« 箒川 マスターズの下見その3 | トップページ | 鮎マスターズAブロック大会 結果は・・・? »

2010年8月12日 (木)

箒川 マスターズの下見その4

日時:2010年8月1日(日) 11:30~12:30、13:30~16:30
場所:栃木県箒川 小種島
釣果:8尾(たしか・・・)

今日は那珂川でシマノジャパンカップのセミファイナル。CyberAyuClubからは、JIROさんが進出してます。
が、ファイナルには残れなかったみたいです。残念!
でも、JIROさんはマスターズのブロックにも進出。こちらでがんばればOKです。

私もしっかり下見を。
とは思うんですが、やっぱり午後近くなってしまいます・・・

今日は上流へ。
見るポイントは2つ。
最上流の右岸分流の瀬。そして竹やぶ前。

午前中は、流れを歩いて上流へ。
竹やぶ下の平瀬は、皆さん真ん中に立って両岸のヘチを釣ってます。
ここはヘチなのかな?と私も同じように竿を出してみます。

すると、すぐに1尾。反応は悪くなさそうです。

が!上流から、どんぶらこ、どんぶらこ、と草が流れてきます。
それも、一時だけじゃなくて、ず~~っと。今日は下見の人がわんさか。そして、投網解禁。その影響でしょうか?
ブツブツ文句を言いながら釣っていたら、後ろのおじさんも、「ゴミだらけで釣りにならなかんべ~」と同調してくれます。「どうしようもないですね~」なんて会話を交わし、この場所を諦めて、竹やぶ前へ。

前回の下見では、竹やぶの瀬の真ん中手前の流れで反応が良かったんですが、今回はダメ。徐々に上に移動して、瀬肩に入ると、やっと1つ。そして連発。

でも、やっぱりバレます。どうすれば良いんでしょうか?

午前の部はこれまで。

非常に暑いので、昼休みは十分(じゅうぶん)とります。

そして、午後は最上流の瀬へ。

こちらは反応が良い。
最初はなかなか掛かりませんが、ひとつ来ると連発します。
でも、ここでもやっぱりバレます。そして、今日も親子。
0.25号のナイロンなら、普通21,22cmくらいの鮎で切れることはないんですが。
切れたところを見てみると、ハナカンの上の部分のようです。結構石に擦れてる感じがあるのと、やはり草が結構引っかかるので、傷が付きやすいんでしょうね。それから、この糸は結構前に買ったもの。しかも値段は他の糸の半分。あんまりケチると良くないみたいです。
ということで、本番はハナカン上の部分を工夫することに決定。

最後に、掛かった場所の写真を撮って終了。

釣った感触だと、予選通過ラインはオトリ込み10尾くらいか?安心するには、時速3尾(4時間で12尾+オトリ2尾)あれば良さそうです。決勝はもちろん、それではダメでしょうけど。

一応、上流部、下流部とも、私に掛かるポイントはわかりました。ただ、下見回数が2回ずつなのと、時間が違うので、何とも心許ないんですが。

まあ、準備をしっかりして、最善を尽くすだけですね。

今年の釣果:144尾/13日/56.5時間 (平均11.1尾/日 2.5尾/時間)

|

« 箒川 マスターズの下見その3 | トップページ | 鮎マスターズAブロック大会 結果は・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箒川 マスターズの下見その4:

« 箒川 マスターズの下見その3 | トップページ | 鮎マスターズAブロック大会 結果は・・・? »