« 変態釣り | トップページ | 箒川二日目 »

2010年7月22日 (木)

久々の箒川小種島

日時:2010年7月18日(日) 11:30~12:30、13:30~18:00
場所:栃木県箒川 小種島周辺
釣果:15尾(12~21cmくらい)

何を間違ったか、マスターズの地区大会に行けることになったので、まだ下見には早いですが、箒川に行ってきました。
箒川はときどき行きますが、小種島は数年ぶり。久々です。

実家から車で10分。家を出たのは9:30過ぎ。
なのに、なぜ11:30開始なのでしょうか?

答え:

年券を買いに、烏山まで往復したから。
那珂川は漁連で共通の年券なんですが、各漁協で出してるので、安く買うためには、前に買ったところで買わなければならないんです。

ということで、片道一時間弱。箒川に着いて、釣りの準備をしたら、11:30になってました。

今回はくまなく探ってみよう、という課題を持って竿を出します。
そのせいではないんですが、12:30までボウズ・・・。
金曜までは濁りが入って増水だったみたいですが、そんなのウソのように、川中ハミ跡だらけ。青ノロも流れて最高に近い状態です。
でも、ボウズ。川底が輝いているところを釣ってもボウズ・・・

すれ違ったおじさんに聞いたら「午後からだよ」

ちょっと意気消沈しながら昼休み。
すると、橋の下で休んでる地元のおじちゃんおばちゃんたちの会話が聞こえてきます。
「切られっちゃーから1.5号にしたらやっと切られなくなったよ」
「俺はワイヤー使ってんだ。鉄だから重くて沈むんだ」
そんな仕掛けで、「6つ」も釣ってるみたい。すごいです。

弁当を食べた後、さて、釣り。と準備を始めたのですが、ハリがないことに気づき、急いでハリ巻き。午後の分を作って、13:30から再開です。

まず、こんな場所。

Takeyabu
ここは結構攻められてるみたいで、アタリはあるもののなかなかハリに乗りません。掛かっても空中分解だったりします。

そして、写真撮影後、それは来ました。

根掛かり。

水深は股下くらいなんですが、箒川は小石底で底流れがきつ過ぎ。立ち込んで行くと足元がどんどん掘られて踏ん張れなくなってしまうんです。
なので、回収は諦めて切ってしまいました。マイナス1。

が、この後場所移動してから結構いいペースで掛かりだします。
やっぱりバレは多いんですが、アタリがあるのは楽しい!
しかも、中津川と違ってパワフルな引き!!中硬の竿でも何とか対処できますが、引き抜きはよっこらしょ!ってなります。

鮎の数も結構多いみたいで、足元1mでキラキラしてます。
足元1mでも掛かりました。これが今日一のアタリだったりもします。

ちょこちょこと移動しながら釣って、15尾。
今の状態限定かもしれませんが、釣れるパターンもちょっとだけ発見。収穫はあったかな?

最後に夕方のチャラの入れ掛かりを期待して、ピカピカのチャラ瀬を泳がせてみましたが、こちらは不発。それ以上数は伸びませんでした。

しかし、掛かる場所では何もしなくても掛かります。今日は、釣れた人は一日40~50くらい行ったんじゃないでしょうか?

0718cyoka
型ぞろいで楽しい一日でした

今年の釣果:104尾/9日/42.5時間 (平均11.6尾/日 2.4尾/時間)

|

« 変態釣り | トップページ | 箒川二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の箒川小種島:

« 変態釣り | トップページ | 箒川二日目 »