« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

水合わせはきちんとやりましょう!

日時:2012年8月19日(日) 14:30~18:30
場所:神奈川県中津川 田代運動公園上下
釣果:10尾(15~16cm)

会社の夏休みも最終日となりました。
気合いを入れて!

家でのんびり仕掛けの補充をしてから出発しました・・・

川に到着したのは、いつものように(ちょっとだけ早く)、午後2時半。

朝から快晴の一日でしたが、家を出ようとしかけると、にわかに風が。
これもいつもの通り。なぜか私が釣りをしようとすると、風が吹いたり、曇ったり。何とかならないでしょうか?

オトリ屋さんに行く途中、道路の上から川を見ると、田代はものすごい車。そして、川遊び。
おかげで、釣り人は1人しか見えません。

ここに決定!

川遊びも、我慢さえできれば何とか釣りにはなるもんです。

オトリ屋さんから、上の瀬が良いかも、と聞いたので、上から入ります。
川は、こんな状況。

Tasiro01

Tasiro02

ごらんのとおり。釣り人は誰もおりません。
そのかわり、川遊びはいるので、間を縫って釣るしかありません。

まずは、長い瀬の下流側から。

オトリを入れると、ものの5分で掛かります。
風が強いのでアタリが分かりませんでしたが、ナイスキャッチ!

ところが、ハリが心臓を一突き。オトリになりませんでした・・・

それからしばらくやってみますが、川遊びが激しすぎて鮎が落ち着いてなさそうなので、川遊びが入らない上に移動。

Tasiro03

Tasiro04

こちらは、分流の合流上に3人ほど、釣り人が見えます。

私は合流の下に入ります。

2尾目のオトリにハナカンを付けて流れに入れたところで、鮎大迷人さんから電話。
さっきこっちから電話したので、折り返してくれました。
話をしていると、どうもオトリの動きがおかしい。石裏のたるみでうろうろさせるつもりが、下ってしまいます。

電話が終わって、引き寄せてみると、口をパクパク。瀕死の状態。

ん~?外れオトリをひいたかな?と思いましたが、1尾目のオトリに交換して、やっと気付きました。

水合わせ失敗!

このオトリも、2尾目ほどじゃないですが、かなり弱ってます。10分も泳がせてないのに。
今日は気温も高いですが、水温も高い。
いつものように、陸の上でオトリ缶から引き舟にそのまま移して川に入ったんですが、これがいけなかったみたい。
高水温で水合わせをやってなかったので、一気にオトリが弱っちゃいました。
そういえば、移動中もブクの装着を忘れてた・・・

ということで、弱
々オトリと、瀕死のオトリと、死んだ野鮎。この3尾で今日一日、釣らなきゃなりません。

まずは、オモリを付けて、流れがあるところへ。
行くのはもちろん、弱
々オトリ。

が!
こんなときに!

ボウズハゼ!しかも15cmくらいのデカサイズ。ノー!!

半分、終わった・・・と思いながら、少しでも可能性がある、と、思われる、公園下の瀬に移動。

頼みの綱は、さっき家を出たというyutakaさん。
早く来てオトリを捕ってください。。。

下の瀬は、さっきは1人しか釣り人がいなかったんですが、4人ほど入ってます。
おんなじ考えの人がいるんですね。

なんて感心してる場合じゃない。


最初はオモリを付けてやってみますが、どうもうまくいかないので、瀬バリにチェンジ。弱々オトリ君も、瀬バリを付ければなんとか沈んでくれます。

で、ようやくヒット!


風が強いので、慎重に・・・

少し小振りだけど良いか。

なんて考える余裕もあったんですが、余裕持ち過ぎて、イージーなキャッチミス!!
このタイミングで、かなり痛恨!

さらに弱まる弱
々オトリ。

終わった・・・

と思いましたが、また来た!!

今度こそ!




身切れ・・・

終わった・・・

ぼけーっと釣りをしてると、yutakaさん登場!
救世主になるか!?

yutakaさんは下流へ。

その姿をちらちらと見ながら、早く掛からないかな~、ともはや他人頼みです。

と思ったら、天の佑け!掛かりましたよ~~

今度こそ、慎重に、まっすぐ風上に掛かり鮎を誘導して(下流からの強風です)、ビクビクもののキャッチ!


バッチリ瀬掛かり!ひゃー!助かった~~

しばらく続けましたが、上流からは川遊びの一団が迫り、下流からは雑魚釣りのおにいちゃんが迫り、狭くなったので、瀬の最下流、yutakaさんの下へ。

話をしてみると、yutakaさんもオトリがグロッキー状態みたい。今日は厳しいですね。

yutakaさんは、ここで良い思いをしたことがないとのことですが、今日はボチボチは釣れそうな感じ。

と思った通り、2連発!
オトリがとれたので、yutakaさんにおすそ分け。オトリが良ければ釣れるはず。

Tasiro05
真ん中にいるのがyutakaさん。

私はと言うと、その後2発来ましたが、1つはまたもやキャッチミス!いかん!

瀬肩付近の川遊びが少なくなったので、そっちを探ることに。

移動して、すぐに3連発!

オトリが沖にすーっと出ると、スパッと掛かります。

が、3尾目がなかなか沖に出ない。
こうなるとアタリがストップします。

しばらく釣れない時間が。


そして、しばらく後、やっとアタリ!

ところが、風は少し弱まったのに、コントロールがうまくできずに、三度目のキャッチミス!
でもこれは外れなかった。

ほっとして、抜き直し。

が、これもキャッチミス・・・
今度はタモに当たって、外れました。。。
何やってんだか。

そのとき、下流からyutakaさんが。
多分、見られた・・・

yutakaさんは私の上に入りましたが、その後ろで、おガキ様が石切り遊びを始めて、ほどなくyutakaさんは移動していきました。
昔は、釣り人がいるのに石を投げたりしたら、大人から叱られたもんですが、今はお構いなしですね。

私の方も、アタリがめっきり少なくなり、ポツポツと追加しただけ。

夏休み最終なので、6時半まで粘ってみましたが、最後の追い込みはありませんでした。

Tasiro06

今日は、水合わせ失敗に始まり、強風による(ということにしておこう)たび重なるキャッチミス、そしてボウズハゼ(実は4尾掛けました)、と、いろいろありました。

水合わせは全くのポカミス。危うくボウズになるところでした。よく10尾も釣れたもんです。

そういえば、yutakaさんにオトリのおすそ分けをするときに、最初に釣った野鮎を瀕死のオトリと間違えて放流してしまいました。
従って、最後に残ったのは、8尾です。
まあ、そこは、大会じゃないですから・・・

今年の釣果:170尾/17日/75時間 (平均10.0尾/日 2.3尾/時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

いまいち!

日時:2012年8月17日(金) 14:00~18:00
場所:神奈川県中津川 桟敷戸、馬渡橋下
釣果:9尾(15~19cm)

昨日まで栃木に里帰りでした。
大芦川をちょっと見てきましたが、大渇水ですね。でも、川は相変わらずきれいで気持ちよかったです。

中津川も雨が少なくて、川が詰まり気味。
一雨あるといいんですが。

昼を食べてから出発。
上流も良いかな、と愛川トンネルの横で竿を出すつもり。

でも、すでに本命ポイントには先行者が。

上流へ歩いて、短い瀬に到着。
仕掛けをつないで、竿を出す、と、とたんに風が。まあ、いつものことなので慣れっこですが、吹き方が・・・雨が来そう。


瀬の中を泳がせてみますが、どうも鮎の気配がない。
川も一面緑で、あんまり活気がありません。
しばらくやってみましたが、釣れる気がしないので、上流へ移動。

カーブした上の瀬まで来て、竿を出します。

と、やっと1尾。15cmくらいですが、オトリには十分。
こちらもやっぱり緑の川ですが、さっきよりはマシか?

すこし粘ってみようかな、と思った矢先、ボツ、ボツ。
ポツポツじゃなくて、ボツボツって感じの大粒の雨です。

そして、ゴロゴロ!
やっぱり来ました。今日に限って天気予報が当たるとは。
ゴロゴロさんにはかないません。退散。

車に戻って、しばし一休み。

すこし雨が落ち着いたので、オトリを回収して田代へ。
この雷雨で川遊びが減って釣りやすくなるかな?との予想。

ところが、田代に着いてみると、泥濁りです。
真ん中のスジだけ濁りが薄くて、両岸が茶色。左岸は塩川として、右岸は??
濁りの元が良く分かりません。

とりあえず、濁りが少ないところの水をオトリ缶にすくって、今度は漁協の駐車場へ。
馬渡橋狙いです。塩川の上なら釣りになるかな?
実際、車で馬渡橋を渡ったときには、少し濁りがありましたが、まだ釣りできそうな感じ。
ところが、駐車場に車を停めて、歩いて馬渡橋に向かっていると、どんどん濁りがきつくなってきて、端に着くころには泥濁り。
しばらく雨が降ってなかったので、いろんなところの泥や埃が流れ込んだんでしょうか??

