« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月20日 (火)

Cカップで大撃沈!

日時:2011年9月18日(日) 10:30~11:00
場所:神奈川県中津川 角田大橋下
釣果:1尾(13cm)

待ちに待ったCyberAyuClub(CAC)の大会、「Cカップ」です。

今回は、前日から前夜祭、その後大会、となっております。

土曜日、午前中は伊勢原まで栗拾いに。意外と時間がかかってしまい、13時に帰着。
それから少し掃除をして、夜のお供を買って、川へ様子見に。

出る前にCACのパンダさんから電話があって、中津川で釣りをしているとのこと。新ちゃんも来ているはずなので、現場へ。

川に着くと、新ちゃんが釣りを上がって片付けをしているところでした。
釣果は渋いらしいです。しばらく話をしていると、パンダさんも上がってきましたが、こちらも厳しい。
とは言え、お二人ともちゃんとツ抜けをしてます。
この雨の中、白濁りの状況で、さすがです。

1時間ほど話をして、買い出しです。お二人にもお手伝いしていただきました。

家に帰ってから、前夜祭の仕込み。時間がおしてるので、ちょっとしかできませんでしたが。

夜8時、現場の角田大橋へ。まだ誰も来てません。

タープテントをたてて、火熾し・・・と思ったら、コンロがない。
急いで戻って持ってきました。

そうこうしているうちに、yutakaさん、Jさんが到着。料理を作り始めていると、鮎大名人さん、子持ち鮎さんもやってきました。

今夜のメニューは、

ゴーヤチャンプルー、まいたけバターコーン、かつおのたたき特別版、枝豆。

そして、鮎大迷人さんと子持ち鮎さんが仕入れてくれた、

マグロ、イカ、エビの刺身、鳥の空揚げ、その他たくさん。

まずはビールで乾杯!
そして、日本酒へ。子持ち鮎さんも日本酒を持ってきてくれました。
とそこへ竹父が到着。さらに日本酒を差し入れてくれました。

Enkai

楽しい話しで夜が更けて行きます。

それからどれくらいたったころか・・・パンダさん登場。

このころから記憶があやしくなってきます。いや、その前からですが。

そんな薄れて行く記憶の中で、胸の内からこみ上げてくるものが!
しかし、そのかすかな記憶の後は・・・

車の中で寝てました。
そして、鮎大名人さん?の「朝だよ!」の声で起きました。

目覚めたときは、まだ酔いがまわっていて、なんとかごまかせていましたが、そのうち、オエッ!気持ち悪~

どんどんメンバーが集まってきますが、ろくに挨拶もできない状態。
今回は競技委員長をやらせてもらってるのに、何もできません。すみません・・・

大会は、6時から8時まで受け付け。そして受け付けが済んだ順に川に入って、12時までの変則ルールです。
何時に入っても、順位は総釣果で競います。同尾の場合は入川順が遅い方が上位。

私は・・・おやすみなさい。

子持ち鮎さんも、8時を過ぎても川に入らず。

炎天下の中、しばし休息。

10時過ぎ、ようやく少し回復してきたので、オトリを買って準備をします。
まだちょっと足元がふらついてます。

それを見た子持ち鮎さんも準備開始。

参加15名中、私が14番入川、子持ち鮎さんが15番入川です。
あれ?受け付けは8時まで?まあ、そこはちょっと、ね~

竿を持っていざ、と思っていると、橋の上から野口おとりのおやじさんが。
「橋の真下で鮎がヒラ打ってるから狙ってみたら?」

ですが、橋の上下は人がいっぱい。
下の瀬は空いてるかな?と思いましたが、ここもいっぱい。
でも、もう限界。歩けません。

対岸には新ちゃんが。場所移動するところだったので、その前に入れてもらいました。

ハナカンを通してオトリを送り出しますが、どうも、立っていられない。

竿を寝かせて、石に腰かけ、流れに浸かって釣ります。

何回か奥に出したり手前に戻したりしてると(というか、あまりうまく操作できてないだけですが)、ぐーっと重くなって、掛かりました。

オチビちゃんでしたが、ありがたい。これで入れ掛かりになれば、二日酔いも解消かな?
ってことはありませんでした。
しばらくやってみましたが、釣れないし、どんどん気持ち悪くなってくるので、あがることにしました。

ぐったりしながら川を上るのはつらいです。
やっとの思いで本部に到着。なんとか竿だけたたんで、着替えもせずに、再びイスへ。

そのうち、12時。皆さん続々戻ってきます。

Shohin

表彰式を前に、景品がそろえられました。皆さんからの差し入れと、CHOさんが声を掛けてくれて、かつきネットさんからの景品もいただきました。ありがとうございます。

それでは、結果発表!

Juni

3位、パンダさん、オトリ込み12尾。大会委員長もされながら、さすがの結果です。

2位、なおきちさん、オトリ込み13尾。北越ドリームカップの全国3位、オールジャパン鮎チーム選手権3位のトーナメンター。慣れない川でこちらもさすがです。

そして、第1位!竹父、オトリ込み24尾!ダントツの釣果です。中津川漁協のHPでも何度も名前が出てる名手です。これはほんとに神業ですね。

4位以下は、ニコパさん(7)、CHOさん(7)、新ちゃん(5)、Q太郎さん(4)、鮎大迷人さん(4)、HOTOさん(4)、たけちゃん(4)、鮎三郎(3)、Hさん(3)、子持ち鮎さん(2)、Jさん(2)、yutakaさん(0)でした。()内は釣果。

大物賞は、これまた竹父。やりますな~

表彰式の後は、恒例のバーベキュー大会。

竹父の奥様のyoukoさんが豪華手作り料理を持ってきてくれました。

おいしそう、いや、おいしい料理なのは分かっております。が、大変申し訳ありません、そして、非常に残念です。
私の胃袋が、食物を一切受け入れません。
食べたかった~!一番の心残りです。

その状態で時間が経過し、皆さんとの語らいもほとんどできず。無念。

皆さんが釣りに出かけても、まだ寝てます。見かねてyoukoさんや新ちゃんがお世話してくれました。ありがとうございます。

再び寝て・・・

やっと夕方になって、少しだけ回復。
力をふりしぼって、片付け。大体皆さんが片付けてくれてたので、なんとか完了。

近くで釣っていたyutakaさんに声をかけて・・・と、川遊びに来ていた家族連れの女の子が「遊ぼう!」

そのまま無下に断るわけにもいかず、調子が悪い中ちょっと遊んで、ようやく解放されました。

帰ってからも、気持ち悪いのが続行。やっと戻ってきたのが夜の8時頃。
そうめんを作ってもらって、おいしく頂きました。

日本酒にやられた1日でした。

今度はビールにしようっと!

今年の釣果:191尾/19日/74.5時間 (平均10.1尾/日 2.6尾/時間)
あぶない!平均10尾を割りそうだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

濁りの中の中津川

日時:2011年9月10日(日) 14:30~18:00
場所:神奈川県中津川 田代運動公園下
釣果:3尾(15~18cm)

台風から、ずーっと中津川が濁ってます。
少し回復したかと思いましたが、まだ白濁りです。

午前中は、厚木の飯山まで栗拾いに。

Kuri1_2

Kuri2

地面に落ちてる栗のイガを足でむいて・・・

結構夢中になりますな

昼飯を家で食べてから、いつも通りゆっくり出発します。

日曜日は、犬関係のBBQがあります。人数は13人。人数分確保できれば・・・

川が濁ってるのに、いるところには結構釣り人がいます。

なるべく釣り人が少ないところ、ということで、やっぱりいつも通りの田代運動公園へ。
釣り人が少ないわけは、川遊びが多いから。とは言っても、さすがにこの濁り。川の中まで入って、というのはほとんどいません。
でも、ちょっといるんですよね~。子供だけで川に降りてるのもいて、危険なのに無責任な親に残念な気持ち。

ダム放流自体は12トン。ダム放流中の警告表示はなくなってます。普通なら、鮎の装備をしていれば危険は少ないんです。
が、白濁りの川では足元が全く見えません。おっかなびっくりです。

Tasiro01

Tasiro02

白濁りですが、ヘチの石にはハミ跡が。まあまあ黒くなってます。
でも、食んでるのは、泥っぽいような、ヘドロっぽいような。
放流が減ってからもずっと濁ってるので、石にドンドン堆積しちゃってるんでしょうね。

ちょっとヘチを狙ってみますが、掛からず。

まあ、この状況なので、流心付近の溜まりやすいところをやってみた方が良いかな?

とオトリを送り出します。

が、いつも増水時に掛かるポイントは不発。
ちょっとずつ下り、足元を探りながら流心近くまで立ち込みます。狙うは対岸。

オトリは濁りの中、しっかり泳いでくれてます。

しかし、かなりの強風。午後の風は中津川名物ですが、今回のはかなりです。
ずーっと吹きっぱなしなので、突風で竿があおられるのとは違って、ちょうどいい角度が見つかれば楽なんですが、それでも釣りにくいのには変わりありません。

そんな中、風のせいとは言いませんが、根掛かりです。
いつもならザブザブと取りに行けますが、今日はちょっと怖い。仕方ないけどプチっと放流。

これでオトリは1つに・・・

根掛かりしないように大事に泳がせます。

そして、やっと、竿に魚信が!
ググーッと竿に重みが乗ります。グーッとためて、竿を立てます。

と、スポーン!とオトリだけ抜けました・・・

バレた。と思ってハリを見てみると、

Uroko

こんなものが付いてました。ハリは6.5号です。5mmはあろうかというでっかいウロコが2枚ほど。
ニジマスやヤマメ、ウグイじゃなさそうだし、コイ?それともブラックバス?引きはゆっくりでしたが、何だったんでしょうか?バスだったらいやだな~

こんなトラブルもありましたが、オトリはまだ元気!

そして、待望の1尾。ガガっとかすかなアタリがあって、引き始めます。

強風の中、タモにおさまったのは18cmくらいの背びれが長い鮎。水が濁ってるせいか、色はちょっと青っぽくて、アブラビレのオレンジも薄くなってましたが、良い魚体です。

これで好転するか?と思いましたが、その後もほとんどアタリがありません。

結局、2つ追加しただけで終わってしまいました。

こんな状況でも、釣ってる人は20くらい釣ってるみたいです。
でも、私には掛かりません。どうやったら釣れるんでしょう???

BBQへのお土産は、もちろん数が足りません。
家に帰るとちょうどお隣さんがBBQをやってたので差し入れしました。
BBQ用になったので、目的は達成したのかな?

来週日曜日は、台風で順延になったCyberAyuClubの大会です。
みんな釣れるといいな~

今年の釣果:190尾/18日/74時間 (平均10.6尾/日 2.6尾/時間)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »