« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

今年は季節が読めない・・・

二週間ほど前、家の近くにタラの芽を採りに行ったら、すでに育ち過ぎか、採られた跡というのがほとんど。
最近は、季節外れの雪が降る日もありましたが、20度を超える日も結構あって、いつもコシアブラを採りに行く山もそろそろかな?と出かけてみました。

雪の日もあったので、コシアブラはちょっと早いかな?という気もしていたんですが、さすがにタラの芽はあるだろう、と思ってたんですが・・・

なんと、山にはまだ緑の葉っぱを付けた木がほとんどない!すなわち、タラの芽も、芽の出始めで、まだ硬く閉じたまま。コシアブラまではまだまだといった感じで、あえなく引き返しました。

いつもなら、この時期すでにコシアブラの出始めのものが採れるはずなんですが、山に登ってみると、まだまだ桜が満開。それはきれいでしたが、桜が咲いているうちはコシアブラは採れません。

でも、春の芽の勢いはすごいので、あったかい日が数日続けば今度は遅すぎる、なんてことにも。

ほんとに今年は季節が読めません。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

旨い日本酒【大那】

栃木県大田原市(旧湯津上村)の「菊の里酒造」の大那がお気に入りです。

っていうことを神様の実家で言っていたら、神様の妹さんの旦那さんが探し回って買ってきてくれました。
実は、大那は栃木県の酒ですが、製造石数が少ないため、地元栃木県でもなかなか売ってない幻の銘酒です。

前回自分で買った時は、純米吟醸と、特別純米無濾過生原酒でした。どちらもさわやかで旨味があり、蔵元が目指している食中酒としての能力を十分に発揮してくれました。

さて、今回は、、、

まずは、「大那 純米大吟醸 那須五百万石 特等米 2007」

2007_3 

2007

貯蔵酒か~、と思ったんですが、飲んでみてびっくり!貯蔵酒独特のひねた感じが全くなく、旨味だけ引き出されているような味。後味もすっきりで、和食だけでなく、洋食にも合います。
やるな~菊の里酒造。

2007_2
ちんぺい君、飲み過ぎか~!

そして、「大那 純米大吟醸 那須ひとごこち」

Photo

Photo_2

Photo_3

精米歩合38%の純米大吟醸です。冷蔵庫に入れられなくて、物置に入れておいたんですが、何日かあったかい日があったため、ちょっと保存状態が・・・
若干そんな感じがしましたが、やっぱり大那!しかも純米大吟醸!肉にも魚にも野菜にも合うけれど、しっかり自分自身も主張する酒です。でも、料理の邪魔はしない。

大那全般に言えることですが、初めて飲んだ時には結構衝撃的です。日本酒ではあるんですが、ほんとに日本酒?っていう感想です。
でも、日本酒。

みんなに勧めたい酒ですが、でも需要が増えて石数も増えちゃうといかんですな。某○○○や、○○○のように、スーパーでも普通に買えるような大量生産になると、やっぱり味が落ちちゃいます。あの酒の良いランクの銘柄も、すでに○○みたいに、淡麗なだけで味も薄味になってますしね。

でも、これはおススメ。もしも出会えたら、即買いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

わかさぎリールのバックラッシュ対策

いろいろ書きますが、理論的に間違ってるかも。それに、結構常識かも。
自分なりのメモなので、そこんとこあしからずです。

前回のわかさぎ釣りで作った電動リールで、早くも三代目になります。行くたんびに作り直してます。
つまり、なかなか気に入ったリールができないんですね。
二代目からは、スプールが縦方向に回転するタイプ。スプールは網戸の滑車を利用してます。直径は22mm、幅は5mmくらい。

さて本題。

リールの主な役割は3つ。
○糸を収納する
○糸を巻き上げる
○糸を落とす

このうち、糸を巻き上げるには、スプールの直径が小さければ巻き取り速度は遅くなりますが、巻き取り力は強くなります。逆に、直径が大きくなると巻き取り力が弱くなるかわりに、巻き取り速度が速くなります。

一方、糸を落とす場合、スプールの重さが同じであれば、径が大きい方が軽いオモリでも落ちやすくなります。

そして、オモリが着底してからですが、回りやすい大きい径のスプールの方が空回りが大きくなります。

バックラッシュは、この空回りが原因で起こることが多く、回り過ぎで糸がスプールからはみ出してしまうと、軸に絡みつき、やっかいなことになります。

できれば、仕掛けを巻き上げるのも、仕掛けが落ちるのも速い方が手返しの観点で良いのですが、そのためにスプール径を大きくするとバックラッシュも起きやすくなってしまうんです。

これを改善する手段ですが。

その1.スプールの幅を広くする。
空回りしても、糸がスプールの幅から外に出なければ、巻き戻したときにスプールに巻き直されて、軸に絡みつくことがありません。
しかし、リールの角度がどんな状態でもスプールからはみ出さないようにするには、かなりの幅がいるような気がします。

その2.スプールを回しにくくする
軸にちょっとドラグをかけることで、回転しすぎるのを防ぎ、仕掛けが着底しても回り過ぎないようにします。
しかし、あまりドラグ力を大きくし過ぎると、落下速度を速くしたいという目的に反します。

その3.スプールを軽くする
スプールが軽くなると、その分、慣性力が小さくなり、着底したあとの空転も少なくなります。そして、落下速度も速くなります。

回答としては、スプールの素材はできるだけ軽いものを使って、やや広めの幅にして、ドラグは必要最小限にするのが良さそうです。

しかし、これでもやはり落下時の条件によって糸がスプールからはみ出して、軸に絡まってしまうことがあります。
そんなときの解決法は・・・

その1.軸をなくす
絡む軸がなければ、バックラッシュしてもいつかは元に戻ります。
これで面倒な事態も解消だ!
と思ったんですが、そのためには精密な設計と施工が必要な感じで、何度かチャレンジしたんですが、スプールがどうしてもどこかに引っかかってしまい、回転せず。断念しました。

その2.糸がスプールからはみ出さないようにする
スプールの端から糸がこぼれ出てしまうために軸に絡まるのであって、スプールの内側で糸がたくさん出る分にはトラブルにはなりません。
スプールの外周の半分以下の距離を置いて、いくつかのローラーをスプール外周に密着させれば、糸はスプールの外に出られません。
これで解決か!とまたもや思ったんですが、これはさらに精密な施工が必要なようで、ちょっとの隙間からやっぱり糸が出てしまいます。
おそるべし、バックラッシュ!

Cocolog_oekaki_2010_04_12_01_09
分かりにくい絵ですが、縁にローラーが密着してるので、そこからは外にはみ出ない(はずでした・・・)

その3.軸に絡んでも復帰しやすいようにする
今回の三代目の対策です。
これは簡単。スプールの外周の両側1か所ずつに切り欠きを入れるだけ。
なぜこれで復帰しやすくなるのか?

Cocolog_oekaki_2010_04_12_01_13

糸が絡んだときに復帰しにくい原因は、スプールから糸がどんどん出てしまうからなんです。
軸に巻きついている糸を引っ張り出しても、スプールの中からどんどん糸が出てきて、また軸に巻きついてしまう。復帰で時間がかかるのはこのせいなのでは?と、二代目のバックラッシュ復帰作業でピンときました。

スプールから糸が出てくるときには、糸がスプールの縁を滑るようにしてぐるぐる回りながら出てきます。

そこで、切り欠きを入れることによって、スプールの切り欠きの部分で糸が止まるようになり、それ以上糸が軸の絡まっている部分に供給されなくなります。
あとは、糸を引っ張りながら、スプールを回転させて行くと、あら不思議!すんなり絡まりが解消されます。

これでバックラッシュも怖くなくなり、釣果も倍増!

でも、やっぱりうちの神様には勝てない。
こりゃリールのせいじゃないな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

わかさぎ二連荘

日時:2010年4月3日(土) 7:00~14:45
釣り物:わかさぎ
船宿:ジュピター
場所:山中湖
釣果:179尾

連続でわかさぎ釣りです。

甥っ子の慎ちゃんと神様のお母さん、そして神様と4人、4時40分起床でスタートから釣りです。

前日、電動リールの手直し、というか、基本部分以外は作り直しをしていて、寝たのがなんと3時半。1時間しか寝てません。
それでも眠気はあまりなく、無事山中湖に到着しました。

ドーム船は6時40分出発。
船の中で朝食です。そして、仕掛けの準備。いろいろやってるうちに7時です。

本日も朝からずっとアタリっぱなし。こんなに釣れていいんだろうか?ってくらいアタリが出ます。
それでも、いつもよりは誘いが必要で、ペース自体はそれほどでもありません。
昨日までの嵐で水が濁ってるのも影響してるんでしょうか?

さて、電動リールですが、バックラッシュ対策は有効に働いてくれました。トラブルゼロ!かなり調子いいです。

3
三代目となる電動リール。相変わらず見た目の完成度が低いですが

どうやってトラブルを防いだか?ですが、夜遅くなってしまったので、説明はまたまた次回に延期します。

今回、ワームを買ってきて使ってみました。店に置いてあったのは夜光のワームでしたが、実際にハリに刺して使ってみると、たまに掛かります。緊急用には使えそう。赤のワームだったらもっと良かったかも。

相変わらず、神様はよく釣ります。
終わってみると、お母さんは149尾、慎ちゃんは途中で飽きてゲームを始めてしまったんですが、それでも80尾、私が179尾。そして、神様は222尾。
今回も神様には勝てませんでした。実は、わかさぎでは1回も勝ったことがないんです。どうしてこんなに差が付くんでしょう??

4人で計630尾。

Tyoka

今夜はわかさぎの天ぷらがメイン。わかさぎ以外にも、大葉、さつまいも、茄子、クレソンを天ぷらにしてみました。
そして、料理の友は、「大那」純米大吟醸の2007年ヴィンテージ物。貯蔵酒なのに、ひねた感じが全くなく、逆にうまみが増して、食中酒に持って来い。地元栃木は大田原の酒です。なかなか売ってないんですが、普通の純米や吟醸はそんなに高くないのでおススメ。

今回もおいしく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

またまたわかさぎ

日時:2010年3月27日(土) 8:00~14:45
釣り物:わかさぎ
船宿:なぎさ
場所:山中湖
釣果:249尾

本当は先週行くはずだったんですが、春の嵐で欠航。1週間予定をずらしました。
1週間前の予約で、人気の山中湖のドーム船が予約できるか不安でしたが、なんとか「なぎさ」は予約OK。
こんな間際で予約が取れるなんて、サービスが悪いんじゃなかろうか、とか、船がボロいんじゃなかろうか?なんて疑ってしまいました。
が、御覧の通り、立派な船です。

Photo
船内はなかなか広いです

しかも、ちょっと寝坊して、出航の時間に間に合わずに遅れて行ったにも関わらず、渡しのおにいさんが外で待っててくれました。
ドーム船に入ると、おじさんが二人だけ。11時過ぎにもう一人おじさんがやってきましたが、本日はこれだけ。貸し切りに近い状態です。なんで空いてるのか不思議。

本日は、自作リール2号機の登場です。

Photo_2

先日の設計図から、ちょっとだけ配置や寸法の変更をしました。

実釣。

スプールをフリーにして、仕掛けを落とします。
着底。そして、

バックラッシュ!!

スプールに巻いた糸は、百円ショップで買った0.8号の糸。ちょっと硬めの糸ではあったんですが、見事にはみ出しまくり。こりゃ使えん!

Photo_4
ぐしゃぐしゃです

ということで、手ばねの竿に変更。

魚の反応は、いいです。誘いを入れなくてもすぐにアタリが出ます。
先に釣っていたおじさん2人組は、出航前に桟橋で釣って、70尾も釣ったとか。8時の時点ですでに140だそうです。

しばらく手ばねで釣ってましたが、やっぱり自作電動リールが気になる。バックラッシュの一因は糸が硬いこと。そこで0.4号のヘラ糸に変更してやってみます。
多少良い感じ。でも、やっぱりスプールを回転するがままにしていると、糸があふれ出ます。仕掛けが落ちる速度優先で、あえて軽いスプールにしてたんですが、ダメだったみたいですね。仕方がないので、サミングで対応。これだけで少しはマシになりました。
でも、気を緩めるとやっぱりバックラッシュするので、次回は対策をするつもりです。
その対策は・・・何回もバックラッシュ直してるうちにひらめきました。次回のお楽しみです。

今回の電動リールのポイントは、スピード調節機構。
といっても、可変抵抗を付けただけですけど。しかも、抵抗値は未調整なので、ツマミが敏感過ぎ。
まあ、でも調整できないよりもかなり釣りやすい。と思います。自画自賛。

釣果の方は、じゃんじゃん釣れて、じゃんじゃん水面でバレますが、それでもいいペースです。

Hit

一時だけ釣れない時間帯がありましたが、ほぼ一日中釣れ続け、249尾。まずまずの釣果でした。
ちなみに、先に来てたおじさんたちは700~800くらい釣ってました。群馬から圏央道で来られたそうです。いろんなところでわかさぎを釣ってるベテランみたい。さすがですね。

帰宅して、さっそく調理。

本日のメニューは、

1.わかさぎのから揚げ 山椒の実入り と 大葉巻き かぼちゃのから揚げ添え
2.鳥のソテー 練り唐辛子風味
3.冷奴
4.サラダ
5.キムチ

Ryori
相変わらず写真映りが悪いですが、美味かったです

わかさぎのから揚げは山椒とかなり合います。そして、帰りの紅富士の湯で売っている練り唐辛子は、お店のおばさんのアドバイス通り、鳥にマッチしてこれもグー。
豆腐は違う料理にする予定でしたが、入れ物に入ったまま落としてしまい冷奴に。そのせいで形が崩れてます。キムチは元相模湖町のキムチ屋さんのもの。ちょっと甘めだけどおいしいキムチです。
食事の友はウイスキー。
うまかったです!

(次の日は、わかさぎを山椒と練り唐辛子で炒めてみましたが、これも絶品でした)

これで今シーズンのわかさぎは終了!と思ってましたが、実は次週も行くことに。釣りのレパートリーにわかさぎも加わりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »