« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

今年もヘチかな?

本日、午後5時ごろ、中津川を見てみました。

やっと、立派な鮎が確認できました。たぶん、19cmで放流したものだと思いますが、キラッとしてました。

ヘチで。

曇り空で、夕方ちょっと暗い中だったので、流心の石の色はあまり分かりませんでしたが、ちょっとだけ濃い茶色かな?もしかしたら、と期待させる色に見えましたが、なんとも言えません。

たぶん、今年もヘチ釣りが主体となるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮎のさつま揚げ

もうすぐ6月1日。

解禁に釣りには行けそうにありませんが、これから鮎を釣るための準備を。

それは、

冷凍庫の鮎の整理。

金曜日は、塩焼きとから揚げという定番料理でしたが

土曜日は、鮎を三枚におろして、皮をはいで、ミンチにして、ショウガを加えて揚げてみました。鮎のさつま揚げです。
すり鉢が見つからなかったので、包丁でたたいてたたいて、最後に包丁の背で潰してから、油で揚げます。

できあがりはこちら

Photo

十数匹の鮎を使ったんですが、量はこれだけ。でも、鮎の風味も残ってて、なかなかの味でした。

お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

解禁ピンチ!

中津川もピンチだけど

解禁日は仕事になりそう・・・

次の土日も、どっちかは休出っぽい。

うぬぬぬぬ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

高~~~い山菜!

いつもの山のコシアブラは、まだちょっと早そうなので、手前でどこかいいところないか?なんて探してたら、ネット上にヒントが。
ダメ元で行ってみました。

最初は、車から降りてすぐ採れるものとばかり思ってたんですが、なんと、山の中へ踏み入って30分。
見つかりません。ガセネタか!?と思いつつ、もうちょっと、もうちょっと、と探っていくと、やっと見つけました!しかもデカイ木を。
既に採られている芽もあったんですが、木がデカイだけに、まだまだあります。もちろん、木が枯れないように間引いて採っても、です。

結局、見つけられた木は4,5本だけでしたが、どれも大きい木だったので、十分な収穫。

今日は、この後予定があるので、1時間半ほどで急いで山を降ります。

車のそばで、シドキを少々(ほんとに少々)、伸びてしまったワラビも少々採取して、出発。

Photo
細くてあんまり良いワラビじゃありませんが、まあ、良いでしょう

途中、道端に立派なウドを発見!
車をとめてゲット!

と、このとき、車から警告音のようなピーーーーという音が。
一度運転席に戻ってみますが、車の中は静か。でも、外に出ると音がします。
何かな?と車の周りを一周してみると・・・

なんと、

左後輪がパンク!ありゃりゃ

平らなところに戻って、急いでタイヤ交換の準備です。

が!新発見!?

なんと、左前輪までつぶれてる・・・

これは・・・スペアタイヤが足りない。この後の予定もダメだ。

とりあえず、急いで前輪のタイヤだけ交換して、ナビでガソリンスタンド検索。
幸い、山を降りてすぐにスタンドがあるらしい。携帯が圏外なので、そこまで行くしかない。
ノロノロ運転でスタンド到着。でも、「これは手の施しようがないです」

ガーン!

仕方なくJAFを呼んで、家までレッカー移動してもらうことに。JAFメンバーだったので、25,000円くらいお得?になりましたが、レッカー代14,000円なり。

で、この後、タイヤを買わねばなりません。タイヤ屋に電話したところ、50,000円強かかるらしい。

はぁ~。なんとも高い山菜になってしまいました。

Photo
左から、シドキ、ワラビ、ウド、コシアブラ

週末は結構重い食事をとったので、今夜は天ぷらではなくて、おひたしとコシアブラご飯。シドキはおひたし、ウドは油炒めにしました。ワラビは重曹であく抜き中です。

美味かったですが、ガックシ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

やっとまともな収穫!

GW中、そろそろか、といつもの山に出かけてみました。

途中、山にはまだ緑が少なく、桜もきれいに咲いていたので、まだか?なんて不安になりました。
しかし、到着してみたら、ちょうどタラの芽が採り頃。最初は小さい木の芽でも採ってましたが、途中からは大きい木のものだけ間引いて採っても十分な収穫。

Taranoki
写真の真ん中にタラの木があります。こんなに枝分かれして立派な木にはなかなか出合えません。(この木は太くて高すぎて、太くて良い芽が出てたんですが採れませんでした)

残念ながらコシアブラにはまだ時期が早くて、なんとか数個だけ採れるような状態でした。

そして、足元に目をやると、シドキ(モミジガサ)がいっぱい。

終わってみると、まずまずの収穫でした。

でも、間伐で一緒に切られたのか、コシアブラ木のの本数がずいぶん減っていました。さらに山には新しく何かの施設ができていて、これまでコシアブラも結構生えていた場所が失われました。
また新しい場所を見つけねば!

この日の夕方、散歩の途中で竹の子をゲット。帰りにスーパーに寄って、エビとイカとかぼちゃを購入。

Shukaku
二人で食べるには十分な量。右がタラの芽、真ん中の上にちょっとだけコシアブラ、左がシドキです

タラの芽とコシアブラは天ぷらに、シドキはさっと湯がいておひたしに。おひたしは鰹節とからし醤油を作ってみました。からし醤油の方が美味いですね。

Ryouri

そして、メニューは

天ぷら盛り合わせ・・・・・・コシアブラ、タラの芽、シドキ、かぼちゃ、さつまいも(蜜芋)、エビ、イカ、竹の子。
竹の子は米ぬかで下ゆでしたものを揚げてみました。今回は大きめに切ってみましたが、水分が抜けないため、小さく切って揚げるのが良さそうです。

竹の子の土佐煮。
実家からもらった山椒の実を入れて煮ました。庭の山椒の葉っぱを散らして出来上がり。本当は、ニシンを入れると味がぐっと引き立ちます。

シドキのおひたし・・・・・・鰹節醤油、からし醤油。
写真の量が器二つ分です。

料理の友は、「蓬莱 しぼりたて(にごり酒)」。
酒屋さんの保存状態が悪かったせいか、本来は炭酸が含まれててシュワッとさわやかな酒なんですが、気が抜けてました。でも、さわやかな味は消えておらず、料理酒としてなかなかのものでした。
やっぱりこういう酒はちゃんとした酒屋さんで買わないとだめですね。

豪華な料理をたらふくいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

中津川鮎情報!第一弾

日時:2010年5月2日(日) 17:00~17:30頃
場所:神奈川県中津川 愛川橋、馬渡橋、平山橋(旧橋)、角田大橋
水況:増水、澄み

そろそろ、今年の鮎釣りを占える時期かな?と、散歩のついでに川を見てきました。

まずは愛川橋。
橋の上流。石が青いです。鮎らしき影は、見えません。
そして、下流。こちらも石が青い。岩には茶色いヘドロみたいなものが・・・
いろいろな角度から見まわすと、やっとヘチに跳ねが。でも、子供がバチャバチャと水に入ってきたため、魚はどこかへ行ってしまいました。
さらに目を凝らすと、ちょっと緩めのザラにキラッと光るものが。2,3尾確認できました。
・・・という程度です。
Photo

ちょうど画像の真ん中くらいです

次に馬渡橋。
上流側では、ヘチには鮎の気配なし。流れの真ん中あたり、やっぱり小石の浅めの流れに1尾。
そして、淵の方で数尾、ギラギラとしてます。流下してきた何かをパクッとしてるような魚も見えましたが、鮎っぽいのが数尾。これはなかなかの型。たぶん19cmの放流モノでしょう。淵にたまってるのかも。
下流側も見てみましたが、こちらでは鮎を確認できませんでした。

お次は平山橋。
石が、茶色!です。去年と同じ状態!これは大ピンチ!!
特に、橋から上流を見てみると、流れにある石はことごとく茶色。もちろん、アカじゃない、ヘドロみたいなヤツです。いかんです。
下流を見ても、やっぱり茶色。鮎は全く見えません。
Photo_2
画像はこちら。写真では分かりにくいんですが、この範囲ほとんどまっ茶色。

最後は角田大橋。
なんと、ここでも、橋の上下流で魚は確認できず。
そして、写真がこちら。
Photo_3
写真の真ん中あたり、草からちょっとの間だけ石が白くて、そこから流芯側は茶色。

夕方ちょっとの時間しか見てませんが、団体様にはお目にかかれませんでした。

今年も厳しそうな感じですね。川の状態が悪過ぎです。体力を期待してなのか、19cmの大鮎を放流したみたいですが、ご飯がないので淵で休んでる感じです。

やっぱり、対岸のヘチかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »