« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

微妙・・・中津川

日時:2014年6月29日(日) 13:00~17:00
場所:神奈川県中津川
釣果;6尾(13~18cm)

昨日コテンパンにやられたので、今日は釣りをしないつもりでしたが、朝起きてみると晴れてる・・・
最近雨の中の釣りばっかりなので、晴れ間でやらない手はない。

準備して、ご飯食べて、出発です。

今日は、来週のマスターズの下見。
中下流部は厳しいのは分かってますが、あえて突入。

今日も相模川でジャパンカップをやってるせいか、釣れてないせいか、ガラガラの中津川です。

どこでもやれます。

ここかな?そこかな?あそこかな?

瀬の中とか、チャラとか、色々やってみます。

傾向は・・・

何とも言えない感じ。

釣れそうなところで釣れない。連発しない。ダメかな?と思ったところで釣れる。

本番はどこに入ろうか、難しいです。

さらには、7月1日、2日に放流が予定されており、本日の下見が意味をなさない可能性があります。

さて、どうしよう?

本日、夕飯に鮎フライが食べたいと神様にお願いされていたので、夕方は上流部に行こうと思ったんですが、突然の雷で竿をたたみました。

今年の釣果:68尾/5日/28時間 (平均 13.6尾/日、2.4尾/時間)

     

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャパンカップ相模川は釣れません。私には・・・

日時:2014年6月28日(土) 7:00~10:00
場所:神奈川県相模川 一本瀬
釣果:0尾

ジャパンカップ相模川。

いつもよりもちょっと早めに出発して、川に着いたのが5:15くらい。受付は5:10開始です。
川原に降りると、目の前に見慣れた車が。
後ろにはCYBER AYU CLUBのステッカー。
太ハリスの新ちゃん。
新ちゃんは大寝坊でこの時間だそうです・・・

雑談をしながら、列が短くなるのを待って受付です。
新ちゃん94番。くじ運悪いですね~

私99番。
ぞろ目でなかなか良い番号です・・・

真ん中よりもちょっと後ろくらいで、良いとも悪いともいえない番号。

ゆっくり仕度をしていると、選手たちがぞろぞろと本部前へ。
開始7時なのに、6時には集合みたい。

早く準備完了になってしまったのですが、準備完了するとすぐに釣りたいモードになるので、ワクワク感で便意が・・・我慢できるくらいの波でしたが、これはつらい。

オトリ配布の後、皆さん思い思いの場所へ。
私は下見もしてないので、開会式中に鮎が跳ねてた一本瀬の瀬肩の上へ。
ほんとは一本瀬でオモリを付けて、という釣りをイメージしてたんですが、ちょっと割り込まないと入れなさそうだったので、弱気の選択です。

ポイントに着いても、まだ6時半。
この待ち時間は辛い!便意との戦いです。
なんとか勝利しましたが・・・

ホーンが鳴って開始しますが、無反応。










そのままのこり1時間。

下の瀬にちょっとだけ空きができたので、移動。
こっちの方が釣れる気配がします。

が、無反応。




そのまま9:45に終了となりました。

書くことありません。寒くて写真も撮ってません。

インストラクターのNさんを見つけて話をしましたが、Nさんも通過ラインに届かなかったそうです。そして新ちゃんも。

「中津で下見しよう」
新ちゃんと中津に行くことにしました。




日時:2014年6月28日(土) 11:00~13:00、15:30~16:30
場所:神奈川県中津川 角田大橋上下、ぼっこれ橋上
釣果:1尾(14cm)

中津では・・・

角田大橋付近ではダメ。
その後ポイントを変えてすぐに1つ。

が、その後は音沙汰なし。

ジャパンカップは予選落ちでしたが、抽選会では何かもらえないかな?
と、釣りを中断して相模川に行きます。

ちょうど決勝が終わったところでした。
皆さん結構釣ったみたいで、2時間の釣りでセミファイナルへの切符は9尾以上。8尾の3人で早掛け対決になりました。

抽選会に来たんですが、まだまだ時間がかかりそう。
雨も結構降ってきたので、待っていられずに中津に戻りました。

行った先はぼっこれ橋。
橋の下をやろうと思ってましたが、先行2名がいたのでちょっと入れず、橋の上をやりました。

が、釣れません。気配がありません。

雨も強くなってきて、やる気も失せたので、終了としました。

おしまい。

今年の釣果:62尾/4日/24時間 (平均 15.5尾/日、2.6尾/時間)

    
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

中津川は今日も寒かった!

日時:2014年6月22日(日) 12:00~18:00
場所:神奈川県中津川 馬渡橋、田代運動公園、平山橋、平山大橋
釣果:13尾(12~19cm)

土曜日は家族サービスで群馬へ。
うちのワンコたちは、めいっぱい遊んで、ぐっすり寝ました。

ということで、私は鮎釣りなし。

日曜日は、午後から雨の予報だったので、午前中なら釣りできるかな?

と思ったんですが、朝から雨。今日行かねばまた一週間悶々と過ごすことになるので、思い切って出掛けました。

オトリ屋さんで話を聞くと、田代は土曜日にK名人が釣りをしてボウズだったとか。
常連さん情報では、馬渡に良いポイントがあるそうです。
ということで、馬渡へ。

橋の上に車をとめて、橋をくぐり、ちょっと下へ。
途中、鮎が群れになってるのが見えます。

が、まずはオトリ屋さんに教えてもらったポイントに一直線。

途中の石の状態はこんな感じ。


Mawatari01_2

とはいえ、写真じゃわからないですね。
石に着いたヘドロを撮ってみました。
予想通り、水が引いた後はヘドロだらけ。
緑色の変な奴は減りましたが、そのかわりにヘドロが。
アカの付きがどうこうという以前の問題です。

さて、オトリ屋さんに教えてもらったポイントへ。


Mawatari02

ちょっと流れがきつい・・・

オトリが一泳ぎで弱ってしまった。
次も。

2尾目にいたっては、横を向いてしまいました。

ヤバい!

オモリを付けて、緩い流れを泳がせますが、一向に掛かりません。
雨も強くなってきたし、今日はボウズか?
嫌な予感は、あたるのか、一時間無反応。

これ以上やっても掛かる気がしなかったので、徐々に移動。

橋の上下は鮎がたまってそうなので、一旦停止でやってみます。
が、掛からず。跳ねてるのに・・・

ここで粘ってもしょうがないので、田代へ。
釣れなかったという情報がありましたが、とりあえず、ホームポイントなので、覗いてみることにしました。

雨のせいもあって、日曜日なのにガラガラ。
まずは、いつものポイントへ。


Tasiro01
ここも川が茶色です。アカ腐れじゃありません。

じっくりと泳がせていると、なにやら前アタリのような感触が。
さらに粘ると・・・

やっと来ました!

飛んできたのは12cmくらいのチビでしたが、ヘロヘロになった養ちゃんよりは何倍もマシ!

ハナカンを付けるとぐんぐんと泳ぎます。

が、泳ぐだけ。掛からず。
徐々に上に移動します。

少し風が強くなってきて釣りづらい。
のですが、なんとか田代で2つ追加。
今日は一発掛かりがなくて、前アタリがあるポイントで粘ると掛かる感じ。

下の瀬もやってみましたが、ここもあまりパッとしません。

ちょっと歩いて、平山橋の下へ。

1つ来ましたが、キャッチ手前で空中分解。がっくりきます。

さらに下って平山大橋の下。
トロ瀬は無反応。

そして、その下の瀬へ。

この瀬で良い思いをしたことがないので、ちょっとやってダメだったら帰ろうかと、半ばあきらめかけてます。
寒いし、風呂が恋しくなってきました。

オトリを取り換えながら、瀬を攻めてみます。

もうすぐ5時。そろそろ帰ろうか?
と思った矢先に、コツコツと前アタリが。
む!
キューン!
掛かりました!

