« 中道志、なかなかの鮎です | トップページ | 誰も帰らない・・・ »

2012年7月30日 (月)

水着ギャルと子供と良型の中津?

日時:2012年7月29日(日) 15:00~18:30
場所:神奈川県中津川 若宮(棚沢?)
釣果:12尾(14~19cmくらい?)

本日はyutakaさんと一緒に釣りをすることに。
ちょうどオトリ屋さんでyutakaさんから電話が。
「八菅の下流に行きませんか?」とのお誘い。「え?」と聞き返してしまいましたが、どうも良型が掛かってるらしい。
なかなか下流部には足が向かないんですが、良型とあれば「行きます!」の返事。

今回時間も時間なので、yutakaさんと私でオトリは1尾ずつ。
オトリを弱らせなように釣らなければ。

川に到着すると、上流とはちょっと違って人口密度が薄めです。昔の中津川くらいの釣り人の数。これくらいがちょうど良いかな。

Wakamiya01

Wakamiya02

仕掛けをつないで、オトリを送り出そうとしたとたんに強風が。
オトリは1尾。
ほんとは瀬から行きたかったんですが、大事なオトリを大事に使うため、瀬尻のヘチを狙います。

跳ねる鮎は釣れないのがセオリーですが、中津の場合は跳ねる鮎は釣れる。
爆釣はないんですが、ポツポツは掛かります。

で、yutakaさんが到着するまで1時間、2尾。釣れません。しかも、型が15cm弱。う~ん。

yutakaさんが到着したタイミングで、ここを見切って上流へ行くことに。

すると、子供が水遊び中。
そこに、ビキニギャルが。ギャルじゃなくてママかも知れませんが。
ポイントを撮影すると見せかけて、写真でも撮ろうかな~

















なんてことはできません!あしからず。

さて、狙うポイントはギャルの上の段々瀬。まあ、影響はないでしょう!

と、オトリを段々で泳がせ始めると、子供が、浮輪を持って、なんと竿のすぐ上で泳ぎ始めようとします!!オーノー!!!
そのまま釣ってたら、子供が竿下をで遊ぶことになってしまうので、この場所を断念。少し上に移動です。

段々の上には一人釣り人がいて、yutakaさんは段々とその人の間で仕掛け準備。
その間に私は段々で竿を出します。

ここは、見た目は緑のノロがついてて(青ノロじゃないかんじ)、釣れそうもない感じ。まあ、岩の裏の深いところで大きいのが1,2本取れれば良いかな?と思って始めます。

ところが、大誤算!

いきなりギューンと目印を引き込んで、19cmくらいの良型が!
そして、3連発!!

ヤッホー!

と喜んでたら、今度は違う家族グループが川の中に。
しかも、私のオトリが入ってたポイントの真正面!今水面から引き抜いたばっかりではないか!!

う~~~ぬ。

さすがにちょっと心が折れそうになり、yutakaさんの元へ。
しばらく話をしていると、川遊びには流れがきつ過ぎるためか、川からいなくなりました。

そこで、再び元に戻り釣りはじめます。

さっきほどの連発はなくなってしまいましたが、2時間で10尾。かなりのペースです。しかも、良型。

途中、風の影響ではないとは思いますが、掛かり鮎とオトリを体の真正面、というか首の辺りにぶつけてしまい、糸はプッツン、サングラスには鮎のフンが・・・

なんとかオトリと掛かり鮎を回収できましたが、ブチ当たったショックからか、掛かり鮎がグロッキーになってました。

さらに、岩の上で掛かって、岩の下にもぐりこまれて、ここでもハナカン上からプチン。
今朝ハナカン周りの予備を作っておいたので、仕掛けは足りましたが、情けなや~。

10尾追加したところで、下流に移動してたyutakaさんを電話で呼びます。

ところが、ここで1尾バレたのをきっかけにして、全く掛からなくなりました。
時合いが過ぎてしまったのか・・・
変なタイミングで呼んでしまいました。すみません。

時間は18時。そろそろ薄暗くなってくる時間帯。

もうちょっと追加!と頑張りましたが、なりませんでした。

最初はどうなることかと思いましたが、終わってみれば良型もそろって、今日も数の割には満足でした。

Choka_2

今年の釣果:120尾/13日/58時間 (平均9.2尾/日 2.1尾/時間)

|

« 中道志、なかなかの鮎です | トップページ | 誰も帰らない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水着ギャルと子供と良型の中津?:

« 中道志、なかなかの鮎です | トップページ | 誰も帰らない・・・ »