« 釣りの前に・・・ | トップページ | 今日はなかなか »

2007年9月16日 (日)

川辺の釣り一日目!

日時:9月5日(水) 12:30~17:00
場所:熊本県川辺川 深水の吊り橋、平川橋下、上川辺の瀬
釣果:2尾(25~27cm)

さて、ようやく今日から鮎釣りです。
とは言っても、荷物を宅急便で送るのが遅れて、オトリ缶・引舟・タイツ・タビが届くのが本日です。午前中の配達をお願いしましたが、なかなか届きません。
待ちくたびれて、川見に行こうと部屋を出た午前11時過ぎ、やっとこさ荷物が到着。急いで支度をして出発です!

が、いつもコロガシで釣りたてのオトリを用意してもらう近くのTさんが、今年はほとんど川に出ていないみたい。それだけ釣れてないんですね~
仕方がないので人吉までオトリを買いに。戻ってきて再び上流を目指します。
ポイントは、昨日の夜オヤジが釣ってみろと言っていたダムサイトの下、深水の吊り橋です。この辺は発電で水が取られているため水量が少なく、「みんなおらんと思うとるばってん、釣れるはずやっで」ということ。

淵の網にはあまり掛からず、瀬の掛け鉤に掛かるということで、瀬狙いです。

仕掛けは天井糸1.2号、水中糸はターボVの0.4号4.5m、ハナカン周りは2号1mです。かなりの大仕掛けですが、これくらいないとここの鮎には安心して対峙できません。

まずは、大盛り弁当で腹ごしらえ。川を眺めながらの昼食ですが、淵の岩周りでギラギラと、こちらも昼食タイムの鮎達がヒラを打っています。
こりゃ釣れそう!

Fukami ←手前の上の方に見えるのが吊り橋。今は通行禁止のようです。
その奥にあるのが、いつのまにかできていた新しい橋です。

と、思いましたが、この上の瀬では全くアタリなし。オトリのすぐそばでキラキラと魚の影が見えるんですが・・・オトリもなぜかすぐに元気がなくなり、このポイントでは釣れないのだろうと、上の瀬に移動することにしました。

今年は川の岩に泥が付き、滑りやすくなってます。新しくメーカ製のスパイク付きのタビを買ったんですが、売っているのはピンが小さくていっぱい打ってあるタイプ。いつもはもっと大きいピンが10個くらい打ってあるのを使っていて、これだと安心して歩けるんですが、今年は違います。思ったより滑る!
そのせいで、今年はいっぱい鮎をバラすことになるんですが(タビが滑りやすいせいなんです!)、移動中にもやってしまいました!ステン!!と岩の上で滑って尻餅!!!ベルトに挿していたタモが腰に当たって、2,3日痛みがとれませんでした。

Kani ←見とっど~

ふと見ると、そこにはカニが。見られてしまいました・・・

結局、上の瀬でも、特にレポートするようなことはなく、1時間もしないうちに移動することにしました。

次のポイントは平川橋の下の瀬。ほんとはチッソの発電水の吐き出し下に入ろうと思ったんですが、すでに先行者あり。結構な坂を下りなければならないというのもあって、入川が楽な平川橋へ来たのです。

すでにコロガシのおじさんが一人いましたが、私は対岸へ渡って釣ることに。
ここに来るまで気が付かなかったんですが、川の流れが前来たときから変わっています。もっと左岸側にも水があったはずですが、右岸の方に流れが偏っています。渡る途中は首近くまで水深があって、水量は豊富です。石が見えていたから水が少ないと思ってましたが、違ったようです。

右岸に渡り、弱ったオトリに1.5号のオモリ2個を付けて泳がせる。すると!

ふわ~

んん~~??いきなり竿が軽くなり、仕掛けが宙を舞う。はれ~?なんと、天井糸と水中糸の接続部分が外れてしまったみたい。もっとしっかりつないでおけば良かった~~~

てなわけで、手持ちのオトリは1尾、仕掛けはナイロン1号の1本のみ。こりゃボウズかな?

15分ほどアタリがありませんでしたが・・・ググーっと竿が重くなる。アタリはない。変だな?と思いながら竿を上げてみると、なんだかオトリの下に鮎が付いてるみたい。でも、やっぱり何か変なので、駆け下って取り込んでみると、何と!
さっき逃げられたオトリちゃんではないか!!お帰りなさい~
でも、このパターン、どこかで経験したような・・・・・・10年くらい前、四万十川に遠征したときも、仕掛けが切れてオトリがいなくなったと思ったら仕掛け付きのオトリがまた釣れてくれたってことがありました。そのときは、ボウズ。まさか、今回も!?

しかし、このオトリは幸運の女神だったようです。
グググググ~!来た!!久々の川辺の鮎だ!このオトリちゃんが連れてきてくれたのでした。
竿が持っていかれそうになるのをこらえ、徐々に下りながら穂先を上流側へ持ってくる。見えた魚体は・・・デカい!意外とすんなり寄ってきたのは、目掛かりだったから。後で測ったら27cmありました。

Dekaayu

目掛かりなので、パワーはありませんが、それでも養殖ちゃんよりはマシ。よく泳いでくれます。
が、現実は厳しい。ここでは1つだけでした。
車に戻る途中で、コロガシのおじさんと少し話をしましたが、コロガシでもなかなか掛からないそうです。1つでも掛かれば良いほうだとか。う~ん、そうかぁ

さて、3時過ぎ、定番の、廻り観音の下、上川辺の瀬に到着。ここは流れが道路にぶつかり、そのまま淵に落ちるため、取り込みがなかなか難しいところ。でもそのためか、結構人が入るのですが結構鮎も掛かります。

早速竿を伸ばして、オトリを入れます。
はじめはなかなか掛からず、苦戦。あまり瀬を引きすぎるとオトリが弱るので、竿を立てて下流に送って、とした瞬間、ギューン!と目印が対岸に向かって走る!すかさず竿を寝かせて、上流へ絞る!
アタリの割りには引きが弱くて、すぐに寄ってきました。なぜか。
頭に掛かっていて、すでにぐったりしています。掛かったのにおとりに使えない。
しかも、頭に掛かって苦しんだのか、水中糸の下の部分がくしゃくしゃになってます。他に仕掛けの予備がないので、切って対応。

なかなか状況は好転しませんが、何とか明日のオトリをとらなければ。
養殖ちゃんに再び登場してもらい、泳がせる。

さっきは竿を立てた瞬間に掛かった。では、あえて竿を立てて泳がせるようにしてはどうか?
これが的中!瀬の中の棚で竿を立てると、オトリが自由になり、横に泳ぐ。と、ゴリゴリっと妙な感覚が伝わる。次の瞬間、ガガーっと一気に下流に下られ、下竿に!引き舟を付けていたため思うように下れず、後手に回る。水が多いので、これ以上下れないというところまで来て、踏ん張る。ようやく穂先が上に向き始めたとき、掛かり鮎がバシャっと跳ねる。デカい!!平川橋で釣った27cmよりも明らかに大きい!!

が、バレた。

身切れ。は~~ガックリ。

それから、入れ掛かりで2つ!でも、いずれも身切れ。
雲が出てきて、あたりが薄暗くなってきたので終了としましたが、なんとも惜しい釣りでした。

出発のときに懸念していた鉤、事前に巻いたのは9号だけでしたが、9号と10号では、鉤の長さだけでなく、軸の太さが全然違うんです。それだけ身切れしやすい。夕飯は今日もオヤジさんたちと一緒に食べさせてもらいましたが、「地元んは9号なんて使わん、今ん時期なら寸鉤か寸一、人によっては寸二ば使いよる」とのオヤジさんの言葉通り、9号ではちょっと小さいんです。特に私の釣り方にとっては。
それから、手尻を短くしたのも要因でしょう。いつもは1ヒロ手尻をとっているので、掛かり鮎を水中でいなせます。でも、短くなった分、ためている間に鮎が水面を割り、バレてしまうんです。30cmくらいの差なんですが、これが釣っててかなり感覚が違う。
やっぱり、万全の態勢で挑まなければいけませんね~

さあ、今日もビールと球磨焼酎を飲んで、寝て、明日に備えよう!!

今年の釣果:161尾/17日

|

« 釣りの前に・・・ | トップページ | 今日はなかなか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川辺の釣り一日目!:

« 釣りの前に・・・ | トップページ | 今日はなかなか »