« 中津川の振り返り(まだ早いけど) | トップページ | 中津川は問題なし! »

2009年10月 5日 (月)

ツ抜けで納竿!かな?

日時:2009年10月4日(日) 13:30~17:15
場所:神奈川県中津川 かじ淵、消防グランド下の瀬、消防グランド上の瀬
釣果:10尾(18~23cm)

とうとう10月となってしまいました。神奈川県の釣期は10月14日まで。台風18号が日本上陸の可能性大。今日が最後かな~?

っていうときなのに、なんと、ダムの放流が4トン!?漁期の平水が7トン、最低でも5トン、先週は雨続きなのに、突然の減水。理由が分かりません。

こんなときには深場かな?と、向かったのはかじ淵。実はこの場所、中津でずーっと鮎釣りをしてきて、今回で2回目です。

消防グランドの土手に車を停めて川を見ると、数名の釣り人が竿を出しています。相模川の大盛況とは比べ物になりません。
着替えて川原を歩き、まずはかじ淵に流れ込む瀬。二股に分かれているうちの左岸流をやってみます。

Kajibuti01
Kajibuti02

「瀬」とは言っても膝までの水深。まあまあ大き目の石が入ってるんですが、水量がないため十分なタナが出来てません。オトリもなかなか落ち着かず、10分ほどで見切ってしまいました。

Kajibuti03
こんな流れです。瀬だけどチャラチャラ

さて、本命のかじ淵。(でも写真撮るの忘れた・・・)
大きな岩が2つ。その周りは水深1.5mくらいあるのかな?昔は大きな淵だったみたいですが、今では小ぢんまりとした淵になってしまってます。

岩の周りでは、魚がパシャパシャと跳ねてます。その、対岸のヘチでも跳ねてます。
目印を高くしてオトリをすーっと泳がせると、目印に魚がアタック!ハヤかも・・・
しかし、魚が跳ねる瞬間を見ようと粘り強く待っていると、白い魚体が!鮎っぽい。
じっくりと泳がせて、アタリを待ちます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アタらない。

1時間ほどやってみましたが、淵では不発でした。

大移動も考えましたが、まだ攻められていないポイントがありそう。それは、瀬。
なぜか、7、8人の釣り人は皆チャラや平瀬を攻めてます。終盤だから瀬には入ってないと思ってるのかな?私もそう思ってましたが。
まあ、当たって砕けろ、で消防グランド前の平瀬の下の瀬にオトリを入れてみます。

しばし・・・。

ガリガリ。というかすかなアタリ。竿を絞ってみると、ギューン!と走ります。
来た!
5、6歩付いて下がり、抜く!デカい!水面ギリギリで飛んできた22cm級の良型がタモに収まりました。本日も中硬の竿。このサイズが掛かると竿がぐんにゃりと曲がって楽しいのです。

それからちょっと下に入れてみますが、掛かり鮎のオトリはどうも思い通りに動きません。養殖ちゃんにチェンジ。すると、今度はオトリを引っ張って上るアタリ!十分に上らせてから竿を立て、抜きます。
今度も良型!

この瀬では2つだけでしたが、いずれも良型。そしてまだまだ若い魚体でパワーもあります。

今日は瀬が良いのかな?と踏んだので、グランド前の平瀬はパス。まっすぐ上の瀬に向かいます。

ここでは、流れと0.4のナイロンがマッチしたのか、良型オトリでもグングン上に泳いでくれます。
魚はどこに?と探りながら釣っていると、対岸で跳ねが。終盤までヘチなのか?
徐々に立ち込んで、対岸を狙います。
と、グルン!というアタリ。そしてギューンと下ります。ここは何とかこらえて抜き。20cmくらいですが、オトリと比べると小さく見えます。

次もすぐに来ますが、抜きの態勢になったところでバレ。ハリを見てみたら先が外側にめくれてました。ハリ先チェックを怠った罰ですね。

さて、それからしばらく、良いペースで掛かります。しかも、みんな良型です。
そして、元気!
抜けたのはさっきの鮎までで、それからは一気に下られて20mくらい付いていって掬いこみというパターン。疲れますが、楽しい!
7、8尾目にもなると、腕が疲れて、小さめの鮎を抜こうとしてもうまくコントロールできない始末。でも、心地良いです。

結局、この場所で、2時間弱で8つ釣り上げ、久々のツ抜け。
何とか最後は格好がつきました。(ギリギリ10ですが)

Tyoka

土手に上がると、ススキが。もう秋なんですね~
本日で納竿(のつもり)です。シーズン中はありがとうございました!

Susuki

と言いつつ、台風の影響がなかったら来週もやってるかも!

今年の釣果:195尾/26日/107.5時間 (平均7.5尾/日、1.8尾/時間)
目標の1日10尾、時速3尾は達成できませんでした・・・来年こそ!

|

« 中津川の振り返り(まだ早いけど) | トップページ | 中津川は問題なし! »

コメント

興津の巨鮎

引きは強烈ですが
まー正直いって
鮎釣りの風流さに欠けます
でも話の種に一度は経験かもネ

投稿: 週末の川漁師 | 2009年10月10日 (土) 06時10分

週末の川漁師さん、こんにちは。
興津でそんなに大鮎が釣れるんですか!?
私は興津は通ったことはありますが、釣りをしたことがないんです。
来年は行ってみようかな?
それにしても、3号の水中糸とは、海釣りみたいですね。根掛かりしたら大変そう!

投稿: 鮎三郎 | 2009年10月 9日 (金) 23時15分

【納竿前の大物狙いは興津川??】

静岡県の富士川は、この時期大物狙いで有名ですが。
以外や以外、お隣の小川に分類される興津川で釣れ始めました?

◆理由は、と申しますと◆
1.台風の影響で富士川の鮎が、駿河湾に流されその後 隣の興津川に上がってくるのです。
2.興津川の下流域では大型鮎の密度が非常に高くなります。
富士川でのポイント探しより確立が何倍~何十倍も高くなります。

27㎝以上が入掛かり状態になるチャンスです。
私も、何度も(何年も)経験が有りますが、
自慢では有りませんがMAX31.8㎝でした。
掛かった時は興津川の増水も手伝って(悲鳴を上げながら)数十メートル下ります。
しかし、周りの釣り人は十分理解してますのでご心配なく。

◆注意事項◆
1.私の経験上、掛かった鮎は大きく囮に適しませんので多少多めに囮をご用意した方が得策かと思います。
2.柔な竿ではへチ折れますのでご注意!
3.地元の方は、3号以上の水中糸にガン玉オモリで対応されてるようです。

詳しくは、興津川関連のHPで検索してみて下さい。
この土・日曜日は狙ってる方も多いのでは(推測ですが)

投稿: 週末の川漁師 | 2009年10月 9日 (金) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツ抜けで納竿!かな?:

« 中津川の振り返り(まだ早いけど) | トップページ | 中津川は問題なし! »