まあ、雨自体はスコールのような感じで、そんなに多くありませんでしたから、しばらく我慢すれば澄んでくるはず。
と信じて、濁りの少ないところを泳がせて待ちます。

30分くらいたつと、少し底が見えるようになってきたので、瀬の芯に入れてみます。

しばし後、ぎゅーっと竿が絞り込まれます。
15cm。
それから、4連発!10分で5発です。
濁りがとれてくるタイミングで追いが良くなったみたいです。

ところが、水が澄んでくると、アタリが遠のきます。

ポイントを動きながら、釣れるポイントを探りますが、掛かるのはボウズハゼばかり。
ゴツンときて、ホイっと竿を立てますが、岩にひっついて上がってきません。根掛かりかと近づいていくと、ブルブルっと浮きあがって来て、仕掛けをグチャグチャにするんですね~
こいつが釣れるとボウズになるからボウズハゼって言うんでしょうか?

その後も、ポツポツしか釣れず、薄暗くなるまでやってみましたが、再びゴロゴロさんがやってきたので、強制終了となりました。

今日はいつもより早めに出たんですが、結局実釣時間は3時間ほど。
うーん、消化不良。

今年の釣果:160尾/16日/71時間 (平均10.0尾/日 2.3尾/時間)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

今日は強風

日時:2012年8月5日(日) 13:00~18:00
場所:神奈川県中津川 若宮
釣果:15尾(12~18cm)

本日はCyberAyuClubの太ハリスの新ちゃんとQ太郎さんが中津に来るとのこと。
yutakaさんが案内役で、先週行った若宮へ。

今日はyutakaさんも朝7時からだそうです。

朝起きて、メールを見てみると(10時過ぎですが・・・)、yutakaさんは、朝一、3尾目を釣ったところで竿を元から折ってしまって!早々に退散だそうです。
先週ここで穂先を折ったばっかりなのに。ご愁傷様です。

私はゆっくりと昼過ぎに出発して、午後1時に川に到着。

Wakamiya01

奥にいるのが新ちゃん。

Wakamiya03

新ちゃんと少し話をして、上流にいたQ太郎さんともご挨拶。
上流にいるのがQ太郎さん、下が新ちゃん。

午前中はポツポツとのこと。

私は、上流の瀬まで歩いてみます。
もっと長くて良い瀬だったと思ってたんですが、来てみたら短くて石も小さくて、やりにくそうな瀬でした。

さらに、ちょっと釣趣をそぐのが、これ。

Wakamiyagomi

下流の方は、ゴミと草木が石に引っかかってる率が高いんですよね~。

そして、中津名物の風が出始めます。

とりあえず、芯の手前に入れてみます。

すると、即掛かり!
小さいサイズでしたが、まあ、良しとしましょう。

さらに、少し上に入れてみると、連発!上流のチャラには結構人がいましたが、ここはやられてないのかな?

さらに、またもや入れ掛かり!
ひょいっと抜いたら、空中分解!!

タモが・・・

ぐらぐらしてて、危ないな~と思ってたんです。タモの網と柄の継ぎ目のところが。

タモ後抜きで、タモをベルトから抜いたとたんに、スポッと。
しっかり持てずに、受けそこないました・・・

Tamo
タモの残骸・・・

瀬はこれ以上出る雰囲気ではなかったので、少し下って、瀬落ちのトロへ。
が、これまた中津名物の川遊び。
この場所を断念です。

少し下って、トロ尻。
ここで2つ追加。

なかなかペースが上がりません。

下に行くと、新ちゃんもQ太郎さんも、ほどほど掛かってるみたい。
地元なのに、負けてます・・・

さらに下に移動して、浅瀬や対岸の深みを狙って数尾追加。

しっかし、風が強い!
竿を長くして持ってられないくらい。誘いの操作もうまくできないので、なかなか数が・・・
さらに、キャッチミスも多発!久々の特大ホームランまで!!
まあ、風のせいです。と言い訳ができた。

この強風で、新ちゃんGive up!そしてQ太郎さんも。

いつもならここらへんで風がおさまってくるはずなんですが、今日はなかなか風がやまない。
タモは完全にいかれたので、新ちゃんに予備のタモを貸してもらって続けます。


新ちゃんたちが片付けをしているうちに数尾を追加。
ちなみに釣果は、新ちゃん28尾、Q太郎さん17尾。この悪条件で、すごいです。

私は、お二人が帰ってから30分ほどやって、1,2尾追加して終了。最後まで風はおさまりませんでした。

釣果は・・・

Choka

それでも、15尾。結構長い時間やってましたからね~

今年の釣果:151尾/15日/67時間 (平均10.1尾/日 2.3尾/時間)
やっとツ抜け~ず脱出です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰も帰らない・・・

日時:2012年8月4日(土) 14:30~18:30
場所:神奈川県中津川 田代運動公園上下
釣果:16尾(14~18cm)

本日もCAC yutakaさんと一緒です。

いつものように、私は2時過ぎに家を出て、2時半に川に到着。
yutakaさんは3時に家を出て、4時に川に到着。

はじめは馬渡橋の下、と思いましたが、今日は人がいっぱい。瀬が短いので入る場所がなく、結局いつもの田代へ。

ところが、こちらも解禁なみの人!河原には川遊び。
つまり、超満員。

運動公園下の瀬は、竿1本分空いていたので入ろうと思いましたが、きつくて動けないので、上の瀬へ。
国道のぶっつけ上にはあまり人がいなかったので、やってみます。

瀬尻でやってた方は、下の瀬は釣り人だらけ、トロは川遊びだらけで、石の上に腰かけて釣ってました。「これじゃ釣るところないよ」ってことですね。

ダムの放流は5トンなので、結構水が少ないです。
ぶっつけの上は7~10トンくらいあった方が水深が出て釣りやすいんですが。

したがって、水深を求めて、流心付近に立って対岸の深み狙いになります。

すぐに1つ来ますが、その後30分アタリなし。岩の前後左右を一つ一つ狙いながら、やっともう一つ追加。
そして、さらに岩の向こう側で掛かりますが、岩の絞り込みの流れのおかげで、道糸が岩にこすれます。
なんとか前に出て、これを切り抜け、引き抜き!
ちょっと大きめなので、低い弾道。
水面ギリギリでキャッチ!
と思ったんですが、タモを上げてみるとオトリしか付いてません。着水と同時にバレたのか、タモが届かなかったのか・・・非常に残念!

ここで少し粘りましたが、このローペースに我慢できずに移動。
1時間半もやってしまった。

公園下の瀬は、やっと少しだけ空きができました。
ちょうど2人分。

本命ポイントの間にある場所で、棚になっていて見た目は良いんですが、あんまり良い思いはしたことがないポイントです。

でも、ここしかないのでやってみます。

ところが、これが良かった。

入って少しすると、鮎が跳ね出します。中津では跳ねる鮎は釣れる!

と、思った通り、目印が飛びます!
おや?大きめ。

ドスっとタモにおさまります。

数尾追加したところで、アタリが止まります。
オトリの動きは悪くないのに。
おかしい・・・

と思って引き上げてみると、なんと、逆バリのフックのところからハリがすっぽ抜けてる。つまり、ハリが付いてない状態でやってますた・・・

これでは釣れません。

今日は、出る前に0175ナイロンの仕掛けを作ってきましたが、ハリは巻かずに来ました。
釣り場に着いてみると、ハリケースには6本だけ。。。。。。
なんとも心許ない。前半戦で2本使ったので、このロスで残りのハリは3本に・・・
慎重に釣りをせねば。

4時過ぎに、yutakaさんから電話があり、馬渡のあたりは釣り人が少ないとの情報。
でも、この時間から動くのも時間ロスになるし、結構人がいたのでかなり釣られてるかな?
ということで、こっちで釣ることに。

しばらくしてyutakaさんが到着。
間もなく1つ目を掛けてましたが、良型のようです。

私の方も、連発はないものの、ポツポツと掛かります。

今日は良型が多くて楽しい!

5時となり、そろそろみんな帰りだす時間。
下の瀬も、上の瀬肩も、釣り放題の予定。

が!!

誰も帰らない。あそことあそこ、なんて皮算用をしてたんですが、なぜか帰らない。

そうこうしてるうちに、6時。

誰も帰らない・・・何で~?

ついに、狙いたいポイントには入れずに終了!

6時半には皆さんババッと帰られましたが、何で今日は帰らなかったんでしょう?

釣り終わって、鮎を数えてみると、オトリ込み18尾。
あんまり数を釣った気がしませんでしたが、なんと16尾も釣ってました。
帰らなかったのはそのせいか・・・

魚体は背びれが長いのがほとんどいなくて、ザ・放流物、みたいな感じでしたが、まずまず楽しめました。

今回は写真撮り忘れました。

今年の釣果:136尾/14日/62時間 (平均9.7尾/日 2.2尾/時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »