« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

コレ「シカ」・・・

日時:2013年3月23日(土) 15:30~17:30
場所:神奈川県早戸川 マス釣り場上
釣果:1尾(17cm)

今日は午前中用事があったので、また夕方からの出釣です。

ほんとは別の川に行く予定だったんですが、山奥で先に民家もないのに、なぜか道路工事。林道の奥にも鉄砲の人か工事の人か分かりませんが、かなりの数の駐車が。マイナーな川なので、釣り人とは考えにくく・・・
お気に入りの川なので残念ですが、やむなく早戸に移動。

場所は、国際マス釣り場の上。
山側は落石が恐いので、川側を選んで駐車。
ロープを伝って下りると、こんなかんじ。

Hayato01

ちょっと水が少ないので、アプローチに気を付けて、遠目からの写真です。

もう一枚。

Hayato02

早戸川、水がきれいですね。

ずいぶん暖かくなってきたので、落ち込みだけじゃなく、瀬にもエサを入れてみます。
が、アタリがありません。
風も強くて、思ったように流せない。

不要なドライブをしてしまったので、日暮れまでの時間も迫ってます。
ポイントと思われるところに仕掛けを入れながら釣り上って行きます。

400m。全くアタリがないまま、時間的にラストポイントの堰堤へ。

Hayato03

壺はそんなに深くないですが、幅広いので、端から端までやってみます。

すると、ようやくクイクイッとアタリ。少し送ってから合わせると、17cmのチビサイズ。
ハリを飲まれてしまったのでキープしましたが、本日はこの1尾「しか」釣れませんでした。

このポイントは、林道まで斜面を登らなければならないので、薄暗くなる前に撤退。車に戻りました。

着替えをしていると、山の方からガサガサという音が。
見てみると、「キューン!」という鳴き声。

Deer01_2

分かりますか?
「シカ」です。2頭います。こっちを見て、警戒してます。
そして、聞いたことのある「キューン」という声。

数年前、大芦の仙人さんのワンボックスに衝突して横を向かせてから山に逃げたときに聞いた声です。
仲間を呼ぶ声。
呼んでるんじゃなくて、「危ないぞ!」と警告してる声かもしれませんが。

ずーっとこっちを見てるので、こっちも見返して、にらめっこ状態。
車の外に出てるので、仲間が出てきて突進されたらひとたまりもありません。
恐怖を感じてささっと着替え。
そうしてるうちに、ガサガサガサ!群れがやってきました。
びくっとしましたが、道路には下りてこないで、斜面を走って行きました。

さっきの写真がピンボケだったので、何回かシャッターを切りなおしましたが、なんとか見られる写真が撮れたと思ったら・・・

Deer02

もう、写ってませんでした。

ヤマメは1尾「しか」釣れませんでしたが、「シカ」は大量でした・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

数年ぶりの早戸川

日時:2013年3月20日(水) 14:00~17:00
場所:神奈川県早戸川 旧丹沢観光センター、三日月橋下
釣果:ヤマメ2尾(20cm)、イワナ1尾(20cm)

春分の日。
前回は中津川(本谷川)でちょっとだけ釣れましたが、道路が狭くて・・・

今回は、赤レンジャーさんのコメントから、早戸川釣行に決定。
家から30分コースです。

林道は思った通り、荒れてます。10年前くらいはまだきれいな道だったんですけどね。

暖かいし、休みだし、釣り人いっぱいかな?と思いましたが、車で行ける最上流部の旧丹沢観光センターまで、釣り人らしき車は3台くらい。
釣れないのか?道路が荒れてるからか?昔の大人気河川の面影がありません。
夕マヅメ狙いで2時頃川に到着なので、皆さん帰ったあとなのかも知れませんけど。

川に降りるとこんな感じ。

Tanzawa01

Tanzawa02

堰堤の上から入渓です。

先行者なし。広い河原に私だけ。気持ちいいです。

踏み跡は・・・

Asiato

明らかに人間のものではありません。鹿が水飲みに来たんでしょう。

さて、仕掛けを張って、エサを・・・
なんと、さっき釣具屋さんで買ってきたブドウ虫なんですが、何匹か黒くなって死んでる・・・。
外れをつかんでしまったか・・・。でも、30匹入りで半分生きてれば、夕方だけやるには十分。

気を取り直して、一投。
意外と浅い。そのせいではないんでしょうが、しばらくアタリがありません。
ここは堰堤と堰堤の間だから種が少ないのかな?なんて疑問を抱き始めた時、やっとブルッというアタリ。やっちまったと思いましたが、仕掛けを送り込んで、一呼吸置いて合わせると、掛かってました。

前回の本谷川とは違ってきれいなヤマメ。そして、太ってます。

魚がいることは確認できました。

が、魚影は薄いのかな?

どんどんと釣り上って、途中でイワナをゲット。力強くダンダンを上って行きます。これは尺近いかな?と一瞬ドキッとしましたが、20cmくらいですっと抜けてきました。

元々は渓流釣り場だったので、ポイントがいっぱい。
1時間くらいでさっと釣りきるつもりでしたが、上の堰堤下をさぐって終わると、もう2時間がたってました・・・。
結局この場所では2つだけ。

時間は4時。
5時半を過ぎると薄暗くなってくるので、できるのはあと1時間くらいか?

急いで車に戻って、三日月橋へ。

橋の下に車をとめて、川へ。

下りたところで先行者のおじさん発見。
どっちへ行くのか声をかけようとしましたが、私には気付かなかったみたいで、釣り上って行きました。

ということで、私は下へ。

おじさんが釣った後では期待できないかな?

久々に早戸川で釣りましたが、結構良い川ですね。
大岩がゴロゴロとしていて、いかにも渓流という流れ。丹沢観光センターもなくなったので、上流には人の生活排水もなくて、澄んだ流れ。

やっぱり、先行者の後は厳しいですけど。

5時近くなって、そろそろ引き返さないといけないかな。最後の大場所。ということで、大岩の下の溜まりで粘ってみます。

何で粘ったかというと、魚が見えたんです。何匹も。
プールの中をあっちこっちに泳いでるんですが、掛かりません。
かなりやりましたが、アタリが1回だけ。合わせきれずにダメでした。

ここを諦めて、釣り上りながら車に向かいます。

最後におまけでヤマメが釣れて終了。

技術がないので、夕方3時間で3つだけでしたが、なんとかおかずにはなりました。

Choka

家に帰ってから撮影。
時間がたったので分かりにくいですが、上からイワナ、ヤマメ、ヤマメ。
20cmあったんですが、から揚げでいただきました。

神奈川の渓流もなかなか良いですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

久々に中津川上流!渓流解禁

日時:2013年3月2日(土) 8:00~10:30、15:00~17:00
場所:神奈川県中津川 漁協前、天王森、馬渡橋下、桟敷戸、本谷川 塩水橋
釣果:0尾、4尾(18~20cm)

2013年渓流解禁です。
3/1は仕事なので、田代運動公園の竿の砲列を見ながら出勤。釣れてるのかな?

仕事帰りに釣具屋に寄って、糸とハリとエサ(イクラとブドウ虫)を購入。

ここ何年か、中津川本流は解禁直後でも釣れない状態が続いてましたが、さて今年は?

朝はゆっくりと6時に起床。朝飯を食べて、準備をしてたら、7時半を過ぎてしまった。
入るところがないかな?と半ば諦めてましたが、田代運動公園に着いてみると、釣りっぽい車は1台だけ。昨日はあんなに並んでたのに。

そんな状況に一抹の不安を抱えながら、河原を歩いて漁協前へ。
運動公園上は、親水公園を造るんだとかで、こんな工事が・・・

Tasirokouji

本流脇に水路ができてました。
ただでさえ、夏休み期間は人が多すぎて困ってるのに、まだ人寄せをやるのか・・・川はへたにいじらない方が、生き物にもやさしいと思うんですが。
ゴミが増えないことを祈ります。

Tasiro

さて、本日はこの上の本流で竿を出します。

正面には漁協の駐車場もあり、入りやすいところなんですが、がらーんとしてます。
水も少なくて、釣れる雰囲気じゃない。
何投かしながら移動していきますが、雑魚のアタリすらありません。
30分足らずで運動公園前に移動します。

ちょうどこれから入るらしいおじさん集団に釣果を聞かれますが、「ダメです」ときっぱり。
昨日もあんまり釣れてなかったらしい。
道理で人が少ないわけだ・・・

国道へのぶっつけ下、天王森で竿を出しますが、こちらも音沙汰なし。
またしても、30分も持たずにギブアップ!

そして、車移動で馬渡橋へ。

河原に降りるときには、かなり慎重にゆっくりと下りましたが、最後にズズッとおなかをこすりました。キズにはならなかったですが、これからは慎重にアプローチしなければ。

いつもの淵だけは、5,6人の釣り人が。釣れてるのはここだけなんでしょうか。
今年はエサの人は2人くらいで、あとはルアー。去年もルアーの人がいましたが、人の仕掛けにも構わずにどんどん投げ込むので、かなり邪魔。

私は橋下のザラ瀬へ。
数年前はここでも良い思いをしたんですが、今年はここもダメ。瀬肩までやってみましたが、再び移動です。

今度は上流のトンネル横、桟敷戸まで歩いて移動。

雰囲気は良いんですが、トンネル下の淵や途中のトロ、曲がり角の淵とやってみましたけど、釣れる魚はお留守のよう。
手も足も出ません。
時間としても、ヤマメが出る時間はとうに過ぎてるので、一旦家に帰って休憩して出直すことにしました。

午後。

ダム下は見込み薄なので、久々にダム上の本谷川に行くことに。
道が狭い割に車が通るので嫌なのですが、どうしても魚の顔を見たいので、意を決して出掛けます。

やっぱり、何回もすれ違い。かなり狭いので、新しい車をこすらないかとヒヤヒヤ。
もう3時近いんですが、途中の目ぼしいポイントには車が止まってます。皆さんねばりますね~

結局、人気ポイントの塩水橋まで来てしまいました。

ここには車が5,6台。かなりのプレッシャーが予想されますが、ここよりも上に行くのも戻るのも面倒なので、駐車できるスペースに車を停めます。

が、ここで問題発生!

一旦家に帰った時に、ウエーダーを干したんですが、それを入れてくるのを忘れたことが発覚!!
ここまで30分かからずに来られますが、あの道をまた引き返して戻ってくるのは嫌だ。
ということで、靴のまま釣りをすることにします。
必然的に、移動範囲が狭まりますが、渓流なのでなんとかなります。

まずは、塩水橋の上の堰堤から。
ここは誰が見ても良いポイントなので、みんな攻めてるでしょう。
この時間に魚が出るか?

Hontani

出ませんでした。

しつこく攻めたものの、反応なしです。

それから、動ける範囲で下に。
落ち込みを狙うと、プルプルという反応が。この時点ですでに遅いんですが、合わせてみると掛かってました!
頭上の木に竿をとられながらも、何とかタモ入れ。
今年初のヤマメちゃんです。
18cmくらいで、ヒレがボロボロでしたが、うれしい一尾!

さらに下の落ち込みでも1尾ゲット!!
日が傾き始め、夕マヅメでしょうか。
しかし、大場所ではないので、1ポイント1尾。あまり動けないので、後が続きません。
一旦道路に戻り、対岸からまた下りて探れなかった橋下の場所へ。

こちらはやや分かりやすく、溜まりも大きい。
それだけに攻められ続けたのか、反応がありません。

下には行けないので、また橋の上に戻り、さっき釣ったポイントの対岸の白泡を狙います。
と、反応が。
まずまずの型です。
そして、ちょっとずらしたポイントでもう1つ。

4時半を回って、そろそろ上がらないと暗くなってしまうので、最後にもう一回、堰堤下を、さっきの反対側から狙います。

数回流すと、仕掛けが引き込まれる感じ。
が、掛からず。もしかしたら、水流で引き込まれただけかもしれませんが。

その後もやはり掛からず、5時に終了です。

結局4尾でしたが、何年かぶりのヤマメです。やっぱり釣れるところで釣らないと釣れないんですね~

もし、朝からこっちでやってたら、ツ抜けくらいはしてたかも。
なーんて、朝は人も多いだろうから、結局釣れずに午前中だけでやめてただろうな~
なにはともあれ、釣れて良かった。


でも、この道を苦労して来ることを考えると、ちょっと躊躇してしまいます。
今度は他の川を探ろうかな~

夕飯は塩焼きで。
ちょっと塩が足りませんでしたが、美味かった~
川魚ではヤマメが一番ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »