« カツラで溜飲が下がる | トップページ | フライング甲子川 »

2017年7月 9日 (日)

道志は道志でも中道志

日時:2017年7月8日(土) 12:30~18:00
場所:神奈川県中道志川 このま沢
釣果:20尾(13~17cm)

中津川が釣れません。
釣り人もいません。
年券は買ってます。
でも相模川は行きたくありません。

なので、このま沢。

朝から出かけるつもりでしたが、神様が冷やし中華を作るというので、ゆっくりと食べてから出発。


いつも通り、午後様となりました。

去年だか一昨年までは、大河原の川原に車で入れたんですが、、今年はシャットアウト。ダムの管理のため、と、入れなくなってます。
橋の手前は、警察のバリケードで、路駐も不可。友釣り専用くの看板が出てますが、釣りがしにくくなりました。
川原利用のマナーが悪くて締め出したんだと思いますが、釣り人まで締め出されるとは。

というわけで、釣り場には、私を含めて4人だけ。漁協は釣りさせる気があるんでしょうか?

Konomasawa

道志の水なので、かなりきれいです。
平水の半分くらいですが。

大河原橋の上をやろうと思いましたが、川遊びの親子が瀬でばちゃばちゃやってたので、このま沢の瀬まで行きました。
水が増えてくれないと、川遊びが前面に入っちゃうので、釣りづらいですね。

このま沢は、川の感じが以前とちょっと変わってました。
左岸側の川原が、川から一段高くして均されていて、川自体が狭くなってます。
中津といい、このま沢といい、この川の作り方は何なんでしょう?
釣りのために川を作るというより、川をいじるために川をいじってる、って感じ。
大雨で増水したら、崩れて川に砂が入ること必至です。

それでも、川はきれいです。
とりあえず、この瀬からやってみます。

オトリを入れてすぐ。
水中でキラッと光って、目印が飛びます。

そして、連発。

素直な鮎だな~

なんて思いましたが、次はハヤ。

そこでアタリが止まりました。

その後はポツポツで、人が少ないわりに、あんまり追いが良くないという印象。

上の平瀬に移動したら、一発でアタりましたが、竿を絞ったら、プッツン・・・

切れたのは、0.25の付け糸。ボロボロでした。
そういえば、結構石にこすれてました。
渇水のときには、石のこすれにも注意ですね。

予備の付け糸とハナカンハリスを付け直して、再開です。

上に人がいるので、その上に。

チャラでやってみます。

水が少なすぎて釣りづらいんですが、何匹か追加。
下流からの風が吹いていて、チビ鮎のキャッチミスもやらかしました。
風のせい、とは言いません。小さすぎてびっくりして受ける気持ちが弱かった、とは言いません。修行不足です。

なんてことをやってると、下で釣ってたおじさんがやってきました。「朝からやって6つだよ。水が少なすぎて難しいね~」なんて話しているうちに、3つくらい掛かります。
時間は2時半過ぎ。そろそろ追い出す時間ですね。

その後、淵、下のザラ瀬、とやりますが、パッとしないので、大河原の下の瀬に。

時間的にここが最後。

あっちこっち探って、2,3尾ずつ釣っていきます。

と、石の脇で、チュチューン!という今日一のアタリ!

むむっと引き抜くと、20cmがらみの良型。

ハヤ。ウグイ。オゲ。イダ。アイソ。変幻自在の名前を持つ奴でした。
本日、ドンブリ1回、空中分解数回、キャッチミス1回、ハヤ数尾。
なかなか多彩な一日です。

それから、下のぶっつけまで探りましたが、時間も遅くなりました。
〆の1尾を釣ってあがろう、と、ちょっと深めの瀬にオトリを入れて、狙い通りに釣って終了。
数えたら、ちょうど20尾でした。

Choka

人が少なくて、見た目も良かったので、もっと釣れるかと思いましたが、私としては、こんなものでしょう。

今年の釣果:138尾/10日/54時間 (平均13.8尾/日、2.6尾/時間)

|

« カツラで溜飲が下がる | トップページ | フライング甲子川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125297/65510409

この記事へのトラックバック一覧です: 道志は道志でも中道志:

« カツラで溜飲が下がる | トップページ | フライング甲子川 »