« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月18日 (金)

超厳しいわかさぎ

日時:2011年2月5日(土) 7:00~15:00
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:なぎさ
釣果:5尾

久々の釣りです。
今年も相模湾のカワハギが釣れないので、冬の間、釣るものが少なくて困ります。

昨シーズンは山中湖のワカサギがかなり釣れたので良かったんですが、今年はワカサギもボチボチ程度。ほんと困った。

さて、ワンコ仲間のちゃん太家夫婦が釣りを始めたい、というので、初心者でもそこそこ釣れるワカサギをやろう、となりました。

朝5時前に家を出発。渋滞もなく、山中湖へ到着。

今年は寒さが厳しいみたいで、5年ぶりに氷上の穴釣りが解禁されてます。
氷上釣りができるのは平野地区ですが、なぎさのある山中地区でも、流氷のような氷が。

Fujijuhyou
ガチガチ凍ってます

おかげで、ドーム船は昨日のうちから別の場所に。
早く到着した人達は別の船着き場から乗れたみたいですが、6時過ぎに着いた我々は出発には間に合わず、ボートでの送迎。

ドーム船に着くと、すでに何組かの家族連れが釣ってます。

早速、ちゃん太夫婦の竿をセットして、ちょっとだけレクチャー。
神様は、シマノの電動リールです。なんとかリールはゲットしたんですが、一番欲しかった柔らかい穂先がどこに行っても品切れ。上州屋の話だと、今年はもう生産しないとか。これはイカンです!したがって、穂先は「柔らかめ」。山中湖ではちょっと感度が劣ります。

そちらのセットも完了し、いよいよ私の竿をセット。

Reel01

Reel02

今回は、電動リールに装着する穂先も追加で作製。ポリカ製とホスボン製の2種類作りました。

ポリカ製は、塗装し過ぎで、曲がりが戻りにくくなってしまって、ちょっと失敗。
でもホスボン製はかなり良い感じです。
上の写真はホスボンの穂先。曲がり過ぎに見えますが、感度は良好です。

穂先の感度は良好なんですが、魚がいな~~~い!

船内でも、他のお客さんにも掛かりません。

1時間に1尾釣れるかどうかのペース。ぜーーんぜん釣れません。

こんな状況なので、初心者のちゃん太夫婦はアタリさえ出ません。

ちゃん太夫婦は、車に置いてきたちゃん太が心配で、先に戻ってしまいました。

4hon
神様は急激な眠気に襲われ、結局私一人で4本竿。でも、釣れません!

結局、私が5尾。神様2尾。ちゃん太パパ1尾。そして、ちゃん太ママは0尾・・・
こんなときに誘ってしまって、申し訳ないことをしました。

1人2尾の割り当てなので、持って帰っても・・・ってなって、幸い水が冷たくてワカサギも元気だったので、湖に帰っていただきました。

う~~ん、残念。

アタリが戻るまで、しばらくワカサギも中断かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

とちぎ自然塾「山中湖わかさぎツアー」

日時:2011年1月15日(土) 7:30~14:30
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:中央ボート
釣果:40尾弱

栃木から、大芦川の仙人さん率いるとちぎ自然塾メンバーがやってきました。

私と神様は、神奈川の自宅から参加。直接現地集合です。

総勢15名。栃木組は壬生を3:30出発。バスで来るもようです。
我々も5時過ぎに自宅を出発です。
時間的には、同時に着くくらいかな?

大月JCTで山中湖方面へ分岐。途中、富士急ハイランド付近で栃木ナンバーのバスを追い越しました。
神様によると、仙人さんみたいな人が運転してた、とか。
でも、仙人さん本人が運転して来るかな?

「栃木の人はみんな顔が似てるんだよ」

なんて冗談を言いながら山中湖に到着。

自然塾号は、ちょっと道を間違えたみたいですが、しばらくして到着。

良く見てみると、仙人さんが運転席に!やっぱり、追い越したのは自然塾のバスだったんですね~

本日は貸切ドーム船ですが、なんと、船はすでに沖に。
ボートに分乗して沖合のドーム船まで移動です。寒い~!

Fujisan
富士山は今日もきれいでした

ドーム船へは、最終組として乗り込みました。
すでに皆さん釣り始めていて、良い人で10尾くらい釣れてたかな?

早速、自作電動リールを取り出して、釣り開始!(4代目の自作になりますが、写真忘れました!)

今回もちょっと厳しめ。なかなかアタリが出ません。

魚探を持ってきてる方がいるのですが、反応は結構あります。でも、アタらない。
出てくる前にお店の人に聞いた話では、夏の水温が高くてプランクトンが増えたので、わかさぎのエサが豊富になり、釣りエサにあまり食いつかないそうです。

今年釣りにくいのは、そんな理由からなんでしょうか?

釣りにくい状況には変わりはないんですが、ときどき食い気がある群れが周遊してきて、バタバタっと食いはじめます。そこで効率よく釣らないと、数が伸びません。

午前中に数回の山があり、昼までに30尾弱。神様は20尾に届かない釣果。
初めて神様に勝てるかな?

昼は、仙人さんが近くのファミレスに弁当を頼んだみたいで、豪華な二段重ねのホカホカの弁当をいただきました。極楽です。

さて、午後も午前中と変わらず、ときどき食いが立つ程度。

ですが、隣の神様は、その状況で、2尾掛け、3尾掛け、5尾掛けまで・・・ドンドンと追い上げてきます。
私も同時に掛かるんですが、なぜか私は1尾ずつ。ピンチ!

でも、追いつかれるまえに時間切れ。午後の部は神様に負けてしまいましたが、総釣果では、なんと初めての神様越え!二人合わせて68尾、私が40尾弱だったので、かなり追い上げられましたが。

他のメンバーも、そこそこ釣ってたみたいです。

店に帰ると、「皆さん結構釣られますね」とのコメント。お世辞かいな?と思いましたが、今年の山中湖では、これくらいでも良い方みたいです。

集合写真を撮って、栃木組とはここでお別れ。ありがとうございました。
(写真は、仙人さんのページを見てください)

私と神様は、いつもの紅富士の湯に立ち寄り、温泉を堪能。

夜は、わかさぎのから揚げと天ぷら。

Karaage
結構食べ進んだあとなので、さびしい写真ですが

で、本日の日本酒は、帰りに山中湖畔で買った、酒屋さんオリジナルの「浜田屋 純米酒」

Hamadaya

Hamadayaura
山梨県の山中湖だけど、富士宮市で造ってるのはご愛敬

さらっとして癖がなく、飲みやすい味です。もう少しコクがあっても良い感じですが、嫌味があるよりは良いでしょう。
決して不味くはありません。時にはこんなさっぱり系の日本酒もありですね。

釣果としては、昨年と比べると少ないんですが、食べるにはちょうど良いくらいです。
おいしく頂きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »