« 日本酒:悦凱陣、磯松 純米吟醸 | トップページ | 日本酒:森 純米 »

2010年11月30日 (火)

日本酒:酒翁 吟醸

小豆島二日目。

午前中はDreamIslandさんのシーカヤックでまったり。
途中で上陸した無人島で、大学芋をごちそうしてくれました。簡単作れるお手軽大学芋でしたが、うまい!
陸に戻ってからも、小豆島の米で松茸のおにぎりまでいただきました。これも文句ないですね~。
この日も快調なスタートです。

ガイドのけんちゃんに、小豆島の見どころをいろいろ教えてもらい、気分も高まってきました。

午後は、中山の千枚田を見たり、農村歌舞伎の舞台を見たり、10月31日までやっていた芸術祭の名残を見たり、四方指の展望台で、夕陽の絶景を見たり(高いので結構恐い)、自然を満喫の一日でした。

今日の宿は、シータイガー・アイランドインさん。広い敷地は芝生敷きで気持ちいい。部屋も広くて快適です。

夕飯は、地元漁師さんがとった地魚料理。

なんと、カワハギが肝付きで!今シーズン初カワハギです。ハギ釣りたい熱が出てまいりました。

その他の料理も絶品でした!

そして、食事のお供は、地酒。銘柄を聞くのを忘れましたが、小豆島の地酒といえば、森國酒造の酒です。

またもや、旨い。やっぱりさわやかな香りで、ちょっと辛口。辛さが魚料理に良く合います。
最近、うまいと思う酒は、若い杜氏さんの作品が多いんですが、焼酎に押されてちょっと下火になってる世界に飛び込んでくるくらいですから、皆さん研究熱心なんでしょうね。頭が下がります。

海の目の前のテラスで食事。対岸のホテルの明りがきれいでした。

本当は、明日帰る予定でしたが、小豆島が気持ちよくなってしまって、滞在延長を決定。いろいろ探るために、また違う宿を探して予約してしまいました。

そしてあくる日。

最初に向かったのは、小豆島八十八ヶ所の二番札所、碁石山です。
その途中で、大阪城築城の残石を見ることに。
でも、案内通りに進んでも、どこが残石なのか?最初のところはこれかな~?って感じ。次の残石の案内通りに進むと、プレハブ小屋に行きついてしまい、石さえ見られず。三件目は、しっかりと階段がついてましたが、オオスズメバチの巣が近くにあるらしく、ブンブンと飛びまわっていて、近づけませんでした。
残念!残石

仕方がないので、そのまま碁石山へ。

ここは、お不動さんがまつられていて、護摩供養をしてくれます。
家族の分と、実家の分のお札を書いて、洞窟の中で護摩供養です。
すごく神聖な感じ。不動明王の火にあたって、無病息災、家内安全などを祈願しました。

お次はヤマロク醤油の蔵見学。
小豆島は、オリーブが有名ですが、醤油の島でもあるんですね。
蔵の中には、長年住みついてきた酵母菌たちがびっしり。歴史を感じます。

ここで、鶴醤と菊醤を購入。鶴醤は、二年間熟成させて完成した醤油をさらにまた熟成させるという、醤油の中の醤油。コクがあって刺身にぴったり。

昼は、Dutch Cafe Cupid & Cottonで、オランダのパンケーキ。
パンケーキと言っても、甘いものだけじゃなくて、チーズを使った食事用のパンケーキもあるんです。
オランダパンケーキが食べられるのは、日本でも、ここともう一か所だけみたい。

昼を満喫したあとは、寒霞渓へ。
DreamIslandのけんちゃんに、上りは歩いて、ロープウェイは下りに使った方が良い、と聞いていたので、まずは歩いて頂上を目指します。

途中、ところどころに絶景ポイントがあって、2Km弱の上りですが、それを感じさせません。
でも、途中から、なにやら催してきて、最後の500mは急ぎ足。
向かったのは、1億円かけて作ったというトイレ。間一髪セーフでした。

ほっとしたところで、瓦投げ。瓦を投げて、十数メートル先にある輪っかを通すと願いがかなうとか。
8枚投げて、やっと1枚通りました。家庭円満の願い、かなうかな?

そして、宿に向かう途中で、またエンジェルロードへ。ここ、楽しい!

今夜の宿は、グリーンプラザ小豆島。
食事はバイキングで、値段は一人7555円。
炭火焼もありましたが、職人さん風のホテル従業員風の方が焼いてました。
味は、値段にしてはまずまず。ホテルの料理というよりは、地元の家庭料理みたいで、親近感がありました。

で、ここでも日本酒を頼んでみました。

さすがに、期待できないだろう?と思ってたら、こんなビンで出てきました。

Shuou

Shuouura

観光用に作られたようなラベル。以前、伊東で買った失敗地酒を思いだしてしまいました。

しまった~!

と思いつつ、口に運んでみると、あれ?うまい!
しっかりと作ってある酒でした。恐れ入りました。
ここまで飲んだ森國酒造の酒、全部うまいです。しかも、それぞれ味に個性があって、まじめに取り組んでるな~なんて感心してしまいました。

|

« 日本酒:悦凱陣、磯松 純米吟醸 | トップページ | 日本酒:森 純米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒:酒翁 吟醸:

« 日本酒:悦凱陣、磯松 純米吟醸 | トップページ | 日本酒:森 純米 »