« わかさぎ二連荘 | トップページ | 旨い日本酒【大那】 »

2010年4月12日 (月)

わかさぎリールのバックラッシュ対策

いろいろ書きますが、理論的に間違ってるかも。それに、結構常識かも。
自分なりのメモなので、そこんとこあしからずです。

前回のわかさぎ釣りで作った電動リールで、早くも三代目になります。行くたんびに作り直してます。
つまり、なかなか気に入ったリールができないんですね。
二代目からは、スプールが縦方向に回転するタイプ。スプールは網戸の滑車を利用してます。直径は22mm、幅は5mmくらい。

さて本題。

リールの主な役割は3つ。
○糸を収納する
○糸を巻き上げる
○糸を落とす

このうち、糸を巻き上げるには、スプールの直径が小さければ巻き取り速度は遅くなりますが、巻き取り力は強くなります。逆に、直径が大きくなると巻き取り力が弱くなるかわりに、巻き取り速度が速くなります。

一方、糸を落とす場合、スプールの重さが同じであれば、径が大きい方が軽いオモリでも落ちやすくなります。

そして、オモリが着底してからですが、回りやすい大きい径のスプールの方が空回りが大きくなります。

バックラッシュは、この空回りが原因で起こることが多く、回り過ぎで糸がスプールからはみ出してしまうと、軸に絡みつき、やっかいなことになります。

できれば、仕掛けを巻き上げるのも、仕掛けが落ちるのも速い方が手返しの観点で良いのですが、そのためにスプール径を大きくするとバックラッシュも起きやすくなってしまうんです。

これを改善する手段ですが。

その1.スプールの幅を広くする。
空回りしても、糸がスプールの幅から外に出なければ、巻き戻したときにスプールに巻き直されて、軸に絡みつくことがありません。
しかし、リールの角度がどんな状態でもスプールからはみ出さないようにするには、かなりの幅がいるような気がします。

その2.スプールを回しにくくする
軸にちょっとドラグをかけることで、回転しすぎるのを防ぎ、仕掛けが着底しても回り過ぎないようにします。
しかし、あまりドラグ力を大きくし過ぎると、落下速度を速くしたいという目的に反します。

その3.スプールを軽くする
スプールが軽くなると、その分、慣性力が小さくなり、着底したあとの空転も少なくなります。そして、落下速度も速くなります。

回答としては、スプールの素材はできるだけ軽いものを使って、やや広めの幅にして、ドラグは必要最小限にするのが良さそうです。

しかし、これでもやはり落下時の条件によって糸がスプールからはみ出して、軸に絡まってしまうことがあります。
そんなときの解決法は・・・

その1.軸をなくす
絡む軸がなければ、バックラッシュしてもいつかは元に戻ります。
これで面倒な事態も解消だ!
と思ったんですが、そのためには精密な設計と施工が必要な感じで、何度かチャレンジしたんですが、スプールがどうしてもどこかに引っかかってしまい、回転せず。断念しました。

その2.糸がスプールからはみ出さないようにする
スプールの端から糸がこぼれ出てしまうために軸に絡まるのであって、スプールの内側で糸がたくさん出る分にはトラブルにはなりません。
スプールの外周の半分以下の距離を置いて、いくつかのローラーをスプール外周に密着させれば、糸はスプールの外に出られません。
これで解決か!とまたもや思ったんですが、これはさらに精密な施工が必要なようで、ちょっとの隙間からやっぱり糸が出てしまいます。
おそるべし、バックラッシュ!

Cocolog_oekaki_2010_04_12_01_09
分かりにくい絵ですが、縁にローラーが密着してるので、そこからは外にはみ出ない(はずでした・・・)

その3.軸に絡んでも復帰しやすいようにする
今回の三代目の対策です。
これは簡単。スプールの外周の両側1か所ずつに切り欠きを入れるだけ。
なぜこれで復帰しやすくなるのか?

Cocolog_oekaki_2010_04_12_01_13

糸が絡んだときに復帰しにくい原因は、スプールから糸がどんどん出てしまうからなんです。
軸に巻きついている糸を引っ張り出しても、スプールの中からどんどん糸が出てきて、また軸に巻きついてしまう。復帰で時間がかかるのはこのせいなのでは?と、二代目のバックラッシュ復帰作業でピンときました。

スプールから糸が出てくるときには、糸がスプールの縁を滑るようにしてぐるぐる回りながら出てきます。

そこで、切り欠きを入れることによって、スプールの切り欠きの部分で糸が止まるようになり、それ以上糸が軸の絡まっている部分に供給されなくなります。
あとは、糸を引っ張りながら、スプールを回転させて行くと、あら不思議!すんなり絡まりが解消されます。

これでバックラッシュも怖くなくなり、釣果も倍増!

でも、やっぱりうちの神様には勝てない。
こりゃリールのせいじゃないな・・・

|

« わかさぎ二連荘 | トップページ | 旨い日本酒【大那】 »

コメント

週末の川漁師さん、こんばんは!
相模湾の鮎ちゃんは、あまりいい話聞かないです。
今年も中津川はフラッシュ放流は中止という話もありましたし、川がどうなるか心配です。
ちなみに、今年の中津川、4月の時点ですでに19cmの鮎がいます。なぜか?この時期に成魚放流なんですね~
・・・なんともチャレンジングな。この放流、どう影響するんでしょうか。

投稿: 鮎三郎 | 2010年4月25日 (日) 23時57分

【今年の鮎ちゃんロケットスタート頼みます】
鮎三郎さん、お久しぶりです。
こう毎日雨が降ったり、冬に戻ったり、急に夏になったり・・・・鮎ちゃん大丈夫かな?

でも
興津川河口付近には、子鮎がウジャウジャ

鮎三郎さん昨年は、スタートが遅れたような気がしますが。

今年は、ロケットスタートを期待します!

投稿: 週末の川漁師 | 2010年4月24日 (土) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わかさぎリールのバックラッシュ対策:

« わかさぎ二連荘 | トップページ | 旨い日本酒【大那】 »