« 解禁2日目@大見川 | トップページ | どうした中津川! »

2015年6月 9日 (火)

南甘解禁!はちょっとだけ厳しかったかな?

日時:2015年6月6日(土) 10:30~17:00
場所:群馬県神流川南甘漁協管内 20~21番(多分)
釣果:21尾(13~18cm)

会社の5日連続フリー休暇で、軽井沢に旅行中。
千曲川水系ででもやろうかと思ってたんですが、事前に調べてみたら、解禁が7月みたい・・・宿を予約する前に調べておくべきでした

お隣の群馬県は?というと、利根川本流付近は6月1日解禁みたいなのですが、ほとんどの川は6月中旬以降の解禁。解禁日が未定の漁協も多いみたい。遅いんですね・・・

で、見つけたのが南甘の解禁、6月6日。

鮎釣り道具を持って出発です。

軽井沢に着いてみると、寒い!
昼間でも15℃、明け方は5℃!冬ですよ。

解禁日も、前日夜から雨。明け方頃まで降ってました。
なので、早朝から出て行っても寒くて釣れないだろうと、7時半ごろ出発する予定にしました。
が、朝起きてみると、朝霧も出てて、やっぱり寒い!
結構な雨だったので、川はどうかな?と水位情報などをチェック。ライブカメラを見つけたので見てみると、水は多くない。濁りは若干入ってますが、釣りできないほどではなく、何とかなりそうです。
でも、しばらく見てましたが、画面に映ってる3~4人の釣り人の竿が全く曲がりません。置き竿にしてる人もいて、苦戦が予想されました・・・

まあ、釣りができるだけでも良いので、出発することに。時刻は8時。

軽井沢からのルートは・・・高速を使うのと、山越えとがありますが、時間はほとんど変わらず。だったらお金を使わない方が良いので、山越えを選択しました。
山越えと言っても、道幅が広めだったのと、トラックの通行がなかったので、スムーズに行けました。

9時半には神流町に到着。
初めての川で状況も分からないので、とりあえず上から下まで見てみました(神流町に入ったのは上野村側から)。

上の方が人が少ないんですが、道路工事が3か所ほどやられていて、鮎が落ち着かなさそう。
下過ぎるとちょっとポイントがボヤケてる感じ。
真ん中辺りが良いかな?

オトリ屋さんに寄って、情報を聞いてみると、「ボチボチ釣れてるみたい」との言葉。
むむっ!「釣れてますよ」じゃなくて「ボチボチ」とは、怪しいな~

教えてもらった入り口。2か所回って、どっちとも車が一杯で停められず。
仕方なく、入れそうなところに侵入。
この川は、車を停めるスペースが狭いので、意外と釣り場は一杯にならないみたいですね。
10時半になってましたが、まだ入る隙間がありました。

Dcim0243

Dcim0245_2

すでに休んでる人も多いです。

まずは、トロの中のちょっとした波立ち。石の頭と肩を攻めます。

時々魚が跳ねますが、掛けバリには触りません。
それでも粘っていると、ギュン!とアタリ。
型は悪くなさそうですが、わりと軽めに抜けてきました。

ボウズは免れた~

と思ったら、ヤマメでした・・・
嬉しい外道ですが、まだボウズ。

その後、すぐ下におじさんが入ってきたので、小移動。

一枚目の写真の場所へ。

ここでも魚が跳ねていて、キラキラもしてるんですが、掛かりません。
ハリに触ってる感じはあるんですが、食い込まないみたい。
結局、午前中はヤマメ1つだけ。

解禁ボウズを意識してしまいます・・・

昼は、おにぎりをささっと食べて、下流のポイントに移動。

最初は瀬を攻めてみましたが、青ノロとゴミに悩まされます。
午前中もゴミが多くて難儀したんですが、さらに多い。
根掛かり頻発。ハリやハリスに青ノロが絡まり、オトリが定位できません。
10分ほどでさらに下流へ。

多分、別番号のポイント。

ここは結構混んでましたが、少しだけ入れるところがあったので、そこにオトリを泳がせます。

幸い、オトリはまだへばってません。

で、ようやく、1つ。
重くなっただけで、またゴミか。と思いましたが、鮎でした。

これで上向くかな?と期待したんですが、その後反応なし。

またもや下のおじさんが迫って来て、目の前に穂先が来るまでになってしまったので、放浪の旅へ。

瀬肩に入れるかな、と行ってみますが、草葉の陰?からおじさんが竿を出していて、入れませんでした。

仕方がないので、ちょっと狭いのですが、竿一本分空いてたところに入ります。

最初は青ノロとゴミばっかり掛かりましたが、2時過ぎくらいから水が澄み始めて、ゴミも多少落ち着いてきました。

そのころから、ポツポツと掛かり、何とかつなげられます。

さらに、3時過ぎ、帰る人が出てきて川が空いてきたころから、ペースが上がってきました。

結局、連発も結構あって、5時までに21尾。
解禁にしては・・・という釣果ですが、賞味3時間くらいで8割方釣れてるので、最後の方のペースは良かったんじゃないでしょうか?

帰ってから、宿泊先で、塩焼き、唐揚げ、フライにして食べてみました。

Ryouri

姿がきれいで、青々としていて、いかにも美味鮎、な見た目だったんですが・・・

泥臭かった~

多分、本来の神流川の鮎じゃないんでしょうね。
今回は、渇水中の道路工事と、前日からの雨なんかが影響したんでしょう。ちょいと残念でした。

次回はようやく地元の中津川の予定です。

今年の釣果:40尾/3日/19時間 (平均 13.3尾/日、2.1尾・時間)

   
 

|

« 解禁2日目@大見川 | トップページ | どうした中津川! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南甘解禁!はちょっとだけ厳しかったかな?:

« 解禁2日目@大見川 | トップページ | どうした中津川! »