« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

9/13 念願の初神通川!

日時:2014年9月13日(土) 7:00~13:00、13:30~17:30
場所:富山県神通川 ダム下、塩
釣果:40尾(17~21cm)

さっきまで、長文を書いてたんですが、ブログアップでエラーが発生して、全部消えちゃいました。
また書き直すのが大変なので、短めに行きます。

二年越しの神通川。去年は雨のおかげで、二度のチャンスが流れました。
今年は天気予報はなんとか大丈夫そう。

金曜の夜10時に、江戸の新鮎組のNさんに愛川まで迎えに来てもらい、出発。
安房峠道路を通って、道の駅細入へ。
周りはほとんど釣り客。

途中、気温8℃。暖房を入れて仮眠です。

興奮であまり眠れずに、朝。

川を見ながらふなさきオトリへ。

オトリ購入後、神通の最初のポイントは、「ダム下」


Damusita01_2

Damusita02_2

Damusita03_2

三枚目の写真の左側にある岩のあたりから開始です。

Nさんいわく、「ノルマ40。60釣れれば上々かな」とのこと。頑張らなくては。

手前の流れにオトリを入れると、すぐに前アタリ。そのまま待つと、本アタリが来ました!
よっしゃ!と引き抜くと、空中分解。神通最初の鮎はバラシでした。

でも、その後3連荘。
これはいけるかも、なんて思いましたが、その後が続かず。

下流に放浪の旅で、やっと釣れるポイントを探し当てます。
が、これもそんなに連発せず。
拾い釣りという感じで、午前中20。
入れ掛かりの神通のイメージがあったので、あんまり釣れた感じがしません。

午後もダム下スタート。

ダム直下に良い瀬があって、人が入ってないので、15分ほどかけて移動しましたが、なんと、禁漁区。
道理で人がいなかったわけです。

また10分ほどかけて下り、トロ尻へ。
あまり調子が良くなくて、ポツポツと3つ掛けたところで、「移動しようか」とNさんから電話。


Gozenchoka_2
午前中の釣果です

移動先は、塩という場所。


Sio04_2

Sio05_2

ガンガンです。
が、ライトバージョンでは太刀打ちできず、緩めのポイントをやります。
でも、午後はさらに調子が上がらず。

しまいには、Nさんの竿が根掛かりで折れてしまい、二人で回収しようとがんばりまいたが、ほんとにあと一歩のところで手が届かず断念です。

その後、Nさんは車に予備の竿を取りに行って、車のそばで釣り、私は夕方の入れ掛かりを期待してチャラへ。

これがあたり、1時間ほどで10尾以上の連発。
5時過ぎにNさんから「そろそろあがろうか」と電話が来ましたが、「あと15分」と残業申請。
あと3つでノルマ達成でした。

結局、残業時間を5分残してノルマ達成。
最後になんとか形になりましたが、結構厳しい釣りでした。


Gogochoka_2

そして、車に戻って話をしていると、ポツポツ。
私の雨男パワーで、一時的に土砂降りとなりました。

オトリ屋さんで鮎の冷凍をしてもらい、明日のオトリを活けさせてもらいます。

そして、本日のメインイベント!


Sioyaki_2

Nさん行きつけの、居酒屋丸一。

釣った鮎を持ち込んで焼いてもらいます。キモがたっぷりで濃厚ですね。

大ジョッキで乾杯して、Nさん定番の料理を注文。
白エビの唐揚げが絶品でした。

そして、


Sasimori_2
刺身盛り合わせ二人前

Oden_2
これでおでん一人前!

量、質ともに満足でした。また来なくては。

ホテルに帰って、大浴場で足をのばし、おやすみなさい!


今年の釣果:273尾/25日/126時間 (平均 10.9尾/日、2.2尾/時間)

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

中津川でペア大会の下見をするも・・・

日時:2014年9月6日 13:30~14:30、15:30~17:00
場所:神奈川県中津川 角田大橋上、愛川橋上下
釣果:1尾(17cm)

7日は、ダイワ主催の相模川・中津川ペア大会。
ペアのうち一人は相模川、他の一人は中津川に分かれて釣りをして、釣果を競います。
CyberAyuClubのnanjarokaさんとペアを組んで出場予定。
もちろん私は中津川担当です。

ということで、下見。

中津の大会本部が角田大橋で、エリアはマスターズと同じ。
ぼっこれはダメでした。田代も期待薄。なので、角田大橋付近を探ることに。

角田大橋上。ここは見た目は良いんですが、なぜか相性が悪く、私にはあまり釣れません。

本日も、ご多分にもれず。
ちょっとアカぐされですが、ところどころ石が青くなってます。
そこを狙ってみますが、追いの気配もなし。

うーん、と悩みながら、瀬の上のチャラまで探ります。

ここで、「ゴロゴロ」
はじめは、対岸で砂利取りなんかをやってる音かな?と思いましたが、ちょっと大きめのゴロゴロで、あわてて竿をたたみます。

雷は単発で、まだ雨も降ってきませんが、そんな感じの風が吹き始めました。

下の方から雲が出てるみたいなので、下見は諦めて、夕飯の鮎を釣りに上流に車移動します。

場所は、原下。

ここなら釣れるだろう、とやってみますが、今日は反応なし。
掛かったのはボウズハゼ2つ・・・

そのうち、こちらでも、「ゴロゴロ」

そして、雨がザーッと来ます。

またもや竿をたたみ、車に戻ります。

しばらくすると雨が小降りになり、雷もならなくなったので、三度竿を出します。
時間も遅くなってきたので、橋下の平瀬をやります。

鮎は跳ねる。
でも、釣れない。

そろそろ終わりかな~、と思っていると、目印が下流に流されます。
あれー?と竿を立てると、鮎が付いてました。口掛かり。

これをオトリにしてちょっとやってみましたが、また雨が降って来て、寒くなったので、終了です。

うーん、ペア大会大丈夫かな?

と心配しながら布団に入りました。


朝。
ジャバジャバと雨の音。これは・・・やるのかな?と思っていると、nanjarokaさんからメール。

「棄権しない?」
「しても良いですよ」

棄権することにしました。雨の中、釣れない中、しかも濁りも入ってると予想される中、釣りするのは苦行です。

しばらくすると、「増水と濁りで、大会が中止になったよ」とnanjarokaさんから連絡がありました。

今日は、鮎大迷人さんが中津に釣りに来るということで、棄権を決定後にメールが来ました。こっちに向かってるみたいです。
「ダメそうなら引き返す」とのことだったので、事情を説明して、お帰りいただきました。この状況じゃ、良い釣りできませんからね。

さらには、赤レンジャーさんとyutakaさんがこのま沢で釣りをするので、そちらにも誘われてました。
ペア大会に出るのでお断りしたんですが、中止になったので、行けます。
でも、この中でやるのは気が乗らないので、改めてお断りメールを出しました。

赤レンジャーさんは、すでにこのま沢に行ってたみたいで、濁りとのこと。
色々メールしてるうちに、yutakaさんから、中津は大丈夫との情報が。
でも、釣れないでしょうな~

「釣れたら連絡しますよ」と返事が来ましたが、その後、連絡はありませんでした・・・釣れましたか~?

日曜日は、たまった釣りの録画ビデオを見て過ごしました。

今年の釣果:233尾/24日/116時間 (平均 9.7尾/日、2.0尾/時間)

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中津川で鮎BBQ

日時:2014年8月31日(日) 7:30~11:00くらい、14:00~17:30くらい
場所:神奈川県中津川 原下、田代運動公園
釣果:4尾(16~18cm)

待ってました。のイベント。釣りBBQ。

ほんとは、もっと前に、釣りキャンとして予定してたんですが、私の雨男パワーのおかげで流れ、30日夜から釣りキャンの予定が、ちょっと別の用事のおかげで流れ、BBQとなりました。

BBQとは言え、釣りはします。

朝6時に、鮎大迷人さんとHさんが到着。早!
大迷人さんは朝から元気です。

昨日、オトリ取りを頑張ったんですが、不甲斐ない結果に終わり、オトリ購入からスタートです。

昨日の様子から、浅いところはあんまり釣れないかも、ということで、上流部の原下へ。
朝早いので、まだ他のBBQ客はほとんどいません。

朝のうちに釣りをして、ある程度釣ったところでBBQ。いっぱい釣れれば鮎の塩焼きもできるかな?
などと、皮算用です。

大迷人さんは愛川橋の下流へ。私とHさんは橋上の原下へ。

入ってすぐ、深瀬に目印が引き込まれ、1尾。
おっ!調子良いかな?
大迷人さんにメールを入れます。

すると、それから間もなく、大迷人さんからも「釣れたよ」メール。

これは入れ掛かりもありかも?

なんて思いましたが、そうはいきません。

ポツポツは掛かりますが、数が伸びず。
追いも弱いのか、バラシ2回。
「場所移動しよう」と大迷人さんのギブアップメールまで、4つでした。

さて、移動しようは良いのですが、どこ行こう?
BBQができて、釣りができて。
昨日釣りするまでは、ぼっこれ橋も候補だったんですが、論外。

ということで?安易に田代運動公園に決定。

まあ、メインイベントはBBQですから。

田代に到着後、さっそく準備。

炭熾し器を使ってもなかなか炭が熾きないというハプニングもありましたが、無事スタート。

本日は、Hさんが東京都内まで買いに行ってくれた肉が主役です。
うまいっす!
焼きながら、食べながら、鮎談義。
後半には、釣具屋の大会に出ていたyutakaさんも合流。
楽しいBBQでした!

釣り?
釣れませんです。

大迷人さんは釣れたみたいですけど。

BBQ後に川に向かう途中、川原で遊ぶ子供たちに遭遇。
ちょっと言葉を交わすと、「鮎見たい!」
見せてあげると、「鮎欲しい!」
ムムッ!「何するの?」と聞いたら、「観察したい」
というので、教育のためにと、差し出しました。
養殖なら良いか、とあげたんですが、それが失敗。
オトリ缶から出した3尾のなかで、養殖ちゃんが一番元気だったみたい。
残りの天然鮎は、全く泳ぎません。

普通、こんなときには、神様が釣らせてくれるんだと思うんですが、どうも見てなかったみたいです。

ということで、終了。

今年の釣果:232尾/23日/113.5時間 (平均 10.1尾/日、2.0尾/時間)

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/30中津川・・・釣れない

日時:2014年8月30日(土) 11:30~13:00、15:00~17:30
場所:神奈川県中津川 田代運動公園前、ぼっこれ橋下
釣果:1尾(20cm)

先週は雷雨とワンコの用事のため、竿出しは無し。

30日も、予報は良くなかったんですが、起きてみたら晴れてます。
ゆっくりと準備して、出発。
明日はCyberAyuClubの鮎大迷人さん、Hさんと釣りBBQの予定。オトリが取れれば良いな~

まずは、田代。

予報が悪かったおかげで、川遊びはあまり多くなかったんですが、釣り人もポツポツしかいません。
釣れないのか?

瀬肩に入り、いつでも釣れるポイントをやってみますが、釣れません。
鮎は跳ねましたが、釣れません。

瀬肩が釣れないので、下の瀬に移動。
釣れません。オトリが弱ります。
瀬落ちの淵では、おじさんがポツポツと掛けてますが、私には掛かりません。

本日は、2時から車の点検のため、一旦川からあがります。

車の方は、オイルの減りが早いというリコールに該当してそうということがわかり、後ほど対応してくれるとのこと。
無料でオイルを足してもらいました。

点検後、また川に戻り、今度はぼっこれ橋へ。
そろそろここら辺が釣れ始める頃。

と思ったんですが、アカ腐れでズルズル。
鮎の気配がいたしません。
そのためか、これから夕方のゴールデンタイムなのに、人っ子一人いません。貸切り状態。
良いときならウハウハですが、これでは不安倍増です。

その予感が的中。
瀬の下までやりましたが、ノーアタリ。

もうダメか?とオトリを引きながら元の場所に戻っていると、ようやくアタリ。
20cmの良型ですが、オトリにすると、元気なのに泳がないタイプ。
後が続かず、終了です。
厳しい~!


今年の釣果:228尾/22日/106.5時間 (平均 10.4尾/日、2.1尾/時間)

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

お盆過ぎの那珂川上流

日時:2014年8月17日(日) 12:30~14:00
場所:栃木県那珂川 西岩崎堰堤上
釣果:0尾

16日は一日雨。
予報では「ときどき」雨だったんですが・・・
黒羽はダメだろうと、黒磯まで行きましたが、やっぱりダメ。
なので、西岩崎まで行ってみました。
ササ濁りでしたが、水量が多すぎ。
一応ヤマメの用意もしてたので、近くのスーパーでイクラを買ってヤマメと遊びました。

17日も天気は良くなかったんですが、何とか持ったので、前日ササ濁りだった西岩崎へ。

オトリは二日前の養殖。
ちょっとばかり弱ってますが、何とかなる。かな?

Nisiiwasaki01
道路から見た流れです。なかなかのロケーション

川へ降りると、思ったよりも水量があります。
立ち込めない・・・

Nisiiwasaki02


Nisiiwasaki03

Nisiiwasaki04

本来は水が澄んでて、かなり良い流れなんですが、ササ濁りでもちょっときつめです。

養殖なので、岩の裏で止めて待つ釣り。

水はかなり冷たいです。
護岸の岩の上で、足だけ水につけてましたが、痛くなるくらいでした。

そんななので、釣れません。

Tombo

竿を持つ手にはトンボがとまる始末。
もう赤くなり始めてました。

ということで、ボウズ。
初めから覚悟してましたが、やっぱりボウズ。

そして、今日も

Kawagiri

川霧が幻想的でした。

今年の釣果:227尾/21日/102.5時間 (平均 10.8尾/日、2.2尾/時間)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずいぶん前ですが、お盆の那珂川

日時:2014年8月15日(金) 11:00~11:30、12:00~18:00
場所:栃木県那珂川 屏風岩、大輪
釣果:4尾(16~21cm)

色々疲労が蓄積して、更新がおろそかになってました。
今頃お盆の釣りレポートです。

今年は、一人で里帰り。
いつもは神様を実家に置いて釣りに行けないのですが、今回は朝から晩まで釣りに行けます。

が、今年は雨男パワーが全開なので、前日に結構雨が降りました。それが朝まで続いて、ようやく雨が上がったので出掛けました。

これは黒羽地区はダメかな?と思ってたんですが、オトリを買いに町裏を通ると、結構な人が釣りしてます。
意外とそんなに濁ってないみたいです。

町裏でもやれそうなんですが、夜には花火大会があるみたいで、規制が予想されます。
面倒なので上流へ。

まずは黒羽観光やな。
雨の影響で増水中。
やなの上から左岸をやろうとしましたが、下に人が入っていて、それを避けつつやるのが難しそう。
なので、やなの下、屏風の上の瀬に入りました。

Byoubu01

Byoubu02

でも、水量が多くて、オモリを付けても養殖では厳しい。アカも飛び気味なので、すぐに移動を決意。

どこにしようかな?と川沿いを走っていると、川に降りられそうな道が。
初めての場所です。

Dairin01

瀬あり、淵あり、チャラあり。短い範囲ですが、なかなか変化に富んだ良い場所です。

Dairin02

Dairin03

まずは、瀬肩狙い。大岩がゴロゴロしていて、デカイのが出そう。

川に近付くと、ヘチからハミ跡が。
なので、川に入るのをやめて、ヘチ狙い。

泳がせていくと、ククッとアタリが。
よしゃ!
しゅっと抜くと、葦の向こうから飛んできたのは、ウグイ。
タモで受けてしまいました・・・
早速お帰りいただき、タモを洗います。

緩い流れはウグイが来そうなので、立ち込んでいきます。

が、芯では掛からず。手前の流れが深くて良さそうなので、入れてみると、ググッと来ます。
が、石の下に入られたのか、出てきません。
回収のために近付いて、ハナカン上をつかむと、すーっと浮いてきました。
これはデカイ!

Namazu01
ぬっ

Namazu02
くっ

Namazu03
でーん!

ナマズちゃんでした。
20cm越えでしたが、ナマズにしてはチビ。こちらもお帰りいただきました。

ウグイとナマズが掛かり、オトリもちょっと弱ってきてます。
こんなとき、栃木はオトリが3尾1000円なので助かります。

手前はダメそうなので、立ち込んで流心近くを釣ります。
ほんとはもうちょっと立ち込んで、ほんとの流心を釣りたいんですが、増水のせいで竿が届きません。
曇りでちょっと寒いし。

深いので、1号のオモリを付けて、大岩周りを狙います。

粘って粘って、やっと来ました!

Ayu

きれいな鮎です。

腹ごしらえのあと、また立ち込んでいくと、ギューン!といきなりのアタリで竿が引き込まれます。

少し下って踏ん張り、タモに収まったのは、22cmくらいの良型。幅広の良い鮎です。

さらにちょっと下を狙うと、一瞬で持って行かれます!
これはいかん!竿を寝かせて耐えながら下ります。
が、鮎は深い瀬の流れに乗って行きます。
20mほどヘチを下ると、大岩地帯。この大岩が思ったよりも大きくて、周りが掘れ込んでる。ズボっと入ってバランスを失った瞬間に、プチン。
やられました。
0.25ナイロンだったんですが、切れてしまいました。

デカオトリも放流になってしまいましたが、なんとか気を取り直して、3つ追加。
鮎はかなり多そうで、跳ねもあるんですが、掛けられません。
対岸もさらに良さそう。平水になれば渡れるんでしょうか?そのときにやってみたいですね。

その後、淵のさらに上の瀬をやり、今度は目の前の瀬の下のチャラもやってみましたが、こちらでは追加できず。特にチャラでは鮎がバチャバチャ跳ねてて、交通事故でも掛かりそうだったんですが、かすりもしませんでした。

帰り際には気温も下がって来て

Dairin04

川霧が発生。
なかなか良い場所でした。

今年の釣果:227尾/20日/101時間 (平均 11.4尾/日、2.2尾/時間)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »