« 今年のの中津は渋いな~ | トップページ | 中道志、なかなかの鮎です »

2012年7月23日 (月)

またバレた!

日時:2012年7月22日(日) 13:30~17:30
場所:神奈川県中津川 愛川橋上(原下)
釣果:7尾(11~18cm)

本日も中津川。
CyberAyuClubのyutakaさんと一緒に釣る予定でしたが、yutakaさんが急きょ仕事に。
一人だしちょっと肌寒いので、どうしようかと思いましたが、ヒマなので出掛けました。

本日のダム放流量は10トン。通常5~7トンなので、結構な水量です。
濁りもまだ残ってます。

上流の回復具合はどうかと、愛川橋に行ってみました。

田代はまだ流心のアカ付きが良くありませんでしたが、こちらは流心の岩にもアカが付いてます。状態は良さそう。

Harasita01

Harasita02

Harasita03

分かる人は分かると思いますが、結構水量があります。
でも、ここは大きい岩がいたるところにあるので、緩流帯があってアカが残るんでしょう。

まずは、手前の石裏を攻めます。

いきなりアタリ!

と思いましたが、エビでした。タモに手をかけてしまった・・・

気を取り直して、再び手前の石裏。足元2mです。

すぐにアタリ!
今度は掛かってます。
手前の流れと言っても、増水中なので腰ほどの水深。
なかなか浮いてきません。身切れが恐い。
と思ったところで、身切れ・・・。オトリだけ飛び出してきました。

最初からバレ。

鮎がたまってるだろうと、同じポイントでやってみますが、掛かりませんでした。

ちょっと沖のポイントに切り替えます。

しばらくしてアタリが。16cmくらいのオトリごろの鮎です。

右岸手前から沖を狙ったら、また右岸に戻って少し上を攻める、というやり方で、数尾追加。
そして、数尾バラシ。空中分解がほとんど。
水量が多くて狙うポイントに対する立ち位置が悪いのも一因だと思いますが、バレが多すぎ!

さらに、今日はハナカンハリスが切れる日でした。

1回目は、対岸のヘチを狙うのに空中輸送をするときでした。
私がやるのは、オトリを手で持ってブン投げて輸送する方式?なんですが、勢いよくやりすぎて、掛けバリが手に引っかかり、オトリだけ対岸へ。
ハナカンの上はつながってたので、オトリのロストは避けられましたが、悲しいことに、逆バリの上からプッチンプリン。
ハナカン仕掛けの交換になりました。

2回目は、本日恒例となったバレとセット。
タモ入れのほんの数十センチ手前で空中分解。
空中の掛かり鮎をキャッチしようとタモを下に動かしたら、掛けバリがタモに引っかかり。
オトリはそのまま飛んで行き、掛かり鮎はキャッチできず。
2回目も、切れたのは逆バリ上なので、オトリはセーフでしたが、逆バリのところで切れやすいのは修正しなければ。
直結びじゃなくて、根巻き糸で固定するようにしようかな。

移動を重ねて、瀬の上のトロまでやってきました。

Harasita04

普段ならチャラと言える場所なんですが、今日は「トロ」です。

ここもアカが結構残ってて、跳ねもあります。掛かりそうな雰囲気。

ですが、なかなか掛かりません。
なぜか、さっき掛かったばっかりの野鮎でも元気がないんです。
泳いでくれないオトリで、トロを釣る技量はありません。
つまり、ほとんど釣れません。
そして、バレます。ここでは竿の角度は悪くないはずなんですが。
ハリが合ってない可能性もありますが、横着していてしばらくハリを巻いてないので、ハリの種類が・・・

最後は、崩れた堰堤?上まで下ります。

Harasita05

Harasita06

狙いは、落ち込みの上と、対岸の溜まり。

落ち込みでアタリ、ですが、またまた空中分解。
ここでは1つくらい追加かな?
最後は、対岸を泳がせます。野鮎の反応がある感じがしたので、広く泳がせます。
すると、根掛かりしました。。。
間には、深瀬の流心が。普段でも胸くらいの深さがあるので、今日は頭まで潜ってしまうかも。

諦めました。

不本意ながら、仕掛けを切って、終了。一番デカイ鮎だったのに~

本日は、バラシ多数で、根掛かり放流までしてしまい、結局7つ。
ツ抜け~ずに逆戻りです。

Choka

小型の割合が少なかったので、なぜか昨日より釣った感じがしました。

今年の釣果:98尾/11日/50時間 (平均8.9尾/日 2.0尾/時間)

|

« 今年のの中津は渋いな~ | トップページ | 中道志、なかなかの鮎です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またバレた!:

« 今年のの中津は渋いな~ | トップページ | 中道志、なかなかの鮎です »