« 最終鮎釣行 | トップページ | 鈴子さんと! »

2016年4月 4日 (月)

相模川水系の年券で渓流はこれで最後かな

日時:2016年3月26日(土) 10:30~16:00
場所:神奈川県七沢川(二の足沢)、山の神沢、水沢川
釣り物:ヤマメ
釣果:0尾

今年から、相模川水系の漁業権の体系が変わって、鮎と渓流が別の券になります。
鮎の券では渓流ができなくなってしまったんですね~。
しかも、値上げ。
渓流しかやらない人には朗報ですが、鮎と渓流の二刀流の人にはダメージがでかい!年券を買う人は減るんじゃないでしょうか?
「年度」で切り替わるので、三月末までは15年の年券で釣りができます。

ということで、三月最終の週末。今年は相模川水系のヤマメ釣りはこれで終わりかな?

宮ケ瀬ダム上の中津川(布川、本谷川)に行くか、里川に行くか、迷いましたが、中津川上流は道がひどいので、里川にしました。
ほんとは早朝に出発予定でしたが、いつものように寝坊。

朝食を家でとって、ゆっくり出発。

本日は、午前中七沢川、午後は日向川の予定。
どちらも七沢温泉近くですが、釣りをする人はほとんどいません。
放流もほとんどしていないと思われます。

が、マニアック釣り場大好きっ子としては、やっておきたい川ですね。

10時過ぎ、広沢寺の駐車場に到着。トイレと着替えを済ませて出発です。

が、入川場所がわからない。マス釣り場から入れそうですが、ちょっと入りにくい雰囲気で、パス。上流に行きますが、畑の周りには柵があるし、両側護岸で堰堤も高くて、長い距離釣りができるところがない。

結局、二の足沢と山の神沢の出会いに架かる橋まで来てしまいました。

合流点でちょっと竿を出してみますが、魚の気配なし。

再び道路に上がって、二の足沢へ。

Ninoasi01

七沢の街からほど近い場所に、こんなにきれいな沢があるとは思いませんでした。
きれいですが、水が少なくて、魚が出ません。
ときどき魚影が走りますが、かなり警戒しているみたい。アプローチが相当難しい。

ふと目を上にやると、シェパードらしき動物が行ったり来たり。
すぐ近くに民家があるのですが、家が少ない地域なので放し飼いしてるのか?

なんて思ってよく見てみたら・・・

Sika01

鹿でした。

Sika02

私の姿を見たのか、右往左往しています。
一応、柵があるので、こちらに危険はないのかな?

とはいえ、野生動物はやっぱり怖いです。

恐る恐る釣り上がります。

Ninoasi02

Ninoasi03

結構良い沢です。
魚が釣れればもっと良いでしょうね~

さらに上に行くか、別の沢にするか。
迷うところですが、この上には、動物除けの柵がない。さっきの鹿はどこかに行ってしまいましたが、このまま進むと出くわす可能性が。
気持ち悪いので、合流まで戻って、山の神沢をやることにしました。

が、こっちはさらに水がない。

Yamanokami01

アブラハヤを数尾あげただけでした。

釣りの途中に、立派なクレソンがあったので採取。
このおかげで、川べりの草をいろいろ見るようになってしまいました。ちょっと釣りへの集中力がそがれたかな。

すでに1時半をまわってます。
予定では日向川を探るつもりでしたが、ボウズになる確率がかなり高い。
なので、少しでも可能性がある水沢川でやってみることにします。

Mizusawa01

ここは、宮ケ瀬湖のすぐ上。八丁滝で宮ケ瀬湖に直接注ぎます。
滝があるので、バックウォーターの大物が遡ってくることはなさそうです。

が、魚の姿が数尾見えます。

ここも水量が少なく、魚は見えますが、私の姿を見て逃げ惑うばかり。
遡行術を磨かなければ、こんな状況では釣れませんね。

上に行くと、

Mizusawa02

すぐに堰堤にぶつかります。

高巻きで行けそうですが、最近の体力の衰えを考えて、無理せず入川ポイントまで戻り、道路を歩いて堰堤の上へ。

しかし、こちらも水がチョロチョロ。
釣れる雰囲気じゃありません。

昼頃は汗をかくほど暖かかったんですが、すでに16時。冷えてきました。

本日は、ボウズで終了です!

この後はしばらく山菜ですね。
渓流再開は鮎シーズン直前くらいですかね~

|

« 最終鮎釣行 | トップページ | 鈴子さんと! »

コメント

Jさん
渓流釣りは動物たちの領域でやる釣りですからね~
あんまり刺激しても怖いので、そっとやり過ごすようにしてます。
一応、山菜とりのときは、熊鈴つけてますよ。

投稿: 鮎三郎 | 2016年5月15日 (日) 18時31分

サブちゃん、お早う。
久し振りの更新だねぇ。サビサビだじょ~( ^ω^ )

あのネ。渓流釣りに行くときは、クラッカーか8連発ピストルを、持って行ったらいいよ。どちらも100均で売っている。

もっとも伊豆の山にいる鹿の中には、こいつで「パン!パン!」と撃っても、「何なのそれ?」てな目で、こちらを見ているのもいる。( ̄ー ̄)ニヤリ

ところが鉄砲の恐ろしさを知っている、親が警戒音を発すると脱兎の如く逃げ出す。こともある。(。・w・。 )

知らない親と一緒にいるヤツラは、「何なのそれ?」ってな目で、こちらを見ているだけ。(笑)

そういう時は、石を拾って投げつけるか、脅し用の鉄砲を買いましょう。8000円前後で、売っているよ。
こいつはプラスチックの弾が出る。

ただし、目か鼻、口に当たらないと効き目がない。体に当たったら、やっぱり「何なのそれ?」てな顔で、こちらを見ているらしい。( ̄Д ̄;;


投稿: J | 2016年5月10日 (火) 08時55分

この時期は渓流釣りに行っても山に目が行ってしまいますよ。
鮎は5月中を過ぎてからですね。
この前の展示会で結構出来合いのハリ買いましたし。

投稿: 鮎三郎 | 2016年4月12日 (火) 22時43分

楽しそ!
今度連れてってよ。

あ、でも疲れるのはダメね。

ところで、鮎の準備は始めた?
俺、まだまだ(*^m^)

投稿: 鮎大迷人 | 2016年4月 5日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125297/63437106

この記事へのトラックバック一覧です: 相模川水系の年券で渓流はこれで最後かな:

« 最終鮎釣行 | トップページ | 鈴子さんと! »