« 日本酒:Gekkeikan Junmai Sparkling Sake Zipang | トップページ | 那珂川町裏 釣れん! »

2012年6月19日 (火)

那珂川町裏 釣れん!

日時:2012年6月16日(土) 15:00~18:00
場所:栃木県 那珂川 町裏
釣果:5尾(16~18cm)

所用で栃木の実家へ。

ついでに(メイン?)鮎釣りを。

朝から行こうかな~なんて思ってましたが、起きたら昼・・・時差ボケか?

で、準備をして出発。
町裏に着いたのは、14:30をまわってました。

父から聞いてましたが、川はこんな風になってました。

Machiura01
歩道橋の下流

Machiura02

歩道橋の上流

河川敷が写真の端っこに写ってます。
すなわち、流れは左岸に寄り、川の半分が岸になってます。
上流からずいぶんと土砂が流れてきたようです。そのせいで伏流となっているのか、水量がずいぶん少ない。

釣り人ですが、写真を見て一目瞭然。
歩道橋の下は、那珂橋までほとんど人がいません。
一方、上流にはずらっと。でも、あんまり釣れてなさそうです。
一応、橋の上から見ると、皆さんが竿を出してるスジには鮎が見えますが。

私は、こんなに拾い釣り場で、わざわざキツイところに入ろうとは思わなかったので、下流側へ。

まず、歩道橋下の瀬に入りましたが、1時間ボウズ。

さらに、那珂橋の上。
ここは、前は大岩をいっぱい入れてたんですが、いくつかは流されたのか?はたまた埋まったのか?前よりも岩が少ない気がします。
そのかわり、テトラがかなり現れました。

その大岩の付近で、少し跳ねがあるので、やってみました。
が、30分ボウズ。
しかも、これだけ川が洗われたので、那珂川名物となりつつあった青ノロも流れたか、と思ってましたが、まだ根強く残ってたみたい。
たまに糸に絡みついてきます・・・

しびれをきらして橋の下へ移動。
左岸は頭大の石が詰まった深瀬でしたが、橋直下はチョロチョロ流れ。その下はやや深くて早い流れですが、大きめの砂利底。
こちらは敬遠して、右岸の流れを釣ってみます。

16:30を過ぎてます。

周りの人たち(といっても、数人しかいませんが)は、帰り始めてます。
が、鮎が跳ね出しました。

チャンス?

でした。
入れ掛かりまでは行きませんが、ちょっとずつ下りながら、湯坂川合流までに、ポツポツと5つ。

そこから反対を向いて、左岸側を釣り上り。

でも、こっちは釣れませんでした。

結局、18:00まで粘りましたが、5つのまま。

放流モノですが、型は良いです。中津川で10尾釣るよりも重量感はあるかも。

Choka

天然物は、いっぱいいます。川を歩くと、細かいのがかなり逃げるのが分かります。
こいつらが大きくなるまでには、もうちょっと時間がかかるでしょう。

それにしても、釣れない!

今年の釣果:37尾/3日/13時間 (平均12.3尾/日 2.8尾/時間)

|

« 日本酒:Gekkeikan Junmai Sparkling Sake Zipang | トップページ | 那珂川町裏 釣れん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那珂川町裏 釣れん!:

« 日本酒:Gekkeikan Junmai Sparkling Sake Zipang | トップページ | 那珂川町裏 釣れん! »