時間くらいやりましたが、釣れる気がしません。
状況を聞こうと、上にいるMさんのところに行くと、「移動しましょうか?」と、Mさんもいまいちの様子。それでも2つ掛けてたみたいですが。

さらに上流を探ってみることに。

鈴子さんたちの情報をもとに、どの辺が良いかな~、と30分くらいウロウロ。

Mさんが気になってたポイントで、30分くらいでダメ
ならすぐ移動しよう、ということで、やってみます。

Kassi04

Kassi05

良いポイントです。
平水だったらヨダレものです。

どれくらい鮎がいるものか、動画も撮ってみました。



もういっちょ。



ワクワクしますね~。

釣れませんでしたけど・・・

そうです。魚はいるけど、釣れないんです。
1時くらいまでやって、午前中は見事にボウズ。まずい。トヨタカップを振って甲子に来たのに、一日ボウズか!?

昼休憩で話を聞くと、Mさんは下の方で4つ掛けたとか。
短時間でさすがです。
もしかしたら、下の方が鮎の活性が良いのかな?

ということで、自分の腕は棚に上げて、午後はMさんのアドバイス通り、下の流れ、瀬の棚の中を探る作戦です。

ちなみに、昼休み前に、トヨタカップの準決勝を戦うN隊長にメールをしてみると、込み6尾。ダメかも、というメールが返ってきました。
その後、返信なく、もしかしたら決勝に残って試合中かも。夜の焼き肉はおごりかな~、なんて話をMさんとしてました。さて、どうでしょうか。

Kassi06

Kassi07

甲子川の方は、というと、ポツポツですが、釣れました。
どんどん下って、500mくらい移動しての釣果ですが、12尾。正味3時間くらいなので、まずまずでしょう。しかも、甲子の中でもさらに上質の美アユ。
最後は深い落ち込みで良型を連発して、楽しめました。

Ayu01

鈴子さんのキッチンで、良型鮎だけ写真を撮ってみました。
キッチン用洗剤は、高さ18.6cm。キュキュット引き締まった良鮎です。

我々が鈴子さん家に到着後、すぐにN隊長も和賀川から戻ってきました。
決勝に残ったみたいです。
結果は・・・

Medal

メダルがまぶしい!11尾で、惜しくも第8位でした。
今年は商品が良かったみたいですね。N隊長は9位か10位の自転車の方が良かったと残念がってましたが、私は何ももらえてません・・・(いや、ハリをいただいてました。ありがとうございます)

さて、夜は、釜石のメインイベントとも言える、恒例の・・・

Yakiniku01

焼き肉です。
毎度食べて、毎度写真撮ってますが、毎度ほれぼれする眺めですね~

Yakiniku02

真ん中のレバーは、焼くと・・・

Yakiniku03

膨らみます。
写真じゃ分かりませんが。毎度のことですが、不思議です。

焼き肉の後は、鈴子家に戻り、飲み直し。

Sioyaki

今日の昼頃に、釜石の食品メーカーにテレビ朝日の取材が入ったようで、北の新鮎組のMさんと鈴子さんがそのお手伝い。
メーカー(元料亭)の方が、甲子川の鮎の塩焼きをして、それを持って帰ってきてくれてました。
見事な焼き方。ちょっと焦げているのは、テレビ用においしく見せるテクニックのようで、焦げてるんじゃなくて、焦がしてるそうです。

そしてそして、この後出てきたのは、

Champion01

伝説の優勝カップです。
これは最初の年のものらしいです。作りがしっかりしていて、どっしりとした重み。あらためてすごさを感じます。

そして、

Champion02

最強ののんべえ釣り師!

感激です!

今年の釣果:258尾/17日/91時間 (平均15.2尾/日、2.8尾/時間)

|

« 遅ればせながらトヨタカップ1日目 | トップページ | 甲子川 悪いながらもまずまず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125297/65667477

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタカップ2日目、じゃなくて甲子川:

« 遅ればせながらトヨタカップ1日目 | トップページ | 甲子川 悪いながらもまずまず »