« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

クリスマスのわかさぎ釣り

日時:2010年12月25日(土) 10:00~13:00
釣り物:わかさぎ
場所:山中湖
船宿:ジュピター
釣果:10尾

今日はクリスマス。
そして、うちの甥っ子のしんちゃんの誕生日でもあります。

昨日の夜、栃木からみんなでこっちに来てます。
そして、誕生日のわかさぎ釣り。

しんちゃんも楽しみにしてたんですが、なんと風邪を引いちゃってました。
でも、なとか頑張って、朝早く起きて出発です。とは言え、山中湖到着は8時半過ぎ。

最低気温はマイナス10度!寒~い朝です。
外は寒いけど、釣るのは暖房完備のドーム船。山中湖はこれがあるから良いんですよねー。

ドーム船はすでに出航してるので、ボートで送ってもらいます。
このボートの時間が・・・寒過ぎーーーー!
富士山が綺麗でしたが、カメラを取り出す気にもなりません。

ドーム船に到着。中はポカポカ。天国です。

今回は、しんちゃんのお父さんも一緒。

Yamanakako

二人分の竿と仕掛けを準備。
まずはしんちゃん。次にお父さん。

お父さんの竿を準備してるうちに、しんちゃんが一発目のアタリ!
わかさぎが一荷であがってきました。
二人の準備をしてから、私もスタート。

すぐにアタリ!
今日は釣れるのかな?

ボートで送ってくれたおじさんの話では、今年は釣れる日と釣れない日がまちまちみたい。釣れる時は結構出るみたいです。

それからもポツポツ来ますが、あるところからパッタリ。

しんちゃんも飽きてきて、お菓子を食べ始めてます。

そのうち、昼。

ドーム船には電子レンジがあります。コンビニ弁当をチン!

食べてるうちに、しんちゃんが「気持ち悪い・・・」
今日は風が強くて、揺れはあんまりないんですが、船が左右に首を振っているような状態。風邪と動きで船酔いしちゃったみたい。

しばらく頑張ってましたが、限界のようで、13:00には終了でした。

時間は2時間半くらいとはいえ、10尾の貧果。ひえ~!

途中で飽きてたしんちゃんも10尾。虫を付けるのに苦労してたお父さんは16尾。
三人合わせても36尾です。

帰って天ぷらにしましたが、大人6人と子供1人、赤ちゃん1人では、あっという間になくなってしまいました。

クリスマスプレゼントにはならなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

激渋ボートカワハギ

日時:2010年11月27日(土) 7:30~14:30
釣り物:カワハギ
船宿:小松ボート
場所:葉山 森戸海岸
釣果:3尾

カワハギが釣りたいけど、お金がかかる。

したがって、安価で釣りができるボートに走ります。

昨年は、全体的にカワハギが不調でしたが、一昨年はボートでもまずまずの釣果が出てました。
前週の釣りは不調でしたが、今年はカワハギが釣れてるということをテレビで言ってたので、期待してボートを予約。

5時半過ぎに家を出ましたが、早朝なのに予想外に車が多く、予定の7時をちょっとオーバー

早速受付をして、乗船。

何艇かのボートと一緒に、引き舟してもらい、ポイントに到着。

車に乗ってるときは気づきませんでしたが、浜に出てみると、結構風が強い。
波も、ボートにとっては高い波で、引き舟もゆっくり。釣りをするエリアも、沖に出ないように制限されてます。
必然的に、釣り場はボートが密集してます。

波でボートが揺れるので、イカリを下ろすのも一苦労。
何とか空いてるポイントにボートを固定して、釣り開始。

早速アタリ!

でしたが、ベラちゃんです。

その後も、細かいアタリはありますが、トラギス7割、ベラ3割。カワハギちゃんは顔を見せません。

1時間くらいそんな状態。

そしてやっとカワハギのアタリ!20cm超。連荘は?

ありません。

しびれを切らして、ポイント移動。

でも、ボートが密集していて、なかなか場所が定まらず。
やっと辿り着いた先でも、やっぱり外道ばかり。
あきれた頃にカワハギです。

それから何度も移動を繰り返して、2尾追加。そのうち1尾はワッペン君だったので放流。

これで一日終わりです・・・

なんとも、渋すぎ!途中はアタリがないどころか、エサも取られない状況でした。今シーズンもボートはダメかな~?

今回は、カワハギの渋さにもやられましたが、一番の敵は風でした。
西からの風で、東に移動するときは速いんですが、その逆はなかなか進みません。そして、北とか南に移動するときは、風に流されて、ふらふら。
波が高いので、イカリを下ろすためにヘサキに行くのが面倒。適当にイカリを投げると、底に引っかからない時があって、流されて他のボートにぶつかりそうになります。
そんな状態で、十数回移動を繰り返しました。

疲れました・・・次の日から、背中が筋肉痛。風の日のボートは大変です。

ということで、釣りの方は、3尾という大貧果。
帰りに刺身用のサンマとアジを買って、かさ増しをいたしました。

F1000422

左上から、カワハギの骨とサンマの骨のから揚げ。ピリ辛モヤシ焼肉。アジのたたきとサンマの刺身。そして、カワハギの薄造り。手前には、3尾分の肝。

やっぱり、うまいですな~。もっと釣りたかった!

付録:

本日の日本酒は、

地元愛川は大矢孝酒造の、「蓬莱 特別純米 緑ラベル」
最近、いろいろな酒蔵の酒を探して飲んでいるので、久々の蓬莱です。

Hourai_2 

Houraiura

正直、今年飲んだ蓬莱は、あまり・・・な感じでした。
ちょっと気合いが抜けてきちゃったのかな?と思ってたんですが、緑ラベルはどうでしょうか?

うん、味がある。香りは芳醇というほどではありませんが、米の香りがちゃんとします。
旨味もしっかり付いてます。やや濃いけど、濃すぎない。濃厚な蓬莱にしては比較的さっぱりした印象でした。
最近、いろんな銘柄を作ってるみたいですが、当たり外れがあるのかも。
緑ラベルは当たりでした。

今年の新酒は12月2日発売。いくつか買ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

今シーズン初カワハギ(11月20日)

日時:2010年11月20日(土) 7:00~14:30
釣り物:カワハギ
船宿:萬司郎丸
場所:神奈川県 江ノ島沖
釣果:8尾

釣りに行ってから、ずいぶん経ってしまいましたが、今シーズンの初カワハギです。

事前に情報を追いかけていましたが、相模湾の湘南地方はどうもパッとしない様子。竿頭でも20は超えない日がほとんどでした。

今回は、栃木から友人家族が来ています。4人+子供の分を、2人で釣らなければ。合わせて20尾くらいは釣りたいところ。

今年もカワハギは人気のようで、2船が出たみたいです。おかげで、1船の搭乗人数が減って、ちょっとゆったり釣れました。
釣り座は左舷のミヨシ。一番先頭です。

まずは、港を出て5分。江ノ島沖。水深は18m。

1投目。仕掛けを下して、着底。5回ほど誘いを入れてから聞き合わせ。
すると、

コンコンコン!

おっ!来たか!?

一発目から来るとは、幸先が良い。

って思ったんですが、上がってきたのは、おなじみのベラちゃん。

その後もポツポツとアタリはありますが、外道ばかり。なかなかカワハギ君が掛かってくれません。

周りもなかなか渋いみたいです。

しば~~~~~らくして、隣で釣っていた友人に、カワハギらしきアタリ!
やっと、本命です。しかも、良型。
カワハギ、いたんですね~

そして、私にも、待望の1尾。
でも、後が続きません。厳しいです。

ポツーリポツーリと追加したとき、なんだか変な魚が・・・

Hanahaze

こんな魚です。

逃がそうと思ったら、「お客さん、ちょっと待ってて」と船長の声。
珍しい魚みたいで、船長も「見たことないな~」

一応、持って帰って調べてみることにしました。

釣り魚図鑑で見てみたら、「ハナハゼ」という魚みたいです。
シロギス釣りのときに、ごく稀に釣れるみたいですが、食用にはしないとか。ネットで調べても、調理法は出てきませんでした。

カワハギの方ですが、その後も入れ食いになることはなく、一日中ポツポツ。

結局、私8尾、友人7尾の計15尾でした。

まあ、良型が4尾ほどいたので、肝はなんとか確保。薄めのそぎ切りにして、かさ増ししました。

1人だったら、刺身でも買って帰るところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

日本酒:森 純米

小豆島最終日。ホテルで島のお土産が売っていたので、ぐるっと一回り。

ありました。小豆島の酒。もちろん森國酒造。

買ったのは、純米酒です。ビンがなかなかオシャレ。

Mori

「森」純米酒です。
冷蔵庫ではなくて、普通の棚に陳列されてたので、生酒は避けました。

Moriura

旅行から帰って来て、家で飲んでみました。

表示では、やや辛口になってますが、濃醇で味が濃いためか、甘く感じます。
でも、嫌な甘さじゃなくて、米の旨味が出てる感じです。香りは控えめ。

日本酒を飲みつけてないと、味が濃い分、苦手と感じる人もいるかもしれません。でも、日本酒好きには、この米の味がしっかり出ている濃さは高評価です。
冷やして飲むのがおすすめ。

いろいろな料理に合いますが、あまり塩分の高くないものが良いみたい。
箸休めとして、豆腐などのさっぱりしたものをつまみながら飲むと、いつまでも濃醇な味を楽しめそう。

独特の味で、なかなか面白い酒でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »