« 那珂川町裏 釣れん! | トップページ | 行かなきゃよかった・・・ »

2012年6月19日 (火)

箒川、那珂川小川 さらに釣れん!!

日時:2012年6月17日(日) 11:00~12:30、13:30~16:30
場所:栃木県箒川 小種島、那珂川 新那珂橋上下
釣果:1尾(16cm)

今日はちょっと早く起きました。
が、川に着いたのは、なぜか10:30。

場所は、箒川の小種島です。
那珂川と同じく、箒川も釣れないみたいです。

Kotanejima01
橋の下流側

Kotanejima02
橋の下流から上流側

こんな感じで、閑散としてます。
10:30の時点で、下流に釣り人1人。橋のずっと上に1人。橋直下で、これからやるというおじさんが1人。
そして、私。

箒川も、干上がってます。河原が広くなってます。

何人かの人が、川を見には来てますが、竿を出すまでにはならないみたい。

橋直下のおじさんも、「悪い時に来たね~」なんて言ってました。

でも、まあ、やってみます。

おじさんの話だと、下流の瀬は全く釣れないとのこと。
ならば、と、見ていて少し跳ねがある、橋下のトロをやってみます。

オトリは、昨日買った養殖ちゃん2尾。
と思ったら、1つは釣った鮎でした。間違えた・・・

が、どちらも問題なく泳いでくれます。

が、が、が、掛かりません。
普通、トロとかチャラでは、掛からないまでも、オトリが群れ鮎になじんで一緒に泳ぐもんですが、その気配さえない。

ハミ跡はそこそこあるので、鮎はいると思うんですが、なぜなんでしょう?

オトリを交換しながらしばらくやってみます。

養ちゃんに替えて流れに放つと、行ってほしい方とは逆の、右岸のチャラチャラの方を上って行きます。
ヘチにもハミ跡は結構あって、鮎はいそうなので、そのままにしてみました。
かなり上って行きます。

限界までのぼったところで、流心方向に移動させようかと、ぐいっと引っ張ると、オトリがビチャッと跳ねます。結構抵抗します。
あんまり強制しすぎると、オトリが嫌がって泳がなくなるので、少しそのままにしてみましたが、どうもおかしい。
オトリから離れたところで鮎が跳ねてる気が。
竿をギュッとやってみたら・・・掛かってました。
たぶん、さっきオトリが跳ねたと思ったのは、野鮎が掛かったんですね。気づきませんでした・・・

取り込みましたが、引き疲れか、掛かり鮎の元気がありません。
オトリにしてみましたが、全く泳ぎません。
せっかく野鮎に変わったのに。

その後は、全く。

瀬肩も少しやりましたが、全く。

昼飯にして、車で大移動です。

新那珂橋へ。

Sinnaka01

新那珂橋は一旦取り壊されるみたいで、半分くらい崩されてました。
こちらも、釣り人は少ないです。解禁してそんなに時間たってないのに・・・

まずは、橋上の瀬。空いてるところに入ってやってみます。

が、ここも鮎の気配が・・・

すこしずつ前に出て、流心付近を狙っていきます。

しばらくして、掘れてるラインを引き上げて行くと、反応が。
竿を絞って、立ててみますが、外れてます。

ハリがいたんでるかも、と、ハリ交換して、オトリ交換して、もう一度引いてみます。
そしたら、来ました!
アタリはかなりぼやけてて、じんわり重くなる感じでしたが、確実に掛かってます。
しかも、デカ!
なかなか上がってきません。下らずに抜きの体勢に入りますが、ばれないか?
腰まで立ち込んでるから、キャッチがちょっと不安だな~

なんて思ってたら、バレました。案の定・・・
弱気になると、ダメなんですよね。

ハリにはしっかりとうろこが付いてました。残念!

まあ、鮎がいることは分かったので、気を取り直して、少しポイントをずらして引いてみます。

すると、ガリっと来ましたよ~!

が、すぐに軽くなりました。外れたか。

とオトリを寄せてみると、あれ?ハナカンに鮎が付いてない。そのかわり、しっぽ掛かりで1つ付いてます。
掛かりの衝撃でハナカンが外れたのか。

なんて思ったんですが、よく見てみると、オトリではありませんか!

なんと、ハナがちぎれて、外れたみたい!!それが運良く掛けバリに引っかかってくれたんですね~
いや~、危なかった!

なんて言ってる場合じゃない!
箒川で釣った野鮎ちゃんは、掛かり所が悪かったのか、その後ご臨終。残るは昨日釣った野鮎オトリなのです。元気ですが、少し色が変わってきてる。

大変まずいです。

それにしても、今年は鮎のハナがちぎれそうになるケースが多い。
トロとかチャラで泳がせてるだけでもそうなるんです。
考えましたが、どうもハナカンが原因ではないかと。
ハナカンをオトリから外すときに、引っかかる感じがするんです。
ハナカンが悪いというよりも、私の外し方と、今使ってるハナカンの相性が悪いみたい。
さらに、よく見てみると、この日使ってたハナカンは、何かの圧力がかかったのか、他のよりも口がせまくなってました。
おかげで、ハナカンをはずすたびに、ハナが少しずつ削れて、ついに千切れてしまったんでしょう。

これは、再考の余地ありです。

その後は、言うまでもなく、ボウズ。
橋の下まで行ってみましたが、オトリはだいぶ弱くなり、風も強くなってきて竿が折れそうなので、時間はまだ早いのですが、終了としました。

私が上がってみると、橋の上にいた数人の釣り人たちは、誰もいなくなってました。

まだ初夏なのに、秋風って感じ。
早く調子出てくれ!那珂川!

ということで、本日は2場所やって1尾で終わりでした。

今年の釣果:38尾/4日/17.5時間 (平均9.5尾/日 2.2尾/時間)

|

« 那珂川町裏 釣れん! | トップページ | 行かなきゃよかった・・・ »

コメント

うちのブラウザが、勝手に何回もPINGを送ってしまったんです。あんなに連発するとは。

台風ですが、久々にちゃんと雨も風も強かったですね。
でも、大丈夫でしょう。
鮎はちゃんと逃げ道を知ってますから。
逆にこの時期の増水は、遡上意欲を増して良いかも。
1週間ほど我慢すれば、また釣れるようになるでしょう!

投稿: 鮎三郎 | 2012年6月22日 (金) 01時41分

釣れないのはいいのだけれど、何回同じエントリーを投稿するの?

さて鮎だけれど、こっちはいないや。
その上にあの台風だから、ある人は今期の狩野川はこれで「完」とか。w

笑いごとじゃないよ。
全く。
伊豆の川は、全滅状態じゃ~~~
少しは釣れるところもあるようだけれど。(ボソ)

投稿: J | 2012年6月20日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箒川、那珂川小川 さらに釣れん!!:

« 那珂川町裏 釣れん! | トップページ | 行かなきゃよかった・・・ »