« フライング甲子川 | トップページ | 甲子鮎最終日 »

2017年7月28日 (金)

甲子2日目

日時:2017年7月16日(日) 8:00~17:00
場所:岩手県甲子川
釣果:28尾(15~22cm)

PCが壊れました。画面が真っ暗。バックライトも点灯しません。
いろいろ動いてそうで、ネットで調べてみると、グラフィック関係が弱い機種のようです。HDDは無事だと思うんですが・・・
一応、写真は外付けのHDDに保存してあるのでセーフ。ただいま神様のPCで書いてます。


甲子2日目です。
昨日の夜は、所々記憶が抜けていますが、楽しい夜でした。

朝はいつものように、まるまつで。おまけでおにぎり1個か豆乳が付きます。
朝定食で、おにぎり定食があって、おにぎりが2個。おまけの1個を追加すると、朝と昼の分が賄えます。しかも、激安。
ということで、江戸の新選組とKさん、みんなおにぎり定食+おにぎり。
お持ち帰りのパックまでもらえて、至れり尽くせりです。毎回これだな。

昨日の川の様子から、下は方は良いけど石がちょっと曇ってる、というこで、ぐるっと川を見て、色が良いところにしました。


右岸に車を停めて川へ。人はほとんどいません。
N隊長とKさんは上、私は下へ。200mほど下ります。
右岸から湧き水が出ていて、水も石も澄んでます。
釣れそう!

ですが、反応はいまいち。
掛かってもチビか底バレ。

う~ん。とうなっているうちに、今日も来ました。
うーん。が。
川に入ってから一時間ちょっと。
急いで車に戻り、コンビニ直行!

ギリギリセーフでしたが、汗かきました。

釣り場に戻ると、N隊長が、「移動しようか?」と聞いてくれたので、素直に「はい」
N隊長はすでにツ抜けしてる感じでしたが、お言葉に甘えました。

上流部。橋を境に上はきれい、下は曇り気味、という感じ。

上の方でも、堰堤までは型が良いので、ここに決定。

Kassi01

Kassi02

湧き水があるので、渇水でも水は冷たくて、アカ腐れもほとんどありません。
N隊長とKさんは上、私は下。

川に入る前に、対岸の道路から見ると、木の下の色が良い!そこを目指します。

Kassi03

Kassi04

Kassi05

まずは、右岸で木下先生にお願いです。
竿抜けかな~?

と思いましたが、意外とシビア。
小さいのが2つと空中分解のみ。1つ12cmクラスが来ましたが、これは放流。

木下先生にふられてしまったので、さらに下へ。

何人か竿を出してますが、瀬が空いていたので、オトリを入れてみます。
石の色は、木の下を境に、上はきれいで下はちょっとくすんでます。
でも、鮎がいないことはないはず。

案の定、来ました!
しかも、良型!
ガツーンとアタって、ギューギューンと引きます。
最高!

デカ鮎をオトリに瀬を探ると、今日一のアタリ!
石の頭でアタって、一気に下の段に目印が飛びました。

アタリはすごかったものの、その後の引きはそれほどでもなく、抜けそうです。
エイッと魚を飛ばしてみると・・・何!?尺だ!
デカオトリに尺。もちろん、手前で落ちます。
が、渇水なので、落ちたのは岸。
近づいてみると・・・
飛んできたときに感じましたが、やはり・・・

オゲゲ~!
ウグイです。唇がアンジェリーナ・ジョリー。でも、セクシーじゃありません。
オトリはヘロヘロ。ヌヌー!という感じですが、岸でオゲが死んでるのに出くわすと嫌な気持ちになるので、放置せずに、川に帰ってもらいました。

気を取り直して、オトリを交換。再び瀬を攻めます。

ゴツン。

アタリがありましたが、目印が動かない。
あれ?
竿をゆっくり絞ると、重い。
石を掛けてしまった・・・

と思いました。

回収しようとさらに竿を絞ると、

ギューン!
ひえー!掛かってた!
さっきのオゲよりパワーがある!
10mほど引っ張られました。
引き抜きますが、地面ギリギリで飛んできます。
タモが河原の石に当たります。
キャッチできませんでしたが、岸だったので、無事回収。
デカ!
後で測ってみたら22cmでした。新選組の今季タイ記録。幅があるので24cmくらいに見えます。

関東よりも遅く遡って、関東よりも早く育つ。東北の鮎は元気です。

デカ鮎は出ましたが、石色があまり良くなくて、釣り返しがききません。
ちょっとずつ下って、橋の下まで行きました。

が、下るほどに石色が悪くなって、それに比例して掛かりません。
だいぶ時間を無駄にしちゃいました。

午前中10尾くらい。昨日の三分の一です。

N隊長は好調で、20超えのようです。いつものように、初日は私、二日目はN隊長、のパターンです。

昼食後、上流側は釣れそうなので、移動せずに、ここで釣ります。

Kassi07

Kassi08

午後も、最初は不調。
ガンガンを狙うつもりでしたが、先行者あり。

さらに上に行って、堰堤下へ。

鮎はいっぱい見えますが、掛かりません。
今日はやっとツ抜けくらいか・・・

と思いましたが、今日も高校生がやってきます。
今回は、男子高生。
堰堤下のたまりでバチャバチャ泳ぎ始めます。

これは・・・

大歓迎パターンです。
どん詰まりで騒いでくれると、逃げられる方に鮎が逃げてきて、掛かります。

おかげで持ち直しました。

連発もあって、短時間で数が出ます。

が、下で釣ってたおじさんが、なぜか、私の直上、竿のすぐ上を対岸に渡っていきました。
対岸に車を停めたたようですが、私が上にも下にもオトリを入れてたのを見てたはずなのに、わざわざそこを渡るとは・・・
渇水なので、自分で釣ってたところも楽々渡れたのに。

文句言おうと思いましたが、嫌な気分になるのでぐっとこらえました。
たぶんそのお仲間のおじさんが、一声かけて私の釣ってる範囲の下を渡ってくれたので、何とかおさまりました。

そんなこともありながら、午後の終盤になんとか持ち直し、一日やって28尾。
厳しい甲子で、この数は満足。いや、大満足です。

Ayu01

これは最大の鮎じゃないですが、こんなのが竿を絞ってくれました。

Choka01

見た目のボリューム感は満点です。

さて、夕方5時にあがって、鈴子さん家でシャワーを浴びさせてもらい、その後のお楽しみは・・・

Yakiniku01

釜石名物?焼肉です。

Yakiniku02

毎度毎度、最高のお肉です。
大ジョッキで乾杯!

Yakiniku03

ふくらむレバー。

Yakiniku04

せせりもうまい。

Yakiniku05

これは、ロースです。カルビじゃありません。

Yakiniku06

こっちがカルビ。たぶん。

サシがすごい。でもしつこくない。
お店のママの話では、肉ではあまり儲けが出ないみたい。さすがにそうでしょう。
うまい肉を食べてもらって、酒を飲んでもらって、何とか、というところ。
じゃあ、飲みましょう!

Yakiniku07

これは何だったか?ハラミかな?

Yakiniku08

これはセセリ。

釜石はこれですね!

焼肉のあとは、鈴子さん家で続き。
焼肉屋さんで、お友達のSさんとそのお友達と一緒になり、また鈴子さん家で合流。猫ちゃんたちを堪能してました。

楽しい時間は早く過ぎるもので、N隊長は先に就寝。
我々も遅れて眠りに就きました。

毎日楽しいですね~

今年の釣果:211尾/12日/69時間 (平均17.6尾/日、3.1尾/時間)

|

« フライング甲子川 | トップページ | 甲子鮎最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125297/65592208

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子2日目:

« フライング甲子川 | トップページ | 甲子鮎最終日 »