とりあえずオトリを替えて、ちょっとやって来なかったら帰ろうかな?
と思うと、前アタリが。

こんなことが続き、気が付くと良いペースで掛かります。

やめられない止まらない、かっぱえびせんです。

野鮎の元気は時間とともに良くなっていくようで、この天気で目印をすっ飛ばすアタリまで飛び出します。

まだ掛かりそうな感じでしたが、今日は暗くなる前に帰ると神様に約束して出てきたので、6時に終了としました。


Choka

昼ごろはどうなる事かと思いましたが、なんとか釣りにはなりました。
緑色は減りましたが、川にはヘドロがびっしり。
野鮎の反応も、あるところはあるけどないところは全くない。

快復までにはまだ時間がかかりそうです。

今年の釣果:61尾/3日/18時間 (平均 20.3尾/日、3.4尾/時間)

.


 
.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

梅雨の晴れ間の笹子川

日時:2014年6月14日(土) 9:00~13:00、14:30~15:30
場所:山梨県笹子川、葛野川
釣果:11尾、1尾

今年はいつもよりも早く梅雨入り。
おかげで、先週は釣りができず。今週も木曜まで雨。
中津川は、金曜の時点で50トン放流。土曜日には水量が減る予想ですが、宮ケ瀬ダムはちょっと白濁状態。こうなると、水量が落ち着いても、竿を出せはするものの、まともに釣りができるのは2~3週間後。しかも、いつも水の引き際には底水放流のため、水が澄んでもヘドロがべっとりの状態に。
こんな状態でどうしましょう?

なんて悩んでいたところに、神奈川県釣りインストラクターのNさんからメールが。
私も、最後の望みで連絡しようとしてたところでした。必ずどこか釣れるところを知ってるので。

メールによれば・・・
神奈川では、千歳川、狩川、他には山梨の常葉川が釣りになりそうとか。
狩川は酒匂の支流で、ヤマメではちょっとやったことがありますが、千歳川はまだやったことがありません。常葉川はよさそうですが、ちょっと遠いかな?

なんて悩んでいたところ、最終的には、笹子川か葛野川が良さそうという連絡が。
じゃあそっちにしましょう、となりました。

朝5時に家に迎えに来てもらうことにして就寝。
4時に起床して、ウダウダと。そしてシャワーを浴びているときにメール。予定よりも20分ほど早く到着です。

途中でコンビニに寄ったり、知らないポイントを案内してもらいながら上流へ。
Nさんの奥様の実家が笹子川のほとりにあるということで、ずうずうしくも上がらせていただいて、お茶まで。
朝は水温が低いので、ちょっと暖かくなるまで待たせていただきました。

さて、本日のポイントは。


Sasago03_2

Sasago04

これは昼ごろ撮った写真です。朝はもっとびっしりと人が入ってました。
Nさんと見渡して、ちょっとだけ入れるポイントがあったので、そこに向かいます。


Sasago01

ここも梅雨の影響でアカが飛び気味ですね。
水はわずかに濁りが入ってる程度。水は20~30cmくらい高いみたいです。


Sasago02

下を見ると、こんな感じでなかなか良い雰囲気です。

アカは飛び気味ですが、全て飛んでるわけじゃなくて、残りアカも結構あります。

そんなところを狙って・・・

グルン!
とアタるのは、ハヤ・・・
浅目の石裏ではハヤが来ます。

それでは、と、深めのポイント。
ハヤ・・・

ヘチを狙い、ハヤ・・・

深い落ち込みも、ハヤ・・・

掛かるのはハヤばかり。水温が低いのでオトリはなんとかもってますが、これはこたえる!

「おかわり君にならないようにしないとね!」と、車の中で笑い合っていたのが思い出されてきます。

2時間ボウズ。
いや、ハヤが5つ来ましたけど。

ふと下流を見ると、朝には釣り人で一杯だった深瀬が空いてます。
さっき上でかがんでた人は深めのポイントを狙ってました。掛かってかがんでたのかどうかは定かではありませんが、そんなところが良いのかも。
と、移動。

しばらくは反応がありませんでしたが、大石裏の白泡でギュギュっときました!
待望の鮎です。
これでボウズは免れた~!

と、ほっとしたところで、プチ入れ掛かり。

解禁時は大きいのが掛かったけど、あらかた抜かれて16cmくらいが良いところ、なんてオトリ屋のおやじの言でしたが、20cm弱くらいの良型が連発します。
フロロ0.15でやってたので、糸がもつかな、と不安でしたが、なんとか大丈夫。

ただ、釣り場がボサの中なのでその場で引き抜けない。掛けてから抜くまで、そして抜いてから引き舟のところまで、ボサの中を行ったり来たり。
解禁の時にも痛感しましたが、最近めっきり体力と筋力が落ちて、息はハアハア、腕はパンパン。風もちょっとあったので、引き抜きが辛い!
うれしい悲鳴ですけど。

そのうち、下に行っていたNさんも正面に来て、二人で交互に掛けます。
昼のチャイムがなりましたが、ポツポツと掛かるのでなかなか上がるタイミングがつかめず。
しばらく行ったり来たりして、エビになったところで、あがろうかと引き舟に戻ると、「昼にしよう!」とNさんから声が。

昼の1時すぎに上がって、私11尾、Nさん9尾。


Choka

これでも良い方でしょう。朝満杯だった釣り場が、冒頭のようにガラガラになってましたから。

昼を食べて、他の川もやってみようと、葛野川へ移動。午後は2時30分過ぎ。

オトリ屋さんのある橋のたもとに車をとめて、目の前は釣り人がいたので、上流へ。


Kazuno01

ちいさく写ってるのがNさん。

Kazuno02

見た目は良いんですが、石をさわってみると、かなりザラザラ。こっちの方が回復が遅いみたい。

写真の場所では、反応なく、さらに上へ。


Kazuno03

かなり見た目が良いポイント。でも、ここも鮎の気配なし。

Nさんも大苦戦のようで、移動を繰り返します。

午後はボウズかな?
と心折れそうになりましたが、笹子川と同じように、最後に深場を狙って終わりにしよう、と入ったポイントで、15cmの鮎が来て終了。

尻すぼみとなりましたが、初めての川を2河川はしごできて、なかなか楽しめました。

家に帰って、早速塩焼きに。


Sioyaki

一番小さいのが葛野川、その他は笹子川の鮎です。

食べ比べてみましたが、葛野川はやや苦みがあり、笹子川は甘みがある鮎でした。

こいつとばっちり。


Photo

久保田酒造 「相模灘 美山錦 特別純米 瓶囲い 無濾過」
いつ飲んでも相模灘は美味い!
開栓直後は若くて甘みのある味ですが、次の日以降は熟成されて味が出てくるんです。
次飲むのが楽しみ・・・

今年の釣果:48尾/2日/12時間 (平均 24尾/日、4尾/時間)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

宮ケ瀬ダム100トン放流中

6月7日、ただいま、宮ケ瀬ダム100トン放流中。
中津川は濁りは薄いですが、釣りは不可能です。
国道412号線も、中津川沿いの部分は通行止め。

このまま降り続けば、来週末の釣りも厳しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

中津川解禁!釣れた。

日時:2014年6月1日(日) 9:30~12:30、13:30~17:30
場所:神奈川県中津川 角田大橋上、原下(愛川大橋上)
釣果:36尾(13~16cm)

今年の解禁は日曜日。
大量の釣り人が来ることが予想されました。

今年は早めの?8時半に家を出ました。
オトリ屋さんで新年のあいさつと、年券を購入。

そこそこ出てるらしく、型も15~18cmと、まずまず。
ツ抜けはかたいか。

オトリ屋さんで休んでいると、nanjarokaさんから電話。
「どこでやるの?」
田代は入る隙なし。右岸を車で移動中に、角田大橋上の瀬にちょっとだけ空きがあったので、「そこに入ります」

オトリを買って釣り場へ。
準備をしていると、nanjarokaさん登場。今年もよろしくお願いします。

nanjarokaさんは、ゆっくり始めるとのことで、私だけ準備を済ませて川へ。
ちょうど1人分空いてたので、そこに入れさせてもらうことに。
nanjarokaさんは他の場所を偵察に出かけました。

さて、今年の鮎はどうかな?


Sumida01

Sumida02

上も下も人だらけです。

こんなポイントから始めました。


Sumida03

入ってしばらく、全く音沙汰なし。
あれ~?今年もダメなのかな?

20分ほど我慢の釣り。
ん?目印が下ります。
これが、今年の初鮎。
アタリが分かりませんでした。13cm。

不思議なもので、1つ掛かると連発します。

最初の1時間で7つ。

今日は赤レンジャーさんと、同じクラブのyutakaさんも中津に来てます。
上の方に行ったらしく、苦戦中とのこと。
愛川橋に入ってたと思ったんですが、日向橋だったみたい。
結局、赤レンジャーさんは結構釣れたみたいですが、私には釣れる気がしないポイントです。

さて、その後は、ポツポツになり、12時半までで6つのみ追加。

ほとんど動けなかったので、飽きも来て、車で移動です。

場所は愛川橋。
下見では本命ポイントかな?と思ってたところです。

ここも、橋の上下は川遊びポイントで、子供から大人までが川に入って遊んでます。

ほんとは橋の下でやってみたかったんですが、原下の瀬でやることにしました。
yutakaさんから聞いてましたが、意外と人が少ない。
自由に竿が出せます。


Harasita01

でも、ここ原下にも、こいつが広がってます。

Midori

緑色の憎いヤツ。
おかげで一面緑です。

でも、中津で釣りをするには、こいつと付き合わなければなりません。

最初に入ったところは、上から釣り下ってきた方が上まできたので、すぐに撤収。ちょっとだけ上に移動します。

そして、まず、1つ。13cm。

これをオトリにして泳がせていると、あちこちでバシャバシャと跳ね出します。
オトリを入れてみると、魚が糸に触るのがわかります。
でも、掛かりません。

考えた末、ハリケースに入っていたチラシバリ(伯父さんにもらった20年以上前のTSURIXのやつです)を取り出してセット。

これが当りました。

ポンポンと掛かりだします。

が、なんと、ハリが古すぎて、ちょっと良い型が掛かって、のされたときに、鮎が外れてしまいます。
良く見ると、ハリが折れてました。
古すぎるハリを使うのは考えものです。

が、釣れてるのは事実なので、再度ハリケースからチラシを取り出します。
今日はチラシが正解でした。

チビばかりでしたが、結構掛かってくれました。

最後は橋の下に移動して、ポツポツと掛けて終了。
数えてみたら36でした。
中津ではこれまでの最高釣果かな?


Choka02
朝からやってますからね・・・

家では、良型よりもチビが喜ばれます。

それは、


Fry

これ。鮎フライ。釣りインストラクターのNさんから教えてもらった、開いて揚げるやりかたが好評なんです。
これなら養殖オトリでもおいしく頂けます。

そして、


Karaage

鮎の唐揚げ(本日はにんにく醤油)と、

Sioyaki

塩焼き。(あんまり美味そうに写ってないですが)

そしてそして、


Hourai

半原のコンビニで買った「残草(ざるそう)蓬莱」。酒屋さんではあまり売ってない300ml瓶です。
コンビニにしてはめずらしく、ちゃんとした純米の地酒をちゃんと冷蔵庫に入れて売ってました。2月瓶詰ですが、冷蔵庫に入ってれば良いでしょう。熟成も進んで飲みごろでした。

本日釣ってみた感想ですが・・・

体力がガタ落ちでした。原下から愛川橋に移動したら、脚がパンパンになりました。
腕力もなくなって、風でなかなか鮎が手元に飛んでこなくて空中分解もありました。
ちょっと鍛えなくては。


今年の釣果 36尾/1日/7時間 (平均 36尾/日、5.1尾/時間)
 

 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »