« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月24日 (水)

日本酒:古都 純米吟醸

10月頭に、家族旅行に行ってきました。とは、先日の海釣りのときに書きましたが、いろんな場所を巡る旅。
必然的に地元のお酒がついてきます。
まずは、三重の伊勢(二見)。
こちらは、宿で頼んだ冷酒。写真を撮り忘れてしまいました。
うまい魚料理とマッチしていて、なかなかの酒でした。
そして、次の日は、奈良に寄ってから京都へ。
酒蔵に行くつもりでしたが、台風の影響で雨が本降りになったため、途中のデパートで地酒を買うことに。
予想通り、ビール類は冷やしてありますが、日本酒たちは普通の売り場に・・・
店の中でクーラーが効いているので、新しい酒なら大丈夫か。
で、元々行こうとしていた酒蔵の酒を発見!
それがこちら。
Photo

箱には「今日の酒」としか書いてありませんが・・・

Photo_2

下に酒蔵の名前が見えますね。

Photo_3

京都市上京区は佐々木酒造の「古都 純米吟醸」。

Photo_4

佐々木酒造は、俳優の佐々木蔵之助さんの実家です。

今では、京都市内に残る唯一の酒蔵とのことで、「洛中伝承」の文字が光ります。
ちなみに、表書きの「古都」の文字は、この酒蔵の酒をこよなく愛した、かの川端康成の揮毫だそうです。

夕飯は、神奈川から持って行った食材と、デパートで買った惣菜(ちょっと京都っぽいやつ)。
香りはやや吟醸香の抑えめな感じ。
でも、味はしっかり。かつすっきりで、なかなか飲みやすい酒でした。
値段もお安めで、毎日食中酒として飲むのにもぴったりな感じ。

京都の酒といえば、これまで「まつもと」くらいしか思い浮かびませんでしたが、京都もなかなかやるな!という感じ。
お気に入りの酒になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

これで納竿です!

日時:2012年10月14日(日) 12:30~17:00
場所:神奈川県中津川 ぼっこれ橋上下
釣果:6尾(19~22cm)

神奈川県は、条例により10月15日から鮎が禁漁になります。
すなわち、本日が鮎釣り最終日。
気合いを入れて、早い時間からスタート!12:30開始・・・

最終日ですが、曇り空でちょっと肌寒い。おかげで、到着時にはこんな感じ。

Bokkore01

Bokkore02

消防グランドには結構人が入ってますが、こちらはポツポツと4、5人。
どこでも自由に入れます。

終盤ですが、今日も瀬でやってみます。
最近、小澤剛さんの本を読んで(立ち読みで)、ちょっと思うところがあり、釣り方を試してみます。

しばらくアタリがありませんでしたが、開始30分後、瀬と瀬脇の間でヒット!この時期にしてはまずまずの引き!
1ヶ月も鮎釣りから離れれたので、なんだか竿が重い!
タモにおさまったのは、19cmのなかなかのサイズ。しかも黒ずんでません。

目掛かりで出目金になってしまいましたが、オトリになってもらいます。
掛かりが目だったので、ちょっとハリスを長めに出します。
すると、すぐさまもう1尾!こちらも綺麗な鮎。

さらに連発を!

と期待しましたが、この2つで止まり。

少しずつ下って、1つ追加。
今日は型揃い、しかも色も良い。ちょっと寒いけど、まだまだ行けそう。禁漁になるのがもったいないくらい。


さらに1つ追加したところで時計を見ると13:30。1時間4つは良い感じ。

が、良かったのはここまで。
その後、霧雨っぽくなってから、全く追いがなくなり・・・
水温は低くないんですが、なぜか、アタらなくなりました。

ぼっこれ橋の上に移動してしばらくすると、さっきの霧雨が本格的な雨に。

鮎釣りは半袖でできるくらいの陽気じゃないと!ということで、今日も半袖でやってますが、さすがに寒い!

この雨で、4、5人いた釣り人も、去って行きました。

Bokkore03

Bokkore04

貸切りですが、さびしい。

その後、雨はやみましたが、結局、さらに2つ追加しただけで終了でした。

Choka

本の成果ですが、釣れなさすぎてよく分かりませんでした。
ただ、「線を外さない」釣りは思ったよりも難しいことがわかりました。
また来年チャレンジですね。

これで、今年は納竿です。

さて


今年の総釣果:235尾/22日/97時間
平均釣果:10.68尾/日
平均時間釣果:2.42尾/時間
最高釣果:22尾(9月2日 中津川 八菅橋、若宮)
最低釣果:0尾(6月24日 中津川 愛川トンネル下、田代運動公園)

1日10尾は達成できましたが、時間3尾には及ばず。
そして、今年もボウズをくらいました。来年はもっと精進せねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

兵庫日本海側でおかず釣り

日時:2012年10月4~6日
場所:兵庫県豊岡市田結港・津居山港、兵庫県香美町鎧港・とちみたキャンプ場前・香住西港
釣果:0尾、豆アジ22尾+シマダイ4尾+アイゴ6尾、豆アジ2尾+中アジ2尾+カワハギ3尾+アオハタ1尾
会社の5日間の休みを利用して関西方面に旅行に行ってきました。
伊勢→奈良→京都市内→朝来→豊岡→城崎→鳥取→宮津→香美→小浜→若狭と、ずいぶん回りました!
家族旅行でしたが、しっかり釣りしてきました。堤防でのおかず釣りです程度ですが。

まずは、10/4。
鳥取砂丘に行った後、夕方ちょっとだけ。
宿から車で1分くらいの田結港へ。おじさんがルアー釣りをしてたので、釣れるかも、とやってみました。
が、風が強くて、港の中でも波が立つほど。しかも水深が1mちょっと。サビキ仕掛けが全部しずまなくらいの浅さ。

Teibou01

Teibou02

結局釣れませんでした。
ルアーのおじさんもダメだったみたい。
帰りに城崎温泉に行って、刺身を買って帰りました・・・


次の日。
風はやんで、天橋立へ。そのあと、やっぱり夕方だけの釣り。
今度は、前日のポイントから円山川を挟んで対岸の津居山港。
一番奥の堤防には何人かのおじさんがいていっぱいだったので、手前で釣ります。
今回は豆アジが入れ食い。ときどきシマダイが掛かります。
そして、アイゴも。
このときはまだアイゴを知らずに、うかつにも素手でハリをはずしてました。そして、やられました。刺されてしまった!
最初は気づかなかったんですが、そのうちズキズキと。でも釣れてるので、無視して続行。
薄暗くなってきたので、仕掛けをサビキからエギに変更。堤防の上には墨跡があったので、アオリが釣れるはず。
何回か投げていると、アタリが!でもバレ。さらにもう1回アタリが来ましたが、これもバレ。エギを見てみると、ハリが内側に曲がってました。これでは掛かりません!
その後少しやってみますが、すでに7時を回っていたので、後ろ髪を引かれる思いで終了。まあ、おかずにはなったので良いかな。
ちなみに、後から来たおじさんは30分くらいで2つ挙げてました。


10/6。
この日は特にどこかに出かける予定はなかったので、近くの海で夕陽を見ることに。
それまでの間、神様も一緒に釣りです。
最初は鎧港。ネットで穴場として紹介されてたので、ゆったり釣りができるかも、と行ってみました。
果たして、だれも釣り人がいません。
ここで弁当を食べて、釣り開始。
アイゴが入れ食いです。が、4日に分かったことですが、アイゴは結構臭い。内臓と皮を取ってしまえば全く臭みはないんですが、さばくのが面倒。しかも、刺す。
なので、今回はみんなリリースです。
そうこうしてるうちに、スズメバチが・・・灯台のそばにだれかが捨てたダツの死骸があって、そこにスズメバチが集まりだしたみたい。
最初は無視してましたが、そのうちハチが警戒してきて、周りを旋回しはじめます。
危ないので撤退することに。まずは神様とちんぺいが先に車の方に行くようにしましたが、ハチはそっちを追いかけて、結構危ない状況だったみたい。
私もビクビクしながら片付けをして移動です。

車を走らせながらポイントを探し、また穴場っぽい場所へ。
ここでは夫婦連れがアオリを狙ってました。こちらはサビキ。
ちょっとやってみましたが、魚は見えないし、アタリもないのですぐ移動。

最後は香住西港。
こちらはファミリーフィッシングの銀座らしく、家族連れがいっぱい。
早速仕掛けをおろします。
と、来ます。アイゴ。
そして、豆フグ。こいつらが尋常じゃないほどエサを追うのが上手い!瞬く間に掛かってしまいます。つまり、フグの入れ食い。もちろんリリースですが、エサがもったいない。
フグの中にはカワハギも混じっているんですが、フグの素早さにはかなわないみたい。
ほんとのエサ取り名人はフグですね。
かなり粘ってやっとカワハギ3尾。
その間にアジとか豆マダイとかが釣れます。神様に。
ギンポも神様に掛かったんですが、そのときにはギンポを知らずに、見た目が気持ち悪いので放流。後で調べたら高級天ぷら素材だったんですね。もったいないことした!
入れ食いは続きますが、フグばかりで、お持ち帰りの魚が少ない。
そのうち日没の時間が迫ってきたので、釣りはここまで。でも、ツマミにはなったかな。
今回はあんまり調べずに適当にやってみましたが、今度来るときはポイントも仕掛けももうちょっと準備してこようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »