« 鮎マスターズAブロック大会 結果は・・・? | トップページ | 二匹目のどぜうは? »

2010年8月12日 (木)

思わぬ大物!

日時:2010年8月9日(月) 12:30~17:00
場所:栃木県某川 某所
釣果:8尾(21~25.5cm)

マスターズでは、窮屈な釣りをやってきたので、今日は小さくてものびのびとした釣りをしようと、某所へ出かけました。

ここは、栃木県にありながら、釣り人がほとんどいません。
今回も、見渡す限りで鮎釣りの人は私一人。ゆったりと釣りができます。

竿は中硬、糸はナイロン0.175、ハリは6号。
そんな仕掛けでスタート。

開始5分。腰まで立ち込んで対岸狙い。

コン、という軽いアタリ。人がいないだけに、あまりすれていないみたい。

トロに近い平瀬なので、ぐーっと耐えているうちに、浮いて・・・浮いて・・・浮いて・・・来ません!
目いっぱい竿を突きあげているんですが、オトリすら出てきません。

移動式天井糸の編み込み部分は、昨日作り直しました。でもあまかったかな?
なんて思っていたら、水中でギラギラ!
え?

デカい!

と思った途端、ぐいぐいと川の中を引っ張り回します。
あらららら・・・

時間をかけて何とか取り込んだのが、24cmの鮎。しかも、幅広。

ひゃー!

すぐさま仕掛けを0.3号ナイロンに張り替えて、ハリも7号に替えて、オトリを再投入。
今釣ったのはデカすぎるので、養殖ちゃんの登場。

すると、またすぐにアタリが!またもや23cm以上の大物。
深くまで立ち込んでるのと、流れが緩いので、なかなか抜きができず、寄せ取りです。

その後もかなりのペースで掛かりはしますが、思わぬ大物で、仕掛けが対応できず、底バレ、身切れ、0.6号のハナカンハリス切れなど、うれしい悲鳴!

特に、ギラッと光って2m以上も目印をすっ飛ばしたアタリは痛快でしたが、皮が堅いのか、ハリが軽いのか、掛かりが甘くてケラレ。もったいない!

そんなわけで、ずいぶん掛かりましたが、残ったのは結局8尾。平均23cm。最大25.5cm。

ずっと引っ張られっぱなしの取り込みでしたが、思わぬ大物釣りに大満足でした。

25_5cm
こんな鮎が釣れました。大きい順に3つ。

25_55_5cm
25.5cmの鮎は体高5.5cm。片手ではまわりません。

明日も来ようっと!

今年の釣果:159尾/15日/65時間 (平均10.6尾/日 2.4尾/時間)

|

« 鮎マスターズAブロック大会 結果は・・・? | トップページ | 二匹目のどぜうは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ大物!:

« 鮎マスターズAブロック大会 結果は・・・? | トップページ | 二匹目のどぜうは? »