« 平日の中津川。でも釣り人多い | トップページ | 箒川 マスターズの下見その4 »

2010年8月12日 (木)

箒川 マスターズの下見その3

日時:2010年7月31日(土) 15:30~17:00
場所:栃木県箒川 小種島
釣果:5尾(15~21cmくらい)

前回の下見のときは、川のコンディションが良い状態でした。今回は、水が詰まり気味になって、青ノロも増えてきたので、実際の大会に近い状態だと思います。

神奈川を出たのが午前11時・・・

現地着14:30でしたが、デカイことがしたくなったので、コンビニで解消。ついでに弁当も買って、川を見ながら遅い昼食。

そんなことをしてたら15:30に。

移動の時間もないので、橋下の瀬へ。

まずは瀬肩から入ります。
今回も、この瀬は調子が良くて、2連発。1つ目が掛かった後にオトリ交換して流れに出すとすぐもう1つ。

でも、その後はカリカリ言うアタリ予備軍ばかりで、ハリに乗りません。掛かっても底バレや空中分解です。これは、ハリ合わせが難しい。
そして、親子丼。川底に水草が結構あって、それが引っかかると、いかにナイロンでもやられます。

掛かっても増えません。

1時間くらいやって、数尾掛かって、結局2つ。

下に移動して、蛇尾(さび)川合流上の瀬へ。

こちらは先ほどの瀬とは異なり、瀬肩は無反応。瀬尻に近い方が反応があります。

最初は流心を攻めてましたが、心は反応がなし。
かなり攻められているのかも、と判断して、流心脇まで立ち込んで、対岸付近にオトリを入れると、一発!次もすぐ来ます。
が、こちらも身切れ連発です。この辺を合わせないとダメそう。

最後は、手前のチャラで1つ。これは、オトリを送り出したときに、意図せずに掛かった感じ。おまけです。

結局、反応は結構ありましたが、残ったのは5つ。渋いですね。
さて、どうやって攻略するか?

今年の釣果:136尾/12日/52.5時間 (平均11.3尾/日 2.6尾/時間)

|

« 平日の中津川。でも釣り人多い | トップページ | 箒川 マスターズの下見その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箒川 マスターズの下見その3:

« 平日の中津川。でも釣り人多い | トップページ | 箒川 マスターズの下見その4 »