« 芭蕉の里くろばね鮎釣り大会 | トップページ | TOYOTA CUP 準決勝 »

2016年8月18日 (木)

2016 TOYOTA CUP 鮎トーナメント

日時:2016年8月6日(土) 11:00~14:00
場所:岩手県和賀川 Cブロック
釣果:4尾(オトリ込み6尾)

やっと8月の釣りをアップ。

恒例のトヨタカップです。

金曜の夜10時に江戸の新鮎組長塚隊長宅を出発。
今回は、Kさんと長塚さんの奥様は仕事のため不参加。残念ですが、二人で岩手に向かいます。

行きは気が張ってるので、交代しながらの運転で、ちょっとの仮眠で十分。
一応、到着前に北上金ヶ崎PAで2時間ほど仮眠。

いつもモーニングを食べるファミレスがなくなってしまったので、コンビニ弁当を買って会場へ。
今年は北の新鮎組からの参加メンバーが少ないみたいで、まだテントが張ってありません。とりあえず、テントを張る場所だけ確保して、朝食タイム。
受付までは、あと3時間ほど。

続々と参加者が集まってきて、江戸の新鮎組の仙台の松本さん、北の新鮎組の前川さんも到着。
そして、鈴子さん夫妻もやってきました。
二度の優勝を飾った北田さんは、仕事のため遅れて参加だそうです。

10時過ぎに受付開始。
組み分け抽選は、Cブロックの53番。だったかな。
仲間内で同じブロックの人がいなかったので、事務局の車に乗せてもらって釣り場へ移動。

釣り場に着いたら、番号順にオトリ配布。
配布後すぐに競技開始で、3時間。この大会は、検量所への帰着までなので、気を付けなければいけません。

毎度のことですが、この大会でしか来ないので、ポイントはわかりません。
が、よく見渡してみると、このエリアは、最初に参加した一昨年と同じエリアでした。
そのときは予選通過はなりませんでしたが、下流の橋の上で前半まずまず釣れたので、同じポイントへ向かいます。

ところが、着いてみると、流れが全く違う。
今年は全国的に渇水で、一昨年瀬だったところが、チャラ瀬になってます。
と、ここで気づいたんですが、去年敗者復活戦でやってきたポイントもここでした。去年も一昨年と流れが変わっていてわかりませんでしたが、やっとつながりました。
ということで、三年連続で同じ場所で釣ることになりました。

去年と一昨年は左岸から竿を出したんですが、今回は左岸側には人が並んでいて、右岸からスタート。
右岸で大きいツボになっているところに、下流からオトリを泳がせていきます。

すると、開始数分で、くるくると回るアタリが。
頭掛かりでしたが、幸先良いです。
これは、このツボで入れ掛かりかな?と期待します。
が、掛かった鮎が頭掛かりのせいか、スタミナがない。
すぐに養殖にバトンタッチ。

ツボでしばらく粘りましたが、鮎は見えるものの追いがなさそうなので、橋の下へ移動。
瀬の頭の石の裏、ちょっと深くなっているところにオトリを入れると、一発で来ました!
これで2つ。
後で聞いたんですが、Cブロックのトップ通過は、17尾。この下の岩盤にいた方だったみたいです。あと20m下っていれば、私も何匹か釣れたかも?というのは言い訳です。

ここでも後が続かないので、検量所下のトロに移動。
開始前に、トロが釣れるかも、という長塚さんのアドバイスがあったので、やってみることにしました。

まずは、左岸から。
テトラの際に立って泳がせてみますが、掛かりません。
目の前は背が立たない深トロ。戻りを考えると、右岸に戻っておきたいところ。
でも、背が立つ下の場所までは結構距離がある。暑さもあって、そこまで行くのは面倒。ざぶざぶっと横移動して、泳ぎ渡りました。
体力使いましたが、時間は短縮できたかな。

最後は、検量所前。
瀬には2,3人入っていて、隙間がないので、その下のトロへ。
ここも何人かいて、間には入れないので、一番下に陣取りました。
これが良かったのか、終了20分前に2匹連荘。
込み6で終了しました。

帰りの車の中で、ボーダーは6,7尾かな?というコメント。通過できれば良いですが・・・ドキドキです。

本部に戻ると、後から参加の北田さんは、余裕の12尾。ほぼ通過と見て良いでしょう。
あとは、江戸の新鮎組の松本さんも込み9尾。こちらもかたいと思われます。

遅い昼飯を食べて、途中でコンビニに寄り、ビールとアイスを購入。
釣りの後のアイスは、新鮎組では、通称「ペロ」。うまいんですね~!

ホテルで風呂に入り、ビールを飲んで、一時間ほど仮眠。

そして、いよいよ、メインイベントの、大パーティーです。

今回の大会は、これまでTOYOTA CUPを推進してきた元持トヨタグループ9社会会長の追悼大会です。今年の春に亡くなったそうです。
会長がいなければこの大会もなかったそうで、感謝しなければなりません。

Kaikai

パーティー開会のあいさつは、釣り人社の鈴木康友社長。
この後、元持会長に黙とうをささげ、献杯。

追悼大会ですが、元持会長は賑やかなのが好きとのことで、いつものように和やかな雰囲気でパーティーが始まりました。

そしてほどなく、準決勝進出者の発表です!

北の新鮎組、江戸の新鮎組からは・・・

Hyoushou01

仙台の松本さん準決勝へ!

そして、順当に、北の新鮎組の北田さんも!
(写真撮れませんでした。すみません)

そしてなんと!

Hyoushoudai

Daikara

この角度から写真を撮れるということは・・・

私も準決勝進出!
各ブロック10人が準決勝に行けるんですが、今回は追悼大会ということで、同尾数は全員抜けられるという特別ルール。ぎりぎり6尾ボーダー。助けられました。

気持ち良い酒が進んでいくうちに、このパーティーのメインイベントとも言えるチャリティーオークションが始まります。
いろんなメーカーから、格安で商品が提供されます。

Charity

われらが鈴子さんも、チャリティーに協力。盛り上がりますね~!

パーティーは盛況のうちに終了し、二次会に突入。
神奈川から来ていた整体師さんも飛び入り参加。

サワーは自分でフルーツを絞るタイプ。日本酒も岩手の地酒を各種用意していて、美味い!さらに、店員さんの受け答えもうまくて、こちらも盛り上がりました!

Nijikai01

Nijikai02

夜はぐっすりでした。

今年の釣果:115尾/18日/91時間 (平均6.4尾/日、1.3尾/時間)

  

|

« 芭蕉の里くろばね鮎釣り大会 | トップページ | TOYOTA CUP 準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016 TOYOTA CUP 鮎トーナメント:

« 芭蕉の里くろばね鮎釣り大会 | トップページ | TOYOTA CUP 準決勝 »