« またバレた! | トップページ | 水着ギャルと子供と良型の中津? »

2012年7月30日 (月)

中道志、なかなかの鮎です

日時:2012年7月28日(土) 14:00~18:30
場所:神奈川県道志川(中道志川) 青野原
釣果:10尾(14~19cm)

先週の釣りで最後に根掛かり放流。予備の0175ナイロンだったので、仕掛けを作らねば。
と、道具箱を開いてみると、0175のスプールには1mくらいしか糸がない!
残るは・・・0175ナイロンの予備に作っておいた025フロロ。この1セットだけですが、025ならまず切れることはないので、追加で作るのはヤメ。
そのかわり、残り少なくなったハリを5本ほど巻きました。

なんてことをしていて、家を出るのが遅くなってしまいました。

川に到着したのが13:30過ぎ。
山道を歩いて川に降りたところ、ちょっと渇水?
こんな感じです




って写真を撮ったんですが、携帯のレンズがマクロ設定になっていてボケボケのため、今回は写真なしです。

さて、普段ほとんど人が来ないと思われるポイントなのですが、先行者あり。
一人占めにはできませんでした。

先行のおじさんの上に入って、まずは棚を泳がせます。

さすがに、漁協が放流しているわけではないので、魚影は薄いです。ときどき鮎っぽいヒラ打ちが見えますが。
初めの1尾は、開始30分後。交通事故のような掛かりでした。
連発を期待しましたが、その後またアタリが遠のきます。

2時間、1尾だけ。

これは、ダメかな?
もっとも、今回はボウズも覚悟。仕方ないか。

移動しながら、ポイントを探ります。

時間は、4時。

オトリを送り出しながら、「掛かったら交代してあげるよ~」
なんて言った途端、掛かった!!

しかも、完璧に追ったアタリ!ギラッと野鮎が走るのが見えます。


ドスっとタモにおさまったのは20cm弱の良型鮎。釣れればデカイかも、との読み通り。
それから今までの雰囲気が一変!


送って、オトリを安定させて、「掛かったら交代」と言うと掛かる!なんだろう、このおまじないは。

パタパタと掛かってる最中に、底バレ。
これでアタリがストップ。

しばらくして、グルン!というアタリがあって、抜いてみるとハヤ。
ハナカン仕掛けがぐちゃぐちゃに!
おかげさまで、ハナカン周りも最後の1セットの登場となりました。

せっかく中道志に来たので、上流に行ける所まで行ってみよう、と、どんどん釣り上ります。

前回ヤマメ釣りに来た時に、yutakaさんから、上流は通らずになってるよ、と教えてもらいましたが、今は夏だし、何とかなるかも、と行ってみました。

何とかなりませんでした。
見事なゴルジュ。泳ぐ準備をしていけばなんとかなるかもしれませんが、ちょっと無理。
諦めて引き返します。

戻りながら、数尾追加。しかも、みんな良型で、トロでは目印が全部けし飛ぶアタリ!瀬ではギューンと一気に横走りするアタリ!で楽しめました。

数こそは10尾でしたが、最近小さいのしか釣ってないので、良型の釣りを堪能しました!

Choka

この写真撮る前にレンズの設定が違ってるのに気付きました・・・

肝心の鮎ですが、香りはあんまり・・・。若干川魚っぽい感じが。
鮎の質は川の状態にもよるので、これが中道志の鮎ってわけではないとは思いますが。贅沢ですね~

今年の釣果:108尾/12日/54.5時間 (平均9尾/日 2.0尾/時間)

|

« またバレた! | トップページ | 水着ギャルと子供と良型の中津? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中道志、なかなかの鮎です:

« またバレた! | トップページ | 水着ギャルと子供と良型の中津? »