« つつつ、釣れない~~! | トップページ | 相模川はちょっと休みます »

2009年9月 6日 (日)

執念の1尾!

日時:2009年9月6日(日) 13:00~17:00
場所:神奈川県相模川 上大島
釣果:1尾(27cm)

CyberAyuClubのnanjarokaさんが28cm、Jさんが28.5cmを釣ったというので、私もそれにあやかって相模川の上大島にやってきました。

仕掛けは川辺川バージョン。天井糸1.2号、水中糸はターボの0.3号、付け糸1.2号、ハナカンハリス1.2号、ハナカンは7mm、ハリは8.5~9号、ハリス2.5号という太仕掛け。絶対に切れません。竿も川辺川用の引抜荒瀬9mです。

いつもよりも早めの午後1時に現場到着。

ところが、すごい人!尺が出たという情報もあり、みんな一発勝負で狙ってるみたい。

Silversheet
通称シルバーシート。両岸とも10m間隔でビッチリ!

ここがダメなら、上の瀬、と見てみると、やっぱりいっぱい。
あんまりポイントには詳しくありませんが、確か下流に瀬があったはず。
左岸側をずっと下っていくと、右に折れた下に瀬。しかし、流れが左岸に寄っていて釣りづらい。しかもここもいいポイントには入る隙がありません。
さらに下に行くと、右岸流が合流。今度は左に折れて、深瀬が。ここはみんな右岸から竿を出していて、私も入るスペースがあります。

17cmの養殖オトリに川辺川の仕掛けは辛かろうということで、0.8号のオモリ2個付け。
皆さん狙っているのは、流心ではなくて、瀬脇の緩めのところです。流心は釣れないのだろうか?と入れてみますが、釣れません。
それでは瀬脇。釣れません。
しばらくやってみましたが、アタリの気配すらないので、上の瀬に移動してみます。

が、こちらはやっぱり入る場所がなく、瀬が急激に落ち込むすぐ上にちょっとだけオトリを入れて終了。
このとき、2匹目のオトリを使ったのですが、エビになってハリが上あごを直撃!その後、このオトリさんはご臨終。ごめんなさい!

次はさっきの瀬の下150mくらいの瀬。ここも結構人が入ってます。

Oshima01
やさしい流れは人でいっぱいです

下の深瀬はいっぱいで入れないので、急勾配のザラ瀬をやってみます。
最初のオトリ君はなんとか泳いでくれてましたが、オモリを付けていても底流れが速い瀬では段々弱ってきます。
ついに、横を向き、そして、色がまだらに・・・。やばい!

オトリがグロッキーなので、もう終わりかな?でも、まだ4時半。あと1場所だけ。

上の瀬に移動してみると、左岸で釣ってた人たちは皆さん帰った模様です。
さて、それは良いのですが、口パクしかしないオトリで釣りになるのか?
ハナカンから30cm上に0.8号のオモリを3つ。そして鼻オモリ。見た目は沈んでそうな感じになってます。
こんなときは、瀬の中の追い気のあるやつを狙うしかありません。
幸い石が大きいので底流れはたいしたことはありません。底に入ってしまえば穂先はあまり曲がらずに引き上げられます。
でも、掛かりません。
一通り上に引っ張り上げたら、今度は下り。
竿を寝かせて沈めたり、立てて浮かせて下に送ったりの繰り返しです。もちろん、オトリは底で横向いてるはずです。

この瀬を流し終えたら帰ろうか。
なんて思っていた矢先、ググー!重たい引き!これはエビではない!なんと、重体で瀕死のオトリに突っかかって来たのです!!
ここは無理せず、竿を立てて流れに乗せ、荒瀬をやり過ごします。
そして、荒瀬の落ち込み、瀬脇のたるみに誘導し、一件落着!デカ!27cmの大鮎ちゃんです!!

仕掛けも竿もゴツイので、型の割には難なく取れてしまいましたが、諦めていただけに嬉しい!

これで元気なオトリが手に入ったので、もっと良型を!ということで、同じ瀬でやってみます。
しかし、ここでの追加はなし。

シルバーシートもスペースできたかな?と行ってみると、トロに入れる場所が。
早速泳がせてみます。

が!なんと痛恨の根掛かり!深そうなので、タモを岸に置き、引き舟を外し、中へ。
ところが、すごい急深!一歩ごとに30cm深くなります。届かない・・・
ああ、せっかくの大鮎が~!サイズ測っておけば良かった。なんていうのも後の祭り。ダメか~!
と思ったそのとき、目印がちょっと動きます。あれ?行けるかも。
竿でゆっくりと引っ張ると、ちょっとずつ寄ってきます。そして、ハナカンから2.5m上の目印に手が届き、今度は手で少しずつ手繰り寄せ、とうとうハナカンから1mの目印を掴みました。
でも、ここからビクともしません。今度こそ終わりか?と心を決めて、「えい!」

・・・プチ。という嫌~な感触が手に伝わります。果たして、どこが切れたのか!?

・・・・・・手ごたえが、ある!これは、これは、オトリだ~!

切れたのは、サカ針の結び目。0.3号のターボは1.2号の結束部よりも強かったんです。ありがとう!フジノナイロン!

これでもう釣欲ゼロ。そそくさと退散いたしました。

Sagami27cm
家に帰ってから測定。27cmでした!

本日は1つでしたが、執念で奇跡の大逆転。というか、大ラッキー!尺狙いでしたが、まずまずの大鮎が出たので良しとしましょう。

結構人が入ってましたが、あんまり釣れてないようです。他の釣り人が掛けたのを見たのは3回だけでした。掛かればデカいみたいですけど、釣るのは厳しいです!

今年の釣果:172尾/22日/93.75時間 (平均7.8尾/日 1.8尾/時間)

|

« つつつ、釣れない~~! | トップページ | 相模川はちょっと休みます »

コメント

厳しかったです!
付け糸(ツマミ)が1.2号というのも、養殖ちゃんにはかなり負担でしたね。
次回は仕掛けの見直しと、一日の前半はムフフ、後半に尺狙いにしなくちゃいけないな~、と反省してます。

投稿: 鮎三郎 | 2009年9月 9日 (水) 00時09分

ね!
だから、厳しいといったでしょ。
オイラがオトリ1匹できたのはラッキーだったのよ。
次回は、いきなりではなく、ムフフしてから釣り場に
GO!です。

投稿: nanjaroka | 2009年9月 8日 (火) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執念の1尾!:

« つつつ、釣れない~~! | トップページ | 相模川はちょっと休みます »